ヨタ

国際単位系における接頭辞のひとつ

ヨタyotta、記号: Y)は国際単位系 (SI) におけるSI接頭語の一つで、基礎となる単位の 1024(=一𥝱)倍の量であることを示す。最も大きな値のSI接頭語である。ヨッタとも。

2022年11月開催予定の第27回国際度量衡総会 (CGPM) にて、新たに1027のロナ(ronna、記号:R)と1030のクエタ(quetta、記号:Q)を決議案として提出することが決定し、もし可決されると31年続いた最大の値のSI接頭語の座を明け渡すこととなる。

1991年に定められたものであるが、名称決定には以下のような経緯がある。

ヨタが正式に定められる前、イタリア語で「8」を意味する ottoギリシャ語ὀκτώ (okto) とする説もある)に由来するオタ (otta) という接頭語が非公式に導入されていた。8 は、1024 = 10008 だからである。しかし、otta ではその記号が「0ゼロ」とまぎらわしい「Oオー」になってしまうことから、otta を変形した yotta が導入されることとなった。

また、2進接頭辞にヨタに基づいたヨビyobi、記号: Yi)が用意されている。ヨビは 280 = 10248 倍を意味する。

SI接頭語
接頭語 記号 10n 十進数表記 漢数字表記 short scale 制定年
ヨタ (yotta) Y 1024 1000000000000000000000000 𥝱 septillion 1991年
ゼタ (zetta) Z 1021 1000000000000000000000 sextillion 1991年
エクサ (exa) E 1018 1000000000000000000 quintillion 1975年
ペタ (peta) P 1015 1000000000000000 quadrillion 1975年
テラ (tera) T 1012 1000000000000 trillion 1960年
ギガ (giga) G 109 1000000000 billion 1960年
メガ (mega) M 106 1000000 million 1960年
キロ (kilo) k 103 1000 thousand 1960年
ヘクト (hecto) h 102 100 hundred 1960年
デカ (deca) da 101 10 ten 1960年
    100 1 one  
デシ (deci) d 10−1 0.1 tenth 1960年
センチ (centi) c 10−2 0.01 hundredth 1960年
ミリ (milli) m 10−3 0.001 thousandth 1960年
マイクロ (micro) μ 10−6 0.000001 millionth 1960年
ナノ (nano) n 10−9 0.000000001 billionth 1960年
ピコ (pico) p 10−12 0.000000000001 trillionth 1960年
フェムト (femto) f 10−15 0.000000000000001 須臾 quadrillionth 1964年
アト (atto) a 10−18 0.000000000000000001 刹那 quintillionth 1964年
ゼプト (zepto) z 10−21 0.000000000000000000001 清浄 sextillionth 1991年
ヨクト (yocto) y 10−24 0.000000000000000000000001 septillionth 1991年

関連項目編集