ゴモラ (ウルトラ怪獣)

ウルトラマンの登場怪獣 > ゴモラ (ウルトラ怪獣)

ゴモラは、特撮テレビ番組ウルトラマン』に登場する架空の怪獣。高い人気を獲得し、『ウルトラマン』以降も多くの「ウルトラシリーズ」の作品に登場している。別名は古代怪獣。英字表記はGOMORA[1][2][3]

デザインは成田亨。2脚怪獣の基本体型から前方に大きく彎曲した首、前の側に赤いのこぎりの歯のような形の線が複数ついた三日月型の巨大な角、太く長大な尻尾が特徴。頭は戦国時代の人物である黒田長政の兜をモチーフに[4][5][6]、口吻は嘴状だが内側には牙もあり、鼻先に第3の角がある。胸から腹にかけて不定形の棘(とげ)とも鱗(うろこ)ともつかない突起に覆われている。それ以外の全身は分厚い皮のような質感で、全身が赤褐色。ひじとかかとに突起物が生えている。尾はトカゲのそれのように、切断されても一定時間は動くことができる。

名前は旧約聖書にて神に滅ぼされたゴモラという町からという説と、東宝怪獣のゴジラモスララドンの頭文字からとったという説がある[7]

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』以降、角から放つ超振動波が必殺技として用いられている[8]

目次

『ウルトラマン』に登場するゴモラ編集

特撮テレビ番組『ウルトラマン』第26話「怪獣殿下(前篇)」、第27話「怪獣殿下(後篇)」に登場。

ジョンスン島[注 1]に生息していた1億5000万年前の恐竜ゴモラザウルスの生き残りとして発見される。長い眠りで力が弱まっており、阪神大学の中谷教授の指揮下、日本万国博覧会へ展示するためにUNG麻酔弾によって生け捕りにされる(本来はゴモラザウルスの化石を探しに行くという計画だったが、生体を発見したために生け捕りにして展示することへ変更された)。

協力要請を受けた科学特捜隊のビートル3機による空輸中に麻酔が切れて暴れだし、高度2000メートルの高さから六甲山に落下したショックで、本来の力と闘争本能を取り戻す。地中を移動して千里丘陵[2][15][8][5]へ出現し、ウルトラマンとの戦いでは強力な尻尾「メガトンテール」[注 2]で叩きのめすと、スペシウム光線を発射される直前に地面へ逃亡した。

その後、大阪市内に住みついたゴモラは科学特捜隊のマルス133とスパイダーショットによって尻尾を切断され(切断された尻尾はその後もしばらく動く)、逃亡する。まもなく大阪城付近に出現してこれを破壊し、再びウルトラマンと交戦するが、尻尾を失っていたために初戦のような強さは発揮できず、科学特捜隊と自衛隊による援護攻撃の中、ウルトラマンに頭部の角を折られ、スペシウム光線でとどめを刺された。

「孤島で人畜無害にあったところを、人間の都合で連れ出されて倒された」という悲惨な境遇には科学特捜隊が同情し、亡骸は剥製にして万博会場に飾るという提案がなされている。

第35話の怪獣供養では遺影として写真が飾られている。

  • スーツアクター:鈴木邦夫[13][18]
  • 着ぐるみ製作は高山良策[19]。口の開閉は電動とラジコン[18]。ラジコンの受信機は尻尾の付け根に付いていた[19]。後にザラガスへ改造された[20]。着ぐるみの頭部は2013年時点で現存しており、劇中で折られた頭の角を接着してイベントなどで展示されたが、鼻先の角は紛失していた[21]
  • 中谷教授がアラシ隊員に見せた図鑑のゴモラザウルスの絵は、デザイン画の流用。
  • ウルトラマンが大阪城の前でゴモラと対決しているスナップが現存しているが、実際は破壊した後に対決する。
  • 準備稿では、ハヤタが入院した病院の付近でウルトラマンと対決するという展開であった[21]
  • 第37話ではジェロニモンによってレッドキングと共に再登場が予定されていたが[22]、撮影時にはすでにゴモラのスーツはザラガスへ改造されていたため、テレスドンに変更された。『小説 ウルトラマン』では初期案通り、ジェロニモンによって復活させられてレッドキングと共に登場している。
  • この個体のみ、かかとの突起物が外側を向いている。
  • 金城哲夫の『小説 ウルトラマン』では、ゴモラは尻尾を切られて間もなく大阪城を破壊しようと前進するが、ウルトラマンに阻止され、ゴモラは大阪城を目前にして倒された。

『ウルトラファイト』に登場するゴモラ編集

ウルトラファイト』第196話「怪獣死体置場」に登場。

円谷プロの着ぐるみ倉庫でウーと激突する。勝利した後、幻のように消える。

  • 着ぐるみはアトラクション用の流用。[要出典]手の指は4本(オリジナルは5本)で、口先の嘴状の歯と頭の角の赤いギザギザの線とかかとの突起物がなく、腹と背中と尾の部分などが緑色になっている。[独自研究?]

『レッドマン』に登場するゴモラ編集

特撮テレビ番組『レッドマン』第18・20・21・23・95・96・98・99話に登場。

着ぐるみは第18話 - 第23話に登場したものと、第95話 - 第99話に登場したものの2種類が存在する。前者は肘の突起物と足のかかとの突起物がなく、後者は腹と背中が緑がかっている。[独自研究?]

『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』に登場するゴモラ編集

映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』に登場。

  • 身長:40メートル[23]
  • 体重:2万トン[23]
  • 出身地:地底[23]

ゴモラ、アストロモンスダストパンタイラントドロボンから構成される怪獣軍団のリーダー格[23]。ナレーションでは最強の怪獣と呼ばれている。武器は口から吐く火炎、頭の角から出すキャッチビーム(浴びせられた対象は球体に閉じ込められる)と破壊光線、怪獣念力。

5対1でハヌマーンを追い詰めるが、ウルトラ6兄弟が救援に来たことで形勢が逆転し、一時逃走する。他の怪獣を倒されて最後の1匹になったところをウルトラマンとハヌマーンに見つかるが、怪獣念力を使って両者を圧倒する。しかし、残る5人のウルトラ兄弟の必殺光線斉射で怪獣念力を突破され、ウルトラ6兄弟に腕を押さえ込まれる。剣を構えたハヌマーンも加わった7人に殴られ続け、たまらずその場から地中へ逃げようとするが、再び押さえ込まれてハヌマーンの前へ引きずり出され、剣から放たれた三日月形の光線技で縦真っ二つに切り裂かれる。

  • 造形物は着ぐるみと爆破用の人形。着ぐるみは本作の登場怪獣で唯一、原典とは異なる造形となっており、かかとの突起物がなく、大きめの頭の角には電飾が入っている(キャッチビームを放つシーンと怪獣念力のシーンで発光している)。[独自研究?]

『ウルトラマン80』に登場するゴモラII編集

特撮テレビ番組『ウルトラマン80』第22話「惑星が並ぶ日 なにかが起こる」に登場。英字表記はGOMORA II[24][25]

上の口先の嘴状の歯がなく、三日月型の角の下にもう2本下向きの角があり(両方とも赤いギザギザの線がない)、ひじとかかとの突起物がなく、両腕や尻尾の内側に腹部と同様の体表を有する点が他のゴモラと異なる外見上の特徴。武器は手から発するミサイル[24][26][25][28](光弾[27])と金縛り光線[25](リング光線[27])のほか、三日月型の角からも光線[25](三日月光線[27])や電擊光線を放つ。また、初代ゴモラ同様、長大な尻尾を使った攻撃も得意とする。地底を時速90キロメートルで掘り進むことができる[26][28]

当初は地中に眠っていたが、地球防衛軍の地底人への攻撃によって目を覚ました地上に出現し、迎撃してきた防衛軍戦闘機を全滅させる。そこに登場した80と激戦を繰り広げ、上記の多彩な武器に加え怪力で80を追い詰めるが、ウルトラスウィングで岩山に叩きつけられた後、サクシウム光線を頭部に受け倒され地中に埋没した。

本編では語られていないが、このゴモラは3万年前の氷河期以前に地中に潜った生物が地熱などの影響により独自の進化を遂げたもので[27][25]、初代ゴモラとは別種であるとされる。

  • デザインは山口修
  • スーツアクター:堀江昭
  • 着ぐるみは10年近くアトラクション用として使われ、そのたびにゴモラにされたりゴモラIIに戻されたりしたが、現在はゴモラに改造されて展示されている。[要出典]
  • 居村眞二の漫画版『ウルトラマン80』ではバルタン星人の操るゴモラが登場したが、本編と異なり容姿は初代ゴモラに近い。
  • その超能力から「何者かに改造されていたのではないか」という説が、旧『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』の公式サイトにて複数作品に登場した宿敵怪獣に関するコーナーで示唆されている[29]
  • ウルトラマンメビウス』のアーカイブドキュメントではドキュメントUGMにゴモラとして記録されている。
  • 前回登場したガモスと戦うスチールが存在している[注 3]
  • 三日月状の光線は『ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑』で「シャノンビーム」と名付けられた。

『ウルトラマンパワード』に登場するゴモラ編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンパワード』第11話「よみがえる巨獣」(米国版サブタイトル:DINO MIGHT)に登場。初代と区別するため、玩具などではパワードゴモラと称される。

アンデス山中で発見された1億8000万年前の恐竜ゴモラサウルスのミイラがアメリカの博物館に運ばれ、大雨から水分を吸収して復活したものである。初代と比べると角がスイギュウのようになっているほか、背中にニシキヘビのような模様がある、ひざの裏にひじについている突起のようなものがある、足の指が4本などの違いがある。生態もスイギュウに似ているらしく、水場を好み川を泳いで移動する。決して凶暴ではなく、W.I.N.R.はスカイハンターのアームで捕獲する作戦を取るが失敗して暴れたため、サンダース隊員によってスカイハンターから撃ち落とされる。その後、川を目指す途上で住宅街に乗り上げるが、消耗してまっすぐ歩くことさえできなかった。最後は、ウルトラマンパワードとの戦闘中に寿命が尽き、喘ぎながらのたうち回った末、衰弱するように事切れる。死後、メトロ博物館に剥製が展示された。

  • デザインは前田真宏[32]。頭部はウシの頭蓋骨を参考にするなどしているが、元のデザインがシンプルであるため、アレンジがしづらかったという[32]

『ウルトラマンマックス』に登場するゴモラ編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンマックス』第21話「地底からの挑戦」に登場。

  • 身長:58メートル[9]
  • 体重:6万4000トン[9]
  • 出身地:フリドニア共和国[33][34][35](出現地:長野県和奈月村[33][34]

「フリドニア」(架空の国)に生息する珍獣として登場。三日月状の角は、褐色だったそれまでの個体と異なり、赤みが強く配色されている。本来は2メートルぐらいの大きさ(劇中にも同サイズのゴモラが登場する)だが、犯罪組織GSTE (God Save The Earth) による改造で巨大化される。長野県和奈村(架空の村)に出現して地底をマッハ2で進み、交戦したウルトラマンマックスに長い尻尾を切断されるが、その後も尻尾は動き回り、マックスを苦しめる(尻尾はゴモラの意思ではなく無差別に暴れ回り、周囲に被害を与える)。マクシウムカノンによって倒されそうになるものの、尻尾がゴモラの前に出てきて木っ端微塵になり、ゴモラ自身はギャラクシーカノンによって絶命する。その後、遺体はフリドニアに引き取られた。

当初はGSTEによって密輸されたと思われていたが、後にフリドニアの認証下で(日本には非公式に)「輸入」されていたことが判明する。

  • スーツアクター︰末永博志
  • CBCの『マックス』公式サイトにて行われた「伝説の怪獣人気投票」で1位を獲得したことにより、本編への登場が決定した[36][37]。初期プロットでは、テレスドンが登場する記載がある[38]
  • 小型の個体が登場したのは、初代のイメージを払拭させることを意図している[39]。冒頭のシーンは、ロケ現場に着ぐるみが間に合わなかったため、CGで合成している[34]

『ウルトラマンメビウス』に登場するゴモラ編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンメビウス』第42話「旧友の来訪」に登場。

  • 身長:40メートル[40]
  • 体重:2万トン[40]
  • 出身地:ジョンスン島[41]

ドキュメントSSSPとドキュメントUGMに1件ずつ記録が残されている古代怪獣の同族で[41]、初代が出身地とするジョンスン島に出現する。テッペイの発言によると、本作ではそれまでにゴモラが日本国外に出現した記録はないとされている。

出現した際にガディバと同化し、遺伝情報をコピーされてすぐに島の地下に消える。その後、多々良島でウルトラマンメビウスによって倒されたレッドキングに同化したガディバがその肉体を変化させて出現したコピーが、初代同様の突進能力と切られても別の意思を持つかのように動き回る尻尾を駆使し、ウルトラマンメビウスを追いつめる。ガンウィンガーのスペシウム弾頭弾で切断された尾はガンブースターのガトリングデトネイターで破壊されるが、この時も尻尾は切られてもしばらく動く。肉体も最後はバーニングブレイブとなったメビウスに投げ飛ばされ、空中でガンフェニックストライカーのインビンシブルフェニックスとメビュームバーストの同時攻撃により破壊された。

第21話では、怪獣墓場で眠っている姿が確認できる。

  • スーツアクター︰福田大助
  • 着ぐるみは『ウルトラマンマックス』の流用[42]。角は『マックス』と同じ赤色になっている。

『ウルトラマン Fighting Evolution REBIRTH』に登場するゴモラ編集

ゲーム作品『ウルトラマン Fighting Evolution REBIRTH』に登場。

かつてウルトラマンに倒されたゴモラが、メフィラス星人の部下となったジェロニモンの力で復活したもの。EPISODE2でウルトラマンと対決するが、尻尾を引きちぎられて地中に逃亡する。その後のEPISODE4では、戦闘中に逃亡したキリエロイドを追ってきたティガの前に同一個体が眠った状態で現れる。そのままティガと戦うが、ティガに見逃されて再び逃亡しようとしたところをカオスキリエロイドの炎に焼かれ、死亡する。その後、同じくメフィラス星人の部下となっていたバルタン星人によって改造・強化を施され、改造ゴモラと呼称される。

黒ずんだ皮膚は鎧のように硬質化して棘や牙が増えており、そこから生み出される突進攻撃の破壊力は高い。最大の武器は伸縮自在となった長い尻尾で、叩きつけるだけでなく敵の体に突き刺すことも可能となっている。ゲーム中では、尻尾による突き刺し攻撃が最高レベルの必殺技となっている。

ストーリーではコスモスと戦うが、そのコスモスによって国防軍の攻撃から守られ、最後はフルムーンレクトで浄化されて元の姿に戻される。国防軍の攻撃もしくはコスモスの技「プロミネンスボール」で倒すと、バトル的には勝利となるが、ストーリー的には敗北と同じ扱いになる。

ゲーム中ではウルトラマンと戦う怪獣たちのうち唯一生き残るため、これをプレーヤーが操作してメフィラス星人の指示に従いながらステージ「高層ビル街」の建物を破壊する「大破壊モード」が存在する。

後に『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』及び『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』や、テレビマガジン版『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』にも登場。こちらではEXゴモラとも呼称されている。

『大怪獣バトル』に登場するゴモラ編集

本シリーズでは主役格の怪獣として扱われており、『ウルトラギャラクシー』や『ウルトラアドベンチャー』など、他のメディア展開でも主人公のパートナー怪獣として活躍している。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場するゴモラ編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場。

  • 身長:40メートル[43]
  • 体重:2万トン[43]

主人公レイの主力怪獣の一匹であり、本作の主役怪獣でもある。レイのバトルナイザーによって召喚され、敵怪獣に立ち向かう。武器はこれまでの作品と同様の尻尾や角。従来のパワーに加えてスライディングや尻尾でのあびせ蹴り「大回転打」など、以前のゴモラとは思えない軽快かつダイナミックな動きと、さらに新たな武器として、本来は地面の掘削に使用する角から放つ超振動波がある[43]。超振動波は相手に突き刺して流し込み、最後にかち上げる「ゼロシュート」と呼ばれるタイプの他、光線のように遠距離攻撃にも使用できる。

ほぼ全話に渡り登場・活躍するが、水中戦は苦手であるため、第9話でのゾアムルチとの戦いのみ登場していない(この時は代わりにエレキングが戦う)。

  • 着ぐるみは『マックス』や『メビウス』で使用された物の改造。顔が初代に近いものになっている。その後、ゴモラ(レイオニックバースト)にリペイントされ、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』では初代ゴモラと同様にザラガスに改造された[要出典]
  • スーツアクター:横尾和則

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するゴモラ編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場。

  • 身長:40メートル[44]
  • 体重:2万トン[44]
  • 出身地:ジョンスン島[44]

前作から引き続き、レイの主力パートナー怪獣として活躍。レイオニクスの決戦の地である惑星ハマーで、様々なレイオニクスが操る怪獣達と戦う。動きはより身軽かつ豪快になり、ドロップキックを多用するようになった他、ラリアートやスープレックスなどプロレス系の技も使いこなす。

また、同作ではにせウルトラマン(ザラブ星人)戦で、ザラブやにせウルトラマン同様にコミカルに描かれている場面もあり、にせウルトラマンがスペシウム光線を出そうとするのを恐れ、身を伏せようとする描写もある。

  • 着ぐるみは前作の流用ではなく新たに造られた物で、より初代ゴモラに近い物となっている。前作で酷使した方の着ぐるみは後述のゴモラ(レイオニックバースト)として使用されることになった。また、本作の着ぐるみも後に『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』にてレイオニックバーストにリペイントされている[要出典]

古代怪獣 ゴモラ(ブレイブバースト)編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第3話「大暴走! レイオニックバースト」、第12話「グランデの挑戦」に登場。

レイモンとなったレイの力によってパワーアップした状態のゴモラ。炎のようなオーラを一瞬全身に纏うだけで、見た目の変化はないが、戦闘力は通常時より大きく上がっている。

レイオニックバースト登場後は、しばらく出番がないが、第12話ではグランデのレッドキングとの戦いでこの状態となり、レッドキングを圧倒する。

古代怪獣 ゴモラ(レイオニックバースト)編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第3話「大暴走! レイオニックバースト」から登場。

  • 身長:40メートル[45]
  • 体重:2万トン[45]
  • 出身地:ジョンスン島[45]

レイモンがバーストモードに変身すると同時に覚醒したゴモラの姿。全身が炎を纏うかのように赤く染まっており、パワーや凶暴性はブレイブバースト時以上に上昇している。

当初はレイの暴走に合わせてこの状態に変化していたため、敵怪獣を一方的に痛めつけるような戦い方をするが、第10話からはレイがレイオニクスの力でゴモラの潜在能力を引き出すという形で自由にこの状態に変化することが可能となり、暴走せずに圧倒的な力を発揮できるようになる。

  • 着ぐるみは前作のゴモラをリペイントした物。[要出典]
  • スーツアクターは横尾和則西村郎(アントラー戦)
  • モンスターデータの能力値だけなら、EXゴモラより能力バランスのよさに加えステータス数値が上回っており、アタック、ディフェンス、スピードの順に数値を挙げていくとEXゴモラの能力が1400、1100、500に対しゴモラ(レイオニックバースト)は1600、1200、1300となっており、(わずかながらとはいえ)スピードにいたってはEXの倍以上になっている(元のゴモラは1200、800、900)。

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』に登場するゴモラ編集

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』第2話「怪獣対珍獣」に登場。

ゴルザとガンQを倒した主人公の前に出現。すぐさまバトルナイザーの怪獣に倒される。

ストーリーモードでは敵怪獣として倒されるが、ゲーム全体では第1弾からEX第8弾までの主役として扱われている(NEO以降も、レッドキングに主役の座を譲ってはいるが、イメージキャラクターとしての扱いは変わっていない)。また、NEOのEXラウンドにもレイモン(バーストモード)の操る怪獣として登場。

ステータスはアタックとパワーを重視しており、全体的にバランスも取れているが、ディフェンスが一番低いため、アタックとスピードの高い相手が苦手。また、高熱属性攻撃にも弱い。必殺技は、尻尾で相手を倒した後に飛びかかって押しつぶす「押しつぶし」、『ウルトラギャラクシー』でもよく披露した「角かち上げ攻撃」、尻尾で連続攻撃を叩き込む「尻尾攻撃連打」がある。さらに、EX第6弾では『ウルトラギャラクシー』で披露した「超振動波」が追加されている。そしてNEO第1弾では、零距離超振動波の後に角かち上げ攻撃を決める「超振動波(ゼロシュート)」と、リトラ(S)とのタッグ必殺技「ダブルインパクト」が追加された。また、超振動波はNEO以降、高熱属性となっている。ただし、タッグ必殺技でも超振動波を使うにもかかわらず、こちらは無属性になっている。

  • ポリゴンは『ウルトラマン Fighting Evolution』シリーズの流用。[要出典]

『大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー』に登場するゴモラ編集

漫画作品『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』に登場。

主人公御蔵イオの主力怪獣であり、本作の主役怪獣でもある。イオのバトルナイザーによって召喚され、敵怪獣に立ち向かう。武器はこれまでの作品と同様の尻尾や角。地面に潜って敵の攻撃を回避することもできる。ピグモン曰く「プライドが高い」らしく、敵との戦い以外に召喚されることを嫌うが、パートナーであるイオのことは、身を挺して守るなど強い信頼で結ばれている。

大阪城での戦いではブルトンに突進攻撃を仕掛けようとするが、ブルトンの超能力で大阪城の前にテレポートさせられ、そのまま大阪城に激突し、これを破壊する。

『ウルトラマンゼロ』関連の作品に登場するゴモラ編集

いずれの作品にもレイのゴモラが登場(『ウルトラマンゼロ』関連の作品の世界観・時系列は『大怪獣バトル』以降のものとなっている)。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するゴモラ編集

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ミライの頼みを受けたレイやZAPと共に、光の国を救うためにウルトラマンベリアルの怪獣軍団に立ち向かう。序盤から中盤にかけてはザラガスブラックキングと戦い、怪獣墓場ではリトラと共にウルトラ戦士を援護。メビウスとの連係プレーで戦い、メビュームシュートと自身の超振動波による合体技「超振動メビュームシュート」も見せる。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するゴモラ(レイオニックバースト)編集

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

  • 身長:40メートル[47]
  • 体重:2万トン[47]

ベリアルの挑発を受けたレイモンがバーストモードに変化すると同時に覚醒。『ウルトラギャラクシーNEO』の時と同様に暴走状態に陥り、味方であるはずのウルトラマン、セブン、メビウスに襲いかかる。その際に超振動波(ゼロシュート)でセブンに重傷を負わせてしまう。その後、ダイナと共に怪獣墓場を訪れたZAPクルーの呼びかけでレイが正気に戻ったためにおとなしくなり、バトルナイザーに回収される。

  • 着ぐるみは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』で使用した物のリペイント[47]。元々体色が赤系であるため、赤が発色しにくいことから蛍光ピンクに近い色で塗装された[47]

『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』に登場するゴモラ編集

OV作品『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』に登場。

惑星チェイニーにてレイに召喚され、自身と酷似したロボット怪獣であるメカゴモラと戦う。自身以上の能力を持つとされるメカゴモラに苦戦するものの、ウルトラマンゼロの救援や、別次元のレイの協力もあって勝利を収める。

  • 着ぐるみは『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の流用[要出典]

『ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター』に登場するゴモラ編集

OV作品『ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター』に登場。

ビートスター天球にてレイに召喚され、ビートスターのコピーしたロボット怪獣軍団と戦う。一度はレギオノイド(BS)と戦い勝利するが、その直後にキングジョー(BS)エースキラー(BS)インペライザー(BS)の3体が現れ、3対1の不意打ちで敗北し、ネオバトルナイザーに回収される。二度目もレイに召喚され、ウルティメイトフォースゼロと協力してビートスターを倒すべくビートスタータワー付近で待機していた量産ロボット怪獣と戦う。

同作ではヒュウガの妄想において、レイとヒュウガが浜辺で遊んでいる中、海で楽しそうにはしゃいでいるゴモラの姿も描かれている。

  • 着ぐるみは『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』に使用された物の流用[要出典]

『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場するゴモラ(SDI)編集

映画『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場。

礼堂ヒカルがウルトライブシミュレーション内でライブしたもの。久野千草がライブしたアクマニヤ星人(SDI)や渡会健太がライブしたガンQ(SDI)と戦い勝利する。その後、久野千草がライブしたメカゴモラ(SDI)や石動美鈴がライブしたEXゴモラ(SDI)や渡会健太がライブしたゴモラ レイオニックバースト(SDI)と戦う。能力的には4匹のゴモラの中で最も劣っているはずだが、対決を制した。

『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場するゴモラ レイオニックバースト(SDI)編集

映画『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場。

渡会健太がウルトライブシミュレーション内でライブしたもの。久野千草がライブしたメカゴモラ(SDI)や石動美鈴がライブしたEXゴモラ(SDI)や礼堂ヒカルがライブしたゴモラ(SDI)と戦う。

『ウルトラマンギンガS』に登場するゴモラ(SD)編集

ウルトラマンギンガS』第6話「忘れ去られた過去」に登場。

  • 身長:14センチメートル - 40メートル(最大)[51][52]
  • 体重:150グラム - 2万トン(最大)[51][52]

地球から追放されたビクトリアンの女戦士・ヒヨリがモンスライブする。ギンガとは2度に渡って対決。1戦目ではシェパードンの咆哮を聞いたことで戦意を喪失し、ライブを解除。2戦目ではギンガの説得に応じず一方的に攻撃し、やむなくストリウム光線を放たれるが、シェパードンに庇われる。それによってヒヨリが改心した後、乱入してきたファイヤーゴルザ(SD)にゴモラを立ち向かわせるも尻尾を引きちぎられ、強化超音波光線を受けて倒される。

  • スーツアクター︰横尾和則
  • 尻尾を切られるという案は監督の田口清隆の提案によるもの[53]。脚本の黒沢久子はゴモラのことを知らず、地味な怪獣という印象を抱いていた[53]

『ウルトラマンX』に登場するゴモラ編集

ウルトラマンX』第19話「共に生きる」に登場。

物語開始当初から、大地が父の鷹志から託されたスパークドールズとして登場。第19話では3分間限定の実体化実験がついに成功し、ダークサンダーエナジーが絶対に落ちないようにと張られたバリアのもとで大地やアスナと心が通じ合っている様子を見せるが、バリアを破ったダークサンダーエナジーでEXゴモラへ変貌する。元の姿へ戻った後はエックスのザナディウム光線を浴びようと身を呈する様子を見せるが、光線を放たれる直前にスパークドールズへ戻る。

  • スパークドールズへ戻る際の描写は、実体化の残り時間表示などの要素から、視聴者がさまざまな受け取り方ができるようになっている。
  • 最終話では、EXゴモラの姿で実体化させられた後、グリーザに吸収されるも、Xとの戦いで吸収したスパークドールズを放出した際に、X(=大地)の元に真っ先に帰還、他の怪獣とともにXに力を貸しハイブリッドアーマー誕生につながった。
  • Blu-ray BOX封入のSPECIAL NOTESでは、ゴモラのスパークドールズは大空鷹志がジョンスン島で発掘したと解説している[56]
  • Xioでの二足歩行怪獣の識別カテゴリーである「タイプG」の「G」は「ゴモラ」を意味している[57]

EXゴモラ編集

ゴモラの強化形態。全身が刺々しくなっているのが特徴で、目も白目となり、口周りにも鋭い牙ができている。元は上記の『ウルトラマン Fighting Evolution REBIRTH』で初登場した改造ゴモラであり、 『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』への登場に当たって着ぐるみが作られて映像作品への登場となった。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場するEXゴモラ編集

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第13話「惑星脱出」に登場。

  • 身長:44メートル[58]
  • 体重:2万2千トン[58]

レイが真のレイオニクスとして覚醒すると同時に変化した。技もより強力となり、身体を高速回転させての体当たりや伸縮自在の尻尾による串刺し「テールスピアー」の他、全身から放つ超振動波のパワーアップ版EX超振動波[59]も披露している。その圧倒的な強さでキングジョーブラックゼットンを纏めて葬る。

  • 体色はゲーム版が黒ずんでいるのに対して、こちらは変化前と同様の赤褐色になっている。歯もゲーム版の物と異なっており、ゲーム版やソフビでは通常のゴモラと同じだったのに対して、こちらは細かい牙が隙間なく並んだものとなっている。[独自研究?]

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するEXゴモラ編集

第13話「惑星崩壊」に登場。

  • 身長:44メートル[60]
  • 体重:2万2千トン[60]
  • 出身地:[60]

前作にも登場したゴモラの強化形態。今作ではレイオニックバースト状態から覚醒する。前作同様その力は圧倒的で、EXレッドキングと共にレイブラッド星人の憑依したアーマードダークネスをものともせず一方的に叩きのめした末、EX超振動波で止めを刺す。

  • 着ぐるみは前作からの流用。[要出典]

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するEXゴモラ編集

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

最終決戦時にてレイにネオバトルナイザーから召喚され、ウルトラ戦士達(ウルトラマン、レオアストラダイナ、メビウス、ゼロ)と共にベリュドラに立ち向かう。

  • 本作では『ウルトラギャラクシー』と違い、ゴモラから進化する過程は描かれず、最初からこの姿でネオバトルナイザーから出現する。
  • 着ぐるみは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』までに使われた物の流用。[要出典]

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』に登場するEXゴモラ編集

第9話「決戦! エースキラー」、EX第10話「ライバル出現!?」、第15話「歴史改変計画」、第16話「決戦!四人の戦士」、第17話「支配者の陰謀」に登場。

キール星人のレイオニクス、ヴィットリオが使役する怪獣として登場。第9、第10話では顔見せ程度の登場で戦わず、第17話で戦う。主人公の怪獣と互角に戦う。

また、第15話では『ウルトラギャラクシー』同様、レイモンの使役する怪獣として登場してゼットンと戦っており、EXラウンドでもレイモン(上記のレイモンとは異なり、こちらは通常のもの)の怪獣として登場する。

ステータスは元となった改造ゴモラは全体的にパワーアップしていたのに対し、こちらはディフェンスが大きく上がった分、スピードが著しく低くなっている。必殺技は『Fighting Evolution Rebirth』の再現で、溜め攻撃を元にした「ローリングアタック」、投げ攻撃を元にした「テールアッパー」、そして改造ゴモラ最大の特徴である尻尾の伸縮能力を利用した最強必殺技を元にした「テールスピアー」である。また、NEO第1弾では『ウルトラギャラクシー』の最終回でゼットンを葬った「EX超振動波」が、NEO第4弾ではEXレッドキングとのタッグ必殺技「爆熱振動メルトブレイク」が追加された。

  • ポリゴンは『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』の改造ゴモラの流用。[要出典]
  • 本作の登場に合わせてソフビも発売された。

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場するEXゴモラ編集

テレビマガジン版『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場。

メフィラス星人に操られて出現し街を破壊する。ウルトラマンとメビウスの二人と対決し、メビュームシュートにも耐えるなど強敵ぶりを見せるが、急降下して威力を上げたメビウスのメビウスパンチを受け、硬い皮膚を砕かれて敗れる。

  • 記事中ではCGで表現されている。

『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場するEXゴモラ(SDI)編集

映画『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場。

石動美鈴がウルトライブシミュレーション内でライブしたもの。久野千草がライブしたメカゴモラ(SDI)や渡会健太がライブしたゴモラ レイオニックバースト(SDI)や礼堂ヒカルがライブしたゴモラ(SDI)と戦う。

『ウルトラマンX』に登場するEXゴモラ編集

特撮テレビ番組『ウルトラマンX』第19話「共に生きる」、最終話「虹の大地」に登場。

実体化実験に成功したゴモラが、バリアを破ったダークサンダーエナジーに変貌させられる形で登場。立ちふさがったウルトラマンエックスがМ1号に連れ去られた後は沿岸の工場地帯で暴れ、キングジョーのサイバーカードの力を使ったスカイマスケッティの攻撃すら通用しない強さを見せる。その後もアスナの説得が届かずに暴れ続けるが、M1号から解放されたエックスがエクシードXに強化変身して再び立ちふさがると、エクシードエクスラッシュでダークサンダーエナジーを浄化され、元のゴモラに戻る。

最終話ではグリーザに実体化させられた後、吸収された。

  • スーツアクター︰横尾和則
  • 映像作品にてEXゴモラが主人公の敵として登場するのはこれが初であり、映像作品でウルトラ戦士と戦ったのもこれが初である。

アースゴモラ編集

データカードダス及びそれを元にしたCGショートムービー『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場。

プラズマソウルを取り込んだプラズマ怪獣であるが、通常のプラズマ怪獣と異なり角が肥大化するなど、外見は大きく変化している。プラズマソウル獲得量も通常のプラズマ怪獣より非常に多く、性格も凶暴さで並ぶ者はないという。ゲーム本編では1弾ボス怪獣として登場する。劇場版ショートムービー『VEROKRON hunting』では、ハンターステーションにてプラズマ怪獣の多数出現を報じる映像に映っているのが確認できる。

ブラックアースゴモラ編集

1弾の期間限定ミッションに登場。レアなプラズマソウルであるブラックプラズマソウルに覆われたアースゴモラ。

スーパーアースゴモラ編集

5弾の期間限定ミッションに登場。突然変異によってさらなる力を手に入れたアースゴモラ。角がさらに巨大化し、全身のプラズマソウルもより鋭利になっている。獲得できるプラズマソウルはアースゴモラより多いとされる。

テレビ版では『SUPER-EARTHGOMORA Hunting』で登場するが、当初はアースゴモラと誤認されていた。とある遺跡にてラッシュハンターズと対決する。催眠ガス弾により眠らされた隙に頭部以外のプラズマソウルを全て破壊されるも、覚醒後地中に潜って攻撃の機会をうかがうが、土属性故炎を苦手とする弱点を突かれる形で遺跡の爆破による炎に包囲された末、残りのプラズマソウルを全て破壊され倒された。

電脳怪獣 サイバーゴモラ編集

ウルトラマンX』に登場。

  • 身長:40メートル[54]
  • 体重:2万トン[54]

Xioが開発したサイバー怪獣の一種。別名は電脳怪獣となっている。青い鎧で覆われた機械的な外見になっており、両腕には「G」の文字があしらわれている。必殺技はサイバー超振動波[54][61]

第1話では実体化実験が行われたが、体を構成するエレクトロ粒子が67%に達した時点で崩壊・消滅し、実験は失敗している。

第2話ではファントン星人グルマンの提案により、自らのデータ体を実体化できるウルトラマンエックスにデータが転送され、ゴモラアーマーとして一部の実体化に成功する。

第11話では再び実体化実験が行われ、26回目の実験で大地の脳波と共鳴させることにより、エレクトロ粒子が100%に達して実体化するが、その直後に崩壊・消滅してしまう。理由を問うべく大地がゴモラのスパークドールズをエクスデバイザーでリードして解析したところ、ゴモラが心を閉ざしているためにエラーとなる。しかしこれはゴモラが大地の体を心配していたためであり、キングジョーとの戦いではピンチになった大地の「俺は大丈夫」という声に応え、完全な実体化を果たす。エックスとのタッグでキングジョーを追い詰め、サイバー超振動波で止めにつなげる。その後、スパークドールズとなった。

第12話ではアスナが脳波コントロールする形でスパークドールズから実体化。エックスとユナイトした大地の影響からか、サイバー超振動波でザラガスを撃退してスパークドールズに還元させる。

第14話でも第12話と同様アスナが脳波コントロールする形で実体化。メカゴモラと互角の戦いを繰り広げ、最終的にはアスナにウルトライザーを貸し与えられた杉田アリサの射撃と合わせてサイバー超振動波を放ち、メカゴモラを破壊した。

第15話では神木が脳波コントロールする形で実体化。ゴメス(S)と激闘を繰り広げ、エクシードXとの連携攻撃でゴメス(S)を圧倒する。サイバー超振動波をゴメス(S)に放ち、エックスの勝利に繋げた。

第21話ではアスナが脳波コントロールする形で実体化し、エクシードXと共にグリーザと戦うも、手も足も出ずに敗北した。

最終話ではハヤトが脳波コントロールする形で実体化。グリーザを食い止めようとするも、グリーザの猛攻の前にあえなく敗北した。

劇場版ではザイゴーグを迎撃すべく大地がリアライズする形で実体化。地中のザイゴーグにサイバー超振動波を命中させるも、通用せずザイゴーグの放った棘で消滅した。その後はアスナによってサイバーカードが使用され、ワタルの操縦するランドマスケッティから放たれたゼットンレールキャノンと同時に、ジオバズーカからゴモラ振動砲を放ってウルトラマンを苦戦させるゴーグファイヤーゴルザに放って妨害し、ウルトラマンの勝利に一役買った。

  • スーツアクター︰岡部暁
  • これとは別に通常のゴモラも、大地が持つスパークドールズとして登場しており、第19話ではXioの実体化実験により、本来の形体として実体化に成功している。
  • デザインはウルトラマンXとの対比で青い体色となった[62]。またメイン監督の田口清隆からの要望によりスマートな体型となり、デザインを担当した後藤正行は「怪獣よりも怪人っぽい」と述べている[62]
  • 第1話の脚本初稿では、実体化してファイヤーゴルザとの戦いで負けるとの展開であったが、戦闘シーンが多くなることから活躍を描くために出番を先送りされた[63]
  • 第12話でのザラガスとの戦いは、同話の監督・坂本浩一が自分の監督作品『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で描いたゴモラ対ザラガスへのセルフオマージュである[64][65]
  • 第14話でのメカゴモラとの戦いでは、監督の坂本はゴモラにウルトライブしたヒカルと三つ巴の戦いを行う展開を希望していたが、実現には至らなかった[65]
  • 第15話監督の田口は、自身がボクシング映画を観ると泣くことから、神木とサイバーゴモラにボクシングを行わせている[66]
  • 第19話では当初はサイバーゴモラがEXゴモラに変貌するという構想であった[67]

『有言実行三姉妹シュシュトリアン』に登場するゴモラ編集

有言実行三姉妹シュシュトリアン』第40話「ウルトラマンに逢いたい」に登場。

隕石の影響で円谷プロ美術倉庫にあった怪獣の着ぐるみに魂が宿ったもの。赤い体色で白い縞が入っている。最後はウルトラマンによって宇宙に運ばれる。

漫画作品に登場するゴモラ編集

  • ウルトラマン超闘士激伝』では、闘士五獣士の1体として登場。「過去にアストロモンス、タイラント、ドロボン、ダストパンと組んで「怪獣帝王」と名乗っていたこともある」という、『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』を元にした設定ともされている。
  • ウルトラ忍法帖』では、悪の組織「朧党」の最強忍獣「護喪羅」として登場。
  • ウルトラマンSTORY 0』では、第16話・第17話に登場。最後はウルトラセブンのアイスラッガーで首を切断され、倒される。また、第39話・第40話にジェロニモンの能力で蘇った再生怪獣の1体として登場。
  • 酩酊!怪獣酒場』では、怪獣酒場の客として登場する。妻子がいる身でありながら、怪獣酒場で知り合った女性に恋愛感情を抱き罪悪感に苛まれている。

過去の映像を流用しての登場作品編集

いずれも映像はそれぞれの初登場作品の流用。

長篇怪獣映画ウルトラマン
初代登場エピソードの劇場公開。劇中では多々良島での戦いの次の日に起こった出来事となっている。
実相寺昭雄監督作品ウルトラマン
怪獣供養の回想シーンに登場し、直前に遺影が飾られていることも兼ねている。
ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団
ゾフィーがウルトラマンとの戦いを紹介している。
甦れ!ウルトラマン
ゼットン星人が暴れさせた怪獣軍団の1体として登場している。大阪城を襲撃し、分身したウルトラマンと戦う。
ウルトラ怪獣大図鑑
36話「古代怪獣ビッグ3」、78話「名所を襲った怪獣たち」、143話「シッポを何かされた怪獣たち」というコーナーでそれぞれ紹介された。

ゴモラに関連する力を持つ戦士・怪獣編集

  • ウルトラマンX - ゴモラアーマーというサイバーゴモラの能力を持つモンスアーマーを使用。また、他のモンスアーマーと能力を統合したハイブリッドアーマーも登場。
  • スカルゴモラ - レッドキングと能力をあわせたベリアル融合獣。

その他編集

ウルトラシリーズ編集

  • 円谷劇団が2006年10月、博品館劇場で上演した演劇『じゅわっと』(小田茜主演)は、ゴモラの出現で騒然となっている大阪を舞台にした「怪獣殿下」のサイドストーリー。着ぐるみは登場しないが、登場人物たちが観ているテレビニュースという設定で同話の特撮シーンの映像がスクリーンに映し出され、ウルトラマンによるゴモラ撃退と劇そのもののクライマックスがシンクロする内容となっている。
  • ウルトラマンタロウ』第25話では、エンペラ星人が3万年前に光の国を襲来した際の怪獣軍団の中に姿を見せる。
  • 漫画『かがやけ ウルトラの星』では、怪獣軍団の一員として登場。ゴドラ星人に率いられて東北地方松島湾に出現し、ウルトラセブンと戦う。
  • ウルトラマン物語』に登場するグランドキングの角はゴモラだと言われており、この説は同作のパンフレットや『週刊 ウルトラマンオフィシャルデータファイル』にも記載されている。
  • テレビドラマ『ウルトラマンになりたかった男』では、劇中で製作されていた映画『オールウルトラマンVS怪獣軍団』にて怪獣軍団の1体として登場し、ウルトラ戦士たちと戦う。
  • よみうりランドで行われた「ウルトラマンネクサスショー」では冒頭ウルトラマンコスモス(エクリプスモード)を苦しめるが助けに現れたウルトラマンネクサス(アンファンス)に敗れる。後半で復活しアンファンスと戦い苦しめる。最後は助けに現れたエクリプスモードとアンファンスのダブル攻撃に敗れる。
  • ウルトラマンフェスティバル'95では、ガッツ星人によって呼び出され、ウルトラマンと戦う。
  • ウルトラマンフェスティバル2005第2部では冒頭、ベムラー、ドラコと共にウルトラマンマックスと戦う。
  • ウルトラマンフェスティバル2007では冒頭、ウルトラマンAのメタリウム光線で倒される。
  • 円谷プロのプロモーション用短編映像作品『で怪獣』では、3メートル級の巨大着ぐるみが作られた。口から白いガスを吐く。
  • ゲーム作品『PDウルトラマンバトルコレクション64』では、フィールド上の雑魚敵およびプレイヤーキャラとして登場。尻尾や角による攻撃が主だが、大阪城を持って投げ飛ばす「オオサカキャッスル」という豪快な技を持つ。
  • 玩具展開『ウルトラエッグ』に登場する「エッグベース」のATモードの形状は、ゴモラをモチーフとしている。
  • 映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』以前に企画されていた『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』の続編作品では、日本各地に現れた怪獣軍団の1体として登場しウルトラマンに倒された後、ヤプールの力によってタイラントや他の怪獣軍団と合体し、グランドタイラントとなるという展開が予定されていた。
  • 映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』では、当初ダークロプス軍団とウルトラ戦士の戦いをゴモラとアントラーが見守る未公開シーンがあった[68]
  • ウルトラゾーン』第3話のアイキャッチでは、大阪城の前で詰襟の男子学生3人と並んでピースをして記念撮影をしている姿が描かれている[69]。第9話のミニコーナー「怪獣ことわざ」では、「つるは千年ゴモラでまんねん」ということわざが紹介されている[70]。第20話のコントパート「バトルシミュレーション」では、タカダ隊員が「エア怪獣シリーズ でっかいゴモラ」と戦っている[71]
  • 円谷プロ公式サイトのエイプリルフールネタでは、中川翔子(しょこたん)のパロディであるアイドルキャラクターのごもたんとして登場。『しょこたん☆ぶろぐ』のパロディとしてブログ「ごもたんぶろぐ」も開設している。語尾に「ヴぉ」をつけるのが口癖。
  • 日本のバスケットボールリーグのbjリーグとのコラボ企画である「ウルトラ怪獣ドラフト2010」のノミネート怪獣として候補に挙がり、琉球ゴールデンキングスに指名された。
  • 「てれびくん」グラビア版『ウルトラ超伝説アンドロ超戦士』でアトラクション用の着ぐるみとアンドロマルスが戦うスチール写真が存在する。[72]
  • ウルトラ怪獣擬人化計画内のいくつかのプロジェクトで様々な擬人化がされている。
    • ウルトラ怪獣擬人化計画feat.POP」として擬人化される。
    • 「ウルトラ怪獣擬人化計画」として『電撃G's magazine』2013年12月号(第1回)にスクール水着姿で、角と尻尾に怪獣の手足をしたゴモラちゃん(イラスト:minoa〈ニトロプラス〉)が掲載。
      • 『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』に主人公として登場。好奇心旺盛かつ天真爛漫な明るい性格だが、勉強や漢字が苦手であり「円谷(つぶらや)学園」を「えんや学園」と呼び間違えたりとマイペースで少々天然なところがある。その一方、自分の間違いを認めない頑固な一面を見せている。ベムスターと一緒に住んでいる。一人称は「ボク」のボク少女で口癖は「ごもぉ」「ゴモ」。身長は小柄。早起きが苦手で食べることが好き。
      • 小説及びアニメ作品の『怪獣娘(かいじゅうがーるず) 〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』では、ゴモラの魂を受け継いだ怪獣娘・黒田ミカズキとして登場する。アニメ版の声は諏訪彩花が担当。
  • 小説『ウルトラマンF』では、躁躁と鬱鬱によって小型のクローンが作られている。
  • ウルトラマンジード』では、ゴモラとレッドキングの怪獣カプセルが合わさったスカルゴモラが登場する。

CMに登場するゴモラ編集

  • ブルマァク「怪獣ボーリングゲーム」のCMでは、ボーリングのピンとして登場する。
  • 1995年の出光石油のCMでは、ベンゼン星人が率いる怪獣軍団の1体として、神秘のエネルギーを護るウルトラマンゼアスを襲撃する。
  • 「ぱちんこウルトラマン」のCMでは、バルタン星人をはじめとする宇宙人に操られ、町を破壊する。
  • 2009年のHONDAステップワゴン スパーダ」のCMでは、スパーダを恐れて他の怪獣と共に道を空ける役で出演している。

外部作品編集

  • 元プロレスラーの前田日明は少年時代、ゴモラが大阪城を破壊した翌日[注 4]、友達と自転車でその様子を確認に行ったが、特に変化が見られなかった。そのため、近くで掃除をしていた男性に尋ねたところ、「皆が徹夜で修理した」と聞かされたとのことである[73][出典無効]
  • アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』の冒頭に、ゴモラをモチーフとした怪獣が登場する。
  • めちゃ×2イケてるッ!』では、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』の出演オーディションに参加した。特に目立ったことはしていないが、現在ではレイのパートナー怪獣で味方のため、ウルトラマンベリアルの「ウルトラマンを倒すためなら〜○○」という質問のコーナーへは参加しなかった。
  • SmaSTATION!!』2009年12月19日放送分で「ウルトラマン 9のヒミツ」と題した特集が組まれた際、「ファンが選ぶ対決ベスト3」にこのゴモラとの戦いが第3位にランクインした。
  • 2011年12月31日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない空港24時』では、「絶対に驚いてはいけない空港」のパートでグラウンドへ向かう途中のガキ使メンバーを襲う役割で、前述の『で怪獣』のゴモラが使われた。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 太平洋上に実在するジョンストン島と混同されて紹介されていることがあるが[要出典]、劇中での名称はジョンン島であり地勢も異なるため、設定上はあくまでも架空の島である。
  2. ^ POLYSICSの楽曲「怪獣殿下 〜古代怪獣ゴモラ登場〜」の歌詞[16]やその特設サイト[17]では、この呼称が用いられている。
  3. ^ 『ウルトラマン80』DVD-BOX付属のブロマイドにも収録されている。
  4. ^ 1967年1月15日放送の怪獣殿下(後編)の放送日。

出典編集

  1. ^ 白書 1982, pp. 51、188.
  2. ^ a b c d e ベストブック 1993, pp. 112-113
  3. ^ a b c d 画報 上巻 2002, p. 44
  4. ^ 『成田亨画集・ウルトラ怪獣デザイン編』(朝日ソノラマ、1983年)98頁の成田本人の解説より。
  5. ^ a b 全調査報告 2012, pp. 90-91, 「CASE FILE26 怪獣殿下 前篇」
  6. ^ a b c d 研究読本 2014, p. 209, 「ウルトラマン 怪獣・宇宙人大図鑑」
  7. ^ 2013年『大人のウルトラマン大図鑑』の記述[要ページ番号]
  8. ^ a b c d 怪獣列伝 2008, pp. 102-107, 「怒れし古代の本能 古代怪獣ゴモラ」
  9. ^ a b c d hicbc.com:最強!最速!!ウルトラマンマックス 怪獣図鑑”. CBC. 2017年1月22日閲覧。
  10. ^ a b c 白書 1982, p. 51, 「ウルトラマン 怪獣リスト」
  11. ^ a b c ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 17
  12. ^ a b c d e f 大辞典 2001, p. 136
  13. ^ a b c 全調査報告 2012, pp. 90、92
  14. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 17
  15. ^ 青柳宇井郎・赤星政尚『懐かしのヒーロー ウルトラ怪獣99の謎』(二見書房、1994年)p.81
  16. ^ 怪獣殿下 ~古代怪獣ゴモラ登場~の歌詞 | POLYSICS - ORICON STYLE
  17. ^ POLYSICS HEN 愛 LET'S GO! 2 ~ウルトラ怪獣総進撃~ 特設サイト
  18. ^ a b 研究読本 2014, pp. 177、179.
  19. ^ a b 研究読本 2014, pp. 176-177, 「エピソードガイド第26話」
  20. ^ 研究読本 2014, pp. 196-197, 「エピソードガイド第36話」.
  21. ^ a b 研究読本 2014, pp. 178-179, 「エピソードガイド第27話」
  22. ^ 研究読本 2014, pp. 198-199, 「エピソードガイド第37話」.
  23. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 103
  24. ^ a b c d e 白書 1982, p. 188, 「ウルトラマン80 怪獣リスト」
  25. ^ a b c d e f g h 画報 下巻 2003, p. 41
  26. ^ a b c d e ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 88, 「ウルトラマン80 全怪獣」
  27. ^ a b c d e f g 大辞典 2001, pp. 136-137
  28. ^ a b c d e 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 184
  29. ^ 氷川竜介の大怪獣形態学『第2回 古代怪獣ゴモラ』”. 2008年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月8日閲覧。
  30. ^ a b 画報 下巻 2003, p. 69
  31. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 219
  32. ^ a b 「ウルトラマンパワード20周年記念特集 パワード怪獣完全図鑑」『語れ!ウルトラ怪獣【永久保存版】』 KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ44〉、2014年4月23日、91-101頁。ISBN 978-4-584-20544-0
  33. ^ a b PASマックス 2006, p. 50, 「第3章 怪獣大事典 ゴモラ」
  34. ^ a b c マックス!マックス!マックス! 2006, p. 30
  35. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 327.
  36. ^ 「伝説の怪獣人気投票」結果発表!! - ウルトラマンマックス(中部日本放送)
  37. ^ ネクサス&マックス 2006, p. 107.
  38. ^ PASマックス 2006, p. 105, 「第4章 ストーリーガイド」.
  39. ^ マックス!マックス!マックス! 2006, p. 57, 「監督!監督!監督! 栃原広昭」.
  40. ^ a b hicbc.com:ウルトラマンメビウス 怪獣図鑑”. CBC. 2017年1月25日閲覧。
  41. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 340
  42. ^ 『ファンタスティックコレクション ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』(朝日ソノラマ)P. 85。
  43. ^ a b c ウルトラギャラクシー公式サイト, 登場怪獣 古代怪獣ゴモラ
  44. ^ a b c ウルトラギャラクシーNEO公式サイト, [http://www.daikaijyu.com/galaxy/monster/ 登場怪獣 古代怪獣ゴモラ
  45. ^ a b c 登場怪獣 古代怪獣ゴモラ(レイオニックバースト)”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY. 2017年1月29日閲覧。
  46. ^ a b c d ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 47, 「ゴモラ」
  47. ^ a b c d e f g h ウルトラ銀河伝説VisualFile 2010, p. 58
  48. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 368
  49. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 74, 「アクションチーム座談会」.
  50. ^ ウルトラ銀河伝説VisualFile 2010, p. 91, 「スタントマン・インタビュー岩上弘数」.
  51. ^ a b 登場キャラクター ウルトラマンギンガS 公式インフォメーション”. 2017年3月5日閲覧。
  52. ^ a b ギンガS超全集 2015, p. 33, 「ウルトラマンギンガS怪獣大図鑑」
  53. ^ a b Blu-ray『ウルトラマンギンガS Blu-ray BOX II』(バンダイビジュアル BCXS-0911)封入 作品解説書 SPECIAL NOTES「STAFF INTERVIEW 第6話・第9話脚本 黒田久子」(構成・文:島崎淳 / 監修:小林雄次
  54. ^ a b c d e f g ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  55. ^ a b c d X超全集 2016, p. 32, 「スパークドールズ実体化計画」
  56. ^ ウルトラマンX BDBOX I 2015, 「Xio PROFILING」.
  57. ^ X超全集 2016, p. 28, 「Xio」.
  58. ^ a b ウルトラギャラクシー公式サイト, 登場怪獣 古代怪獣EXゴモラ
  59. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 354.
  60. ^ a b c ウルトラギャラクシーNEO公式サイト, 登場怪獣 EXゴモラ
  61. ^ X超全集 2016, p. 33, 「電脳怪獣サイバーゴモラ」.
  62. ^ a b ウルトラマンX BDBOX I 2015, 「EPISODE GUIDE 第11話」
  63. ^ ウルトラマンX BDBOX I 2015, 「EPISODE GUIDE 第1話」.
  64. ^ エクシードエックス爆誕!「ウルトラマンX」第12話は激闘また激闘!さらに大怪獣バトルも…! - 新ウルトラマン列伝オフィシャルブログ『ウルトラマン“ブログ”列伝』
  65. ^ a b ウルトラマンX BDBOX II 2016, 「EPISODE GUIDE 第14話」
  66. ^ ウルトラマンX BDBOX II 2016, 「EPISODE GUIDE 第15話」.
  67. ^ ウルトラマンX BDBOX II 2016, 「EPISODE GUIDE 第19話」.
  68. ^ アベユーイチ・隠田雅浩・岡崎聖・渋谷浩康スペシャル座談会」『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国超全集』 構成 間宮尚彦・乗浜彩乃、小学館てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2011年1月31日、58頁。ISBN 9784091051325
  69. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 9, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション1」.
  70. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 105, 「怪獣ことわざ4」.
  71. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 21, 「バトル・シミュレーション」.
  72. ^ KKベストセラーズ発行『語れ!ウルトラマン 兄弟激闘編』87頁。
  73. ^ 浅草キッドの海賊男』に出演したときに発言。

参考文献編集