ドニプロ

ウクライナのドニプロペトロウシク州にある都市

ドニプロウクライナ語: Дніпро, [dn⁽ʲ⁾iˈprɔ] ( 音声ファイル))はウクライナドニプロペトロウシク州ドニプロペトロウシク地区にある都市ドニプロ川の河岸に位置する。面積は405 km²。人口は999,250人 (2011年8月1日)、人口密度は2467.3 人 / km²。

ドニプロ
Дніпро
Dnipropetrowsk.jpg
ドニプロの市旗 ドニプロの市章
市旗 市章
位置
ドニプロの位置(ウクライナ内)
ドニプロ
ドニプロ
ドニプロ (ウクライナ)
座標 : 北緯48度27分58秒 東経35度1分31秒 / 北緯48.46611度 東経35.02528度 / 48.46611; 35.02528
歴史
市制施行 1778年
行政
 ウクライナ
 州 ドニプロペトロウシク州
 地区 ドニプロペトロウシク地区
 市 ドニプロ
地理
面積  
  市域 405 km2
人口
人口 (2011年8月1日現在)
  市域 999250人
    人口密度   2467.3人/km2
その他
郵便番号 49000-489
  • 団体コード:1210100000
  • 行政区分:8区
公式ウェブサイト : 公式サイト

ドニプロは1776年に創建された。1778年に市制施行された。

市内ではドニプロ駅がある。首都キエフまでの直線距離は390 kmであるが、鉄道で532 km、車道で447kmとなっている。

概要編集

ドネツィクと並んでウクライナ有数の工業の中心地であり、兵器生産エネルギー産業などの重工業を主産業とする。ソ連時代を含めて多数の人材を送り出しており、「ソ連の人材の首都」と呼ばれた。ウクライナ独立後もウクライナの首相を4名(レオニード・クチマパーヴェル・ラザレンコワレーリー・プストヴォイチェンコユーリヤ・ティモシェンコ)も輩出している。

名称編集

日本では長らくロシア語名に基づいてドニエプロペトロフスクドニェプロペトロフスクドネプロペトロフスクなどと表記されていたが、ウクライナの独立後はウクライナ語名に沿った表記が広く使われるようになってきた。ただ、日本国内におけるウクライナ語の認知度が低いため表記には揺れがあり、ドニプロペトロフシクドニプロペトロウシクドニプロペトロフスクなど、複数の表記が存在する。その影響もあり、現在でも「ドニエプロペトロフスク」と表記されることは少なくない。

2016年5月、ウクライナ危機による反ロ感情の高まりなどを背景に、ウクライナ最高議会は同市の名称をドニプロ市へと改称することを決定した[1]。ただし、ドニプロペトロウシク州の名称はウクライナ憲法に明記されており、改称には憲法改正が必要であるが実行されていない。

2022年外務省は日本政府として、同市の名称の表記を「ドニエプル」からウクライナ語の読み方に基づく表記「ドニプロ」に変更することを発表した[2][3]

歴史編集

 
救世主変容大聖堂

この地方で確認されている人間の居住は15万年前にさかのぼる。いくつかの民族の交代があり、紀元後1世紀ごろからスラヴ人が住むようになった。9世紀キリスト教が伝わり、修道院が建てられたが1240年タタール人に破壊された。タタール人の勢力がこの地方に進展したころには、ドニエプル川の東岸にタタール人、西岸にスラヴ人が対峙し、12世紀コサックがこの地域を勢力下に置くまでこの状態が続いた。

16世紀には、ポーランド王国オスマン帝国モスクワ大公国の勢力が角逐する場となった。最終的にロシア帝国領となり、1775年現在の都市が建設された。当時の名は、ロシア皇帝エカチェリーナ2世の名をとって エカチェリノスラーフ(「エカチェリーナの栄光」の意)と命名される。ロシア革命後、ウクライナの共産党指導者の一人グリゴリー・ペトロフスキーにちなんで改称され、上記の通り独立後にウクライナ語化して現在の名称に改称された。

2022年2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻では、ドニプロが戦線から離れた安全な場所であるとして避難民の救援、人道支援の拠点となったが、3月12日に入ると市内の工場にミサイル3発が撃ち込まれるなど目に見える被害も発生した[4]

地理編集

ドニエプル川と支流のサマラ川英語版の合流点にある。ドニエプル川の両岸に町が広がる。右岸のドニプロ高地に市の中心部がある。

 
ドニエプル川が西から南に向けて流れている。北東よりサマラ川が合流する。

気候編集

ケッペンの気候区分湿潤大陸性気候(Dfa)に区分される。

ドニプロの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 12.3
(54.1)
17.5
(63.5)
24.1
(75.4)
31.8
(89.2)
36.1
(97)
37.8
(100)
39.8
(103.6)
40.9
(105.6)
36.5
(97.7)
32.6
(90.7)
20.6
(69.1)
16.3
(61.3)
40.9
(105.6)
平均最高気温 °C°F −1.0
(30.2)
0.0
(32)
6.0
(42.8)
15.2
(59.4)
22.1
(71.8)
25.6
(78.1)
28.0
(82.4)
27.5
(81.5)
21.5
(70.7)
13.8
(56.8)
5.1
(41.2)
0.2
(32.4)
13.7
(56.7)
日平均気温 °C°F −3.6
(25.5)
−3.4
(25.9)
1.8
(35.2)
9.7
(49.5)
16.2
(61.2)
19.9
(67.8)
22.1
(71.8)
21.4
(70.5)
15.6
(60.1)
8.9
(48)
2.0
(35.6)
−2.4
(27.7)
9.0
(48.2)
平均最低気温 °C°F −6.1
(21)
−6.3
(20.7)
−1.6
(29.1)
4.9
(40.8)
10.6
(51.1)
14.6
(58.3)
16.7
(62.1)
15.8
(60.4)
10.7
(51.3)
5.0
(41)
−0.6
(30.9)
−4.7
(23.5)
4.9
(40.8)
最低気温記録 °C°F −30.0
(−22)
−27.8
(−18)
−19.2
(−2.6)
−8.2
(17.2)
−2.4
(27.7)
3.9
(39)
5.9
(42.6)
3.9
(39)
−3.0
(26.6)
−8.0
(17.6)
−17.9
(−0.2)
−27.8
(−18)
−30.0
(−22)
降水量 mm (inch) 45
(1.77)
43
(1.69)
43
(1.69)
38
(1.5)
42
(1.65)
60
(2.36)
54
(2.13)
43
(1.69)
41
(1.61)
37
(1.46)
46
(1.81)
47
(1.85)
539
(21.22)
平均降雨日数 9 8 11 13 13 13 12 9 10 11 12 11 132
平均降雪日数 16 15 9 1 0 0 0 0 0 1 7 15 64
湿度 88 85 79 67 62 66 65 62 70 77 87 88 75
出典:Pogoda.ru.net[5]

経済編集

ウクライナの主要産業の中心地である。鋳鉄、圧延金属、パイプ、機械、コンバイン、農業機械トラクタートロリーバス、冷蔵庫、化学薬品が生産されている。

交通編集

 
ドニプロ市電

市内交通機関編集

公共交通機関として、路面電車ドニプロ市電)やトロリーバスマルシュルートカがある。1995年ドニプロ地下鉄が開業した。現在、延伸工事が行われており、2023年末頃に終点のVokzalna駅から東に3駅分延伸する予定である。また、2号線が計画されている。

鉄道編集

航空編集

ドニプロペトロウシク国際空港で、ウクライナ国内及びヨーロッパ各国と接続している。航空会社ドニプロアヴィアの拠点空港である。

港湾編集

ドニエプル川の水運を担う河港がある。

スポーツ編集

サッカー編集

ドニプロをホームとするサッカークラブがある。

行政区画編集

 
ドニプロの行政区画
  1. Amur-Nyzhnodniprovskyi District(Амур-Нижньодніпровський район)
  2. Shevchenkivskyi District(Шевченківський район)
  3. Sobornyi District(Соборний район)
  4. Industrialnyi District(Індустріальний район)
  5. Tsentralnyi District(Центральний район)
  6. Chechelivskyi District(Чечелівський район)
  7. Novokodatskyi District(Новокодацький район)
  8. Samarskyi District(Самарський район)

教育編集

出身者編集

友好姉妹都市編集

ドニプロペトロウシクは、10の姉妹都市を有している。ここでは、姉妹都市となった年代順に表示する。

友好協力都市

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 反ロシアで地名変更=革命家の名削除「ドニプロ」に-ウクライナ”. 時事通信 (2016年6月2日). 2016年8月2日閲覧。
  2. ^ "ウクライナの首都等の呼称の変更". 外務省. 2022年3月31日. 2022年4月2日閲覧
  3. ^ "林外務大臣会見記録 ウクライナ地名の呼称変更". 外務省. 2022年4月1日. 2022年4月2日閲覧
  4. ^ 字幕:ウクライナ、中部・西部で戦火拡大 ロシア軍が攻勢強める”. AFP (2022年3月12日). 2022年3月12日閲覧。
  5. ^ Климат Днепра (Climate of Dnipro)” (Russian). Pogoda.ru.net (2016年). 2016年8月7日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集