メインメニューを開く

株式会社 メイクソフトウェア(メイクソフトウェア、MAKE SOFTWARE, Inc.)は、主にプリントシール機の企画・開発・販売などを手がけていた日本企業

株式会社メイクソフトウェア
MAKE SOFTWARE, Inc.
種類 株式会社
略称 メイクソフト
本社所在地 日本の旗 日本
530-0047
大阪市北区西天満4丁目3番18号 MF西天満ビル
設立 1989年11月28日
業種 情報通信業、娯楽サービス業
法人番号 6120001008818
事業内容 電子遊戯機器の企画・開発・販売
代表者 破産管財人 中西敏彰[1]
資本金 5,000万円
売上高 32億1204万3000円(2017年7月期)
営業利益 1286万8000円(2017年7月期)
純利益 99万円(2017年7月期)
従業員数 135名[2]
決算期 7月
関係する人物 山本廣(前代表取締役社長)
外部リンク http://www.makesoft.co.jp/
特記事項:2018年10月24日破産手続開始決定
テンプレートを表示

概要編集

1988年12月に日本物産の元社員であった山本廣が独立して設立。翌1989年に株式会社へ改組[1]。事業内容はゲームセンタープリントシール機の企画・設計・開発・販売・サービス・OEM供給、インターネットおよび携帯電話のWebコンテンツの企画・開発、各種分析ソフトの企画・開発を行っていた。企業理念は「ユーザーの望むものを提供する」であった。但し、プリントシール機事業で同業関係にあるフリュー辰巳電子工業と異なり、日本アミューズメントマシン協会日本アミューズメント産業協会には加盟していなかった。そのため、「アミューズメントマシンマシンショー」→「ジャパンアミューズメントエキスポ」には単独で出展できず、加賀アミューズメント加賀電子の子会社)のブースにて展示を行っていた[3]

2012年7月期には約71億1900万円の売上があった[1]。しかし、オペレーター(ゲームセンター運営者)がプリントシール機の導入台数を抑制するなど、プリントシール機自体の販売が低迷し[4]、課金コンテンツの収入が減少するなど業績が悪化。

2015年にはローラを起用したプリントシール機である「ROLA's PURICH(ローラズプリっち)」を発売したり、2017年には同業最大手のフリューに対抗する形でカラーコンタクトなどの電子商取引サイトを立ち上げるなどして再建を図ろうとしたが、過去のプリントシール機開発費用が重荷となり、資金繰りが悪化したと同時にメイクソフトウェアの信用が低下[5]。2018年には、4月にNTTドコモと「ご当地プリントシール機」における協業契約を締結し、7月には竹内涼真主演の『センセイ君主』とのコラボレーションを実施するなどしたが[6][7]、2018年7月期の売上は約22億8700万円とフリューの約10分の1にまで落ち込んだ[1][2]

メイクソフトウェアは2019年7月期に入っても、2018年9月時点で早くも約1億円の赤字に陥り、同年10月には支援スポンサー探しを弁護士に依頼して2社と交渉を行ったものの、わずか1週間で交渉決裂となった[8]。このため、2018年10月24日に事業を停止して大阪地方裁判所へ破産申請し、同日付で破産手続開始決定を受けた。負債総額は約21億円[1][2]。2018年9月に発売された「プリと私」が、メイクソフトウェア最後のプリントシール機となった[9]

NTTドコモは2018年10月31日に契約に基づき、破産管財人に対し、同日付でメイクソフトウェア関連の全サービスを終了すること通告した[10]。他の携帯キャリアがNTTドコモと同じ対応を取るかは未発表である。

破産管財人とプリントシール機事業の譲渡を申し入れていた加賀デバイス株式会社は、2018年11月12日にプリントシール機に関連する事業(企画・開発・販売、「らくがき@写真メール」の運営も含む)を同年12月1日付で加賀デバイスへ譲渡することで合意。プリントシール機事業は、破産管財人、加賀デバイス、携帯キャリア各社の合意を得て、大阪地方裁判所の許可の下で同年12月1日に加賀デバイスへ譲渡された。メイクソフトウェアが手がけていたプリントシール機事業は加賀デバイスを始めとした加賀電子グループによって再建が図られることになる[11][12]。加賀デバイスは、「カラコンジョリー」を利用していたユーザーに対して、フリューが運営する「Mew contact(ミューコンタクト)」を利用するよう案内している[13]。電子商取引事業(「mamanon」と「カラコンジョリー」)の債務処理は、引き続き破産管財人が行う。

沿革編集

  • 1988年12月 - 日本物産の元社員であった山本廣が独立し創業、ゲーム受託開発を開始[1]
  • 1989年11月 - 株式会社へ改組[1]
  • 1995年4月 - 自社ブランドゲームソフトの開発開始
  • 1997年2月 - プリントシール機の開発開始
  • 2000年12月 - ゲームソフト(自社・受託)の開発から撤退
  • 2005年11月 - PC携帯サイト「らくがき@写真メール」本格運営開始。携帯3キャリアの公式サービス、写真シール機との接続開始。
  • 2006年6月 - 複合カフェ事業としてレスパ西心斎橋店をオープン(2009年11月に閉店して同事業から撤退)
  • 2009年5月 - 音楽情報・歌詞検索サイト「UtaTen」でHMVジャパン株式会社と業務提携(平成24年4月30日付で提携解消)
  • 2011年1月 - 撮影と落書きが同時に行える写真自販機の特許を取得したことを発表
  • 2012年6月 - スマートフォン用ソーシャルネットワークゲーム参入、街づくりソーシャルゲーム「Town Maker」リリース
  • 2017年10月 - 電子商取引サイトである「mamanon」(ママノン)と「カラコンジョリー」を開始[5]
  • 2018年
    • 10月24日 - 事業を停止し、大阪地方裁判所から破産手続開始決定を受ける[1][2][14]
    • 12月1日 - プリントシール機事業を破産管財人から加賀デバイス株式会社へ譲渡[11][12]

発売していた主なプリントシール機編集

  • 「USAGI」
  • 「BEAUTY muse」、「BEAUTY muse 2」
  • 「Foto RooooM」、「IT FACE」
  • 「HOW TO 45°」、「HOW TO Second Rule」、「HOW TO +」
  • 「OH MY GIRL」、「OH MY GIRL Ⅱ」、「OH MY GIRL Ⅲ」
  • 「Bijyo Cocktail」、「BIJYO COCKTAIL 2」、「BIJYO COCKTAIL SILKY」
  • 「Viva女子」、「La femme」、「LA FEMME Deux」
  • 「ミーハー女子♥」、「ミーハー女子♥ 2」、「ミーハー女子♥ 3」
  • 「Essence」、「メロメロ」、「メロメロ...♥ 2」
  • 「おしゃれBambi-na」、「おしゃれBambi-na2」、「おしゃれBambi-na 3」
  • 「憧れBaby」、「憧れBaby 2」、「憧れBaby 3」
  • 「美女cosme」、「美女cosme 2」、「美女cosme 3」、「美女cosme 3スペシャル」
  • 「ネコとヒョウ」、「ネコとヒョウ 2」、「ネコとヒョウ 3」
  • 「CUBE」、「CUBE 2」、「CUBE3」
  • 「美人になりましょう。」、「美人になりましょう。2」、「Bijin3」
  • 「あ、綺麗。」、「あ、綺麗。2」、「あ、綺麗。3」
  • 「きら凛花」、「咲Rin花」、「LOVE JOKER」
  • 「レンアイシャシン」、「恋友」、「恋友2」
  • 「CRASH」、「モテ娘の花路」
  • 「ミンナの気持僕らの詩」、「ミンナの気持僕らの詩2」、「ミン僕Best!!」
  • 「cocoA」、「cocoA2」、「花々音」
  • 「麗華」、「麗華スペシャルバージョン」、「Ulala2」、「Ulala2」
  • 「華恋」、「華恋スペシャルバージョン」、「華恋2」、「華恋舞」

スマートフォン用アプリ編集

  • Town Maker
  • MEDAL SPIRITS
  • Pic a Booth
  • 美味カメラ
  • 夜景カメラ
  • TRPG Dices

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 倒産・動向速報記事 株式会社メイクソフトウェア帝国データバンク 2018年10月24日
  2. ^ a b c d TSR速報 (株)メイクソフトウェア東京商工リサーチ 2018年10月24日
  3. ^ 速報 第47回アミューズメントマシンショー会場レポートアミューズメントジャーナル
  4. ^ スマホ時代で「プリクラ」の落日、シール機大手が倒産、残る1社の生き残り戦略デイリー新潮 2018年11月4日
  5. ^ a b 【ハザードマップ】メイクソフトウェア/北星実業Sankei Biz 2018年11月8日
  6. ^ メイクソフトウェアとドコモ、観光分野における協業契約を締結PR TIMES 2018年4月19日
  7. ^ 竹内涼真主演の映画『センセイ君主』スペシャルコラボレーション 期間限定で弘光先生と撮れるプリントシール機が全国に登場PR TIMES 2018年7月18日
  8. ^ プリクラブームから20年、「いいね」もらえず“SNS倒産”ニュースイッチ 2019年4月9日
  9. ^ 最新画像処理エンジンを採用し“写り”一新! 人生最高に映える最新プリントシール機『プリと私』10月下旬発売決定!PR TIMES 2018年8月27日
  10. ^ NTTドコモにおけるサービスのお知らせメイクソフトウェア破産管財人 2018年10月31日
  11. ^ a b 加賀デバイス株式会社との基本合意書締結のお知らせメイクソフトウェア破産管財人 2018年11月12日
  12. ^ a b 加賀デバイス株式会社に対する事業譲渡のお知らせメイクソフトウェア破産管財人 2018年12月1日
  13. ^ 旧カラコンジョリーユーザ様へらくがき@写真メール
  14. ^ プリントシール機メーカーの(株)メイクソフトウェア(大阪)/自己破産申請 「ROLA's PURICH」JC.net 2018年10月24日

外部リンク編集