メインメニューを開く

ミッキー安川の「勝負」シリーズ

ミッキー安川の「勝負」シリーズ(ミッキーやすかわのしょうぶシリーズ)は、アール・エフ・ラジオ日本で放送されていた一連のミッキー安川がホストを務めた番組群のことである。2009年12月下旬以降はミッキー安川の長男のマット安川が代役を務めていたが、2010年1月18日にミッキー安川が死去したためシリーズは完全終了。その後2月7日から全番組をマットが引き継いでいたが、現在では「ずばり勝負」のみ引き継いでいる。

概要編集

タレント、評論家、歌手と多面性を持つミッキー安川が、その日、その週に起こった出来事や国際問題について、政治家評論家といったゲストとの対談などを展開する「ミッキー流ニュースショー」。深夜帯の生放送番組では、自身の思い出話や歌声を披露することもあった。リスナーからの意見を多く紹介し、2004年にミッキーの個人事務所がサプリメントの取り扱いを始めてからは、意見の募集と並行してサプリメントの注文も受け付けていた。

末期のネット局はコミュニティ放送局が中心で、ラジオ日本との関わりが深いぎふチャンラジオ関西はネットしていなかった。

ミッキー安川の逝去に伴い、2010年2月5日をもって、すべてのシリーズが終了となった。後の2月7日に放送された『雑オロジー』および同年2月8日に放送された『オレンジマンデー』にて、同年2月8日以降、全番組をマット安川が引き継ぐことが発表され、番組名も『マット安川の - 』となった。また、ラテ欄では番組名を『M安川の - 』と表記することになった。これは「ミッキー安川」、「マット安川」のどちらとも解釈できるようにとのことである。

ミッキー安川のずばり勝負編集

ミッキー安川のずばり勝負
ジャンル トーク
放送方式 生放送
放送期間 - 2010年2月5日
放送時間 150分
放送局 ラジオ日本
パーソナリティ ミッキー安川→マット安川
出演 加藤知華
テンプレートを表示

原点は1981年スタートの『ミッキー安川の毎日が勝負』。ラジオ日本を代表する長寿番組でもあり同局の看板番組の一つである。放送内容は雑誌『月刊日本』に抜粋され収録されている。

放送時間編集

この番組は当初、ナイターオフ用の企画番組として毎週土曜日19:00-22:00で立ち上がった。当時は現在ネットしていないAM岐阜ラジオラジオ関西にもネットしていた。通年で放送されるようになってからは、ネット局が減ったこともあった。2006年3月までは、KBS京都でも毎週金曜日12:30-14:00に放送していた。

テーマ曲編集

  • サウス・ランパート・ストリート・パレード(ディキシーランド・ジャズ
    • 選曲は以前番組を担当していた菅ディレクターによるもの。

タイムテーブル編集

  • 12:30 オープニング・エリエールの大王製紙ローションティシューの生CM
  • 12:32 オープニングトーク
  • 13:00 ゲストとのトーク
  • 14:00 ニュース・天気予報・道路情報
  • 14:10 ゲストとのトーク
  • 14:30 オフィスヤスカワヘルシー事業部の健康補助食品の紹介
  • 14:40 ミッキー安川アーカイブ
  • 14:50 薬蜜本舗の紹介・今夜のスーパーフライデーの告知・エンディング

ミッキー安川のスーパーフライデー編集

ミッキー安川のスーパーフライデー
ジャンル トーク
放送方式 生放送
放送期間 2007年11月2日-2010年2月5日
放送時間 120分
放送局 ラジオ日本
パーソナリティ ミッキー安川→マット安川
テンプレートを表示

『朝まで勝負』の後継番組として、2007年11月2日に放送が開始された。

  • 新番組となった経緯は、次の通り。「夜の番組の『朝まで勝負』ってさ、朝の5時までなんだよね。途中で休憩をくれたり、睡眠を2時間とらせてくれるんだけれど、俺も神経質になったのかなー、ちっとも眠れないんだよなー。番組が気になっちゃってさ。これじゃ、体がもたないと思って、5時までは止めることにしました」
  • アシスタントは、男性(青木さん)になった。これは、「25:30に終わる番組だから、女のアシスタントが付いてくれたら、一人で帰せないからさ」とのこと。
  • 毎回午前0時ごろに君が代の録音を流した。歌っているのは大川健太郎・久保田健司・伊達めぐみ・水田かおり・春日めぐみの5人である。

放送時間編集

  • 毎週金曜日 23:00-25:00
    • 2009年10月から放送時間が23:30-25:30から23:00-25:00に変更した。

基本的なスタイルは、次の通り(ゲストがいる場合)。

  • 23:30〜24:30…政治家とのトーク。
  • 24:30〜25:30…演歌歌手の生演奏、および他に招いたゲストとのトーク。

ミッキー安川の雑オロジー編集

ミッキー安川の雑オロジー
ジャンル トーク
放送方式 生放送
放送期間 2004年11月7日 - 2010年2月7日
放送時間 120分
放送局 ラジオ日本
パーソナリティ ミッキー安川→マット安川
テンプレートを表示

政治や時事問題、健康に関する話題、ミッキーの体験談などさまざまなことを取り上げた。また、番組内でオフィス安川が販売する健康補助食品の紹介があり、『スーパーフライデー』と同様に毎回午前0時ごろに君が代を流した。番組開始当初は放送時間が24:00-25:30だった。

放送時間編集

ミッキー安川のゴルフ放談編集

ミッキー安川のゴルフ放談
ジャンル トーク
放送方式 録音放送
放送期間 -2007年3月、2008年4月- 2010年2月7日
放送時間 20分
放送局 ラジオ日本
パーソナリティ ミッキー安川→マット安川
テンプレートを表示

最近のゴルフの話題やミッキー安川自身のゴルフ体験・思い出、さらにゴルフをやる人間の行動心理などについても言及した。 他番組と異なり政治や時事問題についての話題は少なかった。ゴルフをするオフィスヤスカワのスタッフが一緒に出演することもあり、またハワイの宿泊先からの録音放送もあった。

  • 2007年3月までは毎週日曜日6:15〜6:35や6:50〜7:00など早朝に放送していた。それから1年のブランクがあり2008年4月から放送を再開した。

放送時間編集

  • 毎週日曜日 8:10-8:30

ミッキー安川のオレンジマンデー編集

ミッキー安川のオレンジマンデー
ジャンル トーク
放送方式 録音放送
放送期間 2006年7月-2010年2月1日
放送時間 30分
放送局 ラジオ日本
パーソナリティ ミッキー安川→マット安川
テンプレートを表示

おもにオフィスヤスカワヘルシー事業部が販売する健康補助食品の紹介と横浜中華街にある薬蜜本舗のハチミツの紹介である。録音放送のためリスナーからのFAX、メールなどの紹介はない。冒頭の数分間、時事問題に触れることがあった。

  • 不定期であるが、中国の雲南農業大学蜂学部教授山口喜久二をゲストに迎えた。
  • 通常は録音放送であるが、ミッキー安川が死去した当日夜の放送は急遽生放送となった。

放送時間編集

  • 毎週月曜日 23:30-24:00


ミッキー安川の朝まで勝負編集

ミッキー安川の朝まで勝負
ジャンル トーク、音楽
放送方式 生放送
放送期間 1994年10月8日[1]-2007年10月27日 (中断期間あり)
放送時間 300分
放送局 ラジオ日本
パーソナリティ ミッキー安川
テンプレートを表示

日付が変わった毎週土曜日の24:00-29:00まで放送された5時間の生ワイド番組であり、中断期間はあったものの約13年間の長期間に渡り放送された人気番組であった。番組前半の約1時間はミッキー安川とゲスト(このトーク時の常連ゲストは平沢勝栄宮崎正弘松野頼三、南丘喜八郎、上田哲など)との時事、世相等のトークであり、残り時間は数名の演歌歌手(メインの出演歌手は大川健太郎、久保田健司、高石省三、民謡歌手の浜より子など)が交代でトークや生歌を披露したりする内容であった。またリスナーから生歌のリクエストも受け付けていた。ときにはリスナーとミッキー安川本人やゲスト歌手(歌手以外のゲスト出演者や、女性アシスタントが生電話に直接出てリスナーと会話をする事もあり、中には常連リスナーから指名されて生電話に出るケースもあった。またリスナーの中には長く会話をする者もおり、その際はミッキー安川が次の人のために早めに会話を終わらせる様に促す場面もよくあった)との「生電話」が展開されることもあった。このコンセプトは後の『スーパーフライデー』にも引き継がれている。

  • オープニングで国歌の「君が代」を出演者全員で斉唱。エンディングの冒頭では演歌歌手らがミッキー安川を題材とした「ミッキーONDO」を歌った。エンディングテーマにはディーン・マーティンが歌う「ジェントル・オン・マイ・マインド」を使用した。また深夜3時台には女性アシスタントによる 「真夜中の天気予報」 のコーナーや、安川が休憩を取っている合間の時間に「おんなの時間」と称したコーナーもあり、安川を除く女性アシスタントとレギュラー歌手、ゲスト出演者とのトークタイムもあった。
  • 一時放送を中断していた時期があり、その頃この時間帯では、24時台から深夜3時台は自社およびラジオ大阪制作のアニラジ(『瞳と光央の爆発ラジオ』など)、午前4時台はクラシック音楽などを放送していた。番組末期は水戸コミュニティ放送にも同時ネットされていた。

その他編集

  • ミッキー安川の毎日が勝負(月曜日〜木曜日。『ずばり勝負』の前身番組とは別)
  • ミッキー安川のずばり60分(金曜日)
  • ミッキー安川の勝負でいこう(土曜日)
  • ミッキー安川のヨコハマ今昔(水曜日。2006年12月から1か月間だけ放送)
  • ミッキー安川のエクストラマンデー(月曜日20:00-20:30。2008年11月から2か月間だけ放送)
  • ミッキーさんを偲ぶ〜ハイ、つぎ行きましょう(2010年1月30日放送)

アシスタント編集

末期の『ずばり勝負』ではフリーアナウンサーの加藤知華(途中「豊田」から改姓)がアシスタントを務めた。深夜の番組のアシスタントはオフィスヤスカワのスタッフが担当した。

また加藤は現在息子のマット安川が父の番組を引き継いで放送中の「マット安川のずばり勝負」でも引き続きアシスタントを担当している。

過去編集

  • 染谷恵二 - ずばり勝負で15年間の長期間に渡りキャスターを務めた。また朝まで勝負にもゲストとして出演した事もある。またオフィスヤスカワで取り扱っているサプリメントのCMに出演していた時期もあった。


  • 尾形明美 - ずばり勝負では半年間、朝まで勝負では再開始から4年間に渡りミッキーのアシスタントを務めた。


  • 池戸美香
  • 塚本美也子
  • 永見小緒里
  • 岩橋由起
  • 小椙ミサ
  • 篠田奈々
  • 仲田奈々
  • 田中亜矢子

ゲスト編集

基本的に、自身のラジオ番組のゲスト出演の交渉はすべてミッキー安川本人が自ら行っていた。その理由についてミッキーは「そうじゃないと、誠意が伝わらないんだよ。それにオレの番組は、前日に『出てくれないか』って依頼することがあるから、オレが頼まないと出てくれないんだよ」と語ったことがある。

『ずばり勝負』と『朝まで勝負』に積極的に出演していた常連のゲストは以下の通り。

かつて積極的に出演していたゲスト編集

2007年7月6日の『ずばり勝負』には、自民党総裁(当時)の安倍晋三と同政務調査会長の中川昭一がゲスト出演した。

演歌歌手編集

スポンサー編集

エピソード編集

  • 初期の『朝まで勝負』ではゲスト出演していた演歌歌手に対し、番組放送中にリスナーから来る応援の電話の本数(目標本数はミッキーが自ら決めており、その本数の数字には決まりはなく毎回ランダムに決めていた)が時間内に目標本数を達成しない場合、次回の番組出演から外されてしまうという試練が課される企画があった。1996年4月13日の放送で大川健太郎が電話本数「10000本」の目標を見事に達成し、この話題は日刊スポーツでも取り上げられた。ただし、その後この企画は打ち切られている。
  • 2006年頃からミッキーは『朝まで勝負』で「昼間の番組が終わったら、千葉県の白子温泉まで行って来てさぁ」と番組冒頭で話す事がよくあった。健康対策のために『ずばり勝負』が終わった直後から温泉に行き、『朝まで勝負』が始まるまでに車で戻ってくることを習慣にしていた。
  • 『朝まで勝負』のオープニングでは毎週「君が代」を出演者全員で斉唱していたが、中には「起立するのは良いが、私は歌いたくない」と斉唱を拒否するゲスト出演者も過去には何人か存在し(菅直人[2][3]など)、そのゲストが「君が代」の斉唱を拒否した場合、ミッキーは番組の中でその態度を非難し、それ以降何かと実名を挙げてその姿勢を批判していた。
  • 「朝まで勝負」 の初期の頃はゲストになべおさみ小野ヤスシくろさわ博等もゲスト出演しており、安川はなべを「ナベちゃん」、小野を「小野ちゃん」 と番組内で呼んでいた。その後小野は朝まで勝負と「ずばり勝負」にも積極的にゲストとして出演しており、年末恒例のミッキー安川主催のディナーショーにもゲスト出演していたこともあった。
  • ミッキー本人が海外取材や休暇のために番組を休むケースも時折あったが、その際は番組開始時に現地から国際電話を通じて番組に出演していた。
  • ミッキーが番組を休んでいる放送日はアシスタント、ゲスト歌手などで番組を進行して放送していた。番組最初のミッキーとトークゲストとのコーナーは休んだものの、平沢勝栄などの常連ゲストが出演して政治や時事のトークを放送していた事もある。

関連番組編集

  • ミッキー安川の真剣勝負!(BS朝日

脚注編集

  1. ^ 『日刊スポーツ』1994年10月7日、27頁「ミッキー安川 ラジオ日本で5時間の生激論 今日からスタート」
  2. ^ 【佐藤優の地球を斬る】「畏敬の念」欠く新政権に不安(イザ!、2010年6月7日)
  3. ^ 「ラジオで君が代斉唱拒否」に菅首相が強く反論 放送したラジオ日本「歌わなかった」(FNNニュース、2010年8月3日)

外部リンク編集