メインメニューを開く

ババルウ星人

ババルウ星人(ババルウせいじん)は、特撮テレビ番組『ウルトラマンレオ』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する架空の宇宙人。別名は暗黒星人。英字表記はALIEN BABARUE[1][2]

黒のボディに金色の鬣を持ち、2本の角を頭に生やしている。

目次

『ウルトラマンレオ』に登場するババルウ星人編集

ウルトラマンレオ』第39話「レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時」に登場。

別名「暗黒宇宙の支配者」[3]。以前からウルトラの星を狙っていた宇宙人で、過去にウルトラ兄弟とも戦ったことがあり、巨悪として恐れられていた。しかし、ウルトラマンキングには小物扱いされており、正体が露見した後はあわてて退散している。

変身能力に優れ、ウルトラマンレオの弟であるアストラを襲って北極星の氷塊の中に閉じ込めた後は彼に変身してウルトラの星に侵入すると、ウルトラの星のエネルギーと運行を制御しているウルトラキーを盗み、地球とウルトラの星を衝突させようと暗躍する。レオとウルトラ兄弟の同志討ちをして図るその変身能力には、ウルトラ兄弟はおろかレオさえも気付けなかった。

格闘センスに優れており、左腕には鎖分銅[1][4](チェーン[2])、右腕にはカッター[1][2](隠し刀[4])を得意武器として戦う。鎖分銅は巨大化し、ウルトラキーが格納された第2ウルトラタワーを引き倒すほどの力がある。ウルトラの星での戦いでは、アストラの姿のままウルトラ兄弟を退けて地球へ逃げ去り、そこでキングの洗礼光線を浴びて正体を暴かれたために逃亡し、等身大になって身を隠しながらウルトラの星と地球を衝突まで数分というところまで追い詰めるが、レオ兄弟のウルトラダブルスパークによってウルトラキーが復元されたことで計画が狂い、巨大化する。ウルトラキーをウルトラの星に運ぼうとするレオ兄弟との戦闘では、隙を突かれて本物のアストラにキーを持ち去られたため、完全に計画は失敗する。最後はレオを鎖分銅とカッターで苦しめるも、逆にカッターを利用されて鎖を切られたうえ、レオキックを胸のランプに受けて絶命する。

  • 声:清川元夢[6]
  • 当時の裏設定では、レオ兄弟への復讐のためにブラック指令に地球侵略を依頼したとされている[7]
  • 着ぐるみは第30話に登場したマグマ星人の改造[8]。関連書籍[要出典]ではレオと戦ったマグマ星人はババルウ星人の部下とされ胸にマグマ勲章に似た物を付けている。マグマ星人を地球に派遣したのもババルウ星人の命令とされている。
  • 第39話のテロップでは「暗黒星人ババルウ」と表記されており、劇中でもゾフィー、エース、ナレーションには「ババルウ」と呼称された。現在では「ババルウ星人」が公式の名称とされている。
  • 内山まもるの漫画版『ウルトラマンレオ』(てんとう虫コミックスザ・ウルトラマン』第3巻に収録[9])では、『小学三年生』掲載分にてテレビ版とほぼ同じ展開を経て、『小学二年生』掲載分にてテレビ版に登場した個体の弟がウルトラマンAに化けてレオ兄弟を誘い出し、死亡したと思われていたレオ兄弟の両親を母船で人質に取ってレオ兄弟にウルトラの星の破壊を命じると、ブラック指令と共に地球へ侵攻する。しかし、最終決戦ではレオの両親に母船から脱出され、その際の爆発で飛び散った破片が身体に突き刺さり、死亡する。

にせアストラ編集

ウルトラマンレオ』第38話「決闘!レオ兄弟対ウルトラ兄弟」、第39話「レオ兄弟 ウルトラ兄弟 勝利の時」に登場。資料によってはニセ・アストラと表記している[2][5]。英字表記はIMIT-ASTRA[2]

  • 身長:50メートル[2]
  • 体重:4万9千トン[2]
  • 出身地:ババルウ星[2]

ウルトラの星に侵入したババルウ星人がこの姿に変身し、ウルトラキーを盗む。変身能力はレオに偽者と看破されないほど完璧であるが、キングの洗礼光線を浴びて正体を現す。

外見や声質は本物のアストラと同一だが、ウルトラキーを構えた際には不気味な笑い声を上げている。

  • 声:丸山純二[6]
  • スーツは本物のアストラと同一。従来のにせウルトラ戦士は視聴者には区別がつく様に何らかの外見的差異が設けられていたが、ここではストーリー上視聴者にも本物と思わせる必要があったためにそのまま使用された。

『ウルトラマンメビウス』に登場するババルウ星人編集

ウルトラマンメビウス』第35話「群青の光と影」、『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』SAGA3「光の帰還」に登場。

  • 体長:2 - 56メートル[10]
  • 体重:140キログラム - 2万8千トン[10]
  • 出身地:ババルウ星[11]

かつてアストラに化けてウルトラ兄弟を欺き、地球とウルトラの星を破壊を目論んだババルウ星人(以下、先代)の同族[11]。GUYSのドキュメントMACに記録が残っている。左腕から光弾を発射し、右腕のカッターと巨大な刺又「ババルウ・スティック」を武器として使用する。先代同様に優れた擬態能力を持ち、擬態した相手の体の装飾品をコピーする他、技や能力を使用可能。また、前髪をかき上げる癖がある。

外伝『ヒカリサーガ』では、ウルトラマンヒカリを自分の仲間にしようと、ウルトラマンメビウスに化けて偽のウルトラサインで彼を壊滅した惑星アーブへ誘い込むが、拒否されたために戦いを挑む。口から冷凍ガスを吐いてヒカリを氷漬けにするが、アーブの民の声によって勇者の鎧となったアーブギアをまとって復活したヒカリに猛反撃を受け、ナイトシュートで深手を負わされる。それ以降は雪辱を果たすことを誓い、高笑いをあげながら煙幕と共に姿を消して逃げ去る。

その後、第35話で地球に飛来してハンターナイト ツルギに化けて街を破壊し、地球人に「青いウルトラマン」に対する恐怖と疑惑を植え付けようと目論む。ヒカリ=セリザワ・カズヤ前隊長がGUYSに監禁されたと知るや再びツルギに化けて街を破壊するが、監禁はGUYSの総本部陣がババルウ星人を油断させるために立てた計略だったためにヒカリへの疑惑は完全に晴れ、解放された彼と再戦する羽目となる。ヒカリのブレードショットを受けて正体を暴かれた後、カッターでナイトビームブレードと相殺させながら光弾で攻撃するという卑怯な戦法で彼を追い詰めるが、自らの意思で制御できる新たなアーブギアをまとって本物のツルギに再変身したヒカリにはまったく歯が立たず、最後はナイトシュートを受けて倒された。

ヒカリは、このババルウ星人も地球を狙う何者か(のちにエンペラ星人であることが判明する)の尖兵であったと述べている。

  • 声:清川元夢(音声に加工有り)
  • スーツアクター︰相馬絢也
  • 武器のデザインは丸山浩が担当[12]
  • 冷凍ガスは『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS NEO』では「デスブリザード」と表記されている。
  • 『ヒカリサーガ』監督の菊地雄一は、遊びとして京本政樹のような仕草をさせている[13]
  • 第35話監督の村石宏實は、ツルギとの戦いでは等身大キャラクターのアクションを意識して演出している[14]

ニセハンターナイト ツルギ編集

第35話「群青の光と影」に登場。

  • 身長:50メートル[11]
  • 体重:3万8千トン[11]

ババルウ星人が地球人に「青いウルトラマン」を敵視させるために変身した姿。ただし、すでに本物のヒカリからメビウスに託されて持っていなかったはずのナイトブレスもそのまま真似たため、メビウス=ヒビノ・ミライにはすぐに偽者だと見破られる(この回でメビウスはヒカリにナイトブレスを返却しているため、再戦時は本物の腕にもナイトブレスがある)。

当初の目的に沿ってこの姿で街を破壊し、地球人に「青いウルトラマン」を敵視させることに半ば成功しかけるものの、ヒカリがGUYSによって一時拘束されたあともババルウ星人はこの姿で暴れ続けるというミスを犯したため、ヒカリの疑いは完全に晴れる。その直後にヒカリと再戦し、ブレードショットを受けて正体を暴かれる。

  • 資料によっては、名称をニセ・ツルギと記載している[15][16][11][17]
  • スーツは本物のハンターナイト ツルギと同一。

ニセウルトラマンメビウス編集

ヒカリサーガSAGA3「光の帰還」に登場。

  • 身長:49メートル[18]
  • 体重:3万5千トン[18]

ババルウ星人がアーブにて、最初に変身していた姿。映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』でザラブ星人が変身したニセウルトラマンメビウスと違い、本物との差異が全く見られない完璧な変身である。アーブを再訪して感慨に浸っていたヒカリを攻撃したことで偽者と見破られ、すぐに前述のニセハンターナイト ツルギの姿となり、地球へ逃亡した。

  • スーツは本物のメビウスと同一。
  • 資料によっては、名称をニセ・メビウスと記述している[16]

『ウルトラマンメビウス外伝』に登場するババルウ星人編集

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』編集

テレビマガジン版『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場。

謎の電波で宇宙に誘い出されたウルトラマンとセブンを、ペガッサ星人マグマ星人ジャシュラインと共に攻撃するが、ウルトラマンのスペシウム光線でジャシュライン共々倒された。

『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』編集

テレビマガジン版『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』に登場。

マグマ星人やザラブ星人たちと共にアーマードダークネスを狙う。ザラブ星人が奪ってきたアーマードダークネスのパーツを身に着けてウルトラ兄弟たちを圧倒するが、即座にアーマードダークネスにエネルギーを吸い取られ、倒れた。

『大怪獣バトル』に登場するババルウ星人編集

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』編集

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第4話「困惑の再会」に登場。

  • 身長:2 - 56メートル[19][20]
  • 体重:140キログラム - 2万8千トン[19][20]
  • 出身地:ババルウ星[20]

ババルウ星のレイオニクスで、名称はババルウ星人(RB)[注釈 1]。操る怪獣はアントラー。「真のレイオニクスバトル」を行える。

レイを探すヒュウガを地球のレイオニクスと勘違いし、レイオニクスバトルを挑もうとするが、ヒュウガがレイオニクスではないと知り、アントラーにヒュウガを踏み潰させようとする。その後、現れたレイモンとレイオニクスバトルを行い、真のレイオニクスバトルにも応じる。互角に戦うが、アントラーがゴモラに顎をへし折られるとそのダメージで悶絶し、アントラーを回収してあわてながら姿を消す。

その後の動向は、漫画『大怪獣バトル ウルトラアドベンチャーNEO』で描かれている。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』編集

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で蘇り、怪獣墓場ダダナックル星人マグマ星人と共にレイモンを襲う。今作でも前髪をかき上げるような仕草を見せる。レイモンに肉弾戦を挑むが、回し蹴りを受けて倒された。

また、百体怪獣ベリュドラの胴体を構成する怪獣の1体となっている[22]

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』編集

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』EX第14話「戦場の惑星」、第15話「歴史改変計画」、NEO第1話「力を継ぐもの」第12話「キール星人の挑発」に登場。

惑星ボリスで主人公たちにレイオニクスバトルを仕掛けてくるが、実はレイオニクスに選ばれておらず、バトルナイザーを所持していない。レイオニクスになれなかった腹いせにアラドスを使って過去へタイムスリップし、レイモンを抹殺して歴史を改変しようと目論む。現代ではバジリス、過去ではキングオブモンスを使役する。現代、過去で2度に渡って主人公と戦いを繰り広げるも、敗れ去る。

『NEO』では上記の者と別人と思われる者が、他の宇宙人たちと共にカネゴンのバトルナイザーを奪おうとする途中、平行世界に迷い込んでマグマ星人と共に主人公を攻撃するが、主人公が手にしたカネゴンのバトルナイザーから現れた怪獣に返り討ちに遭い、マグマ星人共々倒された。

また、第12話では過去の惑星ハマーにおけるアントラーとのバトルの際に姿を見せている。

ステータスはアタックとスピード(特に後者)を重視しているが、ディフェンスが極端に低く高熱属性に弱いため、アタックが高くなおかつ弱点属性の攻撃を持った相手に押さえ込まれると、何もできなくなる。カードなどでは初登場作品が『ウルトラマンレオ』と表記されているが、必殺技はすべてメビウスに登場した際の再現で、刺股を武器に攻撃する「刺股攻撃」、左腕から光弾を発射する「光弾連射」、右腕の刃で敵を切り裂く「切り裂き攻撃」という必殺技がある。さらにNEO第5弾では、ヒカリサーガ第3話でヒカリを氷漬けにし、『レオ』でもアストラに使用したと思われる冷気攻撃を再現した「デスブリザード」が追加された。

  • ポリゴンは『ウルトラマン Fighting Evolution0』の流用。[要出典]

『ウルトラマンゼロ』に登場するババルウ星人編集

テレビマガジン付録DVD『ウルトラマンゼロ&ウルトラヒーロー 超決戦DVD』に登場。

ウルトラヒーローの秘密を紹介していたウルトラマンゼロの前に、変身能力でにせウルトラマンゼロに化けた姿で現れる。他の怪獣の特技を身につけてパワーアップしようと企んでいたらしく、ゼロに対抗してウルトラ怪獣の技や能力を紹介する。最後はそれらすべてを紹介し終わった後、黒雲を身に纏って登場したダークロプスゼロの紫色の光弾(名称不明)を浴びて消滅した。

にせウルトラマンゼロ編集

『ウルトラマンゼロ&ウルトラヒーロー 超決戦DVD』に登場。

ババルウ星人がゼロに変身した姿。過去のババルウ星人が変身したにせウルトラ戦士同様、本物との差異は全く見られず、声色も本物と同じである。この姿で本物ゼロの前に現れた後、すぐに元の姿に戻って正体を現す。

  • 声は本物のゼロと同じ宮野真守が担当しており、本物とはまた違った悪役らしい口調で演じ分けている。
  • スーツ自体は本物のゼロと同一。

『ウルトラゾーン』に登場するババルウ星人編集

ウルトラゾーン』の各コーナーに登場。

  • 身長:2 - 56メートル[24]
  • 体重:140キログラム - 2万8千トン[24]
  • 出身地:ババルウ星[24]

第3話・第4話のコントコーナー「ヘアサロン・マグマ&ババルウ」では、中目黒の目黒川沿いから一本入ったところにある美容室のカリスマ美容師としてマグマ星人と共に登場。マグマ星人の後輩に当たるが、仲はあまりよくない。会話の中で得意の変身能力でマグマ星人に変身したことが示唆されている。声は津田寛治が担当。

第1話のミニコーナー「怪獣ことわざ」では、「ババルウは一見にしかず」ということわざが紹介されている[25]

第1話のアイキャッチでは、女性客の髪を整えており[26]、第4話では「マグマ&ババルウ」の出入り口にある「カットモデル募集中」のポスターに登場し[27]、最終回となる第23話ではタカダ・リホ隊員とマグマ星人と共にどの席に座るか相談している姿が描かれている[28]

『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場するババルウ星人編集

データカードダス及びそれを元にしたCGショートムービー『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場。通常のババルウ星人は、テレビ版にてハンターステーションにいる宇宙人として姿が確認できるほか、劇場版『DINO-TANK Hunting』ではザラブ星人メトロン星人と共にチームを組み、恐竜戦車に挑むが、敗退している。

ババルウ星人フガク
4弾より登場。「旋風のフガク」の異名を持つ。伝説の七星剣の1人で、妖刀サカマシの使い手。気性は激しいが裏表がない性格で、筋金入りの実力を持つことからさまざまなハンター達に慕われている。
ババルウ星人ドマノ
4弾より登場。「ドマノアドベンチャー」の異名を持つ。好奇心旺盛な冒険家でもあり、飾らず親しみやすい性格。彼にとってのハンターライセンスはさまざまな星へのパスポート代わりでもある。

『ウルトラマンX』に登場するババルウ星人編集

ウルトラマンX』第9話「われら星雲!」に登場。

  • 身長:2 - 56メートル[29][30]
  • 体重:140キログラム - 2万8千トン[29][30]

犯罪ネットワーク集団・暗黒星団のリーダー。ダダケムール人ゼットン星人らを従えて悪事を働いており、成長後には怪獣兵器になりうる価値がある幼獣サメクジラ(ジョリー)を追って、地球へ飛来する。そこで、バルキー星人ハルキやイカルス星人イカリやナックル星人ナクリに風間イサムを加えて結成された「チーム星雲」にラグビー勝負を挑まれ、ケムール人の高速移動や自身の変身能力でハルキに変身することによってイサムたちを翻弄し、前半戦では51対0の圧倒的有利に立つも、後半戦では彼らの卑劣な戦法で仲間を傷つけたことによってイサムの逆鱗に触れた結果、逆転勝利されて52対51で敗れる。イサムに握手を求められても拒否し、自分たちの反則行為を棚に上げて敗北を認めまいと逆上しつつ、強制的にジョリーを奪うべく他の暗黒星団メンバーと共に巨大化して暴れ始める。その後、ウルトラマンエックスとも激闘を繰り広げるも4人がかりでも通用せず、最後はゴモラアーマーを纏ったエックスのゴモラ振動波により、4人まとめて空の彼方へ飛ばされていく。

エックスとの戦闘では素手で戦っている。

ババルウ星人ババリュー編集

ウルトラマンオーブ』第9話「ニセモノのブルース」、第22話「地図にないカフェ」に登場(第22話は写真のみ)。

  • 身長:2 - 56メートル[31][32]
  • 体重:140キログラム - 2万8千トン[31][32]

第9話では、惑星侵略連合の一員として登場。時折、口元に手を当てる癖がある。これまでの同族と同様に高い変身能力を持つ一方、戦闘力はあまり高くない。また、予想外の事態には大きく動揺し、投げやりになるなどコミカルな一面も見せる。

メフィラス星人ノストラからウルトラマンオーブに化けてオーブの人間との絆を壊すように命じられ、ニセウルトラマンオーブとなって街を破壊しようとするが、そこに出現したテレスドンに襲われ、戦う羽目になる。このテレスドンは惑星侵略連合とは無関係の野良個体だったため、苦戦しつつもその最中に偶然子供を助ける。テレスドンの逃亡後は人間大となって逃走するもSSPのジェッタに見つかってしまったため、咄嗟に金髪の男性に化けて馬場竜次ばばりゅうじと名乗る。ジェッタにはオーブの正体であると勘違いされ、仕方なく彼や街の子供たちとオーブとして接するうちに、心が揺れていく[注釈 2]。やがて、「このままオーブとして生きていく人生もありなんじゃないか」「悪の星で生まれた自分でもヒーローになれる」と思うようになったことで子供たちを守ると決意し、惑星侵略連合に反旗を翻す。ジャグラーの放ったケルビムに対し、ニセオーブに変身して戦うも圧倒されて変身が解けてババルウ星人の姿に戻ると、騙していたことを子供たちに詫びる。それでも自分のことを信じてくれた子供たちの応援を受けて奮戦するが、やはり力及ばずケルビムにとどめを刺されそうになったところを、本物のオーブに助けられる。ケルビムがオーブに倒された後は静かに姿を消すが、まもなく公園で黒髪の清掃員として働く姿を、ガイに目撃されている。

第22話では、ブラック店長の経営するコーヒー喫茶店カフェ★ブラックスターにて、貼られた常連客たちの写真の1枚として登場。ブラック曰く「戦友」で、昔は悪だったが今は人が変わったという。

  • 声・人間体:中村龍介
    • 馬場竜次役には当初はお笑い芸人を起用する案もあったが、第9話監督の冨田卓からの推薦によりシン役候補であった中村が起用された[33]
    • 中村は声のトーンに特徴があったことから、変身後の声も演じることとなった[34]。アフレコの際には必死に戦うババリューの姿を見て泣いてしまった[35]うえ、放送後には子持ちの友達から「ウチの息子と喋ってくれ」というテレビ電話が多数かかってきたという[36]
  • スーツアクター:寺井大介[37]
    • ミニチュアセットの中でドラマを撮りたいという冨田の要望により、主役ウルトラマンを数多く担当して演技力に定評のある寺井が指名された[33]
  • 第9話の脚本を担当した中野貴雄は、1970年代のテレビドラマに散見されたサブタイトル「○○のブルース」にちなんだ同作品について、「1990年代からパロディ(ニセモノ)ばかりを作ってきた自分が本物のウルトラマンを作っていいのか」という思いをずっと持っていたため、ババリューの心情は自身の想いを重ねており、自責の念をこめて執筆したことを述べている[34][38][39][40]。中野は前作『ウルトラマンX』でも同様のストーリーを考えていたが実現には至らず、本作品はそのリベンジであったとしている[40]
  • 馬場の衣裳は、冨田が「センスが間違っている人」と発注したものである[33]
  • 巨大戦では第2期ウルトラシリーズをイメージし、土を撒いたステージで格闘を行っている[34]

ニセウルトラマンオーブ編集

『ウルトラマンオーブ』第9話「ニセモノのブルース」に登場。

  • 身長:50メートル[32]
  • 体重:5万トン[32]

ババルウ星人ババリューがメフィラス星人ノストラの命令を受けて変身した、オーブの偽者。外見はスペシウムゼペリオン形態の本物と同一であるが、巨大化時のポーズは左右逆で左腕を突き上げている。馬場の姿から変身する際には両腕を高く掲げるポーズを取り、金色に輝くエフェクトに全身が包まれて変身が完了する。

ケルビムとの戦いで変身が解除されるまでは偽者であることに誰も気付けなかったが、SSPの夢野ナオミだけは戦い慣れていない様子を不審がっていた。

『ウルトラマン Fighting Evolution0』に登場するババルウ星人編集

PlayStation Portable専用ソフト『ウルトラマン Fighting Evolution 0』に登場。

ウルトラ兄弟抹殺のためにバルタン星人ヒッポリト星人ナックル星人テンペラー星人と手を組み、ヤプールに利用されている。ゾフィー(レオ編ではセブン)やエース(エース編ではタロウ)を拉致し、彼らに変身することでウルトラの父やウルトラ兄弟を騙し、ウルトラの父やプレイヤーキャラクター以外のウルトラ兄弟をヒッポリトタールでブロンズ像にする。本作ではゼットンを使役している。本来戦闘はあまり得意ではないとのことだが、ゼットンが敗れた後はゼットンの力を吸収してパワーアップし、プレイヤーキャラクターに戦いを挑む。

ゾフィーやセブンに化けているときの台詞から、変身能力には時間制限があることが示唆されている。

超ババルウ星人
上記のババルウ星人を一度倒すとヤプールによって力を注がれ、暴走した超ババルウ星人となって再び襲いかかる。動きが俊敏となり、目や胸部の発光体が赤から虹色に変わる。
ニセゾフィー
隠しストーリーではゾフィーに化けて光の国に侵入し、プレイヤーキャラクターと戦う。

その他編集

ウルトラシリーズ編集

  • 映画『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』にも登場(映像は『ウルトラマンレオ』第39話の流用)。
  • 居村眞二の漫画『戦え!宇宙けいび隊』のエピソードの1つ「怪獣スターウォーズ」では、ゴルゴスへの変身を経て岩石に擬態し、ヒッポリト星人に不意打ちを仕掛けるなどの戦術を披露するが、最後は母親に叱られて家に連れて帰られる。
  • 漫画『ウルトラマンSTORY 0』では、ウルトラ戦士の抹殺と宇宙支配を企む星間連合の首領格として登場。
  • 円谷プロ公式サイトのエイプリルフール企画では、2010年の「円谷ッター」(ツブッター。Twitterのパロディ。)に参加。『レオ』当時と同様、たびたびにせアストラの姿になって参加者を騙すが、やはりウルトラマンキングに正体を暴かれる。
  • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(テレビマガジン版2011年7月号掲載分)では、エンペラ星人レイブラッド星人が率いる宇宙人軍団の1体としてウルティメイトフォースゼロを襲う。

外部出演編集

  • めちゃ×2イケてるッ!』では『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の出演オーディションに参加し、メフィラス星人ミクラスと共に球乗り対決のゴールの紐を持つ役割を任されていたが、ウルトラマンベリアルに蹴りを入れた宮迫博之に怒り、紐を2体から引きちぎって他の怪獣たちと共に宮迫を攻撃した。最終審査のダンス審査では、前髪をかき上げながらダンスを踊っている。
  • gooの動画サービスではウルトラマンナイスと共に色々な動画を紹介し、ナイスのDJの相手も担当する。
  • プロバスケットボールbjリーグと円谷プロダクションのコラボレーション企画として開催された、ウルトラ怪獣を各チームのマスコットキャラクターとしてチームに加える「ウルトラ怪獣ドラフト2010」ではノミネート怪獣として候補に挙がり、大分ヒートデビルズよりドラフト指名された。
  • 2009年のHONDA「ステップワゴン スパーダ」のCMでは、スパーダを恐れて他の怪獣と共に道を空ける役で出演している。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「RB」は「レイオニクス・バトラー」を意味する[21]
  2. ^ ジェッタには「馬場先輩」(渋川に職務質問されそうになった際、とっさに「高校時代の先輩」とごまかしたため)、子供たちには「ババリューさん」と呼ばれていた。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 白書 1982, p. 185, 「ウルトラマンレオ 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d e f g h i j k 画報 上巻 2002, p. 194
  3. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 80, 「ウルトラマンレオ 全怪獣」
  4. ^ a b c d e 大辞典 2001, p. 257
  5. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 124
  6. ^ a b 『円谷プロ画報 (1)』(竹書房・2013年)p.231
  7. ^ 『心にウルトラマンレオ』(辰巳出版・2001年)p.56。
  8. ^ 『大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編』 マガジンハウス〈MAGAZINE HOUSE MOOK 大人のウルトラシリーズ〉、2014年1月25日、93頁。ISBN 978-4-8387-8882-8
  9. ^ ザ・ウルトラマン 3 - 小学館
  10. ^ a b hicbc.com:ウルトラマンメビウス 怪獣図鑑”. CBC. 2017年1月25日閲覧。
  11. ^ a b c d e 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 338
  12. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 61.
  13. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 70, 「ウルトラマンメビウス白書 菊地雄一」.
  14. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 70, 「ウルトラマンメビウス白書 村石宏實」.
  15. ^ テレビマガジン』2007年1月号[要ページ番号]
  16. ^ a b メビウス超全集 2007, p. 65, 「ウルトラマンメビウス大辞泉」
  17. ^ ウルトラマンゼロ&ウルトラヒーロー 超決戦DVD (DVD). 日本: 講談社.. (2010年10月) 
  18. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 343.
  19. ^ a b ウルトラギャラクシー超全集 2009, p. 25, 「宇宙人名鑑」
  20. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 342
  21. ^ 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY. 2017年1月30日閲覧。
  22. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 78-81, 「百体怪獣ベリュドラ 完全攻略」.
  23. ^ ウルトラ銀河伝説VisualFile 2010, p. 91, 「スタントマン・インタビュー 大西雅樹」.
  24. ^ a b c ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 82, 「ヘアサロン・マグマ&ババルウ」
  25. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 10, 「怪獣ことわざ1」.
  26. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 9, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション1」.
  27. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 30, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション2」.
  28. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 104, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション8」.
  29. ^ a b ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  30. ^ a b X超全集 2016, p. 41, 「ウルトラマンX怪獣大図鑑」
  31. ^ a b 怪獣 ウルトラマンオーブ公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  32. ^ a b c d オーブ完全超全集 2017, p. 60, 「ウルトラマンオーブ怪獣大図鑑」
  33. ^ a b c オーブ完全超全集 2017, p. 101, 「ウルトラマンオーブ監督インタビュー 冨田卓」
  34. ^ a b c オーブBDBOX I 2016, 「EPISODE GUIDE 第9話 ニセモノのブルース」
  35. ^ 【インフェルノ】ゲネ→【ウルトラマンオーブ】放送日〜o(^_^)o - 中村龍介オフィシャルブログ「天に昇る龍が如く・・・」
  36. ^ 【インフェルノ】本番初日o(^_^)o - 中村龍介オフィシャルブログ「天に昇る龍が如く・・・」
  37. ^ キャラクターランドSP 2017, p. 55, 「『ウルトラマンオーブ』スーツアクターヒーローズリスト」.
  38. ^ ニセモノのブルース - 王子様に乗った白馬
  39. ^ 「[インタビュー]中野貴雄×小林雄次」、『宇宙船』vol.154(AUTUMN 2016.秋)、ホビージャパン2016年10月1日、 pp.90-91、 ISBN 978-4-7986-1312-3
  40. ^ a b キャラクターランドSP 2017, p. 49, インタビュアー:切通理作「シリーズ構成 中野貴雄インタビュー」

参考文献編集

関連項目編集