メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はトレホン第二姓(母方の)はモヤです。

マルク・トレホン・モヤ(Marc Torrejón Moya, 1986年2月18日 - )は、スペインバルセロナ出身のサッカー選手ドイツ・ブンデスリーガ2部1.FCウニオン・ベルリン所属。

マルク・トレホン Football pictogram.svg
名前
本名 マルク・トレホン・モヤ
Marc Torrejón Moya
ラテン文字 Marc Torrejón
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1986-02-18) 1986年2月18日(33歳)
出身地 バルセロナ
身長 187cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 1.FCウニオン・ベルリン
ポジション DF
背番号 15
ユース
2002-2005 スペインの旗 エスパニョール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2007 スペインの旗 エスパニョールB 2 (0)
2005-2009 スペインの旗 エスパニョール 71 (1)
2005-2006 スペインの旗 マラガB (loan) 35 (0)
2009-2012 スペインの旗 ラシン・サンタンデール 92 (3)
2012-2014 ドイツの旗 カイザースラウテルン 51 (1)
2014-2017 ドイツの旗 フライブルク 51 (1)
2017- ドイツの旗 ウニオン・ベルリン 10 (0)
代表歴2
2004-2005 スペインの旗 スペイン U-19 3 (0)
2007-2009 スペインの旗 スペイン U-21 11 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月16日現在。
2. 2014年8月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

2005-06シーズンはマラガCF Bにレンタル移籍し、35試合に出場した。2006-07シーズンにRCDエスパニョールに復帰するとエルネスト・バルベルデ監督にレギュラーとして起用され、主にダニエル・ハルケ(2009年に死去)とコンビを組んでエスパニョールの最終ラインを支えた。このUEFAカップでは10試合に出場し、決勝まで勝ち進んだが、スペイン勢同士の対戦となった決勝のセビージャFC戦はPK戦で敗れた。トレホンは5番目のキッカーとして登場し、PKを外した。2007-08シーズンはディフェンス陣最多の36試合に出場し、2008年1月20日のレアル・バリャドリード戦でプロ初ゴールを決めた。しかし、2008-09シーズンはRSCアンデルレヒトから移籍してきたニコラス・パレハにポジションを奪われ、さらに自身の怪我の影響もあって6試合の出場に終わった。

2009年7月19日、移籍金150万ユーロ(約2億円)の4年契約でラシン・サンタンデールへ移籍した[1]。2009-10シーズンは同い年のエンリケと主にコンビを組み、チームのセンターバック陣最多の27試合に出場した。2010-11シーズンも引き続きDFラインの主軸として36試合に出場。10月31日のCAオサスナ戦では移籍後初ゴールを決めた。

2009年に開催されたUEFA U-21欧州選手権ではスペイン代表の最終ラインを支えた(結果はグループリーグ敗退)。

脚注編集

  1. ^ エスパニョルのU-21スペイン代表DFトレホンがラシンへ移籍”. スポーツナビ (2007年7月18日). 2009年9月21日閲覧。

外部リンク編集