ピアルコ国際空港

トリニダード・トバゴの空港。

ピアルコ国際空港英語Piarco International Airport)は、トリニダード・トバゴの首都ポートオブスペインから25km東に離れた場所に位置している国際空港カリビアン航空ハブ空港である。[1]

ピアルコ国際空港
Piarco International Airport
PiarcoPan.bmp.jpg
IATA: POS - ICAO: TTPP
概要
国・地域 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ共和国
所在地 トリニダード島ピアルコ
母都市 ポートオブスペイン
種類 公共
所有者 Government of Trinidad and Tobago
運営者 Airports Authority of Trinidad and Tobago
拠点航空会社 カリビアン航空
標高 18 m (58 ft)
座標 北緯10度35分43秒 西経61度20分14秒 / 北緯10.59528度 西経61.33722度 / 10.59528; -61.33722
公式サイト www.tntairports.com/NEW/
地図
POS/TTPPの位置(トリニダード・トバゴ内)
POS/TTPP
POS/TTPP
POS/TTPPの位置(カリブ海内)
POS/TTPP
POS/TTPP
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
10/28 YES 3,199×45 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

歴史編集

第二次世界大戦期編集

1931年1月8日開港。第二次世界大戦中、アメリカ陸軍航空軍第6空軍アメリカ海軍飛行隊が使用し、南カリブ海上空の対潜パトロール飛行などを行っていた。

米国陸軍空軍第6空軍は、対潜パトロールを行うため以下の爆撃隊を配置した。

近代化編集

新ターミナルの建設や高速誘導路の建設などの空港の大規模な拡張工事が2001年に完了。以前のターミナルは貨物ターミナルとして使用されている。[1]

就航路線編集

国内線編集

航空会社就航地
  カリビアン航空 トバゴ島

国際線編集

航空会社就航地
  カリビアン航空 キュラソーセントジョージズブリッジタウンキングスタウンセントルシア/チャールズ英語版セントジョンズフィリップスブルフキングストンハバナナッソージョージタウン/チェディ・ジェーガンパラマリボカラカスオーランドマイアミフォートローダーデールニューヨーク/JFKトロント
  LIAT英語版 セントジョージズ、キングスタウン、ブリッジタウン、セントルシア/チャールズ、セントジョンズ、ジョージタウン/オグール英語版
  スリナム航空[2] キュラソー、パラマリボ
  RUTACA航空英語版 ポルラマル英語版バルセロナ英語版
  ベネゾラ英語版 カラカス
  コパ航空 パナマシティ
  アメリカン航空 マイアミ
  ユナイテッド航空 ヒューストンニューヨーク/ニューアーク(3月30日より就航再開予定)
  ジェットブルー航空 フォートローダーデール、ニューヨーク/JFK
  エア・カナダ トロント[3]
  ウェストジェット トロント[4]
  ブリティッシュエアウェイズ セントルシア/ヘウノラロンドン/ガトウィック

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集