ルカシュ・ラツコ

スロバキアのテニス選手 (1987-)

ルカシュ・ラツコLukáš Lacko, 1987年11月3日 - )は、スロバキアピエシュチャニ出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス、ダブルスともに優勝はない。身長185cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス44位、ダブルス170位。名前の表記にはルーカス・ラッコ等がある。

ルカシュ・ラツコ
Lukáš Lacko
2016年全米オープンでのルカシュ・ラツコ
基本情報
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
出身地 同・ピエシュチャニ
居住地 同・ブラチスラバ
生年月日 (1987-11-03) 1987年11月3日(36歳)
身長 185cm
体重 85kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 3,601,834 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2012・17)
全仏 2回戦(2010)
ウィンブルドン(英) 3回戦(2012・16)
全米 1回戦(2010-18)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2010・11・13)
全仏 1回戦(2010・12・13)
ウィンブルドン(英) 3回戦(2010)
全米 2回戦(2010)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 44位(2013年1月14日)
ダブルス 170位(2010年7月5日)
2018年7月7日現在

選手経歴 編集

ジュニア時代 編集

5歳でテニスを始める。

2005年 プロ転向 編集

2005年にプロに転向。

2007年 グランドスラム初出場 編集

4大大会では2007年全豪オープンで予選を勝ち上がり初出場。現時点では3回戦進出が最高成績である。

2012年 ツアー初決勝進出 編集

2012年のザグレブ大会でツアー初の決勝に進出した。決勝でミハイル・ユージニーに 2–6, 3–6 で敗れ準優勝となった。ロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルス1回戦でドイツのフィリップ・ペッシュナーに 6–7(5), 1–6で敗れた。マルティン・クリザンと組んだダブルスも1回戦でセルビアのヤンコ・ティプサレビッチネナド・ジモニッチ組に 3–6, 3–6 で敗れ、初戦敗退。

2018年 ツアー2度の決勝進出 編集

2018年のネイチャー・バレー国際で、ATPツアーで6年ぶりに決勝進出を果たすも、決勝は同じくツアー初優勝が懸かったミーシャ・ズベレフに4-6, 4-6で敗れて準優勝となった。

ATPツアー決勝進出結果 編集

シングルス: 2回 (0勝2敗) 編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (0–2)
サーフェス別タイトル
ハード (0-1)
クレー (0-0)
芝 (0-1)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2012年2月5日   ザグレブ ハード (室内)   ミハイル・ユージニー 2–6, 3–6
準優勝 2. 2018年6月30日   イーストボーン   ミーシャ・ズベレフ 4–6, 4–6

ダブルス: 1回 (0勝1敗) 編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2012年9月23日   サンクトペテルブルク ハード
(室内)
  イゴル・ゼレナイ   ラジーブ・ラム
  ネナド・ジモニッチ
2-6, 6-4, [6-10]

シングルス成績 編集

略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン 1R 1R A 2R 1R 3R 2R 1R 2R LQ 3R 2R 8–10
全仏オープン LQ LQ A 2R A 1R 1R 1R 1R A LQ A 1–5
ウィンブルドン A LQ 1R 2R 1R 3R 1R 1R 1R 3R LQ 2R 6–9
全米オープン LQ LQ LQ 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R 1R 0–9

大会最高成績 編集

大会 成績
ツアーファイナル A 出場なし
インディアンウェルズ 1R 2010, 2013, 2018
マイアミ 2R 2012, 2014
モンテカルロ A 出場なし
マドリード 1R 2010
ローマ A 出場なし
カナダ 1R 2012
シンシナティ Q1 2012
上海 A 出場なし
パリ Q1 2012, 2013
オリンピック 1R 2012
デビスカップ PO 2014
ATPカップ A 出場なし

脚注 編集

外部リンク 編集