プルシアンブルーの肖像 オリジナル・サウンドトラック

プルシアンブルーの肖像 オリジナル・サウンドトラック』(プルシアンブルーのしょうぞう オリジナル・サウンドトラック)は、日本のロックバンドである安全地帯によるサウンドトラック

プルシアンブルーの肖像 オリジナル・サウンドトラック
安全地帯サウンドトラック
リリース
録音
  • KRSスタジオ
  • キティ伊豆スタジオ
ジャンル
時間
レーベル Kitty Records
プロデュース
  • 星勝
  • 金子章平
  • 安全地帯
チャート最高順位
安全地帯 アルバム 年表
安全地帯IV
1985年
プルシアンブルーの肖像 オリジナル・サウンドトラック
1986年
安全地帯V
(1986年)
EANコード
『プルシアンブルーの肖像 オリジナル・サウンドトラック』収録のシングル
  1. プルシアンブルーの肖像
    リリース: 1986年7月1日
テンプレートを表示

同バンドのメンバーである玉置浩二主演の東宝映画『プルシアンブルーの肖像』(1986年)のサウンドトラックとして制作され、1986年8月1日Kitty Recordsからリリースされた。

安全地帯名義として発表され、作詞は「青空」および「夢」、「ゆびきり」、「プルシアンブルーの肖像」のみ松井五郎、作曲は玉置と星勝矢萩渉および六土開正、プロデューサーは星と金子章平および安全地帯が担当している。

録音、制作 編集

映画『プルシアンブルーの肖像』(1986年)は玉置浩二と作詞家の松井五郎が共同で原案を担当している[2]。松井は玉置の役柄をアルフレッド・ヒッチコックの映画『サイコ』(1960年)におけるアンソニー・パーキンスのイメージを当てはめてストーリーを構成している[2]。同映画において松井は、「子供時代に誰もが体験したことのある空間の恐怖感と、はじめてひとを好きになったときの衝動を軸に展開した」と述べている[2]。玉置が演じた萩原秋人は失語症を患っているというそれまでの玉置のイメージと正反対の役柄であり、歌によって確立された玉置の妖艶なイメージはなかったが、玉置と石原真理子との不倫交際が破局したと聞かされていた松井にはその役柄に違和感はなかったと述べている[2]。映画内における内向的な少女と過去に自身が殺害した初恋の少女を重ね合わせ苦悩する青年というイメージに合わせて、松井は「夢」の歌詞を制作した[3]

映画のクランクアップ後、本作制作のために玉置と松井は監督とともに都内ホテルの最上階に集合[4]。しかし3人による会話は弾まず、また松井は作詞が難航していたために初めて作詞を行った時の事を思い出して「ゆびきり」の歌詞を制作した[5]。同映画に出演したことを切っ掛けとして、玉置は映画やテレビドラマに多数出演するようになり、バブル経済の影響もありメディアミックス戦略の先鋒を切る形となった[6]

リリース、メディアでの使用、チャート成績 編集

本作は1986年8月1日LPCTの2形態でリリースされ、8月5日にはCDとしてもリリースされた。本作収録曲の内、「プルシアンブルーの肖像」が東宝配給映画『プルシアンブルーの肖像』の主題歌として使用[7]、また大王製紙エリス」のコマーシャルソング[8]としても使用された。LP盤はオリコンアルバムチャートにて最高位4位、登場週数14回で、売り上げ枚数は11.7万枚[1]、CD盤は最高位4位、登場週数11回で売り上げ枚数は4.6万枚、売り上げ枚数は累計で16.3万枚となった。

その後1990年7月25日1992年11月21日にはCDのみ再リリースされた。2013年9月18日には期間限定生産盤としてユニバーサル・ミュージックからSHM-CDにて「永遠のサントラBEST & MORE 999」シリーズの1作品として再リリースされた[9][10]

カバー 編集

本作の収録曲は以下の歌手によってカバーされている。「プルシアンブルーの肖像」に関しては同項目を参照。

「青空」
「ゆびきり」

収録曲 編集

SIDE 1
全編曲: 星勝安全地帯
#タイトル作詞作曲時間
1.青空松井五郎玉置浩二
2.旧校舎のテーマ 矢萩渉
3.松井五郎玉置浩二
4.時計塔のテーマ 星勝
5.ゆびきり松井五郎玉置浩二
合計時間:
SIDE 2
全編曲: 星勝、安全地帯。
#タイトル作詞作曲時間
6.プルシアンブルーの肖像松井五郎玉置浩二
7.冬花 玉置浩二
8.カズミ 六土開正
9.Bye Bye マーチからエンディング 玉置浩二
合計時間:

スタッフ・クレジット 編集

安全地帯 編集

参加ミュージシャン 編集

スタッフ 編集

  • 多賀英典 - エグゼクティブ・プロデューサー
  • 星勝 - プロデューサー
  • 金子章平 - プロデューサー
  • 安全地帯 - プロデューサー
  • 高橋良一 - アシスタント・プロデューサー
  • 諸鍜治辰也 - レコーディング・エンジニア、リミックス・エンジニア
  • 中鉢源九郎正網 - アシスタント・エンジニア
  • PEARL DRUMS - スペシャル・サンクス
  • DADARIO STRINGS - スペシャル・サンクス
  • くろさわのぼる - スペシャル・サンクス
  • 駒形克己 - アート・デザイン
  • 鵜野沢佳祐 - デザイン
  • 矢島功 - イラストレーション

リリース履歴 編集

No. 日付 規格品番 最高順位 備考 規格 レーベル
1 1986年8月1日 28MS 0100
28CS 0100
4位 LP
CT
Kitty Records
2 1986年8月5日 H33K-20040 - CD
3 1990年7月25日 KTCR-1036 -
4 1992年11月21日 KTCR-1207 -
5 2013年9月18日 UPCY-9361 - 期間限定生産盤 SHM-CD UMJ

脚注 編集

  1. ^ a b オリコンチャートブックLP編 1990, p. 340.
  2. ^ a b c d 松井五郎 1987, p. 134- 「Unbalanceな空白」より
  3. ^ 松井五郎 1987, pp. 134–137- 「Unbalanceな空白」より
  4. ^ 松井五郎 1987, p. 138- 「Unbalanceな空白」より
  5. ^ 松井五郎 1987, pp. 138–141- 「Unbalanceな空白」より
  6. ^ 志田歩 2006, p. 76- 「第4章 スターダム」より
  7. ^ プルシアンブルーの肖像”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2022年6月13日閲覧。
  8. ^ 玉置浩二&安全地帯、オールタイム・ベストをリリース”. CDジャーナル. 音楽出版社 (2017年2月28日). 2022年6月13日閲覧。
  9. ^ 映画・ドラマのサントラ名盤全104タイトルが999円の期間限定スペシャルプライスで登場!~「永遠のサントラ BEST&MORE 999」”. PR TIMES. PR TIMES (2013年9月19日). 2023年1月14日閲覧。
  10. ^ 「プルシアンブルーの肖像」オリジナル・サウンドトラック / 安全地帯 [限定]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年6月13日閲覧。

参考文献 編集

外部リンク 編集