メインメニューを開く

フレッチャー法律外交大学院英語: The Fletcher School of Law and Diplomacy)は、マサチューセッツ州メドフォード市に本部を置くアメリカ合衆国私立大学である。1933年に設置された。

フレッチャー法律外交大学院
Gthumb.svg
大学設置/創立 1933年
学校種別 私立
本部所在地 マサチューセッツ州メドフォード市
ウェブサイト フレッチャー法律外交大学院公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

一般にはフレッチャースクールとの通称が用いられる。フレッチャースクールは、1933年にハーバード大学とタフツ大学の合同プロジェクトによって米国で初めて創設された国際関係学の専門大学院である。国際関係学の分野において世界最高のスクールの一つであり、伝統的に卒業生の連帯意識が強いことで知られ、俗に「フレッチャー・マフィア」と呼称されている[1]。外交官養成スクールとしてのイメージが強い一方、卒業生の国際機関(国連・世界銀行等)、民間企業、NGOへの進出も多く見られる。

現在の学長は、レイチェル・カイト学長(元世界銀行気候変動担当副総裁、元国連事務総長特別代表、Sustainable Energy for All 元CEO)。

2018年に雑誌Foreign Policyに掲載された米国大学教員によるアンケート調査結果によると、フレッチャースクールは世界の国際関係学修士課程の中で第6位に位置づけられている。(1位ジョージタウン大学SFS、2位ハーバード大学HKS、3位ジョンズホプキンス大学SAIS、4位プリンストン大学WWS、5位コロンビア大学SIPA、7位ジョージワシントン大学、8位アメリカン大学、9位ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、10位シカゴ大学)[2]

歴史編集

フレッチャースクールは1933年にオースティン・バークレー・フレッチャーの遺贈の一部を使用し、世界の外交におけるリーダーを育成することを理念として設立された。現在、フレッチャースクールはタフツ大学が管理しているが、創設時の経緯からハーバード各大学院との密接な協力関係が継続されており、ハーバードビジネススクール(HBS)やロースクール(HLS)、ケネディスクール(HKS)らと単位互換されている。実際、ハーバード各大学院の学生がフレッチャースクールの授業を受講することや、その逆も日常茶飯事となっている。

プログラム編集

フレッチャースクールは学際性のあるプログラムが特徴となっている。現在、二年制のMaster of Arts in Law an Diplomacy(MALD)、一年制のMaster of Arts、ミッドキャリア向けのGlobal Master of Arts Program (GMAP)、および博士課程で構成されている。2008年度より、二年制のMaster of International Business および 一年制のMaster of Las(LLM)のプログラムを新たに創設した。

大半の学生が参加するMALDプログラムでは、卒業までに以下の16の分野から2つをカバーすることが求められる。それぞれの分野は指定の3、4コースを履修することで認定を得られる。

  • Public International Law,
  • International Organizations,
  • International Business and Economic Law,
  • Law and Development,
  • International Information and Communication,
  • International Negotiation and Conflict Resolution,
  • Human Security,
  • International Trade and Commercial Policies,
  • International Monetary Theory and Policy.
  • Development Economics,
  • International Environment and Resource Policy,
  • Political Systems and Theories
  • International Security Studies,
  • International Political Economy,  
  • International Business Economics,
  • the United States,
  • Pacific Asia,
  • Southwest Asia and Islamic Civilization

フレッチャースクールは様々な研究プログラム・研究センターの拠点になっており、安全保障・外交・紛争解決などの分野での世界トップクラスの研究が行われている。

複数学位プログラム編集

フレッチャースクールは、計10校と複数学位プログラム(Double Degree Program:単位を互換とし、2校の学位を並行して取得できる制度)で提携している。複数学位プログラムを修了するためには、生徒は双方のプログラムに対して別個に応募し、合格する必要がある。合格した生徒は、双方のプログラムを半分ずつ修了することで、双方の学校から修士号を受領できる。

複数学位プログラム提携校は以下の通り。

学生編集

学生数は約450名。平均年齢は27歳。全体に占める留学生の比率は約40%。日本人学生は全体で20数名程度。

教員編集

テニュア数 31.

主な出身者編集

脚注編集

外部リンク編集