ヤマゼリ(山芹、学名:Ostericum sieboldii)はセリ科ヤマゼリ属多年草鹿児島県姶良郡霧島山)ではウマゼリとも呼ぶ[1]

ヤマゼリ
Ostericum sieboldii 1.JPG
福島県会津地方 2011年9月
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : キキョウ類 Campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: ヤマゼリ属 stericum
: ヤマゼリ O. sieboldii
学名
Ostericum sieboldii (Miq.) Nakai
シノニム
  • Angelica miqueliana Maxim.
和名
ヤマゼリ(山芹)

特徴編集

一稔性草で、開花まで数年かかり、開花・結実した個体は枯れる。は中空で、上部は多く枝分かれし、高さは50-100cmになる。は2-3回3出羽状複葉になり、小葉は卵形または広卵形でやや薄い。葉の縁に粗い鋸歯がある。

花期は7-10月。茎頂か、分枝した先端に小さな複散形花序を多数つける。は白色の5弁花で花弁は内側に曲がる。複散形花序の下にある総苞片、小花序の下にある小総苞片は線形から狭披針形。果実は長さ3.5-4mmの楕円形で、分果の背隆条は脈状で細く、側隆条は狭い翼状になる。油管は分果の表面側の各背溝下に1-4個、分果が接しあう合生面に4-8個ある。

分布と生育環境編集

日本では、本州、四国、九州に分布し、山地の林下や渓谷の縁などに生育する。世界では、朝鮮半島中国大陸(東北地方の南部)に分布する。

ギャラリー編集

下位分類編集

  • ケヤマゼリ Ostericum sieboldii (Miq.) Nakai f. hirtulum (Hiyama) H.Hara
  • ハナヤマゼリ Ostericum sieboldii (Miq.) Nakai f. roseum Hiyama

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 八坂書房 (2001).

参考文献編集

  • 佐竹義輔大井次三郎北村四郎他編『日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類』(1982年)平凡社
  • 林弥栄・平野隆久『山溪ハンディ図鑑1 野に咲く花』(1989年)山と溪谷社
  • 『日本植物方言集成』八坂書房、八坂書房、2001年、563頁。ISBN 4-89694-470-4
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)