パナソニック東京汐留ビル

パナソニック東京汐留ビル(パナソニックとうきょうしおどめビル)は、東京都港区東新橋一丁目の汐留地区にある超高層建築物である。

パナソニック東京汐留ビル
Matsushita Electric Works Building 20070317-02.jpg
パナソニック東京汐留ビルの位置(東京都区部内)
パナソニック東京汐留ビル
パナソニック東京汐留ビル
施設情報
所在地 東京都港区東新橋一丁目5番1号
座標 北緯35度39分57.1秒 東経139度45分42.4秒 / 北緯35.665861度 東経139.761778度 / 35.665861; 139.761778座標: 北緯35度39分57.1秒 東経139度45分42.4秒 / 北緯35.665861度 東経139.761778度 / 35.665861; 139.761778
状態 完成
竣工 2003年1月
開業 2003年4月
用途 オフィス、ショールーム
地上高
高さ 109.85m(最高部119.85m)
各種諸元
階数 地上24階、塔屋1階、地下4階
敷地面積 19,708.33 [1]
建築面積 10,717.45 [1]
延床面積 47,274.49 [1]
関連企業
設計 日本設計
施工 鹿島建設
所有者 三井住友ファイナンス&リース(90%)
日本ビルファンド投資法人(10%)
テンプレートを表示

建築編集

2003年、松下電工東京本社ビルとして完成。松下電工は2008年パナソニック電工に社名変更し、2012年にパナソニックと合併して同社の社内カンパニー「パナソニック エコソリューションズ社」となった。これに合わせ、建物名も変更されている。

電気設備メーカーの本社ビルであり、「ビルまるごとショールーム」をコンセプトとして竣工当初から省エネルギーの取り組みが進められた[2]LED照明BEMS地域冷暖房の導入、屋上緑化や太陽光発電が採用され、2015年の二酸化炭素排出量は2003年比51.9%であった[3]。これまでに日経ニューオフィス推進賞日本照明賞電気設備学会賞・環境省エネルギー建築賞を受賞している[2]。地上1階から地下2階にかけては、照明器具システムキッチンなど住宅設備を展示するショールーム「パナソニック リビング ショウルーム 東京」が開設されている。4階には、松下電工が1990年代から収集したジョルジュ・ルオーの作品を収集・展示するパナソニック汐留美術館がある。

2013年3月には、財務体質改善のため本ビルの所有権を三井住友ファイナンス&リース(90%)と日本ビルファンド投資法人(10%)に売却。引き続きパナソニックが賃借して入居する[4][5]

脚注編集

  1. ^ a b c パナソニック東京汐留ビル[大規模ZEB] p1”. パナソニック. 2017年10月22日閲覧。
  2. ^ a b パナソニック東京汐留ビル (PDF)”. 東京都環境局. 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ パナソニック東京汐留ビル[大規模ZEB] p2”. パナソニック. 2017年10月22日閲覧。
  4. ^ “パナソニック、東京・汐留の自社ビル売却 売却額500億円”. 日本経済新聞. (2013年3月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFL050OQ_V00C13A3000000/ 2017年10月20日閲覧。 
  5. ^ “資産の取得に関するお知らせ (パナソニック東京汐留ビル)” (PDF) (プレスリリース), 日本ビルファンド投資法人, (2013年3月5日), http://www.nbf-m.com/nbf/release/files/release654.pdf 2017年10月20日閲覧。 

外部リンク編集