メインメニューを開く

ラストラブ』は、2007年日本映画。原作はYoshiの『LAST LOVE』。藤田明二監督作。ニューヨークを舞台にした作品である。

ラストラブ
監督 藤田明二
脚本 龍樹
原作 Yoshi
『LAST LOVE』
出演者 田村正和
伊東美咲
音楽 大島ミチル
主題歌 絢香Jewelry day
撮影 川田正幸
編集 山本正明
製作会社 ビーワイルドテレビ朝日松竹ジェネオン・エンタテインメント
読売広告社共同テレビジョン衛星劇場TSUTAYAグループ
朝日放送メ〜テレ、スタイルジャム、トゥモロゥー
配給 松竹
公開 2007年6月16日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

田村正和の14年ぶりの映画出演作として、話題となった。共演は伊東美咲

目次

あらすじ編集

阿川明は、ニューヨークでサックスプレイヤーとして活躍していたが、妻の急死を機にジャズ界を引退し、日本へ帰国。以後、娘・佐和と共にひっそりと暮らしていた。ある朝、明は清掃局の職員の女性・結にゴミの出し方をキツく注意されてしまうが、これが2人の出会いのきっかけとなる。その日、それぞれ急遽ニューヨークに向かうことになった2人は飛行機で偶然再会。言葉を交わすうちに2人は次第に惹かれ合い、帰国後は佐和も結を慕い始め、3人は幸せな日々を過ごした。だが、ある日、体調を崩した明は、医者に余命3ヶ月と告げられてしまう。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

余談編集

  • 田村正和は、サックスプレイヤーの役に際し、ジャズ界の第一人者・稲垣次郎指導の下、7か月もの特訓に励み、撮影時にはその腕前は周囲をうならせるまでになっていた。仕事の都合上、稲垣立会いの下で行われた練習は8回のみだった。

評価編集

映画評論家の柳下毅一郎は「まあ凄かったね。何が凄いって、伊東美咲の演技がまともに見える。それくらいまわりの演技が酷い。田村正和なんか黄金時代の映画俳優じゃなかったのか? なんだこのセルジオ越後みたいな顔して一言セリフを言うたびに「ふふん」と鼻で笑うじいさんは!? 日本映画の最低水準を見た。気がする」「お笑いシーンがてんこ盛りの傑作コメディ」と評した[1]。さらに柳下、江戸木純らによる『映画秘宝』誌上での連載「日本映画縛り首」では、演技が酷評された上、「こんな脚本で金が集まることがまともじゃないと思うね」「安易に難病を記号として使ってるのが許せない」「(心電図モニタがピッ、ピッと鳴って死を表現する)演出がホントに昭和な感じだ(笑)」と書かれた[2]。更に、「日本映画縛り首」の企画であるHIHOはくさい映画賞では、最低作品賞、最低主演男優賞(田村正和)、最低助演女優賞(伊東美咲)にノミネートされ、最低主演男優賞を受賞した[3]

スポーツ報知』の蛇いちご賞では田村正和が男優賞を受賞した[4]

週刊文春』の文春きいちご賞では3位となった[4]

第10回みうらじゅん賞が本作の田村正和に贈られている。

参考文献編集

  1. ^ ラストラブ (2007)”. 映画評論家緊張日記 (2007年5月20日). 2013年1月10日閲覧。
  2. ^ 『バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争!<邦画バブル死闘編>2007-2008年版 (映画秘宝COLLECTION 38)』 洋泉社、12-16頁。ISBN 978-4862483805
  3. ^ 『バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争!<邦画バブル死闘編>2007-2008年版 (映画秘宝COLLECTION 38)』 洋泉社、114-119頁。ISBN 978-4862483805
  4. ^ a b 最低映画を決定する第4回「文春きいちご賞」発表、今年はベストも。”. ナリナリドットコム (2008年2月22日). 2013年1月10日閲覧。

外部リンク編集