メインメニューを開く

ニルヴァーナ (イギリスのバンド)

イギリスのロックバンド

ニルヴァーナ[1] (Nirvana)は、1960年代のイギリスプログレッシブ・ロックバンド

1990年代に活躍したアメリカ合衆国同名のバンドとは別物(後述)。アメリカの方が知名度を獲得している事からメディアではニルヴァーナU.K.英ニルヴァーナなどと呼称されることもある。

来歴編集

サンフランシスコを中心とするサマー・オブ・ラブの年に結成。

元々は、常にセッションミュージシャンを加えて活動していたため実体がつかみにくいグループではあるが、中心人物はパトリック・キャンベル=ライオンズアレックス・スパイロポロウスの二人組。だが、パトリックが全面に立つようになる。

ダブリン生まれのパトリックは大学へ入るためにロンドンに移住したが結局入学せず、1965年頃にセカンド・ソウツというバンドに参加。

そのグループには、クリス・トーマスジョン・スピーディー・キーンも在籍。ハンブルクにおけるハイ・ナンバーズのサポートなど多くのライブをこなす中、パトリックとクリスの共作曲「アイム・ファイディング・イット・ラフ」をエヴァリー・ブラザーズが取り上げることもあり、期待されたセカンド・ソウツだが、1967年に解散。

その後、セント・マーティンズ・スクール・オヴ・アートで映画制作を勉強していたところ、ギリシア生まれのアレックスと出会う。意気投合した彼等は、既にアレックスとは曲を作っていたレイ・シンガーも誘い、「美しい曲と優雅なストリングスと穏やかなサイケデリア」を志向するポップ・バンドを結成。これがニルヴァーナの誕生である。

彼等は、ブライアン・ヘンダーソンシルヴィア・シュスター、そしてマイケル・コールといったメンバーを加え、デモを作りレコード会社を廻るが全くダメで、唯一ミッキー・モーストのみが「もしかしたら」と言ってくれたのみ。最後に訪れたアイランド・レコードで契約成立。セカンド・ソウツ解散の年、1967年のことである。

一説によるとこの話の裏には、マフ・ウィンウッドがデモテープのある1曲を気に入りジミー・ミラーに渡した結果契約は成立したとの話もある。契約成立後、スタジオに入り「タイニー・ゴッデス」を録音。同年後半にはファースト・シングルとして発売。

そして1967年中にセカンド・シングル「ペンテコースト・ホテル」。更にファースト・アルバム『ザ・ストーリー・オブ・サイモン・シモパス』を発表。あまり売れず評論家うけのみという思わしくない結果になる。翌、1968年にはサード・シングル「レインボウ・チェイサー」をリリース。ここが転機になる。当初はB面の筈だったのだが、ミッキー・モーストがクリス・ブラックウェルを説得し、A面扱いにさせたこの曲がイギリスではトップ40に食い込み、北欧でNo.1を記録。フランスのTVにも出演。

同年から翌年1969年にかけて「ガール・イン・サ・パーク」「オール・オヴ・アス」「ウィングス・オヴ・ラヴ」「オー!ホワット・パフォーマンス」と立て続けに4枚のシングルとアルバム『オール・オブ・アス』 をリリース。

『オール・オブ・アス』は映画『タッチャブル』のテーマにも使われ、レコーディングにスプーキー・トゥースクラウズウィンダー・K・フロッグヴァンゲリスといったアイルランドのミュージシャンなども参加するようになる。が本国のチャートではあまり奮わず、フランスやスペインで売れるという状況が続く。

1969年の夏、サード・アルバム『トゥ・マルコス・スリー』(別名『ブラック・フラワー』)を制作。彼等は出来上がったアルバムをクリス・ブラックウェルに視聴してもらうがリリースを拒否されてしまう。原盤権を買い取り、メトロメディア(米国)パイ(英国)とライセンス契約を結び発表する。この頃より、当初のメンバーの1人であるアレックスとの音楽的見解の相違が激しくなり、友人関係を保ったままアレックスがバンドを去ることになる。

アレックス無き後パトリックは、メル・コリンズジェイド・ウォリアーの協力を経てアルバム『局部麻酔』をヴァーディゴからリリース。また、プロデューサー及びA&Rマンとして同レーベルと契約。ジェイド・ウォリアー、ミッキー・ジャップクリア・ブルー・スカイ等を手掛ける。

その後、アルバム『愛の賛歌』、ソロ名義で『ミー・アンド・マイ・フレンド』「ザ・ヒーロー・アイ・マイト・ハブ・ビーン」をリリース。その後、アレックスは音楽業界を離れ落ち着いていたが、音楽出版社のための曲作りなどもしていた模様。

幾つかミュージカルも書き上げていたようで、その内の1つ「ブラッド」はパトリックとの共作でそこから抜粋された「トゥー・オヴ・ア・カインド」が発表されている。

名義問題編集

彼等がコンピレーションCDのリリースに合わせてカート・コバーンらの在籍する「ニルヴァーナ」に対して、グループ名の使用停止を迫る訴訟を起こしたが、結果的にオリジナル・ニルヴァーナの敗訴となった。アメリカ合衆国ロサンゼルスにも同名バンドが存在し、カート・ニルヴァーナが売れた頃に裁判を起こし敗訴したこともあり、声を大にして言う程の問題ではないという司法判断であった。

名義問題と関係はないが、彼らは再結成後、カート・ニルヴァーナの「リチウム」をカバーしている。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ザ・ストーリー・オブ・サイモン・シモパス』 - The Story of Simon Simopath (1967年)
  • 『オール・オブ・アス』 - The Existence Of Chance Is Everything and Nothing Whilst the Greatest Achievement Is the Living of Life and So Say ALL OF US (1968年)
  • 『トゥ・マルコス・スリー』 - To Markos III (1970年) ※『ブラック・フラワー』 - Black Flowerとして1987年にボーナス・トラック付きで再発されている
  • 『局部麻酔』 - Local Anaesthetic (1972年) ※旧邦題『涅槃』
  • 『愛の賛歌』 - Songs Of Love And Praise (1973年)
  • 『ミー・アンド・マイ・フレンド』 - Me And My Friend (1974年) ※パトリック・キャンベル・ライオンズの1stソロ・アルバム。CD再発の際、『愛の賛歌』の曲をボーナス・トラックとし、ニルヴァーナのアルバムとして発売された。
  • 『トラヴェリング・オン・ア・クラウド』 - Travelling On A Cloud (1992年) ※コンピレーション盤
  • 『シークレット・シアター』 - Secret Theatre (1994年) ※レア音源&アウトテイク集
  • 『オレンジ・アンド・ブルー』 - Orange And Blue (1996年)
  • Chemistry (1997年) ※コンピレーション盤
  • Forever Changing (2000年) ※コンピレーション盤
  • Cult (2012年) ※コンピレーション盤
  • Rainbow Chaser: The 60s Recordings (The Island Years) (2018年) ※コンピレーション盤

シングル編集

  • "Tiny Goddess" (1967年)
  • "Pentecost Hotel" (1967年)
  • "Rainbow Chaser" (1968年)
  • "Girl in the Park" (1968年)
  • "All of Us" (1968年)
  • "Wings of Love" (1969年)
  • "Oh! What a Performance" (1969年)
  • "The Picture of Dorian Gray" (1981年)

脚注編集

  1. ^ ニアヴァーナニルヴァーナUKの表記もある。