メインメニューを開く

マリオ・ブリトー

マリオ・ブリトーMario Brito1966年4月9日 - )は、かつてプロ野球読売ジャイアンツに所属したプロ野球選手ドミニカ共和国出身。台湾での登録名は、馬力歐。日本での登録名はマリオ

マリオ・ブリトー
Mario Brito
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 モンセニョール・ノウエル州ボナオ
生年月日 (1966-04-09) 1966年4月9日(52歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
179 lb =約81.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 アマチュアFA
初出場 CPBL / 1995年4月1日
NPB / 1996年5月7日
最終出場 CPBL / 1997年7月29日
NPB / 1996年10月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

1986年モントリオール・エクスポズと契約しプロ入り。マイナーリーグで先発要員として順調に勝ち星を重ねていった。

1991年シカゴ・ホワイトソックス傘下で初めて3Aに昇格するも、2勝14敗で解雇されてしまう。

1992年、古巣・エクスポズに拾われ、この年からリリーフ専門に転向し、1994年にはミルウォーキー・ブルワーズ傘下3Aで40試合に登板し、6勝2敗11セーブを記録。リリーフ転向後は毎シーズン、防御率2点台前半と好調を維持していたもののメジャーに昇格は叶わなかった。

1995年台湾兄弟エレファンツに入団。3勝4敗7セーブ、防御率3.16。

1996年フロリダ・マーリンズと契約し3Aでクローザーを務めていたが、巨人がストッパー候補だった西山一宇石毛博史の不振を受けシーズン途中の4月24日に獲得を発表した。先に入団した同じドミニカ出身のバルビーノ・ガルベスが台湾球界に所属していた頃の同僚でガルベス自身の紹介による入団だった。当時日本ハムファイターズに同姓のバーナード・ブリトーが在籍していたため登録名はマリオになり、人気ゲームにあやかって「スーパーマリオ」の愛称で呼ばれた。

来日初登板となった5月7日の対広島戦では4者連続三振を奪う活躍で初セーブをマークし岡島秀樹のプロ初勝利をアシストした。その後も主にクローザーとして起用され、前半戦終了時点で1勝14セーブの好成績でリリーフ陣の救世主的存在となる。しかし後半戦に入ると打ちこまれる試合が目立ち結局5セーブしか挙げられず、最終的にクローザーの座を川口和久に明け渡した。トータルで39試合に登板、3勝2敗19セーブ、防御率3.33という成績で「メークドラマ」と言われる逆転優勝に貢献し日本シリーズにも出場したが、後半戦の不振が響き同年10月31日に退団が発表された。決め球は長身から放たれる落差50cmのフォークボールで「お化けフォーク」と呼ばれた。当初はフォークの握りを相手に丸見えにする癖があり、これは後に修正されている。

1997年は再び台湾の兄弟エレファンツでプレーし、1勝6敗8セーブ、防御率4.21。2000年にはメキシカンリーグでプレーした。現在はドミニカン・サマーリーグのDSLインディアンスで投手コーチを務めている。

巨人入団当初、記者からバーナード・ブリトーと親戚ではないかという質問があまりに多かったことから、「あんな奴と一緒にするな」と怒っていたこともあった。

アマチュア時代は4番を打っていた野手であったためバッティングも良く、来日初登板の試合で打席が回った際には初安打を放つ等、打数が少ないにも関わらずヒットを打っている。プロになる際、"ピッチャーとしてなら獲得する"と言われ、仕方なく転向したらしい。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1995 兄弟 22 0 0 0 0 3 4 7 -- .429 177 42.2 33 1 12 1 2 46 6 0 16 15 3.16 1.05
1996 巨人 39 0 0 0 0 3 2 19 -- .600 207 48.2 50 5 18 1 1 43 0 0 18 18 3.33 1.40
1997 兄弟 28 3 0 0 0 1 6 8 -- .143 270 62.0 59 4 21 4 2 58 7 0 33 29 4.21 1.29
CPBL:2年 50 3 0 0 0 4 10 15 -- .286 447 104.2 92 5 33 5 4 104 13 0 49 44 3.78 1.19
NPB:1年 39 0 0 0 0 3 2 19 -- .600 207 48.2 50 5 18 1 1 43 0 0 18 18 3.33 1.40

表彰編集

NPB

記録編集

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初打席・初安打:1996年5月7日、対広島東洋カープ5回戦(東京ドーム)、8回裏に山内泰幸から中前安打

背番号編集

  • 49 (1996年)

関連項目編集

外部リンク編集