メインメニューを開く

パワー・ステーション (バンド)

バンド

パワー・ステーション (The Power Station) は、1985年に結成されたイギリスロックバンド。バンド名は彼らがアルバムのレコーディングで使用したザ・パワー・ステーション・スタジオに由来する。

パワー・ステーション
The Power Station
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イギリスの旗 イギリス
ジャンル ハードロックファンク
活動期間 1985年、1996年-1997年
レーベル Chrysalis
メンバー ロバート・パーマー
アンディ・テイラー (ギタリスト)
ジョン・テイラー (ベーシスト)
トニー・トンプソン (ドラマー)

概要編集

デュラン・デュランのアンディ・テイラーが彼の憧れであったロバート・パーマーに声をかけたことから誕生したバンド。1stアルバム収録曲の「Harvest For The World」 (アイズレー・ブラザーズのカバー) では、ロバートとアンディのボーカルが交互に聞ける。ソロではアメリカでの成功に恵まれなかったロバートは、パワー・ステーションの成功に引き続いてソロアルバムの製作を優先し[1]、ツアー参加は固辞した。やむなく代役として元シルヴァーヘッドのマイケル・デ・バレスを起用してツアーを行い、1985年のライブエイドにも参加した。この日ジョンとアンディはデュラン・デュランでも演奏した。

1996年に再結成したが、ベーシストは1枚目のアルバム時にプロデュースを担当したシックのバーナード・エドワーズだった。このメンバーで渋谷公会堂などでの来日公演を行っている。来日公演は12月に行われたが、バーナード・エドワーズは同年4月のシックの来日公演時に死去しており参加していない。

なお、ロバート・パーマーとトニー・トンプソンは2003年にそれぞれ他界している。

メンバー編集

オリジナル・メンバー
  • ロバート・パーマー (Robert Palmer) - ボーカリスト
  • アンディ・テイラー (Andy Taylor) - ギタリスト
  • ジョン・テイラー (John Taylor) - ベーシスト
  • トニー・トンプソン (Tony Thompson) - ドラマー
その他のメンバー
プロデューサー

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

1st アルバムにアレンジ・バージョン、マイケル・デ・バレスが歌うアーノルド・シュワルツェネッガー主演映画『コマンドー』の主題歌「Someday, Somehow, Someone's Gotta Pay」(映画での曲名は「We Fight For Love」) の初CD化音源などを加えたデジタル・リマスター・アルバム。

シングル編集

  • 「サム・ライク・イット・ホット」 - "Some Like It Hot" (1985年3月) 英14位・米6位
  • 「ゲット・イット・オン」 - "Get It On (Bang A Gong)" (1985年5月) 英22位・米9位
T・レックスのカヴァー曲。このヴァージョンがホンダ・エディックスのCMに使われた  
  • 「コミュニケーション」 - "Communication" (1985年11月) 英75位・米34位
  • 「シー・キャン・ロック・イット」 - "She Can Rock It" (1996年10月) 英63位

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Number One magazine, 1986, "Bob's Your Uncle", パット・トーマス