メインメニューを開く

ドーハメトロ英語Doha Metroアラビア語 مترو الدوحة)は、カタール首都ドーハ鉄道カタール鉄道が管理する都市鉄道である。メトロを名乗ってはいるが、地下鉄だけではなく地上鉄道も含まれる。

ドーハメトロ
مترو الدوحة
Qatar Rail logo.svg
基本情報
カタールの旗 カタール
所在地 ドーハ
種類 地下鉄・都市鉄道
開業 2019年5月8日
運営者 カタール鉄道
詳細情報
総延長距離 163.8 km(建設中含む)
48.1 km(計画中)
路線数 運行中:2路線
建設中:1路線
計画中:1路線
駅数 24駅
建設中:16駅
計画中:24駅
路線図
路線図
テンプレートを表示

概要編集

 
建設中の駅

2022 FIFAワールドカップ開催に合わせて、2019年5月8日に開通した都市鉄道である。計画路線すべてが完成すると総延長300㎞以上、100駅以上に達する一大鉄道プロジェクトであり、世界最大規模の都市鉄道プロジェクトとされる。地下鉄のみならず、カタール各地や隣国までもを結ぶ長距離鉄道の一部ともなる予定である[1]

路線編集

2路線が運営中、1路線が建設中。1路線が計画中となっており、最初の路線(86km、32駅)の一部区間(13駅)が2019年5月8日に開通した。そのうち52kmが地下区間となる。2022年にカタールで開かれるサッカーワールドカップ開催会場を結ぶ。2026年までに総延長は211.9 kmに及ぶ全線が開通する予定である[2]。日仏5社連合(三菱重工業三菱商事日立製作所近畿車輛タレス)がドーハ地下鉄のシステムを受注した[3]。2019年11月21日には2番目のゴールドラインが開通した。

アフマル線/レッドライン編集

2019年5月8日に13駅からなる一部区間が開通。全区間が完成すると98.5 km、30駅が設置予定。Al Khor Northからハマド国際空港などを結ぶ予定。

アフダル線/グリーンライン編集

建設中。65.3 km、31駅が設置予定。

ダハブ線/ゴールドライン編集

2019年11月21日開通。11駅、14㎞区間が開通。全区間が完成すると30.6 km、20駅となる。

アズラク線/ブルーライン編集

計画中。17.5 km、4駅が設置予定。

車両編集

ドーハメトロで使用される車両は近畿車輌が製造を手掛けており、全自動運転を行う3両編成となっている。座席定員は片方の先頭車が16人(ゴールドクラス)+32人(ファミリークラス)、それ以外の2両は88人(スタンダードクラス)である。当初導入予定であった75編成に加え、2018年10月4日には2022年のFIFAワールドカップに向けて35編成の追加発注が行われている[4]

デザインは近畿車輌デザイン室とドイツのトリコンデザインAG(TRICON Design AG)が共同で手掛けており、カタールの伝統的な建築や工芸品の衣装を取り入れた外見・内装となっており、アラビアの馬をモチーフにした流線型の前面や曲線を取り入れた側面扉など編成全体にダイナミックな印象をつけている。その評価は高く、2017年iFデザイン賞およびレッド・ドット・デザイン賞を受賞した[5]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集