ドミニク・ラーブ

イギリスの政治家。第20代イギリス外務・英連邦大臣

ドミニク・レニー・ラーブ(英語:Dominic Rennie Raab1974年2月25日 - )は、イギリスの政治家。イーシャー・アンド・ウォールトン選挙区英語版選出庶民院議員司法大臣副首相を務めている。過去には筆頭国務大臣外務・英連邦大臣住宅・都市計画担当副大臣欧州連合離脱大臣を歴任した。

ドミニク・ラーブ
Dominic Raab
Official portrait of Rt Hon Dominic Raab MP crop 2.jpg
2020年1月12日
生年月日 (1974-02-25) 1974年2月25日(47歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス バッキンガムシャー
出身校 オックスフォード大学レディ・マーガレット館英語版
ケンブリッジ大学ジーザス校英語版
前職 リンクレーターズ顧問弁護士
外務・英連邦省職員
デイヴィッド・デイヴィス議員主席補佐官
ドミニク・グリーヴ英語版議員主席補佐官
所属政党 保守党
配偶者 エリカ・レイ
子女 2人
公式サイト [公式ウェブサイト ]

内閣 第2次ジョンソン内閣
在任期間 2021年9月15日 - 現在

内閣 第1次ジョンソン内閣
第2次ジョンソン内閣
在任期間 2019年7月24日 - 2021年9月15日

内閣 第1次ジョンソン内閣
第2次ジョンソン内閣
在任期間 2019年7月24日 - 2021年9月15日

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2018年7月9日 - 2018年11月15日

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2018年1月9日 - 2018年7月9日

その他の職歴
イギリスの旗 イギリス
自由権担当政務次官

2015年5月12日 - 2016年7月16日
イギリスの旗 イーシャー・アンド・ウォールトン選挙区英語版選出庶民院議員
2010年5月6日 - 現職)
テンプレートを表示

略歴編集

1974年2月25日にイングランドバッキンガムシャーで誕生する[1]オックスフォード大学で法学を学び、後にケンブリッジ大学で修士号を修得する。リンクレーターズにて国際法の弁護士として仕事をスタートさせ、プロジェクト・ファイナンス、国際訴訟、独占禁止法などを取り扱う[1]。2000年に外務・英連邦省に入省し、海外領土・投資家保護・対テロ作戦など幅広い領域に関して助言を行う。2010年から庶民院議員を務める。2018年7月9日より欧州連合離脱大臣となったが[2]、同年11月15日に離脱合意をめぐって辞職した[3]。2019年6月の保守党党首選挙に立候補したが、第2回議員投票にて30票に留まり、次に進むの必要な33票に届かなかったため脱落した[4]

2019年7月発足のボリス・ジョンソン政権では外務・英連邦大臣に就任した。2020年にジョンソン首相が新型コロナウイルスに感染してテレビ会議への出席が難しくなった際にはラーブが首相の代役を務め、新型ウイルス対策会議議長も務めた[5][6]

2021年8月のターリバーンによるアフガニスタン制圧の最中にはギリシャクレタ島で休暇を過ごしていたことで外務大臣から解任すべきとの声が高まり[7]、9月15日の内閣改造では下位閣僚職の司法相に降格されたが、同時に副首相に任命された[8][9]。これには副首相を兼任させることで降格の痛手を和らげるようジョンソンが配慮したという推測もなされた[10]

スタンス・政策編集

欧州懐疑派の議員である[11]。2016年6月に行われたヨーロッパ連合離脱の是非を問う国民投票に際して、ヨーロッパ連合離脱を支持した。

EU法に従えば、イギリスは真の深刻かつ目下の脅威となる者に限って、ヨーロッパ連合からのイギリスへの入国を拒否できる。この基準は非常に厳格であり[12]、イギリスは過去の有罪判決・テロへの関与・交戦地帯への説明無き渡航などに基づいて入国を拒否できないのである。2010年以降ヨーロッパ連合以外からの渡航者については約67000人が入国拒否されたが、ヨーロッパ連合からの渡航者については入国拒否は約6000人となっている[12]

イスラム国によるテロとの戦いには大陸のヨーロッパとの共同作業は必須であるが、データ共有・取り締まり業務に関しては(共同作業をするのに)イギリスはヨーロッパ連合に加盟する必要は無い。EU法がイギリスにとっての脅威となっており、イギリスは自国民を守るための事前処置を施せない。そしてヨーロッパ連合はこのEU法の改正を拒んでいる。ラーブはヨーロッパ連合を離脱してこそイギリスの国境コントロールを取り戻せると述べている[12]

またメイ政権で行われたイギリスのヨーロッパ連合離脱後の、ヨーロッパ連合加盟国であるアイルランドとイギリス領である北アイルランドの間の国境管理に関する合意には反対であり、欧州連合離脱大臣の辞職につながった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Dominic RaabReference, Politics.co.uk
  2. ^ “メイ英首相、新たなEU離脱担当相にドミニク・ラーブ氏指名”. ロイター. (2018年7月9日). https://jp.reuters.com/article/britain-eu-raab-idJPKBN1JZ11O 2018年7月10日閲覧。 
  3. ^ Brexit Secretary Dominic Raab resigns over EU agreement”. BBC News (2018年11月15日). 2018年11月15日閲覧。
  4. ^ [メイ英首相の後任選び、ジョンソン氏が再び首位 候補5人に “https://www.afpbb.com/articles/-/3230780”]. AFPBB News. フランス通信社. (2019年6月19日). メイ英首相の後任選び、ジョンソン氏が再び首位 候補5人に 2019年6月19日閲覧。 
  5. ^ “ジョンソン英首相、新型コロナウイルス陽性 保健相も”. BBC News. BBC. (2020年3月27日). https://www.bbc.com/japanese/52065259 2020年4月6日閲覧。 
  6. ^ “ジョンソン英首相が検査入院、3月末に新型コロナウイルス陽性”. BBC News. BBC. (2020年4月6日). https://www.bbc.com/japanese/52177443 2020年4月6日閲覧。 
  7. ^ “英内閣改造、ラーブ外相後任にトラス貿易相 保守党初の女性”. ロイター. (2021年9月16日). https://jp.reuters.com/article/britain-politics-reshuffle-idJPKBN2GB1U4 2021年9月20日閲覧。 
  8. ^ “英首相が内閣改造 ラーブ外相を降格”. AFPBB News. フランス通信社. (2021年9月16日). https://www.afpbb.com/articles/-/3366468 2021年9月16日閲覧。 
  9. ^ “イギリス内閣改造 外相を交代 アフガン対応遅れの批判を考慮か”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会. (2021年9月16日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210916/amp/k10013261861000.html 2021年9月16日閲覧。 
  10. ^ “UK Moves Foreign Secretary To Deputy PM In Cabinet Reshuffle”. NDTV. (2021年9月16日). https://www.ndtv.com/world-news/uk-moves-foreign-secretary-dominic-raab-to-deputy-pm-in-cabinet-reshuffle-2542145 2021年9月20日閲覧。 
  11. ^ UK 'obliged' to accept judgments of European courts, official document from ministers ahead of EU referendum reveals S. Swinford, The Daily Telegraph, 14 April 2016
  12. ^ a b c Poor EU border controls put Britain in danger D. Raab, The Daily Telegraph, 21 Apr 2016

外部リンク編集

公職
先代:
ロバート・バックランド英語版
  司法大臣
大法官

2021年9月15日 -
次代:
現職
先代:
ニック・クレッグ
  副首相
2021年9月15日 -
次代:
現職
先代:
ジェレミー・ハント
  外務・英連邦大臣
第20代:2019年7月24日 - 2021年9月15日
次代:
リズ・トラス
先代:
デイヴィッド・デイヴィス
  欧州連合離脱大臣
第2代:2018年7月9日 - 2018年11月15日
次代:
ステファン・バークレー