ハイパーオリンピック'84

ハイパースポーツから転送)

ハイパーオリンピック'84』 (Hyper Olympic'84) は、1984年7月に日本のコナミ工業から稼働されたアーケードスポーツゲーム。北米ではCenturiから『Hyper Sports』のタイトルで稼働された。

ハイパーオリンピック'84
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 アーケード (AC)
開発元 コナミ開発1課
発売元 日本 コナミ
アメリカ合衆国 Centuri
プロデューサー 石原祥吉
プログラマー 町口浩康
音楽 福武茂
シリーズ コナミハイパーシリーズ
人数 1 - 4人(対戦プレイ)
メディア 業務用基板
(168.53キロバイト
稼働時期 日本 1984071984年7月
アメリカ合衆国 1984071984年7月
デバイス 3ボタン
CPU MC6809 (@ 2.048 MHz)
サウンド Z80 (@ 3.580 MHz)
DAC (@ 1.790 MHz)
SN76496 (@ 3.580 MHz)
VLM5030
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット32色
テンプレートを表示

同社による『ハイパーオリンピック』(1983年)の続編であり、同年開催のロサンゼルスオリンピックに合わせて発表された。前作と同様に陸上競技を題材とした作品であるが、陸上競技以外の種目も収録されている。本作では水泳クレー射撃跳馬アーチェリー三段跳重量挙げ棒高跳の7種目で記録を競う。開発はコナミ開発1課が行い、前作から引き続きプロデューサーは石原祥吉、音楽は福武茂が担当、プログラムは後に『グラディウス』(1985年)を手掛けた町口浩康が担当している。

後にX1PC-8001mkIISRなど日本国産パソコンに移植された他、MSXおよびファミリーコンピュータには『ハイパースポーツ』のタイトルで、SG-1000には『コナミのハイパースポーツ』のタイトルで移植された。日本国外のホビーパソコンにおいても『Hyper Sports』のタイトルで移植された。2002年には「コナミスポーツシリーズ」として、一部種目のみ携帯電話ゲームとして配信された。2015年にはMSX版『ハイパースポーツ2』がプロジェクトEGGおよびバーチャルコンソールで配信された他、2019年には日本国外アーケード版がアーケードアーカイブスとして配信された。

ゲーム内容編集

1984年ロサンゼルスオリンピックの開催に合わせて稼働された[1]。競技はすべて一新され、100メートル自由形、クレー射撃、跳馬、アーチェリー、三段跳、重量挙げ、棒高跳の全7種目。前作よりもタイミング重視の競技が多くなっている。

入力の処理方式が異なっており、左右交互押しによるRUNボタン連打が若干やり易くなっている。4周目までしかなかった前作と違い、6周目まで難易度が上がる。6周目は極めて難しく、クリアするのは至難の業となっている。7周目以降は、6周目を繰り返す。

また、アーケードアーカイブス版ではランキング画面の曲が消されている。

種目編集

プレイ順に記述する。

種目は順に水泳(100m自由形)クレー射撃跳馬アーチェリー三段跳重量挙げ棒高跳の7つ。

水泳
  • 2つのRUNボタンで泳ぎ、ACTボタン(JUMPボタン)で画面に息継ぎの指示が出た時に息継ぎをする。ファウルは1回のみできるが、計測は1回のみとなる。
クレー射撃
  • 左右の標的が2つのRUNボタンに対応し、標的が出たら素早く押す。3回計測のチャンスがある。
跳馬
  • 助走はコンピュータにより自動で行われプレイヤーは介入できず、ACTボタンで跳躍のタイミングのみをコントロールすることとなる。跳躍後はRUNボタンにより回転数をできるだけ多くすることを目的とする。計測のチャンスは3回。
アーチェリー
  • 矢の発射角度をACTボタンで調整し発射する。計測のチャンスは3回。
三段跳
  • RUNボタンで助走し、ACTボタンで踏み切りのタイミングおよび角度を調整する。最初の踏み切りが白線を越えているとファウルとなる。計測のチャンスは3回。
重量挙げ
  • RUNボタンで持ち上げるパワー調整を行い、ACTボタンでパワー移動を行う。計測のチャンスは2回。
棒高跳
  • 助走は自動で行われ、跳ぶタイミングと体勢変更をACTボタンで行う。プレイヤーは失格となるまでより高い記録に挑戦できる。バーに触れたりバーを落としたりすると失敗となり、3回失敗で失格となる。

移植版編集

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 出典
1 ハイパースポーツ1   1984081984年8月
MSX コナミ開発3課 コナミ ロムカセット RC715
2 ハイパースポーツ2   1984111984年11月
MSX コナミ開発3課 コナミ ロムカセット RC717
3 ハイパーオリンピック'84 I・II   1985021985年2月
X1 デービーソフト デービーソフト カセットテープ S06-G0106-P1
S06-G0107-P1
4 ハイパーオリンピック'84 I・II   1985041985年4月
PC-8001mkIISR デービーソフト デービーソフト フロッピーディスク N08-G9106
N08-G9107
5 コナミのハイパースポーツ   1985041985年4月
SG-1000 セガ セガ ロムカセット G-1042
6 Hyper Sports   1985071985年7月
コモドール64
ZX Spectrum
Ocean Software Imagine Software カセットテープ -
7 ハイパースポーツ   198509271985年9月27日
ファミリーコンピュータ コナミ開発2課 コナミ ロムカセット RC806
8 ハイパースポーツ3   1985101985年10月
MSX コナミ開発3課 コナミ ロムカセット RC733
9 Hyper Sports   1985年
Amstrad CPC
BBC Micro
Ocean Software Imagine Software カセットテープ -
10 気軽に! クレー射撃
気軽に! アーチェリー
  200202042002年2月4日
FOMA901i/703iシリーズ
iアプリ
コナミ コナミ ダウンロード
(コナミスポーツシリーズ)
- [2][3][4]
11 気軽に! クレー射撃
気軽に! アーチェリー
  200204172002年4月17日
J-SKY
Javaアプリ
コナミ コナミ ダウンロード
(コナミスポーツシリーズ)
- [5]
12 気軽に! クレー射撃
気軽に! アーチェリー
  200207222002年7月22日
ezplus対応機種
EZアプリ
コナミ コナミ ダウンロード
(コナミスポーツシリーズ)
- [6]
13 ハイパースポーツ   2006年
Windows コナミ アイレボ ダウンロード
(i-revo)
- ファミリーコンピュータ版の移植
14 ハイパースポーツ2   201502172015年2月17日
Windows コナミ開発3課 D4エンタープライズ ダウンロード
プロジェクトEGG
- MSX版の移植
15 ハイパースポーツ2   201510282015年10月28日
Wii U コナミ開発3課 KDE ダウンロード
バーチャルコンソール
- MSX版の移植 [7][8]
16 HYPER SPORTS INT 201911282019年11月28日
Nintendo Switch
PlayStation 4
ハムスター ハムスター ダウンロード
アーケードアーカイブス)
- 日本国外アーケード版の移植 [9][10]
MSX版

MSXでは『ハイパースポーツ』のタイトルで3本に分けて移植された。

  • ハイパースポーツ1
    アーケード版とほぼ同時に登場した。アーケード版から跳馬、MSX版オリジナルの高飛び込み・トランポリン・鉄棒、計4種目を収録。
  • ハイパースポーツ2
    2015年2月17日よりプロジェクトEGG、同年10月28日よりWii Uバーチャルコンソールにて配信開始。アーケード版からクレー射撃・アーチェリー・重量挙げの3種目を収録。
  • ハイパースポーツ3
    アーケード版から三段跳・棒高跳、MSX版オリジナルの自転車・カーリング、計4種目を収録。
SG-1000版
MSX版『ハイパースポーツ1』の移植。競技内容も同じで、高飛び込み・跳馬・トランポリン・鉄棒の計4種目。ハイパーショットはMSX用のものが使用可能。
X1、PC-8001mkIISR版

デービーソフトから発売。カセットテープ版とフロッピーディスク版があるが、フロッピー版はI・II両方購入するとアーケード版同様に全種目通してプレイ可能だった。

  • ハイパーオリンピック'84 I
    アーケード版から100メートル自由形・クレー射撃・跳馬・アーチェリーの4種目を収録。
  • ハイパーオリンピック'84 II
    アーケード版から三段跳・重量挙げ・棒高跳の3種目を収録。
ファミリーコンピュータ版

アーケード版の移植だが、MSX版同様「ハイパースポーツ」のタイトルに変更された。FC版『ハイパーオリンピック』同様、プレイするにはハイパーショットが必要だが、本作はソフト単品での発売だったため、同時にハイパーショットも単品販売された。アーケード版からのクレー射撃・アーチェリー・三段跳に加え、FC版ハイパーオリンピックで未収録だった走高跳を合わせた計4種目を収録。走高跳のバーの高さは一定で、周回を重ねるごとに高くなる。

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
Amstrad Action88% (CPC)[11]
Amtix!30% (CPC)[11]
Computer and Video Games90% (C64)[12]
31/40点 (ZX)[13]
Crash92% (ZX)[13]
Eurogamer8/10点 (AC)[14]
Sinclair User      (ZX)[13]
Your Sinclair43% (ZX)[13]
Zzap!6490% (C64)[12]
Your 64      (C64)[12]
Aktueller Software Markt8/12点 (C64)[12]
6.2/12点 (ZX)[13]
アーケード版

ゲーム本『甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.1 アイデア満載! ユニークゲーム編』では、本作稼働時にはすでに同様のゲームが他メーカーからも複数発売されていた事や、操作が複雑になった事が要因となり、前作程の人気作とはならなかったと記されている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b アーケードゲーム大全 2019, p. 159- 「1984年 ハイパーオリンピック84」より
  2. ^ コナミネットにiアプリ「キャプテン翼」が登場!”. SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2002年2月4日). 2021年3月20日閲覧。
  3. ^ 横田真俊 (2002年2月4日). “コナミ、「キャプテン翼」のiアプリ対応のゲームサイト”. ケータイ Watch. インプレス. 2021年3月20日閲覧。
  4. ^ 田名網陽平 (2002年2月5日). “コナミ、「キャプテン翼」や「スキージャンプ」など新作iアプリを配信開始”. GAME Watch. インプレス. 2021年3月20日閲覧。
  5. ^ J-SKYでも“コナミスポーツ”を楽しむ!”. SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2002年4月17日). 2021年3月20日閲覧。
  6. ^ コナミ、EZweb対応「コナミスポーツシリーズ」をオープン”. ITmedia Moblie. アイティメディア (2002年7月22日). 2021年3月20日閲覧。
  7. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2015年10月21日). “Wii Uバーチャルコンソール10月28日配信タイトル ― 『もえろツインビー』『ハイパースポーツ2』『マリオパーティアドバンス』”. iNSIDE. イード. 2021年3月20日閲覧。
  8. ^ そみん (2015年10月21日). “『もえろツインビー シナモン博士を救え!』『マリオパーティアドバンス』など3作がWii U用VCで10月28日配信”. 電撃オンライン. KADOKAWA. 2021年3月20日閲覧。
  9. ^ 『アーケードアーカイブス HYPER SPORTS』が11月28日に配信。水泳やクレー射撃など、全7種目の競技を最大4人の同時プレイで盛り上がろう”. ファミ通.com. KADOKAWA (2019年11月21日). 2021年3月20日閲覧。
  10. ^ 長岡頼(クラフル) (2019年11月21日). “Switch用「アーケードアーカイブス HYPER SPORTS」配信決定”. GAME Watch. インプレス. 2021年3月20日閲覧。
  11. ^ a b Hyper Sports for Amstrad CPC (1985)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2021年3月20日閲覧。
  12. ^ a b c d Hyper Sports for Commodore 64 (1985)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2021年3月20日閲覧。
  13. ^ a b c d e Hyper Sports for ZX Spectrum (1985)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2021年3月20日閲覧。
  14. ^ Hyper Sports for Arcade (1984)” (英語). MobyGames. Blue Flame Labs. 2021年3月20日閲覧。

参考文献編集

  • 『甦る 20世紀アーケードゲーム大全 Vol.1 アイデア満載! ユニークゲーム編』メディアパル、2019年9月30日、159頁。ISBN 9784802110372

外部リンク編集