タックスマン

概要編集

ジョージ作の公式発表曲では唯一、アルバムのA面1曲目に収録されている曲。ジョン・レノンは「ジョージの歌のうちじゃ傑作に入る『タックス・マン[注釈 1]』を作ってた時にジョージは俺に『助けてくれ』と電話して来た。いくつかパンチの効いたことを考えてやった」と述べている[1]

ジョージが「お金を稼げるようになったが、そのほとんどに課税されるということに気づいて初めて書いた曲が『タックスマン』[2]」と語っているように、1964年から1970年までの労働党ウィルソン政権は、充実した社会保障を維持するために税率95パーセントという高い税金を富裕層に課していた。ジョージは、この税率を皮肉ってこの曲を作った。歌詞には、当時のウィルソン首相と野党第1党のヒース保守党党首(1970年から1974年まで保守党政権の首相となる)が登場するが、反対党の党首まで出す事によってバランスをとっていた。

リード・ギターは『リボルバー』の時期以降のジョージによる楽曲では珍しくポール・マッカートニーが担当している[3]。ジョージは、このプレイに「インド風で満足している」と述べている[4]

ザ・ビートルズ・アンソロジー2』に収録されているヴァージョンでは、公式テイクでは「Haha, Mr. Willson」「Haha, Mr. Heath」と歌っている部分で「誰か少しカネ持ってない?-Anybody got a bit of money?」と早口で連呼している[5]

ジョージは、1991年の日本公演においては当時のメージャー英国首相ブッシュ(父)米国大統領と名前を変えて歌っていた。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 表記ママ

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 出典:「ジョン・レノン PLAYBOY インタビュー」1981年 集英社 43頁
  2. ^ 出典:ジョージ・ハリスン著「ジョージ・ハリスン自伝 I・ME・MINE」 山川真理訳 2002年 河出書房新社 164頁
  3. ^ "Crawdaddy" 1977.2におけるジョージの発言。
  4. ^ Guitar. (November 1987). 
  5. ^ 出典:マーク・ルウィソーン著「ビートルズ/レコーディング・セッション」 内田久美子訳 1990年 シンコー・ミュージック 87頁