武沢豊

日本のギタリスト、作曲家、音楽プロデューサー。ロックバンド『安全地帯』のメンバー。

武沢 豊(たけざわ ゆたか、1958年5月16日 - )は、北海道旭川市出身のギタリスト作曲家音楽プロデューサー血液型はAB型。1973年からロックバンド安全地帯』のメンバーとして活動中。武沢 侑昂の名も併せて用いている。

武沢 豊
出生名 武沢 豊
別名 武沢 侑昂
生誕 (1958-05-16) 1958年5月16日(65歳)
出身地 日本の旗 日本北海道旭川市
職業
担当楽器 ギター
活動期間
事務所 MUSICAL FARMERS PRODUCTION
共同作業者
公式サイト
ザ・ベンチャーズ

来歴 編集

幼少・青少年期 編集

バンド『安全地帯』デビュー 編集

  • 1982年、安全地帯1st.シングル『萠黄色のスナップ』でキティレコード(後のユニバーサル ミュージック)からデビュー。
  • 1988年、安全地帯のコンサートツアーと並行して、サポート・ミュージシャンの蛎崎弘と『蛎崎弘+"r"project』の活動を開始する。コンサートでも演奏を披露。8月に安全地帯が活動休止を宣言。これは、バンドメンバー個々の音楽活動の進化の影響とバンドの追求する音楽の方向性を模索する結果であった。
  • 1990年、安全地帯の活動再開。洗練された都会的ロック指向から野性味のあるロックを目指し、社会問題からメッセージソングも取り入れた。
  • 1992年、単独での活動としてサウンド・プロデュース活動を開始。
  • 1993年、安全地帯23rd.シングル『ひとりぼっちのエール』発売以降、再度活動休止。プロデューサーに須藤晃を迎え、バンドの方向性に据えようと試みるが、それに伴うレコード会社移籍、音楽性志向に不安な状態のためであった。

音楽プロデューサー活動期 編集

バンド『安全地帯』再合流 編集

新ユニット結成 編集

  • 2014年、シンガーソングライターである星野裕矢のプロデュースを矢萩渉と共に行った事がきっかけとなり、音楽ユニットEZOを結成。[1]
  • 2015年、永年の盟友である音楽プロデューサーの末崎正展の薦めにより、矢萩とのツインギターユニット「ワタユタケ」を結成。クラウドファンディング「muevo」限定でCD『TWIN GUITAR』を発売。
  • 2016年3月23日、『TWIN GUITAR』の一般向け販売作品『TWIN GUITAR 完全版』をリリース。4月3日には初となるミニライブとギタークリニックを開催。しかし、ツアー中に脳腫瘍が発見されツアー終了後の5月に緊急入院。全摘出手術を受けた後に活動再開。11月30日にはワタユタケ2ndアルバム『TWIN GUITAR 2』を発売。12月24日にはよみうり大手町ホールでワンマンライブを開催した。
  • 2017年4月12日、Sony Music Shop限定販売DVD『GUITAR CLINIC&LIVE』をリリース。4月29日には羽田空港ティアットスカイホールにてスペシャルライブ、「CLUB CITTA' PRESENTS ワタユタケ TWIN GUITAR ~春の宴~ -スペシャル 2SHOWS-」ならびに安全地帯のメンバーによるトークショーが開催。5月31日には安全地帯のデビュー35周年を記念した初のオールタイム・ベストアルバム『ALL TIME BEST』が発売されたと同時に、グループとしては4年振りとなるツアー(日本武道館2daysならびに香港公演)の開催が発表された。

主な音楽活動 編集

プロデュース担当 編集

スタジオ・ミュージシャンでの参加楽曲 編集

サポート・ミュージシャンでの参加 編集

  • 井上陽水 1981年~1983年、安全地帯としてバックバンドを担当。

S.E.N.S. Project名義での音楽担当 編集

出演 編集

  • 満点DAM(2019年 - 、エフエムしろいし毎週火曜23:00 - 24:00)
    • コメンテーター 武沢侑昂名義
  • 満点DAMミュージックレジェンズ(2021年 - エフエムしろいし毎週日曜22:00-23:00)
    • コメンテーター 武沢侑昂名義

脚注 編集

出典 編集

外部リンク 編集