ヤズィード1世

ウマイヤ朝第2代カリフ

ヤズィード1世(ヤズィード・ブン・ムアーウィヤ・ブン・アビー・スフヤーン, アラビア語: يزيد بن معاوية بن أبي سفيان‎, ラテン文字転写Yazīd b. Muʿāwiya b. ʾAbī Sufyān, 646年頃 - 683年11月11日)は、第2代のウマイヤ朝カリフである(在位:680年4月 - 683年11月11日)。また、イスラーム史上初めて世襲によってカリフの地位を継承した人物として知られている。

ヤズィード1世
يزيد بن معاوية
ウマイヤ朝第2代カリフ
Arab-Sasanian coin issued by Yazid I ibn Mu'awiya in the year of the Battle of Karbala.jpg
カルバラーの戦いが起こったヒジュラ暦61年(西暦680年/681年)にバスラで鋳造されたヤズィード1世のディルハム銀貨
在位 680年4月[注 1] - 683年11月11日

全名 ヤズィード・ブン・ムアーウィヤ・ブン・アビー・スフヤーン
出生 646年頃(ヒジュラ暦25年頃)[注 2]
シリア
死去 683年11月11日(ヒジュラ暦64年ラビー・アル=アウワル月14日)
フッワーリーン英語版(シリア)
配偶者 ウンム・ハーリド・ファーヒタ・ビント・アビー・ヒシャーム
  ウンム・クルスーム・ビント・アブドゥッラー・ブン・アーミル
子女 ムアーウィヤ2世
ハーリド英語版
アブドゥッラー英語版
アーティカ英語版
家名 スフヤーン家
王朝 ウマイヤ朝
父親 ムアーウィヤ1世
母親 マイスーン・ビント・バフダル英語版
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

ヤズィードは第3代の正統カリフであるウスマーンの治世下でシリアの総督を務めていたウマイヤ家出身のムアーウィアの息子として生まれた。その後、内戦に打ち勝ってカリフとなった父親から676年に後継者として指名された。しかし、それまで前例のなかった世襲による継承は反発を招くことになり、ヒジャーズの一部のイスラーム教徒の指導者からは反対を受けた。最終的にムアーウィヤはこれらの一部の指導者を除くイスラーム国家の全域からヤズィードの継承に対する承認を取り付け、ヤズィードは680年のムアーウィヤの死去を受けてカリフに即位した。しかし、イスラームの預言者ムハンマドの孫にあたるフサイン・ブン・アリーと初代の正統カリフであるアブー・バクルの孫にあたるアブドゥッラー・ブン・アッ=ズバイルの両者はヤズィードの即位後も承認を拒否し続け、両者はメッカへ逃れた。その後フサインはヤズィードに対する反乱を率いるためにイラククーファへ向かったものの、カルバラーの戦いでヤズィードの軍隊によって少数の支持者の一団とともに殺害された。フサインの死は広範囲にわたる抗議を引き起こし、アブドゥッラー・ブン・アッ=ズバイルは新しいカリフを選出するための会議の場(シューラー)を要求した。

ヤズィードは下賜品や使節団を通してアブドゥッラー・ブン・アッ=ズバイルとヒジャーズの住民から忠誠を確保しようとした。しかし一連の交渉は失敗に終わり、反乱を鎮圧するために軍隊を派遣した。ヤズィードの軍隊は683年8月に起こったハッラの戦いマディーナの住民を打ち破り、その後メッカへ進軍した。そしてメッカを数週間にわたって包囲したものの、包囲戦の最中の683年11月11日にヤズィードは死去した。ヤズィードの死の知らせを受けた軍隊はシリアへ撤退し、その後イスラーム国家は9年にわたって続いた第二次内乱として知られる混乱状態に陥った。最終的に内乱はヤズィードが属していたスフヤーン家に代わってウマイヤ朝の王家となったマルワーン家の出身であるアブドゥルマリクの治世下で終結した。

政策面でヤズィードはムアーウィヤが敷いていた分権的な統治体制を踏襲し、地方の総督と部族の有力者層(アシュラーフ)に統治を委ねた。また、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)に対してはムアーウィヤが開始した大規模な襲撃を放棄し、シリアの防衛体制の強化に専念した。評価面では自身の世襲によるカリフ位の継承、フサインの殺害、そしてイスラームの聖地であるマディーナとメッカへの攻撃といった出来事のために、多くのイスラーム教徒からは伝統的に非合法な統治者であり暴君であったと見なされている。一方で現代の歴史家は一般により穏健な見方をしており、東洋学者のユリウス・ヴェルハウゼンは、必要な場合にのみ実力行使に訴えていた穏やかな統治者であり、宗教的な伝統において描写されているような暴君ではなかったと評している。

出自と初期の経歴編集

 
ヤズィードが母親の出身部族であるベドウィンのカルブ族とともに若年期を過ごしたシリア砂漠

ヤズィードは642年から649年の間にシリアで生まれた[注 2]。ヤズィードの父親はムアーウィヤ・ブン・アビー・スフヤーンであり、誕生当時は正統カリフウスマーン(在位:644年 - 656年)の治世下でシリアの総督を務めていた。ムアーウィヤとウスマーンは、イスラームの預言者ムハンマドと先立つすべてのカリフが属していたクライシュ族メッカの氏族集団)の中でも裕福な氏族であったウマイヤ家に属していた。ヤズィードの母親のマイスーン・ビント・バフダル英語版は、強力なベドウィンの部族であるカルブ族英語版の族長のバフダル・ブン・ウナイフ英語版の娘であり、部族内のほとんどの人々と同様にキリスト教徒であった[5][6]。ヤズィードは母方のカルブ族の親族と共に育ち[5]、青年時代の初期をシリア砂漠で過ごした。その後は661年にカリフとなったムアーウィヤに仕えていた、ギリシア人と地元出身のシリア人からなる廷臣たちと共に過ごしていた[7][8]

父親がカリフの地位にあった間、ヤズィードはコンスタンティノープルへの攻撃を含むイスラーム国家が征服を試みていたビザンツ帝国(東ローマ帝国)に対するいくつかの軍事行動を率いていた。複数の史料においてヒジュラ暦49年(西暦669年 - 670年)からヒジュラ暦55年(西暦674年 - 675年)の範囲でこれらの軍事行動の日付が示されている。イスラーム教徒による史料は軍事行動におけるヤズィードの役割の詳細についてほとんど伝えておらず、恐らく本人の後の経歴に関する論争(後述)のためにヤズィードの関与を軽視している。ヤズィードはこれらの史料において遠征に参加することを望まなかったと描写されており、ムアーウィヤを苛立たせ、ヤズィードに対して命令に従うように強要した[9]。しかし、8世紀にアル=アンダルス(イスラーム勢力下のイベリア半島)で非イスラーム教徒によって著された、より早い時期のアラビア語の著作から情報を引用した可能性がある『741年の年代記英語版』と『754年の年代記』では、ヤズィードがコンスタンティノープルを100,000人の軍勢で包囲したと記録している。そして都市を征服することには失敗したものの、軍隊がコンスタンティノープルに隣接する複数の町を占領してかなりの量に及ぶ戦利品を獲得し、2年後に撤退したと伝えている[10]。また、ヤズィードは何回かにわたってハッジ(例年のメッカへのイスラーム教徒の巡礼)を率いた[11]

カリフへの指名編集

背景編集

 
初期のイスラーム国家の主要都市の位置を表した地図(白線は現代の国境線)

第3代の正統カリフであるウスマーンは、地方の問題への干渉と縁故主義的であると多くの人々から見なされた議論を呼ぶ政策を実施した結果、征服された土地に住むイスラーム教徒の入植者の怒りを引き起こした。そして656年に当時のイスラーム国家の首都であったマディーナで地方の反乱勢力の手によって殺害され、イスラームの開祖ムハンマドの従兄弟で娘婿のアリー・ブン・アビー・ターリブがマディーナの住民とこれらの反乱勢力からカリフとして認められた[12]。しかし、カリフに即位したアリーがウスマーンの暗殺に関与したすべての人間に恩赦を与え、多くのウマイヤ家出身の総督を更迭したことでウマイヤ家の人々は不満を募らせ、アリーにウスマーン殺害の責任を問う運動を起こした[13]

この結果として勃発したイスラーム世界の最初の内戦である第一次内乱英語版において、ムアーウィヤは本拠地のシリアからアリーに抵抗したものの、657年に起こったスィッフィーンの戦いで両者は膠着状態に陥った[14]。その後、661年1月にアリーがハワーリジュ派(アリーとムアーウィヤの双方に反抗したアリーの陣営を離脱した一派)の人物によって暗殺され、アリーの息子のハサン・ブン・アリーが後継者となった[15]。しかし、すでにシリアにおいて自身の支持者からカリフとして認められていたムアーウィヤは、同年8月に軍隊を率いてアリーとハサンが首都としていたイラクのクーファへ侵攻し、ハサンと和平を結んで英語版イスラーム国家の残りの領域に対する支配権を獲得した。この時に結ばれた和平の条件にはムアーウィヤが後継者を指名しないという規定が含まれていた[16][17]

ムアーウィヤによるヤズィードの指名編集

 
パフラヴィー文字でムアーウィヤの名が刻まれているダーラーブジルド英語版ファサー英語版で鋳造されたサーサーン朝様式のディルハム銀貨(674年頃)

ハサンとムアーウィヤの間で結ばれた和約は一時的な平和をもたらしたものの、カリフの地位の継承に関する枠組みが確立されたわけではなかった[18][19]。過去の場合と同様に、地位の継承の問題は将来の禍根となる可能性が残っていた[20]。東洋学者のバーナード・ルイスは、「イスラームの歴史からムアーウィヤが利用できた先例は合議と内戦だけであった。前者はうまく行きそうにもなく、後者には明白な問題があった。」と指摘している[19]。このような理由から、ムアーウィヤは自分の息子であるヤズィードを後継者として指名することで生前に問題を解決しようとした[20]。しかし、世襲による継承はそれまでのイスラームの歴史において前例がなく、イスラーム教徒にとってこのような考えは恥ずべきものであった。初期のカリフたちはマディーナでの民衆の支持、あるいはムハンマドの古くからの教友(サハーバ)による合議によって選出されていた。また、イスラームの原則によれば、カリフの地位は支配者の私有物ではなく、子孫に与えられるものではなかった。さらに、支配者の地位は父から息子へ引き継がれるべきものではなく、より広い部族の人物の中から選ばれるべきであるとするアラブの慣習によっても受け入れ難いものであった[19]

ムアーウィヤはクライシュ族の妻の子である長男のアブドゥッラーを後継者の候補から外した。これは恐らく、カルブ族の妻の生まれであるヤズィードに対するシリアでの強力な支持によるものであった[21]。カルブ族はシリア南部で支配的な部族であり、より大きな部族連合であるクダーア族英語版を率いていた[22]。クダーア族はイスラームが成立する遥か以前にシリアで勢力を築き、アラビアとイラクのより自由闊達な気質の部族とは対照的に、ビザンツ帝国の下でかなりの軍事経験を積むとともに階層的秩序にも精通していた[23]。一方、シリア北部はムアーウィヤの治世中にその地へ移住してきた部族連合のカイス族英語版よって支配されていたが[24][25]、カイス族はウマイヤ朝の宮廷におけるカルブ族の特権的な地位に不満を抱いていた[26]

ムアーウィヤはビザンツ帝国に対する軍事行動の指揮官にヤズィードを任命することによって、シリア北部の部族からヤズィードへの支持を増やそうとしていたとみられている[26]。しかし、カイス族はヤズィードが「カルブ族の女性の息子」であることを理由に、少なくとも当初は後継者への指名に反対したため、この方針は限られた成果しかもたらさなかった[25]ヒジャーズ(マディーナとメッカが存在し、古くからのイスラーム教徒の支配層が居住していたアラビア半島西部の地域)ではヤズィードはウマイヤ家の親族から支持を得ていたが、同様にヒジャーズに居住する他の有力者層から指名の承認を取り付けることも重要な要素を占めていた。ムアーウィヤはメッカ巡礼の引率者としてヤズィードを任命することでヤズィードの継承への支持を獲得し、イスラーム教徒の指導者としての立場を固めさせようと望んでいた可能性がある[25][26]。10世紀の学者であるイスファハーニー967年没)によれば、ムアーウィヤはヤズィードの継承を支持する世論を形成するために複数の詩人を雇っていた[27]

 
城壁の外から望むマディーナ(1907年)

歴史家のイブン・アル=アスィール1233年没)の記録によれば、ムアーウィヤは676年に首都のダマスクスですべての地方の有力者が参加するシューラー英語版(諮問のための会議の場)を召集し、媚びと賄賂、さらには脅迫といった手段を用いてヤズィードの継承に対する参加者の支持を取り付けた[19][28]。そしてウマイヤ家の親族で当時マディーナの総督であったマルワーン・ブン・アル=ハカムにこの決定をマディーナの人々へ周知させるように命じた。しかしマルワーンは、とりわけその徳のある血筋から同様にカリフの地位を主張することが可能であったフサイン・ブン・アリー(アリー・ブン・アビー・ターリブの息子でムハンマドの孫)、アブドゥッラー・ブン・アッ=ズバイル(ムハンマドの教友のアッ=ズバイル・ブン・アル=アウワームの息子で初代正統カリフのアブー・バクルの孫)、アブドゥッラー・ブン・ウマル英語版(第2代正統カリフのウマルの息子)、さらにはアブドゥッラフマーン・ブン・アビー・バクル英語版(アブー・バクルの長男)といったムハンマドの教友の息子たちによる反対に直面した[29][30]。ムアーウィヤはマディーナへ向かい、これらの4人の反対者たちに対して同意するように圧力をかけたものの、4人全員がメッカへ逃れた。さらに逃亡者の何人かを追って殺害の脅しをかけたが効果はなかった。それにもかかわらず、ムアーウィヤは4人が忠誠を誓ったことをメッカの人々へ信じさせることに成功し、メッカの住民からヤズィードに対する忠誠を受けた。同様にダマスクスへ戻る途中でマディーナの住民からも忠誠を確保した。このようにムアーウィヤがヤズィードへの指名に対する全般的な承認を取り付けたことで、反対者たちは沈黙を余儀なくされた[31]

東洋学者のユリウス・ヴェルハウゼンは、著名なマディーナの住民による指名の拒否に関するこの記録はムアーウィヤの死後に起きた出来事(後述)の逆反映であるとして、上述の話の信憑性に疑問を呈している[31]。同様の見解は歴史家のアンドルー・マーシャムからも示されている[25]。歴史家のタバリー923年没)の記述によれば、ムアーウィヤは676年に指名を公表し、地方の代表団は679年もしくは680年にイラクの駐屯地であるバスラから迎え入れたのみであり、この代表団がヤズィードに対する忠誠を誓ったとしている[32]。一方、歴史家のヤアクービー898年没)によれば、ムアーウィヤはメッカへの巡礼の際にヤズィードへの忠誠を要求した。これに対して上記の4人の著名なイスラーム教徒を除き、すべての人々が要求に従った。また、反対した4人に対してムアーウィヤが実力行使に出ることはなかった[27]。いずれにせよ、ムアーウィヤは自分の死の前にヤズィードの継承に対する全般的な承認を確保することに成功した[26]

治世編集

ムアーウィヤは680年4月に死去した[注 1]。タバリーによれば、ヤズィードは父親が死を迎えた時にダマスクスとパルミラの間に位置するフッワーリーン英語版の自分の住居に滞在していた[33]。一方、アラビア語の詩歌集であるイスファハーニーの『キターブ・アル=アガーニー英語版』(歌の書)に収められたヤズィードの詩によれば、ヤズィードはムアーウィヤの最後の病気の知らせを受け取った時にはビザンツ帝国に対する夏季の遠征に出ていた[34]。歴史家のアンリ・ラメンス英語版は、この遠征に関する言及とヤズィードがムアーウィヤの死後になってようやくダマスクスに到着したという事実に基づき、ヤズィードがフッワーリーンに滞在していたという報告に否定的な見解を示している[35]。ムアーウィヤはヤズィードが帰還するまで自身の最も忠実な配下であるダッハーク・ブン・カイス英語版ムスリム・ブン・ウクバ英語版に政府の統制を委ねた。そしてヤズィードに対する遺言を作成し、イスラーム国家の統治にあたっての諸々の事案に関する指示を残した。遺言の中でムアーウィヤは、フサイン・ブン・アリーとイブン・アッ=ズバイルについてはヤズィードの支配に異議を唱える可能性があるため両者への警戒を怠らないように忠告し、もし両者がそのような行動に出た場合には打倒するように指示していた。さらに、フサインについてはムハンマドの孫であるため注意深く扱い、その血を流すことのないように助言していた。しかし、もう一方のイブン・アッ=ズバイルに関しては、ヤズィードの統治を受け入れない限り厳しく対処することになった[36]

忠誠の誓い編集

ヤズィードは即位すると地方の総督に忠誠の誓い(バイア英語版)を要求し、総督たちから誓いを受けた[注 1]。また、当時のマディーナの総督でヤズィードの従兄弟にあたるアル=ワリード・ブン・ウトバ・ブン・アビー・スフヤーン英語版に手紙を記し、ムアーウィヤの死を知らせると共にフサイン・ブン・アリー、イブン・アッ=ズバイル、そしてアブドゥッラー・ブン・ウマルから忠誠を確保するように指示した[37]。手紙に記されていた指示は以下のようなものだった。

忠誠を誓わせるためにフサイン、アブドゥッラー・ブン・ウマル、イブン・アッ=ズバイルを捕えよ。そして忠誠を誓う前にいかなる行動も起こす機会を与えないよう厳格に対処せよ[38]
 
ウマイヤ朝が首都としていたダマスクスマックス・シュミット英語版画、1844年)

ワリードはマルワーン・ブン・アル=ハカムに助言を求めた。これに対してマルワーンは、イブン・アッ=ズバイルとフサインは危険な存在であり強制的に忠誠を誓わせるべきだとする一方、アブドゥッラー・ブン・ウマルは脅威となる態度を見せていないため放置しておくべきだと助言した[37]。フサインはワリードの召喚に応じ、半ば非公開の会議の場でワリードとマルワーンに会い、そこでムアーウィヤの死とヤズィードの即位について知らされた。そして忠誠の誓いを求められるとフサインは非公開の場で忠誠を誓うのは不適当であると答え、公の場で忠誠を誓うことを提案した。これに対してワリードは同意したが、マルワーンはフサインが忠誠を誓うまで拘束するべきだと主張した。フサインはマルワーンを叱り飛ばし、総督側が自分を拘束しようとした場合に備えて近くで待機していた武装した従者たちの下へ立ち去った。マルワーンはフサインが出て行くとすぐにワリードに対して警告したが、ワリードはフサインとムハンマドの血縁関係を理由にフサインへ危害を加えることに対する拒否を正当化した。もう一方のイブン・アッ=ズバイルは召喚に応じずメッカへ向かった。ワリードは80人の騎兵を送ったもののイブン・アッ=ズバイルの逃亡を許した。さらにはフサインもヤズィードに忠誠を誓うことなく早々にメッカへ去った[39]。この失敗に不満を抱いたヤズィードは総督の地位をワリードからウマイヤ家内の遠戚にあたるアムル・ブン・サイード英語版に交代させた[37]。アブドゥッラー・ブン・ウマル、アブドゥッラフマーン・ブン・アビー・バクル、そしてアブドゥッラー・ブン・アッバース英語版の3名は、以前にもムアーウィヤによるヤズィードの指名を非難していたものの[注 3]、フサインやイブン・アッ=ズバイルとは異なり、最終的にヤズィードに対する忠誠を誓った[18]

カルバラーの戦い編集

 
アラブ軍の軍営都市(ミスル)として7世紀に建設されたクーファの現代の街並みと大モスク英語版フサインの父親のアリーはクーファをイスラーム国家の首都としていた。

メッカでフサインはアリー家を支持するクーファの住民から手紙を受け取り[注 4]、ヤズィードに対する反乱を率いるように要請された。これを受けてフサインはクーファの状況を見極めるために従兄弟のムスリム・ブン・アキール英語版(以下、イブン・アキール)を派遣した。フサインはバスラへも手紙を送ったが、手紙を携えた使者はバスラの総督のウバイドゥッラー・ブン・ズィヤード英語版(以下、イブン・ズィヤード)へ引き渡された上に殺害された[44]。イブン・アキールはクーファで獲得した大規模な支援をフサインへ報告し、都市へ入るように促した。一方でヤズィードはクーファの部族の指導者たち(アシュラーフ)からこれらの不穏な状況の報告を受け、アリー家支持派の活動に対して行動を起こすことに消極的であったクーファの総督のヌゥマーン・ブン・バシール・アル=アンサーリー英語版をイブン・ズィヤードに交代させた。そしてイブン・ズィヤードはイブン・アキールを処刑するか投獄するように命じた。イブン・ズィヤードの弾圧と政治工作の結果、イブン・アキールは次第に支持者を失い始め、予定よりも早く反乱を宣言することを余儀なくされた。しかし反乱は失敗に終わり、イブン・アキールは処刑された[44]

 
フサインがカルバラーで三方から包囲された様子を描いた図。この後に起こった戦いでフサインは70人余りの従者と共に殺害された。

イブン・アキールの手紙に促されたフサインはアブドゥッラー・ブン・ウマルとアブドゥッラー・ブン・アッバースの警告を無視してクーファへ向かった。アブドゥッラー・ブン・アッバースはクーファの人々が以前に父親のアリーと兄のハサンを見捨てたことを思い出させたが、フサインを思い留まらせることはできなかった[44]。そしてフサインはクーファへ向かう途上でイブン・アキールの死の知らせを受けたにもかかわらず、クーファへの行進を続けた。しかし、イブン・ズィヤードの総勢4,000人の部隊がクーファへの到着を阻み、フサインはカルバラーの砂漠での野営を余儀なくされた。イブン・ズィヤードは服従を認めることなしにフサインの通過を認めようとしなかったが、フサインは服従を拒否した。1週間にわたる交渉は失敗に終わり、その後の680年10月10日に起こった戦闘でフサインと72人の男性の同行者が殺害され、フサインの家族は捕虜となった[44][45]。捕虜とフサインの首はヤズィードの下に送られた。歴史家のアブー・ミフナフ英語版773年もしくは774年没)とアンマール・アッ=ドゥフニー(750年もしくは751年没)の説明によれば、ヤズィードはフサインの頭部を自分の杖で突いたとしているが[46]、他の説明ではこの行為をイブン・ズィヤードに帰している[47][注 5]。ヤズィードは捕虜を適切に扱い、数日後にマディーナへ送り返した[44][46]

アブドゥッラー・ブン・アッ=ズバイルの反乱編集

フサインの死後、ヤズィードは自分を権力の座から追放すると公言していたイブン・アッ=ズバイルから増して行く反発に直面した。イブン・アッ=ズバイルは公には新しいカリフを選出するためのシューラーの開催を要求していたが[43]、一方では秘密裏に自分の支持者たちに対して忠誠を誓わせていた[50]。当初ヤズィードは和解に達しようと下賜品や使節団を送ってイブン・アッ=ズバイルを懐柔しようとした[50]。しかし、イブン・アッ=ズバイルはヤズィードの承認を拒否し、これに対してヤズィードはイブン・アッ=ズバイルを拘束するためにイブン・アッ=ズバイルとは疎遠な関係にあった兄弟のアムルが率いる部隊を派遣した。戦いはアムルの軍が敗北し、アムルは捕虜となって処刑された[51]。マディーナではイブン・アッ=ズバイルの影響力が高まり、一方でマディーナの住民はウマイヤ朝による支配と政府の歳入を増やすために実行された土地の没収を含むムアーウィヤの農業政策に幻滅していた[43]

 
メッカの町とカアバ(1907年)。イブン・アッ=ズバイルはメッカを拠点にヤズィードに対する反乱を起こし、この場所を作戦拠点として使用した。

ヤズィードはマディーナの有力者をダマスクスに招き、下賜品を与えることで招待した使節団を取り込もうとした。しかし使節団はこのような行為を受け入れず、マディーナに戻ると住民にヤズィードの贅沢な暮らしぶりについて語った。そして飲酒、猟犬を使った狩り、音楽への傾倒といった行為を非難した。マディーナの住民はアブドゥッラー・ブン・ハンザラ英語版の指導の下でヤズィードへの忠誠を放棄し、マディーナの総督でヤズィードの従兄弟にあたるウスマーン・ブン・ムハンマド・ブン・アビー・スフヤーン英語版とマディーナに住むウマイヤ家の一族を追放した。これに対してヤズィードはヒジャーズを再征服するためにムスリム・ブン・ウクバが率いる総勢12,000人の軍隊を派遣した。何度かの交渉が失敗に終わった後、マディーナの住民はハッラの戦いでヤズィードが派遣した軍隊に敗北した[52]。アブー・ミフナフと歴史家のサムフーディー英語版1533年没)はマディーナが戦闘後に略奪を受けたと説明しているものの、歴史家のアワーナ・ブン・アル=ハカム英語版764年没)は反乱の首謀者たちが処刑されただけであったと述べている[53]。ヤズィードの軍隊は反乱を起こした者たちに対して再度忠誠の誓いを強要するとイブン・アッ=ズバイルの勢力を制圧するためにメッカへ向かった[54]。メッカへの道中でムスリム・ブン・ウクバが死去し、フサイン・ブン・ヌマイルが指揮を引き継いだ。フサイン・ブン・ヌマイルは683年9月にメッカを包囲した。包囲は数週間にわたって続き、その間にメッカのモスクの中心に位置するイスラーム教徒の聖なる神殿であるカアバが炎上する事件が発生した[注 6]。しかし、683年11月にヤズィードが急死したために軍事作戦は打ち切られ、フサイン・ブン・ヌマイルは自軍とともにシリアへ撤退した[58]

内政と国外への軍事行動編集

統治体制に関してヤズィードは概ねムアーウィヤが発展させたモデルを継承していた。ムアーウィヤがそうであったように、ヤズィードは親族ではなく地方の総督とアシュラーフに依存した統治を続けた。また、ムアーウィヤの下でバスラの総督を務めたイブン・ズィヤードや財務長官を務めたシリア出身のキリスト教徒であるサルジューン・ブン・マンスール英語版を含むムアーウィヤに仕えていた一部の公職者を留任させた[57][59]。ムアーウィヤと同様に、ヤズィードは支持を得るために各地方から部族の名士 (Wufūd) の代表団を迎え入れたが、その際には恐らく下賜品や賄賂の分配も伴っていた[59]。カリフの政権運営と軍事体制はムアーウィヤの時代と同様に地方に分権化されたままであった。地方は税収の多くを保持し、ごく一部のみがカリフへ送られていた[60]。地方の軍隊は地元の部族から構成され、その指揮権もアシュラーフに委ねられていた[61]

 
ヤズィードはシリアで新たな北方の国境地帯を管轄する軍事区(ジュンド)としてジュンド・キンナスリーンを設置した(図は9世紀のアッバース朝時代におけるシリアのジュンドの区分を表している)

ヤズィードは要求に応じてナジュラーンのアラブ人キリスト教徒英語版の部族に対する税の軽減を認めたが、一方でイスラーム教徒の征服者への支援に対する恩恵として以前のカリフたちから与えられていたサマリア人民族宗教の共同体に対する特例的な税の免除を廃止した。また、ヤズィードは後にナフル・ヤズィード(Nahr Yazīd)の名で知られるようになった運河を開削することでダマスクスに近いグータの肥沃な大地の灌漑システムを改善した[57]

ムアーウィヤはその治世が終わる頃にビザンツ帝国と30年間の和平協定を結んだものの、ウマイヤ朝はビザンツ帝国への毎年3,000枚の金貨、50頭の馬、50人の奴隷の貢納と、以前に占領していたロドス島アナトリアの海岸地帯の前線基地に駐屯しているイスラーム教徒の部隊の撤退を受け入れざるを得なかった[62]。その後、ヤズィードの下でマルマラ海沿いのイスラーム教徒の基地は放棄された[63]。父親の下で開始され、広範囲に及んでいたビザンツ帝国に対する襲撃とは対照的に、ヤズィードはビザンツ帝国との国境を安定させることに重点を置いた[63]。シリアの軍事防衛体制を改善し、ビザンツ帝国の侵入を防ぐために、ヤズィードはシリアの軍事区(ジュンド)の一つであるジュンド・ヒムス英語版の一部を分割してシリア北部の国境地帯にジュンド・キンナスリーン英語版を設置し、守備隊を駐屯させた[63][64]

ヤズィードは北アフリカ中央部のイフリーキヤを征服したものの、ムアーウィヤによって解任されていたウクバ・ブン・ナーフィ英語版を再びイフリーキヤの総督に任命した。ウクバは681年に北アフリカ西部への大規模な遠征を開始した。ベルベル人とビザンツ帝国軍を破ったウクバは大西洋岸に到達し、タンジェヴォルビリスを占領した。しかし、ウクバはこれらの地域に対する恒久的な支配を確立することはできなかった。イフリーキヤに戻ったウクバはヴェスケラの戦い英語版でベルベル人とビザンツ帝国の部隊による奇襲を受けて殺害され、征服した領土を失う結果となった[65]。同じ681年にヤズィードはイブン・ズィヤードの兄弟であるサルム・ブン・ズィヤード英語版を北東の国境地帯に位置するホラーサーンの総督に任命した。サルムはトランスオクシアナ(中央アジア)においていくつかの軍事作戦を指揮し、サマルカンドホラズムを襲撃したものの、いずれの地に対しても恒久的な支配の足掛かりを得ることはできなかった。そして683年のヤズィードの死とその後の東方地域の混乱に伴い、これらの軍事活動は収束した[66]

死と後継者編集

 
ウマイヤ家と王朝の系図。黄色がスフヤーン家のカリフ、青色がマルワーン1世とその子孫(マルワーン家)のカリフ、緑色が正統カリフのウスマーン

ヤズィードは683年11月11日にお気に入りの住居があったシリア中央部の砂漠の町であるフッワーリーンで死去し、その地に埋葬された[67]。アブー・マアシャル・アル=マダニー(778年没)やワーキディー英語版822年没)のように初期の年代記作者はヤズィードの死の詳細について何も述べていない。この情報の欠如は、落馬、過度の飲酒、胸膜炎、さらには熱傷を含むいくつかの死因を詳述している反ウマイヤ朝の傾向を持つ作家による創作話に着想を与えたとみられている[68]。当時ホラーサーンに住んでいた同時代の詩人であるイブン・アラーダの詩によれば、ヤズィードは体の脇にワインカップを持ったままベッドで死んだ[68][69]

ヤズィードの死後、イブン・アッ=ズバイルは自身をカリフであると宣言し、これを支持したエジプトとイラクがイブン・アッ=ズバイルの支配下に入った。シリアではヤズィードによって後継者に指名されていた息子のムアーウィヤ2世がカリフとなったものの、シリアのほとんどの地域(ジュンド・ヒムス、ジュンド・キンナスリーン、およびパレスチナのジュンド・フィラスティーン英語版)がイブン・アッ=ズバイルの同盟者による支配下に入ったため、ムアーウィヤ2世の支配地はシリアの一部に限定されていた[58]。ムアーウィヤ2世は原因不明の病気によって即位から数か月後に死去したが、いくつかの初期の史料では死去する前に退位していたと述べている[69]

ムアーウィヤ2世の死後、ヤズィードの母親の出身部族であるカルブ族の人々は、自らの特権を維持するためにヤズィードの息子のハーリド・ブン・ヤズィード英語版を擁立しようとした。しかし、ハーリドはウマイヤ朝を支持する部族連合の中でカルブ族以外の部族からはカリフとなるにはあまりにも若すぎると見なされたため[70][71]、ムアーウィヤ(1世)の再従兄弟にあたるマルワーン・ブン・アル=ハカム684年6月にウマイヤ朝支持派の部族によるシューラーでカリフとして認められた[72]。その直後にマルワーンとカルブ族はマルジュ・ラーヒトの戦いでダッハーク・ブン・カイスに率いられたシリアのイブン・アッ=ズバイル支持派の軍隊に大勝を収めた[73]。ウマイヤ朝支持派によるシューラーではハーリドがマルワーンの後継者となることを定めていたにもかかわらず、マルワーンは息子のアブドゥルマリクを自分の後継者に指名した[70][71]。これによってウマイヤ朝の王家はスフヤーン家(ムアーウィヤ1世の父親であるアブー・スフヤーン英語版の子孫の家系)からマルワーン家に取って代わられた[74]。アブドゥルマリクは692年までにイブン・アッ=ズバイルを打ち倒し、イスラーム国家全域におけるウマイヤ朝の権威を回復させた[75]

評価と遺産編集

カルバラーの戦いにおけるフサイン・ブン・アリーの殺害はイスラーム教徒の間で広範囲に及ぶ激しい抗議を引き起こし、ヤズィードに対する印象が大きく損なわれる原因となった[76]。また、この出来事はヤズィードへの反抗がアリー家を支持する人々の強力な願望と結びついて反ウマイヤ朝運動の形で表面化するきっかけとなり[77]、独自の儀式と記憶を持つシーア派[注 7]のアイデンティティーの発展に影響を与えた[45]。カルバラーの戦い以降、フサインの家系から続くシーア派のイマームは政治的には沈黙を守る方針を採った[79]

イスラーム教徒による伝統的な見解編集

ヤズィードは今日まで多くのイスラーム教徒によって非道な人物であると見なされており[11]、統治者の地位は(その権利を奪うために)ヤズィードが殺害したフサインを含むアリーとその子孫たちに帰属すると考えるシーア派だけではなく[80]、ヤズィードがイスラームの価値観からはかけ離れた存在であるとする多くのスンニ派にとっても同様に考えられている[81][82]。ヤズィードはシーア派においては悪の象徴とされており[83][84]、毎年アーシューラーの行列や受難劇で罵倒され[85][86]、非道で暴虐的であると見なされた支配者はしばしばヤズィードと同一視されている[87][88]イラン革命以前にイランのシャールーホッラー・ホメイニーによって「今の時代のヤズィード」と呼ばれ[83][89]イラクサッダーム・フセイン大統領もイラン・イラク戦争中にシーア派の聖地への巡礼を禁止したことに対してイラクのシーア派から同じように呼ばれた[90]。スンニ派の中ではハナフィー学派はヤズィードへの非難を認めているものの[91]ハンバル学派シャーフィイー学派の多くはこのような評価をヤズィードに押し付けるべきではなく、暴君一般を非難すべきであると主張している[92]。しかし、ハンバル学派の学者であるイブン・アル=ジャウズィー英語版1201年没)は、ヤズィードへの非難を正当化した[92][注 8]。一方でガザーリー1111年没)は、ヤズィードがイスラーム教徒であり、フサインの殺害における役割が立証されていないことを理由として、ヤズィードへの非難は禁止されると述べている[93]

ヤズィードはカリフの歴史の中で血縁関係に基づいて後継者に指名された最初の人物であり、このような世襲によるカリフの地位の継承はその後の慣習となった[26]。このような事情から、イスラーム教徒の歴史的な伝承においてヤズィードの継承はカリフの役割を君主の性格へと変えた腐敗と見なされ、ヤズィード自身はカリフの地位にある間に三つの重大な犯罪の責任を負った暴君として描かれている。一つ目が虐殺とみなされたカルバラーの戦いでのフサインとその支持者たちの死、二つ目がヤズィードの軍隊がマディーナを略奪したハッラの戦いの余波、そして三つ目がヤズィードの軍司令官であるフサイン・ブン・ヌマイルによるものとされたメッカの包囲中に発生したカアバの焼失である。伝承では飲酒、踊り、狩り、そして犬や猿などのペットの飼育といった習慣が強調され、イスラーム共同体を率いるには不信心であり相応しくない存在として描写されている[59]。現存する同時代のイスラーム教徒による史書では、ヤズィードを「その腹と陰部に関する点で罪深い人物」、「傲慢な酔っぱらい」、「神への反抗、神の宗教への信仰心の欠如、そして神の使徒に対する敵意に突き動かされている」と説明している[94]。歴史家のバラーズリー英語版892年没)は、カリフに通常用いられる「信徒たちの長」(ʾamīr al-muʾminīn)の称号とは対照的に、ヤズィードを「罪人たちの長」(ʾamīr al-fāsiqīn)と表現した[95]

このような評価の存在にもかかわらず、一部の歴史家は、初期のイスラーム教徒による情報源にはフサインの死に対するヤズィードの責任を免除し、イブン・ズィヤードに直接責任を負わせる傾向が存在すると主張している[44]。歴史家のジェームズ・リンジーによれば、シリアの歴史家のイブン・アサーキル英語版1176年没)は、ヤズィードに対する一般的な主張を受け入れつつもヤズィードの肯定的な資質を強調しようとした[59][96]。例として、ヤズィードがハディース(ムハンマドに帰する格言と伝承)を伝える者であるとともに「預言者の時代との繋がりの故に」高潔な人物であり、支配者の立場に値すると強調した[97]

現代の学者の見解編集

宗教界におけるその評判にもかかわらず、現代の専門的な歴史家は一般にヤズィードに対してより好意的な見方をしている。ヴェルハウゼンによれば、ヤズィードは必要な場合にのみ実力行使に訴えていた穏やかな統治者であり、宗教的な伝統において描写されているような暴君ではなかった。さらに、ヤズィードは王子としての公務に対する関心を欠いていたが、カリフとしては「古くから存在する嗜好、すなわちワイン、音楽、狩猟、その他の娯楽を手放さなかったとはいえ、そのような無関心からは更生していたようにみえる」と指摘している[98]。歴史家のヒュー・ナイジェル・ケネディ英語版の見解では、カルバラーとアル=ハッラでの惨事にもかかわらず、ヤズィードの統治は「功績を欠いていたわけではなかった」。また、ヤズィードはより長く生きていたならば風評が改善していた可能性があるが、その早期の死は「治世の初期の打撃」に対する汚名が定着する一因になったと述べている[63]。イスラーム研究家のジェラルド・R・ホーティング英語版によれば、ヤズィードは父親の対外政策を継続しようとしたものの、ムアーウィヤとは異なり、下賜品や賄賂によって反対派を取り込むことはできなかった。ホーティングはヤズィードについて以下のように要約している。「ムアーウィヤが伝統的な中東地域における専制君主というよりも部族のシャイフのように機能していたという印象は… ヤズィードにも当てはまるように思われる」[59]。一方、バーナード・ルイスの見解では、ヤズィードは「父親の能力の多くを備えた」有能な統治者であったが、後のアラブの歴史家によって過度な批判に晒されたとしている[77]。アンリ・ラメンスもヴェルハウゼンと同様の見解を示し、「詩人であり、音楽を愛し、詩人や芸術家たちにとってのマエケナスだった」と述べている[57]

750年に打倒されたウマイヤ朝の歴史を記したアッバース朝時代のイスラーム教徒の文献におけるヤズィードの性格面の描写は、アッバース朝のウマイヤ朝に対する敵意に影響を受けていたと考えられている[94]。伝統的なイスラーム教徒の史料におけるほとんどの記録はヤズィードに対する反乱に焦点を合わせており[59]、大抵においてシリアにおける公人としての生活と反乱の鎮圧以外の活動についての詳細を欠いている。これについてアンリ・ラメンスは、ヤズィードの下でフサインが殺害され、イスラームの聖地が攻撃されたことに関して、イラクを拠点とするアッバース朝時代の年代記作者がヤズィードを不信心な大酒飲みとしての側面のみに基づいて説明する傾向にあったことに起因すると指摘している[99]。このような説明とは対照的に、『741年の年代記』に残されたシリアの記録では、ヤズィードについて、「非常に快活な人物であり、その統治下にあるすべての人々からかなり好意的な目で見られていた。彼は人の常として王侯階級であるが故に自分の栄光を追い求めるようなことは決してなく、一市民としてすべての民衆と共に暮らした。」と説明している[94]

ヤズィーディーとの関係編集

 
イラクのクルディスタン地方のラリシュ英語版に存在するシャイフ・アディーの廟墓

主にイラクを拠点とするクルド語を話す民族宗教の共同体であるヤズィーディーにおいて、スルターン・エズィードは大きな崇敬を受けている神聖な人物である[100]。ほとんどの西洋の歴史家はエズィードという名前はカリフのヤズィードに由来すると考えている[101][注 9]。しかし、ヤズィーディーの宗教的な伝承において、スルターン・エズィードと2代目のウマイヤ朝のカリフの間にはいかなる関連性の痕跡も認められない[102]。ウマイヤ家の子孫のスーフィーであり、今日までヤズィーディーから深く敬意を払われているシャイフ・アディー英語版(アディー・ブン・ムサーフィル)の下で、カリフのヤズィードに対して特に同情的であったウマイヤ朝に賛意を示す一派による運動が12世紀以前のクルドの山岳地帯に存在した[100][103]。シャイフ・アディーはその地に定住し、運動の支持者たちを呼び込んだ。ヤズィーディーという名称はシャイフ・アディーがウマイヤ家の家系の出身であったためにこの運動の集団に用いられたのではないかと考えられている[103]

硬貨編集

 
ヤズィード1世時代の硬貨。鋳造地:バスラ、総督:ウバイドゥッラー・ブン・ズィヤード、日付:ヒジュラ暦60年(西暦679年/680年)、表面:ホスロー2世を模したサーサーン朝様式の胸像。枠外にビスミッラー(神の御名において)の文字と4つの小粒が刻まれている。裏面:飾りの紐の中に付き人を伴った火の祭壇がある。炎の脇に星と三日月が描かれ、左に日付、右に鋳造地の名が記されている。

鋳造の日付が「ヤズィードの初年」と記されたサーサーン朝様式の銀貨が伝えられている。表面にはサーサーン朝の王ホスロー2世(在位:590年 - 628年)の肖像とパフラヴィー文字でホスロー2世の名が刻まれ、裏面には付き人を伴った一般的なゾロアスター教火の祭壇が描かれている。しかし、余白にはヤズィードの治世の初年に鋳造されたという銘文が刻まれている[104]。また、ヒジュラ暦と推定される鋳造の日付が60と刻まれたニーシャープール鋳造の無名の硬貨もヤズィードの治世の初年のものであると考えられている[105]。その他のヤズィードの治世の硬貨は、大抵の場合硬貨が造られた州の総督の名前のみが記されている[105][106]

ウマイヤ朝に対抗してカリフを称したイブン・アッ=ズバイルは、ヤズィードが死去するまで公にはカリフの地位を主張しなかったにもかかわらず、ヤズィードと同様にヒジュラ暦61年から63年(西暦681年 - 683年)の間の日付でその名を刻んだ硬貨がファールスケルマーンから複数発見されている[107]。これはアラビア半島とイラクにおけるヤズィードの支配に対する異議と同様に、ペルシア南部でもほぼヤズィードが即位した時期からその権威に異議が唱えられていたことを示唆している可能性がある。イブン・アッ=ズバイルの名で硬貨が鋳造された理由は、恐らく適切なクライシュ族の人物の名を用いることでウマイヤ朝の対抗者たちへ正当性を付与するためであったと考えられている[108][注 10]

妻子編集

 
661年から684年までウマイヤ朝を統治したスフヤーン家の家系図(赤色がスフヤーン家のカリフ)

ヤズィードは3人の女性と結婚し、数人の側室がいた。妻のうち2人の名前が知られている。ウンム・ハーリド・ファーヒタ・ビント・アビー・ヒシャームと、長年にわたって活躍した指導者であり軍司令官であったアブドゥッラー・ブン・アーミル英語版の娘のウンム・クルスームである[110][111]。両者は共にウマイヤ家の祖先の氏族であるアブド・シャムス氏族英語版の出身であった[112]

ヤズィードには3人の妻たちとの間に3人の息子がいた。長男のムアーウィヤ2世はヤズィードが死去した時点で17歳から23歳の間の年齢であった。ムアーウィヤ2世の母親の名前は不明であるものの、カルブ族の出身であった。病気のためにムアーウィヤ2世はカリフの職務を遂行できず、滅多に住居を出ることはなかった。結局父親の死後数ヶ月しか生きることができず、子孫を残すことなく死去した[111]。ヤズィードの次男のハーリドは668年頃に生まれ、母親はウンム・ハーリド・ファーヒタであった。マルワーンはカリフになった後にスフヤーン家との協力関係を築くためにファーヒタと結婚し、ハーリドのカリフの地位に対する主張を無力化した。伝説的な説明では、ハーリドはマルワーンに抗議し、これに対してマルワーンはハーリドを侮辱したと伝えているものの、実際には継承から除外されたことに対して沈黙を守っていた。ハーリドはマルワーンの後を継いでカリフとなったアブドゥルマリクの娘と結婚し、アブドゥルマリクとは親しい関係にあった。また、いくつかの伝説的な記録によれば、ハーリドは錬金術に興味を示し、錬金術、天文学、医学に関するギリシア語の著作をアラビア語へ翻訳するように命じた[70]。ヤズィードの娘のアーティカ英語版はアブドゥルマリクのお気に入りの妻であった[113]。アブドゥルマリクはアーティカとの間に将来のカリフであるヤズィード2世(在位:720年 - 724年)を含む数人の子供を儲けた[114]。ヤズィードとウンム・クルスームの間に生まれた息子であるアブドゥッラー英語版は射手や馬術家として名高い存在であった[110]。ヤズィードには他にもウンム・ワラド英語版(主人の子供を産んだ女奴隷)との間に数人の息子がいた[115][注 11]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b c ムアーウィヤはヒジュラ暦60年ラジャブ月に死去した。この月は西暦の場合680年4月7日に始まる。ムアーウィヤの死亡日は史料によって日付が異なっている。イブン・アル=カルビー英語版819年没)は4月7日、ワーキディー英語版(822年没)は4月21日、マダーイニー英語版843年没)は4月29日としている[1]。一方、ヤズィードの即位の日付は、アブー・ミフナフ英語版(774年没)が4月7日、ニシビスのエリヤ英語版1046年没)が4月21日としている[2]
  2. ^ a b ヤズィードの生年は記録上明確ではない。一方、死亡時の年齢は太陰暦で35歳から43歳の間であったことが記録されている。出生の記録の中で一番早い日付はヒジュラ暦22年であり、これは西暦で642年から643年に相当し、死亡時の年齢を43歳とした場合に最も近い。東洋学者のアンリ・ラメンス英語版ミヒール・ヤン・ド・フーイェ英語版の両者はこの日付が他の記録より正確な生年である可能性が高いとしている。別の記録ではヒジュラ暦25年の出生とされており、これは西暦で645年から646年に相当する。死去を35歳とした場合、生年は西暦で649年に相当するヒジュラ暦29年となる[3][4]
  3. ^ アブドゥッラー・ブン・アッバースが以前にムアーウィヤによるヤズィードの指名を拒否したという記録は、アッバース朝の祖先にあたるアブドゥッラー・ブン・アッバースの立場を高め、指名に抵抗した他の著名な指導者たちと同等な存在とみなすためのアッバース朝の試みであると考える現代の歴史家からは疑問視されている[40][41]
  4. ^ アリー家支持派もしくはアリーの党派と呼ばれた人々はアリー・ブン・アビー・ターリブの政治的な支持者であり、後にはアリーの子孫を支持するようになった[42][43]
  5. ^ ユリウス・ヴェルハウゼンは、統治者は通常職位を示す杖を保持しているため、ヤズィードにこの話を帰しているのは恐らく正しいとしている[48]。一方、アンリ・ラメンスは、この行為はイブン・ズィヤードによって行われた可能性が高いが、フサインに同情的なイラクの年代記作者たちはこの場面の舞台をダマスクスへ移すことに熱心であったと述べている[49]
  6. ^ 一部の後のイスラーム教徒による史料では攻撃側のヤズィードの軍隊が火災を引き起こしたと主張しているものの、防御側が偶発的に火災を引き起こした可能性の方がより高いと考えられている[55][56][57]
  7. ^ スンニ派のイスラーム教徒とは異なり、イスラームの預言者ムハンマドの従兄弟で娘婿であるアリーとその子孫がイスラーム共同体の正統かつ神に導かれた指導者(イマーム)であると信じるイスラームの宗派[78]
  8. ^ イブン・アル=ジャウズィーは、『ヤズィードを非難することへの正当性に関する論考』(Risala fi jawaz al-la'n ala Yazid)と題する論文と、このような慣行を禁じた人々へ反論するもう一つの論文である『ヤズィードへの糾弾を禁じている頑迷な狂信者への返信』(al-radd ali al-muta'sib al-'anid al-mani fi dhamm Yazid)を書いた[92]
  9. ^ その他の説として、一般に「神性」を意味する古代イラン語のyazata中期ペルシア語yazadに由来するとする説はかつては広く受け入れられており、多くのヤズィーディーの間では依然として好まれている説である[101]
  10. ^ 初期のイスラームの歴史においてはクライシュ族の出身であることがカリフの地位に就くため必要条件であると大多数のイスラーム教徒からは考えられていた[109]
  11. ^ ヤズィードとウンム・ワラドの間に生まれた息子たちの名前は、アブドゥッラー・アル=アスガル、ウマル、アブー・バクル、ウトバ、ハルブ、アブドゥッラフマーン、アッ=ラビー、およびムハンマドである[115]

出典編集

  1. ^ Morony 1987, p. 210.
  2. ^ Wellhausen 1927, p. 139.
  3. ^ de Goeje 1911, p. 30.
  4. ^ Lammens 1921, pp. 477–478.
  5. ^ a b Goldschmidt Jr. & Al-Marashi 2019, p. 53.
  6. ^ Sprengling 1939, pp. 182, 193–194.
  7. ^ Lewis 2002, p. 64.
  8. ^ Sprengling 1939, p. 194.
  9. ^ Jankowiak 2013, pp. 290–291.
  10. ^ Jankowiak 2013, pp. 292–294.
  11. ^ a b Hawting 2002, pp. 309–311.
  12. ^ Donner 2010, pp. 156–157.
  13. ^ アスラン 2009, pp. 190–192.
  14. ^ Donner 2010, pp. 160–161.
  15. ^ Donner 2010, pp. 166–167.
  16. ^ Morony 1987, p. 183.
  17. ^ Madelung 1997, p. 322.
  18. ^ a b Donner 2010, p. 177.
  19. ^ a b c d Lewis 2002, p. 67.
  20. ^ a b Wellhausen 1927, p. 140.
  21. ^ Hawting 2002, p. 309.
  22. ^ Marsham 2009, p. 90.
  23. ^ Wellhausen 1927, pp. 131–132.
  24. ^ Crone 1980, p. 34.
  25. ^ a b c d Marsham 2009, p. 91.
  26. ^ a b c d e Kennedy 2016, p. 39.
  27. ^ a b Lammens 1921, p. 104.
  28. ^ Wellhausen 1927, pp. 141–142.
  29. ^ Wellhausen 1927, p. 145.
  30. ^ Hawting 2000, p. 46.
  31. ^ a b Wellhausen 1927, pp. 141–145.
  32. ^ Wellhausen 1927, pp. 143–144.
  33. ^ Morony 1987, p. 214.
  34. ^ Kilpatrick 2003, p. 390 n. 54.
  35. ^ Lammens 1921, p. 108.
  36. ^ Lammens 1921, pp. 5–6.
  37. ^ a b c Wellhausen 1927, pp. 145–146.
  38. ^ Howard 1990, pp. 2–3.
  39. ^ Howard 1990, pp. 4–7.
  40. ^ Marsham 2009, pp. 91–92.
  41. ^ Sharon 1983, pp. 82–83.
  42. ^ Donner 2010, p. 178.
  43. ^ a b c Kennedy 2004, p. 89.
  44. ^ a b c d e f Madelung 2004.
  45. ^ a b Daftary 1990, p. 50.
  46. ^ a b Wellhausen 1901, p. 67.
  47. ^ Howard 1990, pp. xiv, 81, 165.
  48. ^ Wellhausen 1901, p. 67 n..
  49. ^ Lammens 1921, p. 171.
  50. ^ a b Wellhausen 1927, pp. 148–150.
  51. ^ Donner 2010, p. 180.
  52. ^ Wellhausen 1927, pp. 152–155.
  53. ^ Wellhausen 1927, pp. 155–157.
  54. ^ Donner 2010, pp. 180–181.
  55. ^ Hawting 2000, p. 48.
  56. ^ Wellhausen 1927, pp. 165–166.
  57. ^ a b c d Lammens 1934, p. 1162.
  58. ^ a b Donner 2010, pp. 181–182.
  59. ^ a b c d e f Hawting 2002, p. 310.
  60. ^ Crone 1980, pp. 30–33.
  61. ^ Crone 1980, p. 31.
  62. ^ Lilie 1976, pp. 81–82.
  63. ^ a b c d Kennedy 2004, p. 90.
  64. ^ Lammens 1921, p. 327.
  65. ^ Kennedy 2007, pp. 212–215.
  66. ^ Kennedy 2007, pp. 237–238.
  67. ^ Lammens 1921, p. 478.
  68. ^ a b Lammens 1921, pp. 475–476.
  69. ^ a b Wellhausen 1927, p. 169.
  70. ^ a b c Ullmann 1978, p. 929.
  71. ^ a b Marsham 2009, pp. 117–118.
  72. ^ Wellhausen 1927, p. 182.
  73. ^ Kennedy 2004, p. 91.
  74. ^ Hawting 2000, p. 47.
  75. ^ Hawting 2000, pp. 48–49.
  76. ^ Donner 2010, p. 179.
  77. ^ a b Lewis 2002, p. 68.
  78. ^ Madelung 1997, pp. 420–424.
  79. ^ Halm 1997, p. 16.
  80. ^ Fischer 2003, p. 19.
  81. ^ Hyder 2006, p. 77.
  82. ^ Hathaway 2003, p. 47.
  83. ^ a b Fischer 2003, p. 7.
  84. ^ Aghaie 2004, pp. xi,9.
  85. ^ Halm 1997, p. 56.
  86. ^ Kennedy 2016, p. 40.
  87. ^ Hyder 2006, pp. 69, 91.
  88. ^ Aghaie 2004, p. 73.
  89. ^ Halm 1997, p. 140.
  90. ^ Hyder 2006, p. 69.
  91. ^ Kohlberg 2020, p. 74.
  92. ^ a b c Lammens 1921, pp. 487–488, 492.
  93. ^ Lammens 1921, p. 490.
  94. ^ a b c Hoyland 2015, p. 233.
  95. ^ Lammens 1921, p. 321.
  96. ^ Lindsay 1997, p. 253.
  97. ^ Lindsay 1997, p. 254.
  98. ^ Wellhausen 1927, p. 168.
  99. ^ Lammens 1921, pp. 317–318.
  100. ^ a b Langer 2010, p. 394.
  101. ^ a b Kreyenbroek 2002, p. 313.
  102. ^ Asatrian & Arakelova 2016, p. 386.
  103. ^ a b Kreyenbroek 2002, p. 314.
  104. ^ Mochiri 1982, pp. 137–139.
  105. ^ a b Mochiri 1982, p. 139.
  106. ^ Rotter 1982, p. 85.
  107. ^ Rotter 1982, pp. 85–86.
  108. ^ Rotter 1982, p. 86.
  109. ^ Demichelis 2015, p. 108.
  110. ^ a b Howard 1990, p. 226.
  111. ^ a b Bosworth 1993, p. 268.
  112. ^ Robinson 2020, p. 143.
  113. ^ Wellhausen 1927, p. 222.
  114. ^ Ahmed 2010, p. 118.
  115. ^ a b Howard 1990, p. 227.

参考文献編集

日本語文献編集

  • レザー・アスラン『変わるイスラーム-源流・進展・未来』白須英子訳、藤原書店、2009年3月。ISBN 978-4894346765

外国語文献編集

ヤズィード1世

646年? - 683年11月11日

先代:
ムアーウィヤ1世
カリフ
680年4月 - 683年11月11日
次代:
ムアーウィヤ2世