メインメニューを開く

概要編集

ケベック州モントリオール市に本部がある。カナダフラッグ・キャリアでもある。

主要ハブ空港トロント・ピアソン国際空港である。バンクーバー国際空港が太平洋のハブ空港で、モントリオール・トルドー国際空港が他にハブ空港として利用されている。カルガリー国際空港は西部カナダのミニハブ空港である。元は国営会社だったが、1987年に民営化された。2000年にカナダの大手航空会社、カナディアン航空を吸収した。

国際的な航空会社連合スターアライアンスに加盟し、全日本空輸 (ANA) とコードシェア便を運航している。

機内誌「enRoute」がある。

歴史編集

 
ウェスタンカナダアビエーションミュージアムに現存するトランス・カナダ航空のロッキード L-10A
 
モントリオール—バンクーバー線で使用されたロッキード L-14 スーパーエレクトラ

国営時代のカナディアン・ナショナル鉄道 (CNR) の子会社として設立されたトランス・カナダ航空 (Trans-Canada Airlines, TCA) は、1936年4月に設立された。

当時は太平洋路線と大西洋路線の開設は政府に抑制されていたため、当時の運輸大臣英語版であったクラレンス・ハウの下で新規路線開設を行っていた。

1937年9月1日にロッキード L-10Aを使用してバンクーバーからシアトルまで2人の乗客と郵便を運ぶ初飛行を行った。

当時機材はカナディアン・エアウェイズ英語版からロッキード L-10 エレクトラ2機とステアマン・エアクラフトの複葉機1機を購入し、ユナイテッド航空アメリカン航空の役員にノウハウを学びながら運航を始めた。

1938年、最初の客室乗務員を雇った。1939年、モントリオールからバンクーバーの運航を開始。1940年には従業員数は500人に達した。

1942年、カナダ太平洋航空英語版から合併を提案されるが、当時の首相であったウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングはTCAこそがカナダであるべき航空会社だと発言し、これを拒んだ。

1964年、TCAはカナダにおけるナショナル・フラッグ・キャリアへと成長した。その頃、当時の首相であったジャン・クレティエンが自身の資産を用いて、社名を変えるように提案された。そして、トランス・カナダ航空 (Trans-Canada Airlines, TCA)はエア・カナダへと社名を変更した。

1970年、政府はエア・カナダの地位を確実にさせるため、CPエアや地方航空会社に対してさまざまな規制を行った。

1970年代後半、カナディアン・ナショナル鉄道 (CNR)と合わせて、エア・カナダは国営企業から離脱し、民営化された。

エア・カナダのパイロットたちは1998年9月2日に会社の歴史始まって以来初めてストライキを起こした。カナダで2番目に大きな航空会社「カナディアン航空」を買収した2000年以降、世界で12番目に大きな商業航空会社となる。日本には比較的早くから乗り入れていた航空会社だが、首都圏以外にも、かつて80年代から00年代初頭にかけて名古屋空港中部国際空港開港前)からカナダへ直行便を飛ばしていた事もあり、日本と北米の架け橋として貢献してきた。

2002年度、エア・カナダはカナダの20都市、アメリカ合衆国への35路線とアジア、オーストラリア、カリブ、ヨーロッパ、メキシコ、インド及び南アメリカの47都市へ直接旅客サービスとして定期及びチャーター便の運航を行っている。この航空会社は平均すると毎日740便近く、毎年2300万人の顧客にサービスを行っている。

2003年4月1日、エア・カナダは破産保護の申請をした。エア・カナダは最終的に19か月後の2004年9月30日に破産保護を明らかにした。ACE航空ホールディングス株式会社 (ACE Aviation Holdings Inc.) がエア・カナダを所有し再建する新しい親会社となった。

2017年2月に新塗装を発表。同国で建国150周年を迎えるためで、現行塗装の水色から1代前とほぼ同じ白と黒をまとう[1]

保有機材編集

運航機材編集

2019年9月現在、エア・カナダの機材は以下の通りである。

エア・カナダ 運航機材一覧[2]
機材 運用機数 保有機数 座席数 備考
C PY Y Total
エアバスA220-300 - 45 12 - 125 137 2020年より運航開始予定
エアバスA319-100 13 - 14 - 106 120 うち1機はトランスカナダ航空英語版復刻塗装機

うち1機は「Canadian 2019 Election:Scheer」特別塗装機

エアバスA320-200 38 - 14 - 132 146
エアバスA321-200 15 - 16 - 174 190 うち1機はスターアライアンス特別塗装機
エアバスA330-300 10 5 27 21 244 292 うち3機はスターアライアンス特別塗装機
- 30 255 285
ボーイング737MAX8 24 26 16 -  153 169 現在、運用停止中
ボーイング737MAX9 - 11 No Data 現在、納入停止中
ボーイング767-300ER 5 - 24 - 187 211 A330-300に置換予定
ボーイング777-200LR 6 - 40 24 236 300
ボーイング777-300ER 19 - 40 24 336 400
28 24 398 450
ボーイング787-8 8 - 20 21 214 255
ボーイング787-9 29 - 30 21 247 298
エンブラエル190 16 - 9 - 88 97
エア・カナダ・ジェッツ
エアバスA319-100 3 - 58 - - 58
エア・カナダ・ルージュ
エアバスA319-100 22 - 12 - 124 136
エアバスA320-200 3 2 12 - 150 162
エアバスA321-200 14 - 16 - 184 200
- - 200 200
ボーイング767-300ER 25 - 18 - 246 264
24 - 256 280
エア・カナダ・エクスプレス
ボンバルディアCRJ-100 4 50 50 エア・ジョージアン英語版による運航
ボンバルディアCRJ-200 13 50 50 エア・ジョージアンによる運航
10 ジャズ航空による運航
ボンバルディアCRJ-900 24 - 12 - 64 76 ジャズ航空による運航
デ・ハビラント・カナダDHC-8-100 16 - - - 37 37 ジャズ航空による運航
デ・ハビラント・カナダDHC-8-300 24 - - - 50 50 ジャズ航空による運航
デ・ハビラント・カナダDHC-8-400 44 - - - 74 74 ジャズ航空による運航
エンブラエル175 25 - 12 - 64 76 スカイ・リージョナル航空英語版による運航
合計 410 89

同社が発注したボーイング製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は33で、航空機の形式名は767-333ER、777-233LR、777-333ERなどとなる。ただし、合併前にカナディアン航空で使用していた機材については、カナディアン航空時代のカスタマーコード75が与えられている。

退役済機材編集

機内サービス編集

言語編集

機内サービスを行う際の言語は、英語フランス語で行われている。これはカナダの法律で少数派の母語を使用する国民の権利を守るため、フランス語を母語とする乗客が常時5%以上いる定期便では、両方の言語で機内サービスを提供するよう定められているためである。2011年には、乗客がフランス語で機内サービスが受けられなかったとしてエア・カナダを訴え、カナダの裁判所が1万2000ドルの賠償を命じる判決を言い渡した例がある[3]

就航都市編集

日本路線編集

(2016年8月 現在)

ボーイング777-300ERもしくはボーイング787-9で運航中。なお、冬スケジュール期間中は運休し、後述の東京国際空港発着便が代替路線となる[4][5]
ボーイング787で運航[6]
ボーイング787-8で運航。
2018年6月2日に就航開始。夏期はデイリー、冬季は週3便でボーイング787-8で運航している。
スケジュール上ボーイング787-8[8]ボーイング787-9ボーイング777-200LRボーイング777-300ERの4機種を季節に応じて運航されているが、運用でA330や767も飛来しているため同社運用ワイドボディ機全て運航の可能性がある。
2019年6月1日から、季節定期便としてエア・カナダ のボーイング787-8で運航[9]
2017年6月1日から、季節定期便としてエア・カナダ ルージュのボーイング767-300ERで運航。しかし、今は運行していない[10]

かつて中部国際空港開港前の旧名古屋空港(小牧空港)に直行便を飛ばしていた事もある。なお、2011年以降に東京/羽田 - バンクーバー線の新規就航も予定していたが、深夜・早朝枠で運航した場合の需要が見込めないため、現在は就航を無期限で先延ばしにしている状況となっている。一方で、東京/羽田 - バンクーバー線は、同じスターアライアンスメンバーのANAが2014年3月30日から就航開始。

当社のボーイング777・ボーイング767・エアバスA330には、タッチスクリーン・オンデマンド式のエンターテインメントシステム(タレス社)が完備されている。

子会社・関連会社編集

エア・カナダ カーゴ編集

エア・カナダ カーゴは提携航空会社の路線を含め150都市に路線を持つエア・カナダの貨物運送部門[11]である。

エア・カナダ エクスプレス編集

エア・カナダ エクスプレス(Air Canada Express)はジャズ航空、スカイ・リージョナル航空、エア・ジョージアン、セントラルマウンテン航空などの地域航空会社がエア・カナダのために地域路線の運航を行っているブランド名である。 ジャズ航空はこれまで「エア・カナダJazz」名で運行していたが、2011年6月より「エア・カナダ・エクスプレス」名に変更となった[12]

エア・カナダ ジェッツ編集

エア・カナダ Jetz(Air Canada Jetz)はエア・カナダの高級チャーターサービスのブランド名である[13]エアバスA319を3機、このサービスの為にエア・カナダ本体の運用を外れ、モノビジネスクラス58席仕様に改装後別途稼働させている[14]

エア・カナダ ルージュ編集

2012年12月18日に設立され、翌2013年7月1日から運航開始した。トロント・ピアソン国際空港を拠点とし、エア・カナダから譲渡されたアジア・ヨーロッパ・カリブ海へのレジャー路線を展開する格安航空会社[15]。機材は、A319B767により運航され、全機が親会社のエア・カナダから移籍している。

通常のエア・カナダ国際線と違い、エア・カナダ ルージュ路線の機材には個人用テレビやイヤホンジャックが搭載されていない[16]Adobe Flash Playerのインストールされたパソコンか専用アプリをインストールしたiOSまたはAndroidで動作する携帯電話かタブレットとイヤフォンを持参することで機内エンターテイメントにアクセス出来るが、原則としてルージュ路線の機材には座席電源が搭載されていないため、搭乗前に充電しておく必要がある。また、飛行機の位置情報や音楽は無料だが、動画の視聴は有料である。

エア・カナダ バケーションズ編集

エア・カナダ バケーションズはエア・カナダの旅行業務部門である。エア・カナダ及び提携航空会社の路線網を利用したパッケージツアーの企画、販売を行なう。

主な航空事故編集

旧・カナダ太平洋航空→旧・カナディアン航空の事故は除く。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Air Canada Unveils New Livery Inspired by Canada
  2. ^ エア・カナダの使用機材” (日本語). www.aircanada.com. 2019年10月11日閲覧。
  3. ^ 「機内サービスでフランス語通じなかった」、カナダ人夫妻が勝訴”. AFP (2011年7月18日). 2018年9月1日閲覧。
  4. ^ 2014-2015年冬期 成田-トロント線運休のお知らせ エア・カナダ
  5. ^ 2014-2015年度冬期時刻表(日本発着路線) エアカナダ
  6. ^ バンクーバー線にボーイング787型機が就航します! 2014年10月27日 エア・カナダ日本語HP
  7. ^ エア・カナダ、羽田空港へのドリームラーナーのサービスをトロントより開始 2013年12月8日 15時00分 レスポンス
  8. ^ Air Canada Celebrates Launch of its Boeing 787 Dreamliner to Tokyo-Haneda Air Canada Jul 15, 2014
  9. ^ Air Canada to Launch Seasonal Flights from Vancouver to Osaka, Japan VANCOUVER,, Sept. 15, 2014 /CNW/
  10. ^ Air Canada Circles the World adding Six New Destinations to its Expanding International Network Air Canada Sep 29, 2016
  11. ^ Air Canada Cargo profile”. Accessmylibrary.com (1996年10月1日). 2011年2月21日閲覧。
  12. ^ Jazz begins flying under Air Canada Express banner Air Canada June 1, 2011
  13. ^ ACJetz Air Canada
  14. ^ Air Canada Jetz Fleet Details and History
  15. ^ AC、レジャー向けに「エア・カナダ・ルージュ」設立-13年7月運航開始 トラベルビジョン 2012年12月23日
  16. ^ Entertainment - Air Canada rouge Air Canada

関連項目編集

外部リンク編集