ベネトン・B200 (Benetton B200) はベネトン・フォーミュラ2000年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーパット・シモンズ(テクニカルディレクター)、ティム・デンシャム(チーフデザイナー)、ベン・アガザンジェロウ(チーフエアロダイナミシスト)によって設計された。

ベネトン・B200
Benetton F1 2000.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー パット・シモンズ
(Technical Director)
ティム・デンシャム
(Chief Designer)
ベン・アガザンジェロウ
(Head of Aerodynamics)
先代 ベネトン・B199
後継 ベネトン・B201
主要諸元
シャシー カーボンファイバー コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド/トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド/コイルスプリング
エンジン プレイライフルノー), 71度 V10
トランスミッション ベネトン・フォーミュラ製 6速 縦置き セミAT
燃料 アジップ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム マイルドセブンベネトン・プレイライフ
ドライバー 11. イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ
12. オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
出走時期 2000年
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2000年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

2000年シーズン編集

ドライバーの布陣は3年目となる若手コンビのジャンカルロ・フィジケラアレクサンダー・ヴルツ。シーズン開幕直前に加入したマイク・ガスコインの力量とドライバーの健闘もあり、コンストラクターズ・ランキングは前年の6位から4位に上昇した。

フィジケラは表彰台3回(2位1回、3位2回)を含む計18ポイントを獲得したが、チームメイトのヴルツは5位入賞が1回のみという対照的な結果となった。

また、シーズン序盤にルノーがベネトン・フォーミュラの買収を正式に発表。2002年よりワークスチーム・ルノーF1として復帰することとなり、1986年から続いたベネトンとしてのF1活動は2001年シーズンをもって終了することとなった。

シャシー編集

  • シャシー名 B200
  • 材質 カーボンファイバー・アルミハニカムコンポジット
  • タイヤ ブリヂストン
  • ギアボックス 6速セミオートマチック

エンジン編集

成績編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
 
BRA
 
SMR
 
GBR
 
EUR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
MAL
 
2000 11   フィジケラ 5 2 11 7 9 5 3 3 9 Ret Ret Ret Ret 11 Ret 14 9 20 4位
12   ヴルツ 7 Ret 9 9 10 12 Ret 9 Ret 10 Ret 11 13 5 10 Ret 7