大澤哲三

日本の映画美術監督

大澤 哲三(おおさわ てつぞう、1946年11月26日[1][2] - 2010年10月10日[3][4])は、日本映画美術監督。最終所属はマーブリング・ファインアーツ日本映画美術監督協会会員[5]多摩芸術学園芸能美術科中退[2]

経歴編集

中華人民共和国北京市にミシン工場を経営している父親の次男として生まれる。終戦後、ギリギリのタイミングで復員船に乗り込み母親の実家の大阪府大阪市に移り住む[要出典][注釈 1]

1967年春に円谷プロダクションと契約し、操演部助手として『快獣ブースカ』を担当[4]成田亨池谷仙克に師事し、『ウルトラセブン』で特撮美術助手、『怪奇大作戦』では美術助手(本編と特撮を兼任)を務める[1][4]1971年、『帰ってきたウルトラマン』の中盤まで美術デザイナーとして参加した後、『ミラーマン』で美術監督に昇格[1][6][4]。1974年の『ウルトラマンレオ』では怪獣デザインのほとんどを手掛けた[4][注釈 2]

創立時のコダイグループ(現:株式会社コダイ)にも参加しており、実相寺昭雄の監督作品の『無常』(1970年ATG)『曼荼羅』(1971年、ATG)で美術助手を担当していた[7]

1970年代後半からは『ミラーマン』などの円谷作品で一緒に仕事をした矢島信男の誘いで矢島の主催する特撮研究所の中心的な美術スタッフになり、1980年代半ばまでのほとんどの特撮研究所の作品(スーパー戦隊シリーズメタルヒーローシリーズ、『宇宙からのメッセージ』『里見八犬伝』など)に特撮美術デザイナーとして参加[6]

その後、美術制作会社マーブリング・ファインアーツに入社[4]。『帝都物語』『ガンヘッド』などを手がけたのち、平成ゴジラシリーズ(vsシリーズ)の『ゴジラvsビオランテ』から『ゴジラvsデストロイア』の全作品に特撮美術のチーフデザイナーとして参加した[1][6]

その後はウルトラシリーズ超星神シリーズなどで活動[8]

2010年10月10日、死去。63歳没。劇場作品『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』が遺作となり[9][4]、スタッフロールの後に、追悼のテロップが表示された。2011年1月11日発売の特撮雑誌『宇宙船』No.131(ホビージャパン)にて追悼特集が組まれ、多くの関係者が大澤を悼むコメントを寄せている[要ページ番号]

作風編集

大澤はカメラのアングル上の死角になる部分の特撮セットのミニチュアを省略することで効率化することを得意としていた[8]。この大澤の手法は矢島信男の合理的な撮影方法に影響されたものである[10]。この手法は「(大澤の)飾りこみのマジック」と評されることもあった[11]

特技監督の川北紘一は、大澤についてバランス感覚に長けたデザイナーであったと評しており、セットの省略のほか、ロングショットで距離感を感じさせるパースや、セットの小ささを感じさせない格納庫のこだわりなども特徴であると述べている[6]

大澤が手がけた時期の平成ゴジラシリーズ(vsシリーズ)の内容は登場怪獣やメカが多く、怪獣も多数の場所に出現するという盛りだくさんな内容であったが、前述の大澤の手法によってこそ、こうした内容の映像化が可能だったとする関係者の証言がある[12]

ミニチュアとCGとの違いについて、想定外の壊れ方をするかどうかであるといい、CGは人が頭の中で考えた画にしかならないのに対し、様々な要因で異なる画が撮れるところにミニチュア特撮の面白さがあると語っている[1]

主な参加作品編集

テレビ編集

本編編集

特殊技術編集

映画編集

本編編集

本編・特撮兼任編集

特殊技術編集

キャラクター・メカデザイン編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ プロフィールでは大阪出身と記述している[1]
  2. ^ a b 一部のデザイン画には「かんの」というサインが記されていることから本編美術の菅野幸光によるものとされていたが、雑誌『宇宙船』の取材で菅野は怪獣デザインには携わっていないとしており、大澤の助手を務めた木目憲悟は絵のタッチなどからそのいくつかは大澤によるものであると証言している[4]
  3. ^ ノンクレジット。
  4. ^ 本編美術も兼任。
  5. ^ 第41話に登場する怪獣テロリンガのデザインは、書籍『ミラーマン大全』のインタビューにて大澤哲三が自身の手によるものと発言しており[13]、これが通説とされていたが[14]米谷佳晃は自著の中で自身が手掛けたものとしておりデザイン画や詳細な解説も掲載している[15][4]
  6. ^ 『ミラーマン大全』のインタビューでは、テロリンガ以外に各話に登場するインベーダーの宇宙船と第10話の重力マシン、第15話のジャバラ、第18話のアロザのデザインを手がけたと発言している[13]
  7. ^ 書籍『大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編』では第41話と第42話に登場するババラスとオネストキングは大澤によるものと記載しているが[14]、米谷は自著の中でラフ画を提示したものとしており、現存するデザイン画は当時の美術スタッフが米谷のラフ画を彩色加工したものと述べている[17]
  8. ^ a b c d e デザイン画が掲載[18]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 平成ゴジラクロニクル 2009, pp. 242-243, 「第7章 平成ゴジラシリーズを作った男たち 大澤哲三」
  2. ^ a b DVD『シルバー仮面フォトニクル2』 2015年12月18日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-137 pp.84-85 「コダイグループ資料冊子」
  3. ^ マーブリング・ファインアーツ お知らせ(2011年1月4日時点のアーカイブ
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 鶯谷五郎「70's円谷怪獣リスペクト検証 栄光の怪獣王国、狂乱のデザイン史 [第13回]第二期ウルトラマンシリーズの終焉で王道に回帰 簡にして要を得るデザインに滲む大澤哲三の流儀」『宇宙船』vol.166(AUTUMN 2019.秋)、ホビージャパン、2019年10月1日、 82-84頁、 ISBN 978-4-7986-2032-9
  5. ^ 「大決戦!超ウルトラ8兄弟」公式サイト:スタッフ(美術監督 大澤哲三)
  6. ^ a b c d 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 103, 「平成ゴジラの特撮1 特殊美術」
  7. ^ 宇宙船』No.131(ホビージャパン)追悼特集における池谷仙克のコメントより(p126)
  8. ^ a b 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 150, 「平成ゴジラバーニング・コラム NO.014 追悼・平成ゴジラの特撮を支えたスタッフたち」
  9. ^ 『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』劇場パンフレットより。
  10. ^ 大全 2004, p. 270.
  11. ^ 大全 2004, p. 61.
  12. ^ 宇宙船』No.131(ホビージャパン)追悼特集における高橋勲三池敏夫の発言より(p129)
  13. ^ a b 大全 2004, p. 269.
  14. ^ a b 大人の 2014, p. 108.
  15. ^ 米谷佳晃 2014, pp. 9、68.
  16. ^ 大全 2004, p. 136.
  17. ^ 米谷佳晃 2014, p. 3.
  18. ^ 「怪獣造型」『ウルトラ戦士特撮大全集』てれびくん編集部、小学館〈てれびくんデラックス〉、1989年11月10日、41頁。ISBN 4-09-101421-6
  19. ^ a b c d e f g h i 『宇宙船別冊 不滅のヒーロー ウルトラマン白書 第2版』(朝日ソノラマ)にデザイン画が掲載[要ページ番号]
  20. ^ a b 『ウルトラマンレオ LD-BOX』解説書にデザイン画が掲載
  21. ^ キネマ旬報社『平成ゴジラ クロニクル』29頁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集