メガ

国際単位系における接頭辞のひとつ

メガ(mega, 記号:M)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の106(=百万)倍の量であることを示す。

例:

本来は「巨大な」を意味する接頭辞で、ギリシャ語で「大きい」(great) という意味の μέγας (megas) に由来する。本来の意味での用例は、古典的な語ではメガホンメガリス、また、大きな都市を表すメガポリス、メガシティメガロポリス、近年の例ではメガフロートメガドライブメガマックなどがある。

1874年英国科学振興協会 (BA) がCGS単位系の電磁気の単位の標準化を行う際に、その一部としてマイクロとともに新たに導入された。CGS単位系で電磁気の単位を組み立てると、その示す値が非常に小さくまたは大きくなるため、それまであった接頭辞だけでは足りず、新たな接頭辞を導入する必要があった。1960年の第11回国際度量衡総会 (CGPM) でSIが制定される際、正式に承認された。

核兵器の威力を示すのに使われる単位であるメガトンは、メガTNTトン、つまり百万トンTNT火薬の爆発力に相当するエネルギーを表す。

SI接頭辞編集

SI接頭辞
接頭辞 記号 1000m 10n 十進数表記 漢数字表記 short scale 制定年
ヨタ (yotta) Y 10008 1024 1 000 000 000 000 000 000 000 000 𥝱 septillion 1991年
ゼタ (zetta) Z 10007 1021 1 000 000 000 000 000 000 000 sextillion 1991年
エクサ (exa) E 10006 1018 1 000 000 000 000 000 000 quintillion 1975年
ペタ (peta) P 10005 1015 1 000 000 000 000 000 quadrillion 1975年
テラ (tera) T 10004 1012 1 000 000 000 000 trillion 1960年
ギガ (giga) G 10003 109 1 000 000 000 billion 1960年
メガ (mega) M 10002 106 1 000 000 million 1960年
キロ (kilo) k 10001 103 1 000 thousand 1960年
ヘクト (hecto) h   102 100 hundred 1960年
デカ (deca) da   101 10 ten 1960年
    10000 100 1 one  
デシ (deci) d   10−1 0.1 tenth 1960年
センチ (centi) c   10−2 0.01 hundredth 1960年
ミリ (milli) m 1000−1 10−3 0.001 thousandth 1960年
マイクロ (micro) µ 1000−2 10−6 0.000 001 millionth 1960年
ナノ (nano) n 1000−3 10−9 0.000 000 001 billionth 1960年
ピコ (pico) p 1000−4 10−12 0.000 000 000 001 trillionth 1960年
フェムト (femto) f 1000−5 10−15 0.000 000 000 000 001 須臾 quadrillionth 1964年
アト (atto) a 1000−6 10−18 0.000 000 000 000 000 001 刹那 quintillionth 1964年
ゼプト (zepto) z 1000−7 10−21 0.000 000 000 000 000 000 001 清浄 sextillionth 1991年
ヨクト (yocto) y 1000−8 10−24 0.000 000 000 000 000 000 000 001 涅槃寂静 septillionth 1991年

情報工学の分野における使用法編集

情報工学の分野において、SI接頭辞「メガ」は、国際単位系 (SI) の定めに従い百万(= 106)(= 1000(103)キロの1000(103)倍)を示す場合と、国際規格などで定められていない俗習[1]として1,048,576(= 220)(= 1024(210)キビの1024(210)倍)を表す場合[2][3][4]がある。

この曖昧さを回避するため、1,048,576(= 220)を示す接頭辞として、国際規格(IEC 80000-13)にてSI接頭辞と区別できる2進接頭辞メビ」(mebi,記号:Mi)が定められているが、「メビバイト」(mebibyte,記号:MiB)や「メビビット」(mebibit,記号:Mibit,Mib)などの単位は、あまり用いられていない[2][3][4]

また、国際単位系 (SI) 第8版(2006年)にて、メガやその他のSI接頭辞を決して2のべき乗を表すために用いてはならないと定めている[5]が、大手IT企業であるマイクロソフトアップルなどが、未だ国際単位系 (SI) の定めに完全には従っておらず[2][3][4]2のべき乗を表す用法も混在する状況は解決されていない[6]

脚注編集

  1. ^ 情報工学の分野において、接頭辞「メガ」を、国際単位系 (SI) の定めに従わず、俗習として1,048,576(220)倍(= 1024(210)キビの1024(210)倍)を示す場合があるのは、コンピュータが内部ですべての数値を2進数に置き換えて処理していることと、1,024(210)が概ね1,000(103)であること、及び、代表的なOSMicrosoft WindowsmacOSなど)にて記憶媒体の容量やファイルサイズの換算に用いていることが主な理由である。
  2. ^ a b c Microsoft WindowsmacOSでは、コンピュータの記憶容量やファイルサイズについて、俗習に従い、1,024バイトを1キロバイト、1,024キロバイトを1メガバイトと表している。(これらは国際規格IEC 80000-13)に従う場合、1,024バイトを1キビバイト、1,024キビバイトを1メビバイトと表すことができる。)
  3. ^ a b c 国家試験である情報処理技術者試験にて、「1Mバイト=1,000kバイト」として計算させる問題(基本情報技術者 平成28年春期 午前 問12など)と、「1Mバイト=1,024kバイト」として計算させる問題(基本情報技術者 平成25年秋期 午前 問11など)が出題されている。
  4. ^ a b c 各教科書のキロバイト - 高等学校教育課程情報の科学」の教科書では、「キビバイト」や「メビバイト」など2進接頭辞を用いた単位の説明をせず、「キロ」を1,024倍、「メガ」を1,048,576倍(= 1,024キビの1,024倍)と説明するものが多い。
  5. ^ 国際単位系 (SI) 第8版(2006)日本語版(原書:国際度量衡局 日本語訳:産業技術総合研究所 計量標準総合センター) 3.SI 単位の10進の倍量及び分量 3.1 SI接頭語 p.33サイドノート
    「これらのSI接頭語は10の整数乗を表す。それらを決して2のべき乗を表すために用いてはならない(例えば,1キロビットは1000ビットであり,1024ビットではない)。IEC 規格 60027-2:2005,第3版,電気用文字記号―第2部:電気通信及びエレクトロニクス(IEC 60027-2: 2005, third edition, Letter symbols to be used in electrical technology –Part 2: Telecommunications and electronics)では210,220,230,240,250,及び260に対する接頭語がそれぞれ以下のように定義されている。
    名称 / 記号
    • キビ (kibi) / Ki
    • メビ (mebi) / Mi
    • ギビ (gibi) / Gi
    • テビ (tebi) / Ti
    • ペビ (pebi) / Pi
    • エクスビ (exbi) / Ei
    例えば,1キビバイトは1KiB = 210B = 1024Bと書き表される。ここで,Bはバイトを表す。これらの接頭語はSIに属さないが,SI接頭語の誤用を避けるために,情報工学の分野では既に用いられている。」
  6. ^ パソコンで記憶媒体の詳細な空き容量を調べてみると、カタログスペックとして記載されている容量より、表示される容量のほうが少なくなることが多い。これは記憶媒体の容量を、メーカーが国際単位系 (SI) に従い10の整数乗で計算することが多いのに対し、主なパソコンのオペレーティングシステムMicrosoft WindowsmacOS)が俗習に従い2のべき乗で計算することに起因する。

関連項目編集