メインメニューを開く

ラジオリビングは1976年4月から放送している、ニッポン放送生コマーシャル。正式には『ニッポン放送 ラジオリビング』を名乗る。愛称は『リビング』。

ラジオリビングシリーズ
愛称 リビング
ジャンル ラジオショッピング
放送方式 生コマーシャル
放送期間 1976年4月 -
放送時間 本文参照
放送局 ニッポン放送
制作 ニッポン放送プロジェクト
出演 放送時間欄の担当を参照
提供 ニッポン放送プロジェクト
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

ラジオ局が自社運営で本格な通信販売事業を行うのは珍しく[1]、ニッポン放送の関連会社である株式会社ニッポン放送プロジェクトが番組制作・商品販売を実施している。売上高はラジオショッピング業界で首位[2]

フジサンケイグループが1970年代に展開した通販事業戦略「リビング作戦」の1つであるが[3]、リビング作戦の中核であったディノス(現:ディノス・セシール)との連携は2014年現在は年に数回で、なおかつ通常のラジオリビングよりも消極的な取り扱いになる。

1976年4月に、ニッポン放送の午前帯ワイド番組『あおぞらワイド』内で「あおぞらリビング」として放送開始。それを皮切りに他のワイド番組内でも『早起きリビング』・『ハローリビング』・『(番組タイトル)リビング』等の名称で放送を行うようになった。 なお通常はラジオリビングを行っていないワイド番組でも、期間限定でラジオリビングを放送することもある。

1976年から2000年まで朝10時台に放送されるものは「あおぞらリビング」を名乗っていたが、2011年1月に全ての時間帯で番組名を『ラジオリビング』に統一した。

通常のラジオショッピングと違い、原則として販売員は登場せず、ニッポン放送の現役、OB・OGのアナウンサー、若しくは番組パーソナリティが商品を紹介するのが特徴で、商品によっては実際に1週間程使用した後の感想を述べたり、通販カタログのモデルとして登場する。

過去に利用した顧客向けに通販カタログを毎月を発行しており、利用者への配布やニッポン放送本社社屋での配布やラジオリビングのショッピングサイト上でも閲覧が可能となっている。

テーマ曲は、かつてはCapricornの「Liverpool Hello」(邦題:ハロー・リバプール うえやなぎまさひこのサプライズ!有楽町情報交差点で使用)、HORST JANKOWSKIの「SOULFUL STRUT」(テリー伊藤のってけラジオで使用)を使用していたが、2011年1月以降は全番組『(ニッポン放送) ラジオリビング』にタイトルを統一、共通のジングル・BGMを使用している。

2000年にはインターネットショップ「オンライン・ラジオリビング」を開設、2011年には放送35周年を迎えた。

2015年から2017年3月末まで東海ラジオの午後の番組(火・水曜のみ)(15時20分頃 『宮地佑紀生の聞いてみや~ち』→「FINE DAYS!」担当:上田定行)でも放送を行っていた。

放送時間編集

スペシャルウィーク時はオープニングでラジオリビングのジングルを流し、レギュラー時は各番組で独自のBGMを使用していたが、2011年1月以降はコーナー名を統一し、ラジオリビングのジングルに統一された。
担当:上柳昌彦
担当:飯田浩司新行市佳
リピート枠。
担当:垣花正(月 - 木曜)、増山さやか(金曜)
8時台はその日に紹介する商品を簡単に紹介し、「詳しくは10時07分ごろ紹介します。」とコーナーを締める。11時台はリピート枠。12時台は録音または別室での放送だが、スペシャルウィーク時は『ビバリー』のスタジオ内で紹介する。
担当:山口智充(月曜)、中川家(火曜)、原田龍二(水曜)、安東弘樹(木曜)、東島衣里(月 - 木曜)、荘口彰久(金曜)
担当:松本秀夫[4]草野満代(月 - 木曜)、荘口彰久(金曜)
2018年7月から『快適生活 ラジオショッピング』との枠交換にて15:20から移動
  • 17:25 (月 - 木曜)草野満代 夕暮れWONDER4
担当:松本秀夫(月 - 木曜日)
担当:

<ナイターオフシーズン>

担当:東島衣里(月 - 木曜)、煙山光紀(金曜)
担当:高嶋ひでたけ[5]里崎智也

過去のラジオリビング編集

担当:山口良一
前番組は、2014年12月迄は「ビバリー昼ズ」同様にパーソナリティは担当せず高嶋ひでたけが代行。またに変わってからは試食なども行う関係から「あさ活」期間中は録音だった。また、当時間帯は「ラジオリビング」のジングルは使用するがBGMは使用して無かった
担当:増田みのり
担当:冨田のり子
担当:上柳昌彦
担当:菊池貞武(月) / 土居まさる中村鋭一(火) / 山城新伍(水) / 立川清登(木) / 三遊亭小圓遊なべおさみ(金)
担当:(歴代)田中千恵勝呂智子西田麻理那須恵理子野口裕子阿部宏美仲佐かおり
担当:桜庭亮平
担当:(商品担当)垣花正・(値段担当)那須恵理子
担当:桜庭亮平→山本剛士
担当:日替わりアナウンサー→山本剛士
担当:林家たい平
担当:高嶋ひでたけ
普段は当番組にはこのコーナーはなく、スペシャルウィークのみ実施する。
担当:飯田浩司
他の番組とは異なり基本的に出演者が飯田のみなので、一人で紹介する。当初はスペシャルウィークのみ。
担当:上柳昌彦、増山さやか(金曜日は上柳のみ)
2011年までは山本剛士が担当。
担当:大谷ノブ彦、東島衣里(月 - 木曜日)
担当:増山さやか(月 - 木曜日)
別室での紹介となる。ナイターシーズンによる番組時間短縮のため、2012年3月29日をもって同番組から外れる。
担当:上柳昌彦、増山さやか(金曜日は上柳のみ)
別室での紹介となる。
担当:東島衣里
2015年度(それ以前の月 - 木は大谷と脊山麻理子)。番組がナイターの開催球場からの進行のため、別室での紹介となる。

脚注編集

  1. ^ たいていは外部の通信販売会社が運営しており、自社運営なのはニッポン放送とTBSラジオ(1987年4月6日設立の株式会社グランマルシェが商品開発、販売担当)、FM NACK5(2009年開始。販売は株式会社NACK5プロジェクト)などごくわずか。
  2. ^ 『会社四季報・未上場会社版 2017年下期』東洋経済新報社、2017年 1160ページ
  3. ^ 第1部「フジサンケイグループの形成とリビング作戦」、境政郎『テレビショッピング事始め』(扶桑社、東京、2008年)。ISBN 978-4-594-05565-3
  4. ^ 松本欠席時は、同番組のパートナーの箱崎みどりが担当していた
  5. ^ 高嶋が休演時は、当日のスポーツニュース読み上げる、ニッポン放送スポーツ部のアナウンサーが担当

関連項目編集

外部リンク編集