メインメニューを開く

ユネスコ親善大使

ウィキメディアの一覧記事

ユネスコ親善大使(ユネスコしんぜんたいし、: UNESCO Goodwill Ambassador)は、国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) の目指す理想や考え方を広げる役割を担った親善大使である。マスメディアの注目を得ている著名人がその任に着く場合もある。「大使」との名称を用いているが、国際法・国内法上の外交官である大使特命全権大使など)ではない。

現在のユネスコ親善大使編集

以下に、現在のユネスコ親善大使の一覧を示す。敬称略。姓の五十音順(ただし、王族は名前)。[1]

氏名 就任 支援するプロジェクト及び活動 リンク
ヴァルダス・アダムクス   リトアニア 2003年 知識社会の構築 [1]
アラ・アブラミアン   ロシア 2003年 文明間の対話 [2]
クリスティアン・アマンプール   アメリカ合衆国 2015年 表現の自由及びジャーナリストの安全 [3]
メーリバン・アリイェーヴァ   アゼルバイジャン 2004年 口承音楽の伝統、国際的な文化交流及び音楽教育の振興 [4]
アリシア・アロンソ   キューバ 2002年 有形無形文化財の保存 [5]
ビタリ・イグナテンコ   ロシア 2008年 ロシア語圏における教育科学文化情報振興 [6]
ミゲル・アンヘル・エストレージャ   アルゼンチン 1989年 [7]
クリスティーナ・オーウェン=ジョーンズ   イタリア 2004年 HIV/AIDS予防教育プログラム [8]
アレクサンドラ・オチローヴァ   ロシア [9]
ウテ・ヘンリエッテ・オホーヴェン   ドイツ 1992年 児童教育基金 [10]
モンセラート・カバリェ   スペイン 1994年 恵まれない子供たちと戦争被害者のための基金 [11]
ピエール・カルダン   フランス 1991年 チェルノブイリ被害者救済とその他の人道的プログラム [12]
クラウディア・カルディナーレ   イタリア 2000年 教育を通した(特に、地中海沿岸諸国の)女性の権利保護 [13]
イヴリー・ギトリス   イスラエル 1990年 教育及び文化プロジェクト [14]
ニザン・グゥアナース   ブラジル 2011年 [15]
エスター・クーパースミス   アメリカ合衆国 2009年 [16]
ヤジド・サベグ   アルジェリア 2010年 [17]
ジャン・ミッシェル・ジャール   フランス 1993年 環境保護、青少年教育、多文化主義、識字率向上 [18]
マハー・チャクリ・シリントン王女   タイ 2005年 少数民族児童及び無形文化遺産の保護 [19]
ハヤット・シンディ   サウジアラビア 2012年 アラブ人女性のための科学教育振興 [20]
千玄室   日本 2012年 日本の伝統文化である茶会などを通して、世界に平和の尊さと文化の大切さを広めること [21]
譚盾   中華人民共和国 [22]
ズラブ・ツェレテリ   ジョージア 1996年 文化および芸術プロジェクト [23]
シェイック・モディボ・ディアラ   マリ 1998年 アフリカにおける科学技術教育振興 [24]
マリア・テレサ大公妃   ルクセンブルク 1997年 教育及び女性の権利向上、マイクロファイナンス、貧困撲滅キャンペーン [25]
プラシド・ドミンゴ   スペイン [26]
サリフ・トラオレ   コートジボワール [27]
サニー・バーキー   インド 2012年 アラブ首長国連邦における教育振興 [28]
イボンヌ・A・バキ   エクアドル 2010年 平和 [29]
クリスティーン・ハキム   インドネシア 2008年 東南アジアにおける教員教育 [30]
カロリーヌ大公女   モナコ 2003年 アフリカにおける女性の地位向上及び児童と家族の保護 [31]
バヒーヤ・ハリーリー   レバノン 2000年 世界遺産の保護及びアラブ世界における教育・文化・女性の権利・持続可能な開発 [32]
ナセル・デビッド・ハリリ   イギリス [33]
マリアンナ・ヴァルディノヤニス   ギリシャ 1999年 文化間の対話、女性の権利保護、文化オリンピック振興 [34]
ジャンカルロ・エリア・ヴァローリ   イタリア 2001年 伝統民族詩歌保護 [35]
ハービー・ハンコック   アメリカ合衆国 [36]
シャンタル・ビヤ   カメルーン 2008年 HIV教育・啓発及び予防活動 [37]
ミル・ヴィレラ   ブラジル 2004年 ラテン・アメリカにおけるボランティア・プロジェクト及び初等教育推進 [38]
キム・フック・ファン・ティ   ベトナム 1994年 児童・孤児・無実の戦争被害者の保護及び教育 [39]
フィリヤル王女   ヨルダン 1992年 人道支援及び生活水準向上等 [40]
ヴィグディス・フィンボガドゥティル   アイスランド 1998年 言語の多様性、女性の権利、教育の振興 [41]
ファン・ディエゴ・フローレス   ペルー [42]
ピエール・ベルジェ   フランス 1993年 人権擁護及びHIV/AIDS撲滅 [43]
パトリック・ボードレー   フランス 1999年 児童教育プログラム [44]
ラバー・マジェール   アルジェリア [45]
デニス・マツーエフ   ロシア 2014年 音楽教育の振興 [46]
ジャン・マロリー   フランス 2007年 北極圏の民族と文化の保護、環境問題 [47]
ヴィック・ムニーズ   ブラジル 2011年 [48]
キティン・ムニョス   スペイン 1997年 無形文化財とその環境の保護及び振興 [49]
オスカル・メツァヴァト   ブラジル 2011年 [50]
ラーラ・メリヤム王女   モロッコ 2001年 女性と児童の権利向上 [51]
リゴベルタ・メンチュウ・トゥム   グアテマラ 1996年 平和文化の振興、先住民族の権利保護 [52]
マルク・ラドレ=ド=ラシャリエール   フランス 2009年 [53]
スサーナ・リナルディ   アルゼンチン 1992年 児童保護、人権救済、芸術家の権利保護 [54]
オメル・ズルフ・リバネリ   トルコ 1996年 [55]

過去のユネスコ親善大使編集

氏名 在任期間 支援していたプロジェクト及び活動 リンク
平山郁夫   日本 1988年-2009年 世界遺産保護修復 [56]
ガッサン・シェーカー   オマーン 1989年-2011年 人道支援基金、口承無形文化財保護 [57]
マリーン・コンスタンティン   ルーマニア 1992年-2011年 音楽と世界遺産 [58]
ユーディ・メニューイン   スイス
  イギリス
1992年-1999年 [59]
ウォーレ・ショインカ   ナイジェリア 1994年-2009年 アフリカ文化、情報・コミュニケーション振興、世界科学知識倫理委員会 [60]
フリオ・ウェルテイン   アルゼンチン 1995年-2013年 ラテンアメリカにおける文化保護、教育振興、環境保護 [61]
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ   アメリカ合衆国 1998年-2007年 教育文化プロジェクト [62]
リリー・マリーニョ   ブラジル 1999年-2011年 貧困からの解放と識字率向上 [63]
マダンジート・シン   インド 2000年-2013年 非暴力平和主義、南アジア文化教育プロジェクト [64]
ネルソン・マンデラ   南アフリカ共和国 2005年-2013年 [65]

出典編集

  1. ^ UNESCO.org: Honorary and Goodwill Ambassadors 2015年10月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集