ハマゴウ(浜栲、Vitex rotundifolia)はハマゴウ属常緑小低木で砂浜などに生育する海浜植物。別名ハマハイハマボウアオイ科にもハマボウがある)。

ハマゴウ
Vitex trifolia subsp. litoralis 03.jpg
ハマゴウ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: ハマゴウ属 Vitex
: ハマゴウ V. rotundifolia
学名
Vitex rotundifolia L.f.[1]
シノニム

名称編集

和名ハマゴウは、葉を線香の原料にしたことから「浜香」の名が生まれ、これが転訛してハマゴウになったといれる[4]。古書には「ハマハヒ」の記述が見られ、海岸に茎が這うように生えるところから名付けられたものと考えられている[4]

地方名は、ハマボウ[5]、ハマカズラ[5]などと呼ばれている。中国植物名(漢名)は、単葉万荊(たんようまんけい)[5]

分布と生育環境編集

日本では、北海道を除く本州四国九州琉球に分布し、海岸の砂浜に群生する[5]。内陸の淡水湖である琵琶湖沿岸にも生育する。国外では、中国朝鮮東南アジアポリネシアオーストラリアに分布する。

砂が吹き飛ばされて何メートルも横に伸びた茎が露出する場合もある。砂に埋もれても負けずに伸びるのは海浜植物として重要な適応である。

特徴編集

海岸の砂地に群生することが多い落葉低木[4]は地面を這い、半ば砂に埋もれて伸びる。は4稜があり、直立または斜上し、高さは30 - 70センチメートル (cm) になる。はふつう単葉で、まれに3出複葉になるものもあり、対生する。葉身は楕円形から広卵形で、長さ3 - 6 cm、幅2 - 4 cm、縁は全縁、裏面は白い毛で被われる。葉柄は長さ5 - 10ミリメートル (mm) になる。

花期は夏から初秋にかけて(8 - 9月)[4]。枝先に円錐花序をつけ、芳香のある青紫色の小さなを咲かせ、目立つ[4]は長さ3 - 4 mmの鐘形で5歯がある。花冠は長さ12 - 16 mmになる漏斗状で、5裂し唇形になり、下部の裂片が他の裂片よりはるかに大きい。雄蕊は4個、花柱は1本で花冠を突き抜け、柱頭が2裂する。果実は球形の核果で、10月に結実して水に浮き海流に流される。 

全体にユーカリの葉に似た芳香がある。

利用編集

10 - 11月に採集した果実を天日干し乾燥したものは、蔓荊子/万荊子(まんけいし)と呼ばれる生薬で、鎮痛、鎮静、消炎作用がある[4]。蔓荊子散などの漢方薬に配合される[4]。8 - 9月頃の開花期の茎葉を採取して長さ3 - 5 cmに粗く刻んで陰干ししたものを蔓荊葉(まんけいよう)という。

葉や小枝には精油約0.1 - 0.3%が含まれており、精油成分は、カンフェン約55%、ディペンテンアルコール約20%、トリテルペン酸約3 - 19%、α-ピネンなどである[4]。果実には、精油0.16%、脂肪油約6.1%、フラボノール誘導体ビテキシカルピンなどを含んでいる[4]。精油は、浴湯料にすれば血行促進作用があり、果実は消炎、解熱、強壮の目的で漢方薬の処方に配剤されている[4]

民間療法では、風邪で熱があるとき、頭痛がするときに、蔓荊子1日量5 - 10グラムを水600 ccで半量になるまでとろ火で煮詰めた煎じ液(水性エキス)を、食間3回に分けて服用する用法が知られている[4]。妊婦は服用禁忌とされている[5]。また、肩こり、腰痛、筋肉痛、冷え症などには茎葉や蔓荊子を布袋に入れて浴湯料にして風呂に入れる[4]

昔は、葉をいぶして蚊遣りに用いたり、あるいは香として用いられた[4]。茎葉は、シキミの樹皮や葉、モクレンの樹皮などを粉末にして混ぜ合わせ、安線香を製造するための原料にした[4]

近縁種編集

南西諸島にはよく似たミツバハマゴウが普通。形態的にはよく似ているが、海岸ではなく内陸のひなたにはえ、低木状になる。

脚注編集

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Vitex rotundifolia L.f.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年6月7日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Vitex trifolila L. subsp. litoralis Steenis”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年6月7日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Vitex trifolila L. var. simplicifolia Cham.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年6月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 田中孝治 1995, p. 155.
  5. ^ a b c d e 貝津好孝 1995, p. 166.

参考文献編集

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、166頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、155頁。ISBN 4-06-195372-9
  • 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本II』(1989年)平凡社
  • 茂木透、太田和夫他『樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物) 山溪ハンディ図鑑5』(2001年)山と溪谷社
  • 中西弘樹著『海から来た植物 -黒潮が運んだ花たち-』(2008年