メインメニューを開く
フラワーライナー(本四バス開発)
フラワーライナー(本四バス開発)
フラワーライナー(本四バス開発)
フラワーライナー(本四バス開発)
フラワーライナー(因の島運輸)
フラワーライナー(因の島運輸)
フラワーライナー(中国バス)
フラワーライナー(中国バス)

フラワーライナーは、広島(広島バスセンター)尾道(尾道駅前)因島(因島総合支所前・土生港前)を結ぶ高速バスである。愛称名は、沿線にある尾道市因島フラワーセンターに由来する。

目次

歴史編集

  • 1996年3月18日 - 広島交通中国バス本四バス開発因の島運輸の4社により運行開始、各社2往復の計8往復であった。
  • 1998年7月18日 - 瀬戸田発着4往復の運行開始、運賃は2,500円であった(瀬戸田発着は後に廃止、現在はしまなみライナーに代替)
  • 1999年5月2日 - 本四道路向東出入口閉鎖にともない、向島島内が国道317号線経由となる。
  • 2003年2月1日 - 飲み物・おしぼりなどのサービスを廃止。
  • 2006年
  • 2008年4月1日 - 収支の改善のため広島バスセンター - 尾道地区までの乗車料金を片道あたり200円、向島地区までを100円値上げ(因島島内は据え置き)。
  • 2014年7月1日 - 運行本数が減便となり、平日が13往復(うち4往復が尾道発着)、土曜休日が15往復(うち6往復が尾道発着)になる。(すなわち広島 - 尾道間 1往復減、尾道 - 因島間 2往復減)
  • 2017年2月14日 - 尾道発広島行き(中国バス担当便)が山陽道志和IC付近で火災事故を起こす。乗客乗員に怪我は無かった[1]

運行会社編集

停車停留所編集

広島バスセンター - 新白島駅 - 不動院 - 中筋駅 - 高坂BS> - <三成 - (尾道市内主要停留所) - 尾道駅前 - 千光寺下(長江口)- (向島島内主要停留所) - 向島BS - 因島大橋 - 因島北IC入口 - (因島島内主要停留所) -土生港前>

  • クローズドドアシステムを採用しているため<停留所 - 停留所>でくくった中は発地側は乗車のみ、着地側は下車のみである。
  • 高坂BSで、エアポートリムジン広島空港福山駅前便)に接続している。高坂BSではエアポートリムジンとの乗り継ぎのみ可能で、下車して一般道に出ることはできない。
  • 一部の便は尾道駅前発着、他の便はすべて土生港前発着である。

運行経路編集

車内設備編集

  • 4列シート
  • トイレ

おのみちうずしおロマン号編集

本路線開設と同日から、トモテツバス芸陽バスによって「おのみちうずしおロマン号」という高速バス路線が大田橋(尾道市) - 広島バスセンター間に開設されていた。こちらは尾道側は山波・長江口(千光寺下)・尾道駅前のみ停車、山陽自動車道広島東インターチェンジ・温品バイパス(現・広島高速1号線)経由、広島駅新幹線口 - 八丁堀 - 広島バスセンターの経路で運行されていた。トモテツ4・芸陽2往復の6便体制であった。尾道側での留置場所は、トモテツバス松永営業所(当時)だったが、当初は路線開設の許可が下りず、尾道市東端の大田橋まで運行し、福山市内は回送運転を行っていた。

  • 1997年1月11日から「おのみちうずしおロマン号」は土曜・日曜・祝日のみ運行となる。芸陽バスはゆめタウン松永前まで、トモテツバスは沼隈町内海町まで区間延伸。
  • 1997年3月30日 芸陽バスが撤退。
  • 1998年2月8日 路線廃止。 「おのみちうずしおロマン号」の減便・廃止分が、そのままフラワーライナーの増便となった。

脚注編集

外部リンク編集