メインメニューを開く

マーチ・761(March 761)は、マーチ・エンジニアリング1976年のF1世界選手権用に開発したフォーミュラ1カーである。デザイナーはロビン・ハード

マーチ・761/761B
1976年ドイツGPで761をドライブするブランビラ
1976年ドイツGPで761をドライブするブランビラ
カテゴリー F1
コンストラクター マーチ
デザイナー ロビン・ハード
先代 マーチ・751
後継 マーチ・771
主要諸元[1][2]
シャシー アルミニウムモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン、アウトボードスプリング
サスペンション(後) パラレル・ロワーリンク、ツイン・ラジアスロッド、アウトボードスプリング
トレッド 1420mm/1475mm
ホイールベース 2770mm
エンジン フォード・コスワースDFV 2993cc V8 NA
トランスミッション ヒューランドFG400 5速 MT
重量 576kg
燃料 ダッカムス
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム マーチ・エンジニアリング
ドライバー イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ
スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン
ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・スタック
ブラジルの旗 アレックス・リベイロ
南アフリカの旗 イアン・シェクター
出走時期 1976 - 1977
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 19
初戦 1976年ブラジルGP
初勝利 1976年イタリアGP
最終戦 1977年日本GP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
33 1 1 1
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
アメリカ西GPまでのインダクションボックスが大型の仕様

F2用のマシン、“762”を改造して製作された[3]。スポーツカーノーズの先端から伸ばされたスポイラーとエンジンの横に立て置きされたラジエターなど、751までのモデルを踏襲。市販マシンゆえのシンプルな構造[4]と、軽量化されたシャシーとロングホイールベース化によりフェラーリに劣らぬスピードを記録した[3]。第4戦スペインGPからはレギュレーションの変更に伴いインダクションボックスが小型化された。

シーズン終了後に1号車をベースにして製作された6輪車“2-4-0”が発表されたが、数度のテストが行われたのみで、実戦に投入されることはなかった[3]

1977年は改修型の761Bが登場した。

戦績編集

1976年編集

 
シティバンク・カラーのピーターソン車(1976年イタリアGP

1976年は前年のレギュラードライバー、ヴィットリオ・ブランビラハンス=ヨアヒム・スタックのほか、ブラジルGPよりロニー・ピーターソンが加入。シーズン途中にアルトゥーロ・メルツァリオが加わるなど常時3〜4台のエントリーで、ブランビラ車にベータ、ピーターソン車にシティバンクなど各ドライバーごとに異なるスポンサーがついていた[5]

ピーターソンがオーストリアGPでポールポジションを獲得、イタリアGPで優勝。スタックが8ポイントを獲得し、マーチはコンストラクターズランキング7位に入った。

1977年編集

 
1977年仕様の761
 
ウィリアムズから出走した“VELLE-VUE”カラーの761

1977年はワークスチームとメルツァリオ設立のチーム・メルツァリオが761Bを使用。前年型の761はウィリアムズなどのプライベートチームが購入して出走した。このうち、ウィリアムズのマシンはイタリアGPでスポーツカーノーズに替えてウイングノーズを装着する[6]など独自の改造を施していた。

ワークスチームはエースドライバーにイアン・シェクター、セカンドドライバーにアレックス・リベイロという布陣[3][7]で、シェクター車のスポンサーはロスマンズがついた。シェクターはオランダGPから新型の771に乗り換え、リベイロは最終戦日本GPまで761Bを使用した。

ハードがF2での活動を優先したためほとんど開発が行われず成績が低速[3]、ウィリアムズのパトリック・ネーヴェがイタリアGPで7位に入ったのが最高位で、獲得ポイントが0という結果に終わった。マーチはこの年限りでF1活動を一旦停止する。

ギャラリー編集

F1における全成績編集

ワークス編集

(key) (太字はポールポジション、斜体はファステストラップ)

シャシー タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
1976 761 G BRA
 
RSA
 
USW
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
JPN
 
19 7位
9   ブランビラ Ret 8 Ret Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret Ret 6 7 14 Ret Ret
10   ロンバルディ 14
10   ピーターソン Ret 10 Ret Ret Ret 7 19 Ret Ret 6 Ret 1 9 Ret Ret
34   スタック 4 12 Ret Ret Ret 4 Ret 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret
35   メルツァリオ DNQ Ret Ret DNQ 14 9 Ret
1977 761B G ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
JPN
 
0 NC
9   リベイロ Ret Ret Ret Ret DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 9 DNQ 11 DNQ 15 8 12
10   シェクター Ret Ret 11 DNQ Ret Ret NC Ret Ret Ret
10   スタック Ret
10   ヘントン 10

ノンワークス編集

(key)

チーム シャーシ タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
1977 ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USA
 
CAN
 
JPN
 
ウィリアムズ 761 G 27   ネーヴェ 12 10 15 DNQ 10 DNQ 9 DNQ 7 18
チェスターフィールド・レーシング 30   ランガー 14 Ret 10
RAMレーシング/F&Sプロパティ 32   コザロウィツキー DNQ DNQ
32   ブリークモレン DNQ
33   ハイエ Ret DNQ DNQ 15 DNQ DNQ
33   サトクリフ DNQ
ブリティッシュ・フォーミュラ1・レーシングチーム 38   ヘントン DNQ
38   ドリバー DNQ
チーム・メルツァリオ 761B 37   メルツァリオ Ret DNQ 14 Ret Ret DNQ DNQ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ AUTO SPORT Archives 『日本の名レース100選 001 '76 F1イン・ジャパン』 三栄書房、2006年、38 - 39頁。
  2. ^ 『Formula 1 JAPAN Grand Prix 1976&1977』 山海堂、1999年、19頁。
  3. ^ a b c d e 『Formula 1 JAPAN Grand Prix 1976&1977』42頁。
  4. ^ 『F1 MODELING 1976年富士F1グランプリ』 東邦出版、2008年、24頁。
  5. ^ 林信次 『F1全史 1976 - 1980』 ニューズ出版、1993年、27頁。
  6. ^ 大串信 「意匠万華鏡 〜愛すべき試行錯誤〜」 第18回 『GRAND PRIX SPECIAL』(ソニーマガジンズ)2012年6月号、91頁。
  7. ^ 『AUTO SPORT YEAR '77/'78』 三栄書房、1978年、66頁。

外部リンク編集