メインメニューを開く

シーズン概要編集

レギュレーションで自然吸気エンジンの使用が禁止され、ターボエンジンは最大搭載燃料が220Lから195Lへ減らされた。レースでは燃費の計算がよりシビアになり、ゴール間近にガス欠でスローダウンする光景がしばしば見られる様になった。

ドライバーズチャンピオン争いはアラン・プロストネルソン・ピケというチャンピオン経験者に、前年初優勝したアイルトン・セナナイジェル・マンセルが加わった。この「四強」が1980年代後半から1990年代かけてのF1シーンの主役となる。

ロータスルノーのセナはこの年も最多の8ポールポジションを獲得し、前半戦のタイトル争いをリードした。スペインGPではマンセルとの0.014秒差という大接戦を制し、東欧初開催のハンガリーGPでは先輩ピケと熾烈なバトルを展開した。

前年王者のアラン・プロストはレース巧者振りを発揮しポイントを積み重ねた。モナコGPでは「モナコ・マイスター」と呼ばれたグラハム・ヒル以来の3連覇を達成した。

ウィリアムズホンダはチーム代表のフランク・ウィリアムズが開幕前に交通事故で重傷を負い、車椅子で陣頭指揮をとる。ホンダエンジンのパワーを武器に第5戦から10戦中8勝を記録。ピケとマンセルは公私共にライバル意識をぶつけあった。両者の得点により45点という大差でコンストラクターズタイトルをものにし、以後ホンダは1991年まで6年連続チャンピオン獲得エンジンとなる。

最終戦を迎え、ポイントはマンセル72点(有効得点70点)、プロスト65点(有効得点64点)、ピケ63点。最多の5勝を挙げたマンセルは3位以上でゴールすれば自力でチャンピオンとなれたが、3位走行中に後輪がバーストしリタイア。プロストがピケの追撃を凌ぎ、優勝で逆転チャンピオンに輝いた。タイトル連覇は1959年・1960年のジャック・ブラバム以来となる。

トールマンを買収して発足したベネトンは原色のカラーリングが話題を集めただけでなく、BMWエンジンのパワーとピレリタイヤの特性を活かし、高速コースで1勝2ポールポジションを記録。メキシコGPで初優勝を遂げたゲルハルト・ベルガーは、フェラーリへの抜擢が決まった。

この年デビューした有力選手はアレッサンドロ・ナニーニアレックス・カフィ。大ベテランジャック・ラフィットイギリスGPでグラハム・ヒルのもつ最多出走記録176戦に並んだが、スタート時の事故による負傷で引退し、記録更新はならなかった。ラフィットの他に1980年代前半に活躍したケケ・ロズベルグアラン・ジョーンズパトリック・タンベイといった名ドライバーがこの年をもってF1から引退した。エリオ・デ・アンジェリスポール・リカール・サーキットでの合同テスト中に事故死。この事故でテスト走行での救急体制が見直されると共に、ターボエンジンの禁止が議論された。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   ブラジルグランプリ 3月23日 ジャカレパグア   アイルトン・セナ   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ ウィリアムズ-ホンダ 詳細
2   スペイングランプリ 4月18日 ヘレス   アイルトン・セナ   ナイジェル・マンセル   アイルトン・セナ ロータス-ルノー 詳細
3   サンマリノグランプリ 4月27日 イモラ   アイルトン・セナ   ネルソン・ピケ   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
4   モナコグランプリ 5月11日 モナコ   アラン・プロスト   アラン・プロスト   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
5   ベルギーグランプリ 5月25日 スパ・フランコルシャン   ネルソン・ピケ   アラン・プロスト   ナイジェル・マンセル ウィリアムズ-ホンダ 詳細
6   カナダグランプリ 6月15日 モントリオール   ナイジェル・マンセル   ネルソン・ピケ   ナイジェル・マンセル ウィリアムズ-ホンダ 詳細
7   デトロイトグランプリ 6月22日 デトロイト   アイルトン・セナ   ネルソン・ピケ   アイルトン・セナ ロータス-ルノー 詳細
8   フランスグランプリ 7月6日 ポール・リカール   アイルトン・セナ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル ウィリアムズ-ホンダ 詳細
9   イギリスグランプリ 7月13日 ブランズ・ハッチ   ネルソン・ピケ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル ウィリアムズ-ホンダ 詳細
10   ドイツグランプリ 7月27日 ホッケンハイムリンク   ケケ・ロズベルグ   ゲルハルト・ベルガー   ネルソン・ピケ ウィリアムズ-ホンダ 詳細
11   ハンガリーグランプリ 8月10日 ハンガロリンク   アイルトン・セナ   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ ウィリアムズ-ホンダ 詳細
12   オーストリアグランプリ 8月17日 エステルライヒリンク   テオ・ファビ   ゲルハルト・ベルガー   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細
13   イタリアグランプリ 9月7日 モンツァ   テオ・ファビ   テオ・ファビ   ネルソン・ピケ ウィリアムズ-ホンダ 詳細
14   ポルトガルグランプリ 9月21日 エストリル   アイルトン・セナ   ナイジェル・マンセル   ナイジェル・マンセル ウィリアムズ-ホンダ 詳細
15   メキシコグランプリ 10月12日 メキシコシティ   アイルトン・セナ   ネルソン・ピケ   ゲルハルト・ベルガー ベネトン-BMW 詳細
16   オーストラリアグランプリ 10月26日 アデレード   ナイジェル・マンセル   ネルソン・ピケ   アラン・プロスト マクラーレン-TAG 詳細

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 マールボロ・マクラーレン・インターナショナル マクラーレン MP4/2C TAG TTE PO1(V6ターボ G 1. アラン・プロスト
2. ケケ・ロズベルグ
 データ・ジェネラル・チーム・ティレル ティレル 014
015
ルノーEF4B,EF15(V6ターボ) G 3. マーティン・ブランドル
4. フィリップ・ストレイフ
 キヤノン・ウィリアムズ・ホンダ ウィリアムズ FW11 ホンダRA166E(V6ターボ) G 5. ナイジェル・マンセル
6. ネルソン・ピケ 
 モーター・レーシング・デベロップメント Ltd ブラバム BT55
BT54
BMW M12/13/1直4ターボ) P 7. リカルド・パトレーゼ
8. エリオ・デ・アンジェリス
(8.) デレック・ワーウィック
 ジョン・プレイヤー・スペシャル・チーム・ロータス ロータス 98T ルノーEF15,15B,15C(V6ターボ) G 11. ジョニー・ダンフリーズ
12. アイルトン・セナ
 ウェスト・ザクスピード・レーシング ザクスピード 861 ザクスピード F1[1](直4ターボ) G 14. ジョナサン・パーマー
29. ヒューブ・ロテンガッター
 チーム・ハース(USA) Ltd ローラ THL-1
THL-2
ハート415T(直4ターボ)
フォードGBA(V6ターボ)
G 15. アラン・ジョーンズ
16. パトリック・タンベイ
(16.) エディ・チーバー
 バークレイ・アロウズ・BMW アロウズ A8
A9
BMW M12/13(直4ターボ) G 17. マルク・スレール
(17.) クリスチャン・ダナー
18. ティエリー・ブーツェン
 ベネトン・フォーミュラ Ltd ベネトン B186 BMW M12/13(直4ターボ) P 19. テオ・ファビ
20. ゲルハルト・ベルガー
 オゼッラ・スクアドラ・コルセ オゼッラ FA1F
FA1G
FA1H
アルファロメオ890T(V8ターボ) P 21. ピエルカルロ・ギンザーニ
22. クリスチャン・ダナー
(22.) アレン・バーグ
(22.) アレックス・カフィ
 ミナルディ・チーム ミナルディ M185B
M186
モトーリ・モデルニ615-90(V6ターボ) P 23. アンドレア・デ・チェザリス
24. アレッサンドロ・ナニーニ
 エキープ・リジェ リジェ JS27 ルノーEF15B,15C(V6ターボ) P 25. ルネ・アルヌー
26. ジャック・ラフィット
(26.) フィリップ・アリオー
 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ F186 フェラーリTipo032(V6ターボ) G 27. ミケーレ・アルボレート
28. ステファン・ヨハンソン
 ジョリー・クラブ SpA AGS JH21C モトーリ・モデルニ615-90(V6ターボ) P 31. イヴァン・カペリ

ドライバー変更編集

  • ブラバムのデ・アンジェリスが5月にポールリカールで行われたテスト中に事故死した為、第6戦以降ワーウィックがドライブ。
  • ハース・ローラのタンベイが第6戦で負傷し、代わりに第7戦のみチーバーがドライブ。
  • アロウズのスレールが西ドイツで開催されたハッセンラリーで重傷を負った為、第7戦以降ダナーがドライブ。
  • オゼッラのダナーが第7戦以降アロウズより出走したため、穴埋めとして第7戦~12戦・第14戦~最終戦までバーグが、第13戦のみカフィがドライブ。
  • リジェのラフィットが第9戦で負傷し、代わりに第10戦以降アリオーがドライブ。

エンジン変更編集

  • チーム・ハースは、第3戦以降フォードにスイッチ。

1986年のドライバーズランキング編集

順位 ドライバー BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
ポイント[2]
1   アラン・プロスト Ret 3 1 1 6 2 3 2 3 6 Ret 1 DSQ 2 2 1 72 (74)
2   ナイジェル・マンセル Ret 2 Ret 4 1 1 5 1 1 3 3 Ret 2 1 5 Ret 70 (72)
3   ネルソン・ピケ 1 Ret 2 7 Ret 3 Ret 3 2 1 1 Ret 1 3 4 2 69
4   アイルトン・セナ 2 1 Ret 3 2 5 1 Ret Ret 2 2 Ret Ret 4 3 Ret 55
5   ステファン・ヨハンソン Ret Ret 4 10 3 Ret Ret Ret Ret 11 4 3 3 6 12 3 23
6   ケケ・ロズベルグ Ret 4 5 2 Ret 4 Ret 4 Ret 5 Ret 9 4 Ret Ret Ret 22
7   ゲルハルト・ベルガー 6 6 3 Ret 10 Ret Ret Ret Ret 10 Ret 7 5 Ret 1 Ret 17
8   ジャック・ラフィット 3 Ret Ret 6 5 7 2 6 Ret 14
9   ミケーレ・アルボレート Ret Ret 10 Ret 4 8 4 8 Ret Ret Ret 2 Ret 5 Ret Ret 14
10   ルネ・アルヌー 4 Ret Ret 5 Ret 6 Ret 5 4 4 Ret 10 Ret 7 15 7 14
11   マーティン・ブランドル 5 Ret 8 Ret Ret 9 Ret 10 5 Ret 6 Ret 10 Ret 11 4 8
12   アラン・ジョーンズ Ret Ret Ret Ret 11 10 Ret Ret Ret 9 Ret 4 6 Ret Ret Ret 4
13   ジョニー・ダンフリーズ 9 Ret Ret DNQ Ret Ret 7 Ret 7 Ret 5 Ret Ret 9 Ret 6 3
14   フィリップ・ストレイフ 7 Ret Ret 11 12 11 9 Ret 6 Ret 8 Ret 9 Ret Ret 5 3
15   パトリック・タンベイ Ret 8 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 7 5 Ret NC Ret NC 2
16   テオ・ファビ 10 5 Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret 10 2
17   リカルド・パトレーゼ Ret Ret 6 Ret 8 Ret 6 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 13 Ret 2
18   クリスチャン・ダナー Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret 11 Ret Ret Ret 6 8 11 9 Ret 1
19   フィリップ・アリオー Ret 9 Ret Ret Ret 6 8 1
-   ティエリー・ブーツェン Ret 7 7 8 Ret Ret Ret NC NC Ret Ret Ret 7 10 7 Ret 0
-   デレック・ワーウィック Ret 10 9 8 7 Ret DNS Ret Ret Ret Ret 0
-   ジョナサン・パーマー Ret Ret Ret 12 13 Ret 8 Ret 9 Ret 10 Ret Ret 12 10 9 0
-   ヒューブ・ロテンガッター Ret DNQ Ret 12 DNS Ret Ret Ret Ret 8 Ret Ret DNS Ret 0
-   アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret 0
-   エリオ・デ・アンジェリス 8 Ret Ret Ret 0
-   マルク・スレール Ret Ret 9 9 9 0
-   ピエルカルロ・ギンザーニ Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 11 Ret Ret Ret Ret 0
-   アレン・バーグ Ret Ret Ret 12 Ret Ret 13 16 NC 0
-   アレッサンドロ・ナニーニ Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret NC 14 Ret 0
-   アレックス・カフィ NC 0
-   イヴァン・カペリ Ret Ret 0
-   エディ・チーバー Ret 0
順位 ドライバー BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

ドライバーズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。[3]

1986年のコンストラクターズランキング編集

順位 コンストラクター 車番 BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
ポイント
1   ウィリアムズ-ホンダ 5 Ret 2 Ret 4 1 1 5 1 1 3 3 Ret 2 1 5 Ret 141
6 1 Ret 2 7 Ret 3 Ret 3 2 1 1 Ret 1 3 4 2
2   マクラーレン-TAG 1 Ret 3 1 1 6 2 3 2 3 6 Ret 1 DSQ 2 2 1 96
2 Ret 4 5 2 Ret 4 Ret 4 Ret 5 Ret 9 4 Ret Ret Ret
3   ロータス-ルノー 11 9 Ret Ret DNQ Ret Ret 7 Ret 7 Ret 5 Ret Ret 9 Ret 6 58
12 2 1 Ret 3 2 5 1 Ret Ret 2 2 Ret Ret 4 3 Ret
4   フェラーリ 27 Ret Ret 10 Ret 4 8 4 8 Ret Ret Ret 2 Ret 5 Ret Ret 37
28 Ret Ret 5 10 3 Ret Ret Ret Ret 11 4 3 3 6 12 3
5   リジェ-ルノー 25 4 Ret Ret 5 Ret 6 Ret 5 4 4 Ret 10 Ret 7 15 7 29
26 3 Ret Ret 6 5 7 2 6 Ret Ret 9 Ret Ret Ret 6 8
6   ベネトン-BMW 19 10 5 Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret 10 19
20 6 6 3 Ret 10 Ret Ret Ret Ret 10 Ret 7 5 Ret 1 Ret
7   ティレル-ルノー 3 5 Ret 8 Ret Ret 9 Ret 10 5 Ret 6 Ret 10 Ret 11 4 11
4 7 Ret Ret 11 12 11 9 Ret 6 Ret 8 Ret 9 Ret Ret 5
8   ローラ・カーズハース・ローラ-フォード 15 Ret Ret 11 10 Ret Ret Ret 9 Ret 4 6 Ret Ret Ret 6
16 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 7 5 Ret NC Ret NC
9   ブラバム-BMW 7 Ret Ret 6 Ret 8 Ret 6 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 13 Ret 2
8 8 Ret Ret Ret Ret 10 9 8 7 Ret DNS Ret Ret Ret Ret
10   アロウズ-BMW 17 Ret Ret 9 9 9 Ret 11 Ret Ret Ret 6 8 11 9 Ret 1
18 Ret 7 7 8 Ret Ret Ret NC NC Ret Ret Ret 7 10 7 Ret
-   ザクスピード 14 Ret Ret Ret 12 13 Ret 8 Ret 9 Ret 10 Ret Ret 12 10 9 0
29 Ret DNQ Ret 12 DNS Ret Ret Ret Ret 8 Ret Ret DNS Ret
-   ミナルディ-モトーリ・モデルニ 23 Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret 0
24 Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret NC 14 Ret
-   ハース・ローラ-ハート 15 Ret Ret 0
16 Ret 8
-   オゼッラ-アルファロメオ 21 Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 11 Ret Ret Ret Ret 0
22 Ret Ret Ret DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret NC 13 16 NC
-   AGS-モトーリ・モデルニ 31 Ret Ret 0
順位 コンストラクター 車番 BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
ポイント

脚注編集

  1. ^ 単にこう呼ばれるが正式名称は無い。(イアン・バムゼイ『世界のレーシングエンジン』三重宗久訳、株式会社グランプリ出版、東京都新宿区、1990年、p.198。ISBN 4-906189-99-7)
  2. ^ ベスト11戦がポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。
  3. ^ Peter Higham, The Guinness Guide To International Motor Racing, 1995, page 6

外部リンク編集