メインメニューを開く
ニンテンドー3DS > ニンテンドーネットワーク
Wii U > ニンテンドーネットワーク

ニンテンドーネットワーク(Nintendo Network)は、任天堂が提供する、同社のゲーム機で利用可能なネットワークサービスの総称。ニンテンドーDSシリーズとWiiで提供されたニンテンドーWi-Fiコネクションの後継である。

ニンテンドーネットワーク
運営元 任天堂
種類 ネットワークサービス
サービス開始日 2011年2月26日(正式発表・2012年1月27日
プラットフォーム ニンテンドー3DSシリーズ
Wii U
テンプレートを表示

目次

概要編集

2011年2月26日に発売されたニンテンドー3DSの発売日からサービスが開始され、2012年に発売したWii Uで包含するネットワークプラットフォームとして活用される[1]

2012年1月27日に行われた任天堂の第3四半期決算説明会で初めて正式に発表されたが、それ以前に発売されたニンテンドー3DS用ソフトも、インターネットまたはいつの間に通信に対応していれば遡及的にニンテンドーネットワーク対応ソフトとして扱われている。従って、初の対応タイトルはニンテンドー3DS本体のローンチタイトルの8本中4本(『nintendogs + cats』の3バージョンを別に数えれば計10本中6本)である。

2012年2月16日以降に登場をした、インターネットまたはいつの間に通信対応タイトルには、パッケージに、「NINTENDO NETWORK」のマークが記載される[2]

対応ソフトの1つである『マリオカート7』ではコミュニティという形でも使われており(従来のオンライン対戦の形式にも対応している)、2012年2月13日より『とびだすプリクラ☆キラデコレボリューション』で初の追加コンテンツの販売が始まり、2月16日に『シアトリズム ファイナルファンタジー』でパッケージソフト初の追加コンテンツ販売が開始された。

Wii Uでは個人アカウントシステムとして「ニンテンドーネットワークID」を先行導入し、ニンテンドー3DSでも同サービスを2013年12月10日より導入した(ただし、アカウントは一つしか登録出来ない。[3][4]

対応ソフト編集

ニンテンドーネットワークを利用した本体のコンテンツ編集

サービス停止

サービス終了

関連項目編集

他社オンラインネットワークサービス

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年1月27日(金)経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会(5ページ)”. 任天堂 (2012年1月27日). 2012年2月5日閲覧。
  2. ^ ニンテンドー3DS|Q&A”. 任天堂. 2012年2月6日閲覧。
  3. ^ システムバージョンVer.7.1.0-14Jより導入。
  4. ^ 【3DSシリーズ】1台の本体に複数のニンテンドーネットワークIDを登録できますか?”. support.nintendo.co.jp. 2019年3月13日閲覧。
  5. ^ ブラウザで動画を視聴できるNew3DSやWii Uではインターネットブラウザーからでも使用できるが、パソコンまたはスマートフォンと同様のUIとなるため方向性が異なる。