メインメニューを開く
トッド・ブラウニングの『フリークス』(1932年MGM)は、1960年代初頭にカウンターカルチャーの文脈において再発見され、1970年代から1980年代にかけてアメリカのアートハウスシアターで深夜上映の形態(=ミッドナイトムービー)で定期的に劇場公開された。

ミッドナイトムービー(Midnight movie)とは、アメリカ合衆国のアートハウスシアターにおいて1970年代を中心に深夜上映の形態で公開されていたカルト映画の総称。

大半は大手映画会社に属さない独立系プロダクションやアマチュア作家によって製作されたものであるが、ミッドナイトムービー出身で後に著名となった映画監督も多数存在する。代表的な作品にアレハンドロ・ホドロフスキーの『エル・トポ』(1970年)、ジョン・ウォーターズの『ピンク・フラミンゴ』(1972年)、ジム・シャーマン英語版の『ロッキー・ホラー・ショー』(1975年)、デヴィッド・リンチの『イレイザーヘッド』(1977年)などが挙げられる[1]

概要編集

ミッドナイトムービーのルーツは1950年代にアメリカの地方局で深夜に放送されていた低予算映画である。その後、ミッドナイトムービーのムーブメントは1970年エルジン劇場英語版で上映された『エル・トポ』を嚆矢としてニューヨークで始まり、1975年の『ロッキー・ホラー・ショー』のヒットで全米に広がっていった[2]。以来このジャンルの映画は「カルト映画」という文脈で認識されるようになり、ミッドナイトムービーもより純粋なキャンプ映画となっていった。

現在も「ミッドナイトムービー」という言葉は、深夜上映でロングランされるようなメインストリームに属さないカルト映画に対して、しばしば用いられている[1]2005年にはムーブメントの発生と主要映画6本のエピソードをまとめたドキュメンタリー映画『ミッドナイトムービー』が公開された。

代表例編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 米サイト選出「史上最高のミッドナイトムービー50本」
  2. ^ 本作品は公開当初こそ興行的大失敗に終わったが、翌年よりニューヨークで深夜に上映されたのを皮切りにパーティ感覚で劇場に通い詰める観客が急増し、ある種の社会現象となった。

外部リンク編集