社内カンパニー

社内カンパニー(しゃないカンパニー)とは、企業内において一つの会社のように位置付けて運営される独立採算制の事業部門である。その制度は社内カンパニー制社内分社制度とも言われ、持株会社のような経営管理を内部組織のままで行うための仕組み[1]である。形式的には事業部制(事業カテゴリー制度)に類似しているが、その目的は機能子会社に近く[1]、更に大きな権限委譲が行われる。

目次

概要編集

企業は事業分野別に人材資本などの経営資源会社本体からそれぞれの社内カンパニーに配分する。資本配分は管理会計の範囲で仮想的に行われる。各社内カンパニーの責任者はプレジデントと呼ばれ、担当する領域内における全ての権限と責任を委譲される。またプレジデントは損益だけでなく資産効率についても責任を負う。

従来から取り入れられていた事業部制を発展させて、社内カンパニー制に移行する場合は、損益計算書を改善することに囚われがちな事業部制に対し、それぞれの社内カンパニーが貸借対照表(バランスシート)を圧縮し、キャッシュフローを改善することにも目を向けることで、全社内での各事業の位置づけを明確にでき、他の事業部門との比較が可能となる。子会社の連結決算のように事業部門ごとの垂直連結が行え、マネジメントが個別の事業に対して集中や撤退の決定もより容易となる。事業部門に独立性が生まれ、同じ会社内であっても明確な経営体質や企業カラーを打ち出せる。その一方で、独立性が強すぎるために全社的な統一が図り難く、資産が分散されるため企業全体の資本効率が損なわれやすいという側面を持つ。

日本における実例編集

日本では、1994年ソニーが史上初めて社内カンパニー制を導入した。

特に電機通信機器メーカー(パナソニック東芝三菱電機オムロン富士通メルコホールディングス(バッファロー)など)やトヨタ自動車川崎重工業武田薬品工業プラス東京放送ホールディングス(TBSHD、旧・東京放送)、琉球放送(RBC)、両備ホールディングス(旧・両備バス)、ツネイシホールディングスヤンマーホールディングス(ヤンマー)、サントリーホールディングス(サントリー)、ソフトバンクグループユニバーサル ミュージックLLCコカ・コーラボトラーズジャパンJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントなどがそれを取り入れている。

なお、広島電鉄のように一度は採用したもののその後取り止めた事例もある。

類似の制度編集

社内カンパニーと同義のものとしては、例えば、トヨタグループにおける バーチャル・ベンチャー・カンパニー制度(VVC: Virtual Venture Company 制度、仮想ベンチャーカンパニー制度)[3]が挙げられる。

参考編集

  1. ^ a b 武藤, 泰明持株会社経営の実際日本経済新聞出版社2007年10月1日日経文庫(日本語)。ISBN 978-4-532-11159-5
  2. ^ 2009年4月に東京放送は純粋持株会社化し商号を東京放送ホールディングスに変更した。
  3. ^ VVCによる開発強化” (日本語). トヨタ自動車. 2013年12月20日閲覧。