メインメニューを開く

ビーマン・バングラデシュ航空

ビーマン・バングラデシュ航空(Biman Bangladesh Airlines)はバングラデシュの国営航空会社

ビーマン・バングラデシュ航空
S2-AFP Biman Bangladesh Airlines Boeing 777-3E9(ER). (34571244763).jpg
IATA
BG
ICAO
BBC
コールサイン
Bangladesh
設立 1972年
ハブ空港 シャージャラル国際空港
マイレージサービス Biman Loyalty Club
会員ラウンジ The Maslin Lounge
保有機材数 15機(4機発注中)
就航地 21都市
本拠地 バングラデシュ ダッカ
外部リンク http://www.biman-airlines.com/
テンプレートを表示

概要編集

 
ボーイング777-300型機

1972年に1機のダグラス DC-3で運航を開始した。その後、フォッカー F27ボーイング707を導入し規模を拡大していった。なおこのボーイング707のうちの1機は日本政府から贈与されたものであった。

1983年に導入したマクドネル・ダグラス DC-10は多く導入され、長期間運用されてきたが、老朽化のために2014年2月に退役した[1]

最近では機材更新を進めており、ボーイング777-300やボーイング737-800を新塗装で導入したほか、ボーイング787を発注している。

路線網編集

路線網は南アジア・西アジア(中東)を中心に、イギリスロンドンローマへ就航している。かつてはニューヨーク[2]フランクフルト[3]等の長距離路線も広く展開していたがその後縮小した。しかしボーイング777の導入以降再び路線網を伸ばしてきている。

また、かつてはダッカからバンコク経由で東京行きの便も就航していた。1980年4月に成田への初就航を果たして1981年5月まで約1年間の運航後に休止となり、約9年半に及ぶ運航中止期間を挟んで1990年11月に運航を再開してバンコクとシンガポール経由をして週1便で運航してきたが、2006年10月末に通算17年に亘る日本路線の運航を中止した[4]

就航路線編集

2016年1月現在[5]

アジア編集

南アジア編集

  バングラデシュ

  インド

東南アジア編集

  ミャンマー

  マレーシア

  シンガポール

  タイ

西アジア(中東)編集

  クウェート

  オマーン

  カタール

  アラブ首長国連邦

  サウジアラビア

ヨーロッパ編集

  イギリス

保有機材編集

 
エアバス A310-300型機

運航機材編集

2019年8月現在

ビーマン・バングラデシュ航空 運航機材一覧
機材 運用機数 発注機数 座席 エンジン 備考
C Y Total
ボーイング737‐800 6 12 150 162 CFM

CFM56-7B

ボーイング777‐300ER 4 35 384 419 GE

GE90-115B

ボーイング787‐8 3 1 24 247 271 GE

GEnX-

1B67

ボンバルディアDHC8-Q400 2 3 74 74 PW

PW150A

1機(S2-AGQ)は着陸失敗事故により大破
合計 15 4

A310以来の新機材となるボーイング777-300ERを導入した際に取得した同社向けのボーイング社顧客番号(カスタマーコード)はE9となっており、777-3E9と付けられる。

退役済機材一覧編集

脚注編集

  1. ^ DC-10-30、国際線のラストフライトでバーミンガムに到着 - Flyteam(2016年1月26日閲覧)
  2. ^ BIMAN Ends Rome Operation from April 2015 - Airline Route(2016年1月26日閲覧)
  3. ^ BIMAN Ends Frankfurt Service in late-Oct 2014 - Airline Route(2016年1月26日閲覧)
  4. ^ ビマン・バングラデシュ航空について - 駐日バングラデシュ大使館(2016年1月26日閲覧)
  5. ^ Destination Map - ビーマン・バングラデシュ航空(2016年1月26日閲覧)

外部リンク編集