森本毅郎・スタンバイ!

森本毅郎・スタンバイ!』(もりもとたけろう スタンバイ!)とは、1990年4月9日から、TBSラジオで生放送されている情報系のワイド・ラジオ番組である。アメリカ合衆国ハワイ州ホノルルの「KZOO」にも時差ネットされている(1時間遅れ。時差の関係で同地では日曜から木曜の午後放送)。

森本毅郎・スタンバイ!
ジャンル ニュース・報道・情報番組
放送方式 生放送
放送期間 1990年4月9日 -
放送時間 平日 6:30 - 8:30(120分)
放送回数 7000回
放送局 TBSラジオ
ネットワーク JRN(日本全国8時ですコーナーのみ)
パーソナリティ 森本毅郎
出演 遠藤泰子ほか
企画 歌のない歌謡曲
ニュースズームアップ
話題のアンテナ 日本全国8時です
など
プロデューサー 志田卓[1][2]
提供 ヨドバシカメラ全日警ほか
公式サイト 公式サイト
特記事項:
アメリカ合衆国のラジオ局KZOOでも放送されている
放送回数は2017年3月13日現在
テンプレートを表示

キャッチコピーは「聴く朝刊」。2009年7月13日で放送5000回、2013年5月13日で放送6000回を迎え、2017年3月13日で放送7000回目を迎え[3]2020年4月で放送30周年を迎えた長寿番組である。

放送時間編集

かつてのネット局編集

出演者編集

パーソナリティ編集

代役編集

森本が休みのときは、タイトルコールが「森本毅郎・スタンバイ!」ではなく「TBSラジオ スタンバイ!」となり、主に土井敏之などのTBSの男性アナウンサーが担当する。遠藤が休みのときは、TBSの女性アナウンサー(長峰由紀長岡杏子など)、または現場にアタック担当のTBSラジオキャスター近堂かおりなど)が担当。

  • 2006年9月18日はTBSニュースデスクの内山研二が森本の代役を務めた。
  • 2008年には、ニュースズームアップのコメンテーターが日替わりで代役を務めたことがあった。
  • 森本は基本的に夏休みは2週間と年末年始に定期休暇をとる。その他体調不良、のどの調子が悪い場合、手術等で休みをとる。
  • 遠藤は夏休み1週間と年末年始、毎年11月の金曜日に歌のない歌謡曲の各放送局の会議などの1回出張で不在となる。11月の出張の際には必ずと言っていいほど、長峰由紀アナウンサーが担当する[5]。遠藤が長期冬休みの際には堀井美香が2019年1月7日から一週間、録音にて代理で担当した。
  • 2015年9月以降、森本の療養等により、1週間ないし2週間の期間はTBSアナウンサー(主に土井)またはニュースデスクの中村尚登が代役を務めた。12月の聴取率調査週間(スペシャルウィーク)は、一部のコメンテーターが森本の代役を務めた。この影響で年末年始の「コメンテーター座談会」はMC森本不在で行われた。
  • 2018年9月3日は夏休み中の森本に変わり土井が担当したが、翌日9月4日に体調不良だった為、小笠原亘が担当。翌日の9月5日から3日間、ニュースズームアップの水曜日コメンテーターである渋谷和宏が急遽MCを担当した(これまで渋谷自身、何度かMCを担当した経験が数回あった)。
  • 2019年は遠藤が長期の冬休みだった為、1月7日からは一週間は「スポーツスタンバイ」担当のTBSスポーツアナウンサーが代理アシスタントを務めた。1月7日は初田啓介、8日は新夕悦男、9日は喜入友浩、10日は小笠原亘、11日は伊藤隆佑が交替で担当した。森本曰く「遠藤泰男さんウィーク」と命名した。
  • 2019年7月1日放送分は本来なら「ニュースズームアップ」の月曜コメンテーター山田恵資がお休みだった為、火曜コメンテーターの酒井綱一郎が初めて月曜日に出演。その翌日は山田が火曜日に出演した。なお山田は「話題のアンテナ 日本全国8時です」の火曜日レギュラーゲストで出て以来、5年振りの火曜日出演となった。翌7月3日放送分は渋谷和宏が「話題のアンテナ 日本全国8時です」にも出演。水曜レギュラーゲスト森田正光が海外出張だった為、急遽出演。同コーナーのMCは経験しているが、ゲスト出演は初めてだった。因みに渋谷は「ニュースズームアップ」から「スタンバイトークファイル」まで出続けた。
  • 2019年9月9日から20日は森本が夏休みのため土井が2週間通して担当したが、18日と20日は喜入が担当した。遠藤も9日から13日が夏休みのため、9日・10日は長峰で、11日から13日は長岡がアシスタントを担当した。
  • 2019年11月8日は、森本が生放送中に体調を崩し、6時57分からのコーナー「朝刊読み比べ」からエンディングまでこの日の「スポーツスタンバイ」担当でMC経験者の土井に交代した。その後病院にて診察を受けるも問題無しだった為、翌週から出演した[6][7][8]
  • 2020年4月28日放送分まで新型コロナウィルスの影響で、森本の事務所からのリモート出演だったが、翌日から「ステイホーム週間」として5月6日放送までお休みだったが、翌5月7日放送から番組復帰した。この間はMC経験者の土井が代理で努めた。

現場にアタック編集

2019年4月現在

「ニュースズームアップ」「タケローニューススクランブル」「話題のアンテナ 日本全国8時です」コメンテーター編集

その他編集

森本はニュースズームアップの冒頭とニュース解説1項目、トークファイル冒頭にコメンテーターを紹介する。この時、山田、伊藤芳明、山縣、伊藤洋一の4人は肩書きまで紹介しているが、酒井のみは肩書きを紹介しない。

元コメンテーター編集

  • 浅井信雄 (国際政治学者。月曜日・1990年4月9日~1992年9月28日)
  • 鈴田敦之 (評論家。金曜日・1990年4月13日~1998年9月25日)
  • 伊藤正孝 (朝日新聞編集委員。水曜日・1994年4月8日~1995年9月27日)
  • 佐藤健[要曖昧さ回避] (毎日新聞記者、ジャーナリスト。月曜日・1992年10月5日~1994年3月28日、1995年4月10日~1996年3月25日)
  • 水木楊 (作家。月曜日・1994年4月6日~1995年3月27日)
  • 中島健一郎 (ジャーナリスト、毎日新聞記者。水曜日・1995年10月11日~1999年9月29日)
  • 黒岩徹 (毎日新聞記者。月曜日・1996年4月1日~1996年9月30日)
  • 永野健二 (ジャーナリスト、日経ビジネス編集長。月曜日・1996年10月7日~1997年3月31日)
  • 小林収(日経MJ部長。月曜日・1999年10月~2001年3月→木曜日・2001年10月数回のみ)[9]
  • 岩見隆夫 (ジャーナリスト。木曜日→火曜日→木曜日・1990年4月12日~2000年9月28日) [9]
  • 岸井成格(毎日新聞編集委員。月曜日・2001年4月2日~2006年1月3日)※2005年12月末~2006年1月初頭の「ズームアップコメンテーター座談会」まで出演。
  • 渡部恒雄三井住友戦略国際問題研究所 主席研究員。月曜日・2006年2月6日~2006年11月6日)
  • 朝比奈豊(月曜日・1997年4月7日~1999年9月27日→火曜日・1999年10月5日~2001年3月26日)
  • 中井良則 (毎日新聞編集局次長。木曜日・2004年6月17日~2004年8月5日) ※伊藤芳明が急遽降板した為、代理で出演していた。
  • 大蔵雄之助 (ジャーナリスト。水曜日・1990年4月11日~1994年4月1日)
  • 嶌信彦(ジャーナリスト。火曜日→木曜日→火曜日→水曜日・1990年4月10日~2015年9月29日、2017年3月28日)[10]
  • 渋谷和宏 (作家・経済ジャーナリスト、元日経ビジネスアソシエ編集長。2004年から不定期出演。月曜日・2006年11月13日~2015年9月28日→水曜日・2015年10月7日~2020年3月25日) ※日経ビジネスアソシエ編集長を退職後は肩書きは紹介されなかった。

「話題のアンテナ 日本全国8時です」元レギュラーゲスト編集

2020年3月末をもって、このコーナーのみ出演するレギュラーゲストは廃止され、4月からは7時台と「スタンバイトークファイル」にのみ出演していたコメンテーターがこのコーナーにも出るようになった。
  • 佐瀬稔 (月曜・ノンフィクション作家スポーツライター、1990年4月9日 - 1998年4月6日) ※主にスポーツの話題を取り上げた。その後体調を壊し、後にレギュラーゲストとなる永谷脩が代理出演。卒業後1998年5月23日に他界。
  • 吉岡忍 (火曜・作家、1990年4月10日 - 1991年9月24日)
  • 高木美也子 (水曜→木曜→水曜・生命倫理学者、1990年4月11日 - 1996年3月27日)
  • 武見敬三 (木曜・キャスター、1990年4月12日 - 1992年4月2日) ※後に政治家に転身。
  • 清水国明 (金曜→木曜・タレント、1990年4月13日 - 1991年10月4日、1992年4月9日 - 1993年4月1日) ※卒業後「噂の!東京マガジン」(TBSテレビ)で引き続き森本と共演。現在も出演中。
  • 荒川洋治 (火曜・詩人、1991年10月8日 - 2013年3月12日)
  • 小沢遼子(金曜・政治家評論家、1991年10月11日 ‐ 2017年3月24日)※主に政治や社会問題を取り上げ、政権への歯に衣を着せぬコメントで評判が高かった。
  • 松原聡 (水曜→木曜・経済学者東洋大学教授、1992年4月1日 - 1994年3月30日、1994年4月7日 - 2001年3月29日)
  • 永谷脩 (月曜・スポーツライタースポーツジャーナリスト、1998年4月13日 - 2014年3月31日) ※2014年6月12日、急性骨髄性白血病にて他界。
  • 森啓次郎 (木曜・元週刊朝日編集長、2002年3月28日 - 2002年6月27日) ※木曜ゲスト、月尾がこの間カヌー冒険だったので代理出演。
  • 藤原和博 (木曜・教育評論家、2002年7月4日 - 2003年3月27日) ※森降板後、月尾がカヌー冒険だったので代理出演。その後東京都では初の杉並区和田中学校の民間校長に就任した。
  • 山田恵資 (火曜→月曜・時事通信社解説委員長、2013年4月2日 - 2014年7月1日、2014年7月7日 - 2015年9月28日) ※その後「ニュースズームアップ」の月曜コメンテーターとして2015年10月5日から出演。
  • 玉木研二 (火曜・毎日新聞論説室専門編集委員、2014年7月8日 - 2014年9月30日) ※主に映画の話題を取り上げた。
  • 嶌信彦 (火曜・ジャーナリスト、2015年10月6日 - 2017年3月28日) ※番組開始当初(1990年)の「朝のファンファーレ」→「ニュースズームアップ」のコメンテーターに出演してたが、最後の出演(日本全国8時ですは嶌のみ)は酒井綱一郎と一緒に「スタンバイトークファイル」まで出演し、27年の歴史に幕を閉じた。
  • 松井宏夫 (火曜→月曜・医学ジャーナリスト、2014年10月7日 - 2015年9月29日まで火曜日。2015年10月5日 - 2020年3月23日まで月曜日)
  • 森田正光 (水曜・気象予報士お天気キャスター。1996年4月3日 - 2020年3月25日) ※スタンバイ初出演は1990年10月頃から随時出演し、「タケロートークパレット」のコーナーレギュラーだった時もあった。
  • 月尾嘉男 (木曜・東大名誉教授、工学博士。2001年2月から不定期出演、2001年4月5日 - 2002年3月21日。海外へカヌー冒険の為休養していたが、2003年4月3日 - 2020年3月26日)
  • 赤坂英一 (金曜・スポーツライター。2016年は3回ほど出演していた、2017年3月31日 - 2020年3月27日)

「タケロー トークパレット」元コメンテーター編集

気象予報士編集

2018年9月現在。いずれもウェザーマップ所属。

※当番組の前に放送される『生島ヒロシのおはよう定食』および『生島ヒロシのおはよう一直線』から引き続き出演。

警視庁交通管制センター編集

気象予報士と同様、当番組の前に放送される『生島ヒロシのおはよう定食』および『生島ヒロシのおはよう一直線』から当番組の後に放送される『伊集院光とらじおと』・『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』の途中まで引き続き出演。
当番組初回時の交通情報を担当したのは阿南京子である(2015年1月に降板)。
白井は「現場にアタック」の担当者として2007年から2014年12月までの7年間スタジオで出演することもあった。

コーナー・タイムテーブル編集

  • 6:30 オープニング・天気予報・交通情報 - タイトルコールは、元TBSアナウンサーの宮内鎮雄が担当。
    • 森本がその日に気になったニュース・話題のトークを取り上げて3分程度で所感を述べる。交通情報が終わり最初のCMが入るまでテーマ曲が流れる。
  • 6:35 今朝のヘッドライン
    • ニュースヘッドライン、スポーツヘッドラインを遠藤が伝える。
  • 6:40 森本が担当する
    • 月曜日:今週の予定(政治・経済から、大相撲や競馬の主要G1[11] などスポーツの予定を端的に伝える)。
    • 火曜日〜金曜日:NYマーケット情報(市況情報と解説)
  • 6:42 歌のない歌謡曲JRN企画ネット番組
    • 4曲の音楽(インストゥルメンタル)が流れる。このBGMにのせて遠藤がその日の新聞記事から気になる話題(主に生活面)を取り上げて所感を述べる。1・2曲目と2・3曲目の間に遠藤によるパナソニックの生コマーシャルが入る。
    • 6:53頃 (4曲目)天気予報(気象予報士が解説)・交通情報(新聞休刊日は3曲目の時に実施し、4曲目は「朝刊読み比べ」の時間帯に放送。)
  • 6:56頃 朝刊読み比べ
  • 7:00 ニュースズームアップ - コメンテーターによるニュース解説
    • 時報直後は遠藤による主なニュース3本の紹介。森本によるコメンテーターの紹介とフリートークを一通りする。
    • 遠藤によるニュースヘッドライン、スポーツヘッドライン、市況情報。
    • ニュースズームアップ本編
    • 7:12頃 天気予報・交通情報
    • ニュースズームアップ本編(続き)
  • 7:25 交通情報・NEXCO東日本からのお知らせ・天気予報
  • 7:27頃 スポーツスタンバイ - TBSスポーツアナウンサーによるスポーツ情報。長らくタケダがスポンサーだったが、現在は降板しノンスポンサーとなっている。
  • 7:33頃 現場にアタック - TBSラジオキャスター(初期は「タケローエンジェルス」と呼称[12])の現場リポート。
    • 毎週金曜日は近堂かおりによる「金曜日恒例サラリーマンの声」。近堂自身が新橋のサラリーマンに街頭インタビューを実施し、サラリーマンの様々な意見を筋立てて紹介する。
    • 2019年春から日によって、上記のラジオキャスターだけではなく番組ディレクターが取材・スタジオでのレポートをすべて行う回もある。
  • 7:43 交通情報
  • 7:45 タケローニューススクランブル - コメンテーターによるニュース解説[13]
  • 7:54 モーニングブレイク - 遠藤による一口コラム。
  • 7:56 交通情報・天気予報(気象予報士が解説)
  • 8:00 話題のアンテナ 日本全国8時ですJRN系列全国ネット)(ホクトキユーピー提供)
    • スペシャルウィーク(聴取率調査週間)の時には、このコーナー終了後にプレゼントの当選者の発表が行なわれる。
  • 8:15 『荻上チキ・Session-22』の予告 → 次番組『伊集院光とらじおと』または『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』の予告。
  • 8:16 お出かけヘッドライン (ダイワハウス提供)
    • ニュースヘッドライン・交通情報・天気予報
  • 8:20 スタンバイトークファイル - コメンテーターによるコラムコーナーだったが、2020年3月30日放送からは番組に寄せられたメールを中心としたコーナーに衣替え。時にはコメンテーターも出演がある。
  • 8:28 エンディング - 遠藤が次番組、森本はその日の予定(金曜日のみ週末の予定)を紹介して番組を締める。2016年4月7日までは当時の次番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』とのクロストークだった[14]
交通情報に関しては、鉄道情報は遠藤が必要に応じて、道路情報は警視庁交通管制センターTBSスタジオから担当者が伝える。オープニングと6:53頃はTBSラジオ交通情報のジングルは用いない。7:12、7:55の交通情報にはBGMがない。

過去のコーナー編集

  • ワールドTODAY (放送開始時~終了時不明) - 7時台にニューヨークから現地の最新の話題を取り上げていた。
  • スタンバイ世論調査(タケロートークパレット内金曜日、〜2009年3月) - テーマを設けてリスナーから意見を募集し、集計して発表する。スペシャルウィーク森本毅郎スタンバイ(聴取率調査週間)の時には復活することがある。
  • 今週の編集手帳 - (タケロートークパレット内金曜日、2009年4月〜2012年3月) -読売新聞のコラム「編集手帳」で取り上げられた話題について、メールで意見を募集する。
  • タケロートークパレット(8時20分頃開始、〜2012年3月) - 曜日ごとのコラムニストによるコラムコーナー。
  • ウォールストリート経済情報(連日6時40分過ぎ〜2014年3月) - ニューヨーク駐在の証券マン(岡三証券ニューヨーク事務所の担当職員またはホリコ・キャピタル・マネジメントの堀古英司)と電話を結び、円相場ニューヨーク市場の動向や経済ニュースを解説するコーナー。
    • ちなみに、ウォールストリート経済情報のコーナーの時の放送の時間帯には番組開始当初の1990年から1999年頃迄は、松岡直也の「MAJESTIC」をBGMに使用していた。

TBSラジオクラウド編集

2018年4月現在、以下の3コーナーを TBSラジオクラウド で配信している。

  • 朝刊読み比べ
  • 現場にアタック(配信しない回もある)
  • スタンバイトークファイル

受賞歴編集

  • 放送人グランプリ優秀賞 (2019年) ※放送界のOBからなる「放送人の会」が選ぶ賞。1990年4月9日からスタートし、30年目に突入。これまでの功績が認められた。2019年5月18日に都内で表彰された[15]

サウンドステッカー編集

  • 2018年現在、OP・EDのBGM、宮内鎮雄によるタイトルコール、日本全国8時ですのBGMは、番組開始時から一度も変更されず、そのまま使われている。
  • 宮内によるタイトルコールは特徴的なものであるため、他番組のパーソナリティが真似をしたり、言及することがある。

サウンドステッカー一覧編集

  1. 「森本毅郎、スタンバイ」(番組開始時・ニュースズームアップ内の天気予報前・7時台後半の交通情報後、タケローニューススクランブル前のCM前)
  2. 「TBSラジオ、スタンバイ」(森本毅郎不在時に1番の代わりに用いられる)
  3. 「スポーツ、ヘッドライン」(今朝のヘッドライン・ニュースズームアップ内でフラッシュニュースからスポーツニュースに切り替わるタイミングで挿入され、このステッカーでBGMもスポーティーなものに切り替わる)
  4. 「ニュースズームアップ」(コーナーオープニング・ニュース解説の導入部)
  5. 「タケロースタンバイ」(交通情報前など)
  6. 「現場にアタック」(コーナーオープニング)
  7. 「タケローニューススクランブル」(コーナーオープニング)

スタッフ編集

  • プロデューサー:志田卓[1][2]

備考編集

  • 横浜市にある放送ライブラリーでは、第1回の放送である1990年4月9日放送分を聴くことができる。ただし、CMなどは編集されている。
  • 森本や番組自体の硬派な概念により、他局のような「情報バラエティー」ではなく「ニュースワイド番組」という位置づけである。よってリスナーからのFAXやメールの募集は行っているが、ニュースや時事についての意見感想が紹介される程度で、身の回りの四方山話はほとんど読まれない。また歌謡曲やJ-POPなどは「歌のない歌謡曲」以外流さない。年末年始のパーソナリティー不在時に時間の穴埋めとして曲をかけるが、その時も洋楽やクラシックがメインである。

脚注編集

  1. ^ a b テレビブロス(関東版) - TBSラジオ『マイナビ ラフターナイト』潜入記…平成29年(2017年)9月9日号、p.19より(閲覧・2017年9月6日)
  2. ^ a b TBSラジオの名物「76歳の最年長女子アナ」はただのいい人じゃない(5/6)”. PRESIDENT Online (2020年7月6日). 2020年7月7日閲覧。
  3. ^ 放送7000回記念!! 7000歩クイズ〜!!”. TBSラジオ (2017年3月13日). 2017年6月27日閲覧。
  4. ^ 前身番組「鈴木くんのこんがりトースト」より続投。
  5. ^ またその際に森本との年の差が23歳もあるために、大沢悠里に「こんなおじさんとやってみてどう?」などと聞かれ、森本が突っ込んでいる。
  6. ^ “森本毅郎アナ 体調崩してラジオ番組途中で退席 代役アナ「医者に診てもらっている状態」”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2019年11月8日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/11/08/0012859528.shtml 2019年11月8日閲覧。 
  7. ^ ご心配をおかけしました!”. TBSラジオ (2019年11月8日). 2019年11月8日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 森本毅郎、体調不良でラジオ生放送を途中退席 サイトで無事報告「病院で診察を受け、回復」”. ORICON NEWS (2019年11月8日). 2019年11月23日閲覧。
  9. ^ a b TBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」(小林収メモリアルサイト)
  10. ^ 放送開始時より出演。開始時は火曜日に出演していた。その後は『話題のアンテナ 日本全国8時です』の火曜日のレギュラーに2015年10月6日から2017年3月28日まで出演していた。同日「ニュースズームアップ」と「話題のアンテナ 日本全国8時です(嶌のみ)」と「スタンバイトークファイル」に火曜コメンテーター酒井綱一郎と共演し、スタンバイを卒業した。
  11. ^ 森本はNHKアナウンサー時代、競馬中継を担当していた。
  12. ^ 放送3000回! 復活タケローエンジェルス!(森本毅郎・スタンバイ!、2001年11月12日)
  13. ^ コーナーを締める際2012年3月までは森本が「ありがとうございました。今日のコメンテーターは○○さん(その曜日のコメンテーター)でした。」と言って締めていたが、2012年4月以降はスタンバイトークファイルにも出演するため、「○○さんには8時台にも登場して頂きます」と言って締めるようになった。ただ、スタンバイトークファイルでは、3月までの当コーナーと同じように締めている。
  14. ^ 大沢は当番組の初回放送時にゲストとして8時20分頃から最後まで出演した。その為初回放送時はエンディングのBGMは流れなかった。
  15. ^ 放送人グランプリ2019(第18回) - 贈賞式 2019年5月18日(土) 千代田放送会館 -”. 一般社団法人 放送人の会. 2019年9月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

TBSラジオ 平日6:30〜8:30
前番組 番組名 次番組
森本毅郎・スタンバイ!
-