バランシーンステークス

バランシーンステークスBalanchine Stakes)は、1994年カルティエ賞最優秀3歳牝馬を受賞したバランシーンを記念して行なわれている競馬の競走である。

バランシーンの馬主であったドバイ王族によって創設されたドバイの競走と、バランシーンが勝ったアイルランドダービーを開催するアイルランドカラ競馬場で行われる競走がある。

本項ではその両方を概説する。

ドバイ・バランシーンステークス編集

バランシーンステークス
Balanchine Stakes
主催者 ドバイレーシングクラブ
競馬場 メイダン競馬場
距離 芝1800m
格付け G2
賞金 1着賞金12万ドル
賞金総額20万ドル
出走条件 サラブレッド北半球産4歳以上牝馬、南半球産3歳以上牝馬
負担重量 ハンデキャップ
テンプレートを表示


バランシーンステークス (Balanchine Stakes)[1]ドバイレーシングクラブメイダン競馬場1800メートルで施行する競馬国際競走である[2]

2004年に創設され、2009年にG3に格付けされた。2013年現在の格付けはG2。

ドバイワールドカップカーニバルに指定されている。

歴史編集

  • 2004年 - 準重賞競走として創設。
  • 2005年 - ムーンダズルが優勝し、UAE調教馬以外の外国馬が初勝利。
  • 2009年 - G3に昇格。
  • 2011年 - G2に昇格。

歴代優勝馬編集

馬齢は北半球の基準で表記。

施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 2004年3月11日  Gonfilia ゴンフィリア 牝4 1:48.70 L.デットーリ S.ビン・スルール
第2回 2005年2月25日  Moon Dazzle ムーンダズル 牝4 1:49.80 J.ジェローディス M.デ・コック
第3回 2006年2月24日  Irridescence イリデセンス 牝5 1:52.17 W.マーウィング M.デ・コック
第4回 2007年2月23日  Royal Alchemist ロイヤルアルケミスト 牝5 1:49.13 K.マカヴォイ I.モハメド
第5回 2008年2月23日  Sun Classique サンクラシーク 牝5 1:52.23 K.シーア M.デ・コック
第6回 2009年2月20日  My Central マイセントラル 牝5 1:51.09 J.ムルタ H.ブラウン
第7回 2010年2月25日  Deem ディーム 牝5 1:53.93 O.ペリエ J.バートン
第8回 2011年2月18日  River Jetez リヴァーイェツェツ 牝8 1:48.79 C.スミヨン M.デ・コック
第9回 2012年2月17日  Mahbooba マーブーバ 牝5 1:50.27 C.スミヨン M.デ・コック
第10回 2013年2月21日  Sajjhaa サッジャー 牝6 1:48:58 S.デ・ソウザ S.ビン・スルール
第11回 2014年2月20日  L'Amour De Ma Vie ラムードゥマヴィ 牝5 1:50.55 M.ギュイヨン M.P.ブロント
第12回[3] 2015年2月19日  Cladocera クラドセラ 牝4 1:50.74 C.スミヨン A.ドゥ・ロワイエ=デュプレ
第13回[4] 2016年3月3日  Very Special ベリースペシャル 牝4 1:48.85 J.ドイル S.ビン・スルール
第14回[5] 2017年2月16日  Opal Tiara オパールティアラ 牝4 1:49.72 O.Murphy M.シャノン
第15回[6] 2018年2月17日  Promising Run プロミッシングラン 牝5 1:49.79 P.Cosgrave S.ビン・スルール
第16回[7] 2019年2月14日  Poetic Charm 牝4 1:49.60 W.ビュイック C.アップルビー
第17回[8] 2020年2月13日  Magic Lily マジックリリー 牝5 1:47.65 W.ビュイック C.アップルビー

日本調教馬の成績編集

関連項目編集

アイルランド・バランシーンステークス編集

バランシーンステークス
Balanchine Stakes
競馬場 アイルランドカラ競馬場
距離 芝6ハロン(約1207メートル)
格付け G2
賞金 1着賞金34125ユーロ(2011年現在)
賞金総額52500ユーロ
出走条件 2歳牝馬
負担重量 9ストーン0ポンド(約57.2キロ)
グループレース優勝馬は3ポンド(約1.4キロ)加増。
テンプレートを表示

概要編集

2005年に、バランシーンの名を冠した2歳牝馬の準重賞「バランシーンステークスBalanchine Stakes)」としてカラ競馬場で創設された。創設当初は7ハロンで行われた。

この後、何度か距離や競走名の変更があったが、2011年にG3格付けを得た。2019年よりG2に昇格する[9]

2013年現在、カラ競馬場の「アイルランドダービー・フェスティバル開催」の最終日に行なわれている。

スポンサーの変遷にともなって、開催上は「バリオーガンスタッドステークス」や「グランジコンスタッドステークス」と表記されることもあるが、IFHA(国際競馬統括機関連盟)の取り決めでは、これらは全て「バランシーンステークス」と記録されることになっている。(スポンサーと競走名について節参照)

沿革編集

  • 1994年 - バランシーンアイルランドダービーに優勝。
  • 2005年 - 準重賞(LR)バランシーンステークス(Balanchine Stakes)創設。カラ競馬場7ハロン[10]
  • 2007年 - 6ハロンに短縮。競走名をサオアールステークス(Saoire Stakes)に改称。サオアールは2005年のアイルランド1000ギニーの優勝馬。
  • 2009年 - バランシーンステークスに改称。バリオーガンスタッド(Ballygallon Stud)がスポンサーとなり、バリオーガンスタッドステークスとも呼称される(スポンサーと競走名について節参照)。
  • 2011年 - G3格付。グランジコンスタッド(Grangecon Stud)がスポンサーとなり、グランジコンスタッドステークスとも呼称される(スポンサーと競走名について節参照)。
  • 2019年 - G2昇格。

スポンサーと競走名について編集

日本と違い、各地の競売場や競馬会が独自の財源で競馬を主催する国々では、競馬場、開催、競走ごとに賞金などを出資するスポンサーがつく。これにより競走の名称には、多くの場合スポンサー名が冠されたり、時にはスポンサー名自体が競走名となる。スポンサー契約は短い場合には1年(1回)限りであるので、同じ競走でも毎年スポンサーが変わり、毎年競走名が変わるということがある。

これは後年に記録を参照する場合に不便であるため、実際の開催時に公称される競走名と、血統書などに記録される競走名が使い分けられることがある。

本競走もその一例で、Blue Square社がスポンサー時期は「Blue Square Balanchine Stakes」というのが開催時の名称である。通常、血統書や成績書の記録には単に「Balanchine Stakes」と表記される。2009年にバリオーガンスタッドがスポンサーになった時には、開催上は「バリオーガンスタッドステークス(Ballygallon Stud Stakes)」として施行されるが、記録としては「バランシーンステークス(Balanchine Stakes)」となる。2013年現在はグランジコンスタッドがスポンサーで、グランジコンスタッドステークス(Grangecon Stud Stakes)として行われるが、記録は「バランシーンステークス(Balanchine Stakes)」となる[11]。JRAでは同競走を“グランジコンスタッドステークス (G2、通称バランシーンステークス)”と紹介している[12]

歴代優勝馬編集

格付 距離 メートル換算 優勝馬 備考
2005 LR 7f 1408 Sahara Princess
2006 LR 7f 1408 Gaudeamus
2007 LR 6f 1207 Listen
2008 LR 6f 1207 Shimah
2009 LR 6f 1207 Long Lashes 別名バリオーガンスタッドS(Ballygallon Stud S)
2010 LR 6f 1207 Seeharn
2011 G3 6f 1207 Experience 別名グランジコンスタッドS(Grangecon Stud S)
2012 G3 6f 1207 Sendmylovetorose
2013 G3 6f 1207 Bye Bye Birdie
2014[13] G3 6f 1207 I Am Beautiful
2015[14] G3 6f 1207 Most Beautiful
2016[15] G3 6f 1207 Roly Poly
2017[16] G3 6f 1207 Clemmie
2018[17] G3 6f 1207 So Perfect
2019[18] G2 6f 1207 Albigna

関連項目編集

参考文献・出典編集

基本的な情報編集

  • 各競走についての包括的な情報源は以下のとおりです。
  • ドバイバランシーンS

出典・注釈編集

  1. ^ 正式な競走名は「ステークス」がつかない、単なる「バランシーン(Balanchine)」となっている。国際セリ名簿2013 アラブ首長国連邦の競走一覧参照。しかし単に「バランシーン」だけでは競走名とは判別し難いので、一般に“ステークス”を付してそれとわかるように表記するのが通例である。
  2. ^ ドバイレーシング公式サイト バランシーンステークス2013年11月7日閲覧。
  3. ^ 2015年レース結果 - レーシングポスト 2015年2月28日閲覧
  4. ^ 2016年レース結果 - racingpost 2016年3月11日閲覧
  5. ^ 2017年レース結果 - レーシングポスト 2017年2月17日閲覧
  6. ^ 2018年レース結果 - racingpost 2018年2月18日閲覧
  7. ^ 2019年バランシーンS”. racingpost.com (2019年2月14日). 2019年2月16日閲覧。
  8. ^ 2020年バランシーンS”. racingpost.com (2020年2月13日). 2020年2月15日閲覧。
  9. ^ イタリアの最後のG1競走が消滅(欧州)”. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2019年2月7日). 2019年2月8日閲覧。
  10. ^ RTEスポーツ社ニュースサイト 2007年6月14日付“バランシンステークスの新スポンサーが決まる”2013年11月7日付
  11. ^ IFHA公式サイト バランシーンステークス2013年11月7日閲覧。
  12. ^ JRAジャパンカップ出走予定外国馬プロフィール サラリンクス“カラ競馬場では毎年6月、グランジコンスタッドステークス(G2、通称バランシーンステークス)が行われています。”
  13. ^ 2014年レース結果 - racingpost、2014年7月11日閲覧
  14. ^ 2015年レース結果 - レーシングポスト、2015年7月1日閲覧
  15. ^ 2016年レース結果 - レーシングポスト、2016年6月27日閲覧
  16. ^ 2017年レース結果 - レーシングポスト、2017年7月3日閲覧
  17. ^ 2018年レース結果 - レーシングポスト、2018年7月2日閲覧
  18. ^ 2019年レース結果”. racingpost (2019年6月28日). 2019年6月29日閲覧。