メインメニューを開く

リック・ランセロッティ

リチャード・アンソニー・ランセロッティRichard Anthony Lancellotti, 1956年7月5日 - )は、アメリカ合衆国ロードアイランド州出身のイタリア系アメリカ人プロ野球選手外野手内野手)。NPBでの登録名は「ランス」。

リック・ランセロッティ
Rick Lancellotti
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ロードアイランド州プロビデンス
生年月日 (1956-07-05) 1956年7月5日(63歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1977年 MLBドラフト11巡目
初出場 MLB / 1982年8月27日
NPB / 1987年4月10日
最終出場 MLB / 1990年8月18日
NPB / 1988年8月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

グラスボロー短大を経て、1977年のMLBドラフト11巡目でピッツバーグ・パイレーツに指名されて契約。1982年サンディエゴ・パドレス1986年サンフランシスコ・ジャイアンツメジャーに昇格した以外はマイナー生活であった。

1987年NPB広島東洋カープ外野手として入団。前年に引退した山本浩二に代わる主軸打者として期待された。極端なプルヒッティングから本塁打を右翼スタンドの上段まで叩き込む長打力を持っていたが、好不調の波が激しく、この年に規定打席到達者のうち最低打率(.218)、最多三振(114個)でありながら6試合連続本塁打を記録するなどシーズン88安打中、半分近い45%の39本が本塁打となる驚異の長打力で本塁打を量産し、最多本塁打のタイトルを獲得した。

1988年は不振もあってベンチを温めることも多く、またベンチにいる時に読書をしている点もマイナスの評価を受け、[要出典][1]シーズン途中で解雇された。

帰国後の翌1989年ボストン・レッドソックスと契約し、1990年にメジャー再昇格を果たした。1991年はメジャー昇格はならず、同年限りで引退。

広島時代晩年の応援歌には元おニャン子クラブ生稲晃子の『麦わらでダンス[2]が使われていた。ダンスとランスの洒落である。その後応援歌は小川達明ロッド・アレンルイス・メディーナへ引き継がれ使用された。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1982 SD 17 41 39 2 7 2 0 0 9 4 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .179 .220 .231 .450
1986 SF 15 18 18 2 4 0 0 2 10 6 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .222 .222 .556 .778
1987 広島 121 470 403 67 88 9 1 39 216 83 0 2 0 3 60 7 4 114 10 .218 .323 .536 .859
1988 79 305 264 33 50 7 3 19 120 50 1 1 0 7 32 3 2 58 2 .189 .275 .455 .730
1990 BOS 4 9 8 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
MLB:3年 36 68 65 4 11 2 0 2 19 11 0 0 0 1 2 0 0 18 0 .169 .191 .292 .483
NPB:2年 200 775 667 100 138 16 4 58 336 133 1 3 0 10 92 10 6 172 12 .207 .305 .504 .808
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

NPB

記録編集

NPB

背番号編集

  • 20(1982年)
  • 31(1986年)
  • 45(1987年 - 1988年)
  • 10(1990年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集