メインメニューを開く

ハロルド・ウィルソン

英国の政治家

ウィルソン・オブ・リーヴォール男爵、ジェームズ・ハロルド・ウィルソンJames Harold Wilson, Baron Wilson of Rievaulx, KG, OBE, PC, FRS, FSS 1916年3月11日1995年5月24日)は、英国政治家労働党党首、首相を務めた。

ハロルド・ウィルソン
Harold Wilson
Harold Wilson (1967).jpg
ハロルド・ウィルソン(1967年)
生年月日 1916年3月11日
出生地 イギリスの旗 イギリスハダースフィールド
没年月日 (1995-05-24) 1995年5月24日(79歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドン
出身校 オックスフォード大学ジーザス・カレッジ卒業
所属政党 労働党
配偶者 マリー・ボールドウィン

在任期間 1964年10月16日 - 1970年6月19日
1974年3月4日 - 1976年4月5日
女王 エリザベス2世

イギリスの旗 第14代 労働党党首
在任期間 1963年2月14日 - 1976年4月5日

イギリスの旗 影の首相
在任期間 1970年6月19日 - 1974年3月4日
テンプレートを表示

目次

来歴編集

生い立ち編集

ハダースフィールドに生まれる。オックスフォード大学ジーザス・カレッジを卒業し、21歳で同大学の経済学講師に就任する。

政治編集

第二次世界大戦下で行われた1945年の総選挙下院議員に初当選し、クレメント・アトリー内閣に次官級で入閣する。1947年には、商業大臣 (President of the Board of Trade) に就任する。

1960年に労働党党首選挙に初めて挑むが、現職のヒュー・ゲイツケルに大差で惨敗する。しかし、1963年にゲイツケルの急死にともなう党首選挙に再挑戦し、当選する。

首相編集

1964年の総選挙では労働党が13年ぶりに勝利し、首相に就任する。第6回選挙法改正を行い、18歳以上の男女に選挙権を与えた。

1970年の総選挙で敗北し下野するが、1974年2月の総選挙で労働党が過半数に及ばないものの第1党になったため、少数与党内閣を組織して首相に返り咲いた。さらに安定した政局運営を図って7か月後に議会を解散、同年10月の総選挙の結果、かろうじて過半数に達した。

1975年4月に労働党内の意見が二分される中、ヨーロッパ経済共同体 (EEC) への残留を国民投票により決定した。任期終了まで首相を務めあげるかと思われたが、1976年3月に首相を突然辞任した。

引退後編集

引退後はブラッドフォード大学学長1985年まで務めた他、王立統計協会会長などを務め1995年に死去した。なお1976年に突然引退した理由は長く明らかにされなかったが、死後にアルツハイマー病がその理由だったことがはじめて公表された。

エピソード編集

ビートルズの「タックスマン」の歌詞に出てくる人物としても有名である。

関連項目編集

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
スティーブン・キング=ホール英語版
オームスカーク選挙区英語版選出庶民院議員
1945年1950年
次代:
ロナルド・クロス英語版
新設 ハイトン選挙区英語版選出庶民院議員
1950年1983年
廃止
公職
先代:
ジョージ・ブラウン英語版
代理
野党党首英語版
1963年–1964年
次代:
アレック・ダグラス=ヒューム
先代:
アレック・ダグラス=ヒューム
首相
1964年–1970年
次代:
エドワード・ヒース
第一大蔵卿
1964年–1970年
新設 国家公務員担当大臣
1968年–1970年
先代:
エドワード・ヒース
野党党首英語版
1970年–1974年
首相
1974年–1976年
次代:
ジェームズ・キャラハン
第一大蔵卿
1974年–1976年
国家公務員担当大臣
1974年–1976年
党職
先代:
オーステン・アルブ英語版
フェビアン協会会長
1954年–1955年
次代:
マーガレット・コール英語版
先代:
ディック・クロスマン英語版
全国執行委員会英語版議長
1961年–1962年
次代:
ダイ・デイヴィーズ
先代:
ジョージ・ブラウン英語版
代理
労働党党首
1963年–1976年
次代:
ジェームズ・キャラハン
学職
新設 ブラッドフォード大学学長
1966年–1985年
次代:
ジョン・ハーヴェイ=ジョーンズ英語版
先代:
ジョージ・アルフレッド・バーナード英語版
王立統計協会会長英語版
1972年–1973年
次代:
D・J・フィニー英語版