ヒュウガミズキ(日向水木、学名: Corylopsis pauciflora)は、マンサク科トサミズキ属落葉低木イヨミズキともいう。

ヒュウガミズキ
Corylopsis pauciflora
Corylopsis pauciflora(1870)
保全状況評価
DATA DEFICIENT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status none DD.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: マンサク科 Hamamelidaceae
亜科 : マンサク亜科 Hamamelidoideae
: トサミズキ属 Corylopsis
: ヒュウガミズキ C. pauciflora
学名
Corylopsis pauciflora
Siebold et Zucc.[1]
シノニム

Corylopsis matudaei
Kaneh. et Sasaki

和名
ヒュウガミズキ(日向水木)、イヨミズキ、コバノトサミズキ
英名
buttercup winter-hazel

特徴編集

花期は3〜4月頃で、薄黄色のを咲かせる。 2から3個の花が房になって無数に咲き、花弁の先から黄色の雄蕊の葯がのぞく。

分布・生育地編集

日本石川県兵庫県日本海側、高知県宮崎県)、台湾に分布する。

保全状況評価編集

利用編集

庭木公園木として栽培される。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月22日閲覧。
  2. ^ World Conservation Monitoring Centre (1998). "Corylopsis pauciflora". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2.3. International Union for Conservation of Nature.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集