ラヴ・ソングス (ビートルズのアルバム)

ビートルズ > ビートルズの作品 > ラヴ・ソングス (ビートルズのアルバム)

ラヴ・ソングス』(英語: Love Songs)は、1977年11月5日にアナログLP2枚組で発売されたビートルズベスト・アルバムである。

ラヴ・ソングス
ビートルズベスト・アルバム
リリース
録音
ジャンル ロック
レーベル
プロデュース
チャート最高順位
ビートルズ U.K. 年表
  • ラヴ・ソングス
  • (1977年 (1977)
ビートルズ U.S. 年表
  • ラヴ・ソングス
  • (1977年 (1977)
ビートルズ 日本 年表
  • ラヴ・ソングス
  • (1977年 (1977)
テンプレートを表示

解説編集

1976年以降の契約切れに伴い、ビートルズの楽曲を独自に編集・リリース可能となったため出されたもの。文字通りビートルズの楽曲からラヴ・ソングが選曲されている。主に日本の東芝EMIが選曲し、米キャピトルが纏めた。東芝EMIが提示した曲は主にスローなナンバーだったが、米国では歌詞の内容にも比重を置いたため、比較的テンポの速い曲なども収められている。

アルバムカバーには、1967年にリチャード・アヴェドンが撮影した写真をアレンジしたもの(ポールとリンゴの位置が入れ替わっている)が箔押しされ、カバー全体が革張りの効果を出すためにエンボス加工されている(ただし英国盤ではエンボス加工がされておらず、箔押しではなく印刷された通常ジャケット)。また歌詞が筆記体で印刷された豪華なブックレットが付属していた(英国盤にはブックレットはなし)。

ロックン・ロール・ミュージック』と同様にステレオ左右のチャンネルが入れ替えられ、当時リアル・ステレオ・ヴァージョンが未発表だった「ジス・ボーイ」「イエス・イット・イズ」の2曲に関しては、疑似ステレオ・ヴァージョンが収録された。アルバム『ラバー・ソウル』収録曲の一部はリミックス(オリジナル・ステレオの定位を中央寄りに変更したもの)されている。なお、ミキシング違いの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」はアメリカ盤『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』に収録されていたものと同じである。

イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では当初チャート順位が低調だったが、次第にセールスを伸ばし、最高位第7位を獲得している。アメリカの「ビルボード」誌では2週連続最高位第24位、「キャッシュボックス」誌では最高位第23位だった。それでも最終的には、アメリカだけで150万セット以上のセールスを記録している。米国では当初、アルバムから「ガール」と「恋のアドヴァイス」をカップリングしたシングル盤が発売予定され、ごく少数のプロモーション盤とピクチャースリーブまで製造されたが、その後発売はキャンセルされた。

収録曲編集

DISC 1編集

アナログA面編集

  1. イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'08")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  2. アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow the Sun (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'47")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンとポール・マッカートニーのコーラス、部分的にポール・マッカートニーのソロ
  3. アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
    演奏時間:(2'32")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
  4. ガール - Girl (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'34")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  5. イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'28")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  6. ワーズ・オブ・ラヴ - Words of love (Holly)
    演奏時間:(2'12")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン、ポール・マッカートニーのコーラス
    バディ・ホリーのカヴァー曲。本アルバム唯一の非オリジナル曲。
  7. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア - Here, There and Everywhere (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'26")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー

アナログB面編集

  1. サムシング - Something (Harrison)
    演奏時間:(3'03")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
  2. アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'28")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  3. 恋におちたら - If I Fell (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'18")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン(導入部)、ジョン・レノンとポール・マッカートニーのコーラス
  4. アイル・ビー・バック - I'll Be Back (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'20")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンのコーラス(主部)、ジョン・レノン(中間部)
  5. テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'40")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  6. イエス・イット・イズ - Yes It Is (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'41")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンのコーラス(主部)、ジョン・レノン(中間部) 
    モノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したもの。

DISC 2編集

アナログC面編集

  1. ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'42")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  2. イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'59")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  3. 恋のアドヴァイス - You're Going to Lose That Girl (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'20")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  4. エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'01")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン(主部)、ジョン・レノンとポール・マッカートニーのコーラス(中間部)
  5. フォー・ノー・ワン - For No One (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'02")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  6. シーズ・リーヴィング・ホーム - She's Leaving Home (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'35")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの対位法コーラス(中間部)

アナログD面編集

  1. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long and Winding Road (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'38")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    アルバム『レット・イット・ビー』のものとはミキシングが異なり、軽めの音になっている。
  2. ジス・ボーイ - This Boy (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'15")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン、ポール・マカートニー、ジョージ・ハリスンのコーラス(主部)、ジョン・レノン(中間部)
    モノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したもの。
  3. ノルウェーの森 - Norwegian Wood(This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'06")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン(主部)、ジョン・レノンとポール・マッカートニーのコーラス(中間部)
  4. 悲しみはぶっとばせ - You've Got to Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'11")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  5. アイ・ウィル - I Will (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'46")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  6. P.S.アイ・ラヴ・ユー - P.S. I Love You (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'19")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    モノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したもの。