メインメニューを開く

ファン・カルロス・パヤノ

ドミニカのプロボクサー

ファン・カルロス・パヤノJuan Carlos Payano、男性、1984年4月12日 - )は、ドミニカ共和国プロボクサーコンセプシオン・デ・ラ・ベガ出身。元WBA世界バンタム級スーパー王者

ファン・カルロス・パヤノ
基本情報
階級 バンタム級
身長 165cm
リーチ 164cm
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
誕生日 (1984-04-12) 1984年4月12日(35歳)
出身地 コンセプシオン・デ・ラ・ベガ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 20
KO勝ち 9
敗け 3
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 ボクシング
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
パンアメリカン競技大会
2003 サントドミンゴ フライ級
2007 リオデジャネイロ フライ級

目次

来歴編集

アマチュア時代編集

2003年パンアメリカン競技大会にフライ級(51kg)で出場するが決勝でユリオルキス・ガンボアに敗退[1]

2004年ギリシャアテネで開催されたアテネオリンピックにフライ級(51kg)で出場するが2回戦で敗退 [2]

2005年中華人民共和国綿陽市で開催された世界選手権にフライ級(51kg)で出場するが準々決勝で敗退 [3]

2007年、パンアメリカン競技大会にフライ級(51kg)で出場するが決勝でマックウィリアムズ・アローヨに敗退[4]

2008年、中華人民共和国の北京で開催された北京オリンピックにフライ級(51kg)で出場するが2回戦で敗退[5]

2009年イタリアミラノで開催された世界選手権にフライ級(51kg)で出場するが2回戦でアムナット・ルエンロンに敗退した[6]

アマチュア時代の戦績は不明。

プロ時代編集

2010年8月21日、4回3-0(3者とも40-36)の判定勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。

2011年12月3日、レシャウン・ブライアーと対戦し、初回2分35秒TKO勝ちを収めた。

2012年3月2日、ホセ・シルベイラとWBCラテンアメリカバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0(3者とも100-90)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年5月18日、ルイス・マルドナドとWBAフェデラテンバンタム級王座決定戦を行い、10回3-0(99-89、2者が100-88)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年7月21日、ジョン・アルベルト・モリーナとNABA北米バンタム級王座決定戦を行い、9回2分2秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年11月30日、ホセ・ルイス・アバインザと対戦し、10回3-0(97-92、2者が98-91)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2013年6月14日、ジュンディ・マラオンとWBA世界バンタム級挑戦者決定戦を行い、7回39秒KO勝ちを収め指名挑戦権を獲得した。

2014年7月23日、WBA世界バンタム級スーパー王者アンセルモ・モレノとの指名試合は同年8月8日にペンシルベニア州ピッツバーグコンソル・エナジー・センターで行う予定だったのだが、モレノがアメリカ入国ビザを取得出来なかった為延期となり、同年9月26日にテキサス州メスキートで行われることが決まった[7]

2014年9月26日、テキサス州メスキートメスキート・アリーナでWBA世界バンタム級スーパー王者アンセルモ・モレノと対戦し、2回にバッティングでパヤノが左目上を深くカットしてしまい、その傷が原因で7回開始前にドクターストップがかかり6回3-0(59-55、2者が58-56)の負傷判定勝ちを収め悲願の王座獲得に成功した[8][9]

2014年10月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のモレノ戦での勝利によりパヤノはWBA世界バンタム級スーパー王者としてランクインした[10][11]

2015年8月2日、フロリダ州ウィンターパークのフルセイル大学でIBO世界バンタム級王座決定戦とパヤノの防衛戦をWBA世界バンタム級9位のルーシー・ウォーレンと対戦し、オリンピアンらしからぬ反則連発で12回2-1(2者が113-111、109-115)の判定勝ちを収めWBAスーパー王座の初防衛とIBO王座獲得に成功し荒れた試合を制した[12]

2016年6月18日、イリノイ州シカゴUICパビリオンでWBA世界バンタム級9位のルーシー・ウォーレンと再戦し、12回0-2(2者が113-115、114-114)の判定負けを喫しWBAスーパー王座の2度目、IBO王座の初防衛に失敗しWBAスーパー王座、IBO王座から陥落した[13][14]

2018年10月7日、横浜アリーナでWBA世界バンタム級王者井上尚弥とWBSS1回戦を行い、1回1分10秒KO負けを喫し、WBSS準決勝進出、並びに王座獲得に失敗した。

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 14.Panamerican Games - Santo Domingo, Dominican Republic - August 1-16 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月16日閲覧。
  2. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月7日閲覧。
  3. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月7日閲覧。
  4. ^ 15.Panamerican Games - Rio de Janeiro, Brazil - July 20-28 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月16日閲覧。
  5. ^ 29.Olympic Games - Beijing, China - August 9-24 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月7日閲覧。
  6. ^ 15.World Championships - Milan, Italy - September 1-12 2009”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月7日閲覧。
  7. ^ Moreno-Payano Heading To Texas on September 26 BoxingScene.com 2014年7月23日
  8. ^ Payano dethrones longtime bantamweight champ Moreno WBA公式サイト 2014年9月27日
  9. ^ モレノ落城 パヤノ負傷判定で新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月27日
  10. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年10月10日
  11. ^ 宮崎亮、五十嵐俊幸、松本亮らがWBAランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月11日
  12. ^ パヤノが辛勝、WBAバンタム級スーパー王座 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月3日
  13. ^ Rau’shee Warren Wins WBA Super World Bantamweight Title WBA公式サイト 2016年6月19日
  14. ^ パヤノ陥落、ウォーレンがWBA・B級スーパー王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月19日

関連項目編集

外部リンク編集