ミーシャ・ズベレフ

ミハイル・アレクサンドロヴィチ・"ミーシャ"・ズベレフ(Mikhail Alexandrowitsch "Mischa" Zverev, ロシア語: Михаил Александрович «Миша» Зверев, 1987年8月22日 - )は、ドイツの男子プロテニス選手。身長190cm。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATPワールドツアーでシングルス1勝、ダブルス4勝。自己最高ランキングはシングルス25位、ダブルス44位。

ミーシャ・ズベレフ
Mischa Zverev
Tennis pictogram.svg
Zverev M. WM19 (7) (48521851437).jpg
2019年ウィンブルドンでのミーシャ・ズベレフ
基本情報
フルネーム Mikhail Alexandrowitsch Zverev
愛称 ミーシャ(Mischa)
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
居住地 モナコの旗 モナコモンテカルロ
生年月日 (1987-08-22) 1987年8月22日(35歳)
身長 191cm
体重 81kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 5勝
シングルス 1勝
ダブルス 4勝
生涯獲得賞金 5,738,351 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2017)
全仏 3回戦(2018)
全英 3回戦(2008・17)
全米 4回戦(2017)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2017)
全仏 2回戦(2009・17)
全英 2回戦(2019)
全米 2回戦(2008・09)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 25位(2017年7月24日)
ダブルス 44位(2009年6月8日)
2021年9月27日現在

家族編集

ロシアモスクワ生まれで、現在はモナコ公国モンテカルロに拠点を持つ。ロシア出身の元テニス選手アレクサンダー・ズベレフ・シニア英語版の息子である。父は、ミーシャのコーチも務める。また10歳年下の弟のアレクサンダー・ズベレフもプロテニス選手である。弟アレクサンダーとはツアーでダブルスを組んで、優勝がある他、男子国別対抗戦デビスカップのダブルスにも兄弟で出場がある。また、弟アレクサンダーは2016年にツアー優勝を果たしている。

選手経歴編集

2008年 ツアーダブルス初優勝編集

2008年ABNアムロ世界テニス・トーナメントの2回戦で世界ランク5位のダビド・フェレールを破り、準々決勝進出。ゲリー・ウェバー・オープンではダブルスでミハイル・ユージニーと組んで優勝。ユージニーとは同年のジャパン・オープン・テニス選手権でもダブルスで優勝している。ウィンブルドンでも2回戦で元世界ランク1位のフアン・カルロス・フェレーロに勝利し、3回戦に進出。

2009年 マスターズベスト8編集

2009年BNLイタリア国際で3回戦に進出すると、世界ランク7位のジル・シモンに6-4, 6-1で勝利し、マスターズ準々決勝に進出。準々決勝でロジャー・フェデラーに敗れた。またこの年初めてデビスカップドイツ代表に選出された。

2010年 ツアーシングルス初決勝進出編集

2010年モゼール・オープンでシングルスで初めて決勝に進出。決勝でジル・シモンに敗れ準優勝。

2016年 マスターズベスト8編集

2016年に弟アレクサンダーの活躍に刺激を受けて復活。上海マスターズの2回戦では相手のニック・キリオスが無気力プレーで半ば試合を放棄し勝利(この後、キリオスには出場停止処分が科された)。3回戦でマルセル・グラノリェルスを破り、8年ぶりのマスターズ準々決勝に進出。準々決勝では世界ランク1位のノバク・ジョコビッチから第1セットを奪うも6-3, 6-7(4), 3-6で敗れた。10月17日付のランキングで5年4ヶ月ぶりにトップ100に復帰。スイス・インドアでも準々決勝で世界ランク3位のスタン・ワウリンカに6-2, 5-7, 6-1で勝利し準決勝進出。準決勝でマリン・チリッチに敗れた。2016年最終ランキングは51位。

2017年 全豪ベスト8編集

2017年全豪オープンでは10年ぶりに全豪の2回戦に進出すると、第19シードのジョン・イズナーを6-7(4), 6-7(4)6-4, 7-6(7), 9-7の逆転勝ちで破り、9年ぶりにグランドスラムの3回戦に進出。3回戦でマレク・ジャジリを破ると、4回戦では世界ランク1位のアンディ・マリーと対戦。7-5, 5-7, 6-2, 6-4で勝利し、自身初の準々決勝進出を果たした。準々決勝でロジャー・フェデラーに1-6, 5-7, 2-6で敗れた。大会後の世界ランキングで35位となり8年ぶりに自己最高順位を更新した。

2月のデビスカップベルギー戦では弟アレクサンダーと共にドイツ代表に選出され、ダブルスには兄弟で組んで出場。ルーベン・ベーメルマンス/ヨリス・デ・ローレ組に敗れた。翌週の南フランス・オープンでは、ダブルスで弟アレクサンダーと組んで、決勝でファブリス・マルタン/ダニエル・ネスターに勝利し、兄弟ペアでのダブルス初優勝を果たした。

ジュネーヴ・オープンでは準決勝で第2シードの錦織圭を破りおよそ7年ぶりのATPツアー決勝進出を果たす。その決勝では第1シードの地元ワウリンカから第1セットを先取するも逆転負けし、初のツアー優勝はならなかった。

2018年 ツアーシングルス初優勝編集

2018年のネイチャー・バレー国際でATPツアー3回目の決勝進出、決勝でルカシュ・ラツコに6-4, 6-4で勝利し、30歳でシングルスのツアー初優勝を果たす[1]。8月のシティ・オープン3回戦で弟アレクサンダーとツアー初対戦、結果はアレクサンダーが勝利した[2]

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 3回 (1勝2敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (1–2)
サーフェス別タイトル
ハード (0–1)
クレー (0–1)
芝 (1-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2010年9月26日   メス ハード(室内)   ジル・シモン 3–6, 2–6
準優勝 2. 2017年5月27日   ジュネーヴ クレー   スタン・ワウリンカ 6-4, 3-6, 3-6
優勝 1. 2018年6月30日   イーストボーン   ルカシュ・ラツコ 6–4, 6–4

ダブルス: 10回(3勝7敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2008年6月15日   ハレ   ミハイル・ユージニー   ルーカス・ドロウヒー
  リーンダー・パエス
3–6, 6–4, [10–3]
準優勝 1. 2008年7月13日   ミュンヘン クレー   ミヒャエル・ベラー   フィリップ・コールシュライバー
  クリストファー・カス
3–6, 4–6
優勝 2. 2008年10月5日   東京 ハード   ミハイル・ユージニー   ルーカス・ドロウヒー
  リーンダー・パエス
6–3, 6–4
準優勝 2. 2009年1月10日   ブリスベン ハード   フェルナンド・ベルダスコ   マルク・ジケル
  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ
4–6, 3–6
準優勝 3. 2009年10月4日   バンコク ハード (室内)   ギリェルモ・ガルシア=ロペス   エリック・ブトラック
  ラジーブ・ラム
6–7(4-7), 3–6
準優勝 4. 2015年5月3日   シュトゥットガルト クレー   アレクサンダー・ズベレフ   アレクサンダー・ペヤ
  ブルーノ・ソアレス
6–4, 1–6, [5–10]
準優勝 5. 2016年2月7日   モンペリエ ハード (室内)   アレクサンダー・ズベレフ   マテ・パビッチ
  マイケル・ビーナス
5–7, 6–7(4–7)
優勝 3. 2017年2月12日   モンペリエ ハード (室内)   アレクサンダー・ズベレフ   ファブリス・マルタン
  ダニエル・ネスター
6–4, 6–7(3–7), [10–7]
準優勝 6. 2017年6月25日   ハレ   アレクサンダー・ズベレフ   ルカシュ・クボット
  マルセロ・メロ
7–5, 3–6, [8–10]
準優勝 7. 2018年6月24日   ハレ   アレクサンダー・ズベレフ   ルカシュ・クボット
  マルセロ・メロ
6–7(1), 4–6

シングルス成績編集

略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン A 2R 1R 1R 1R 1R A LQ LQ A LQ QF 1R 1R 5–8
全仏オープン A LQ 1R 1R 1R 1R 1R LQ A A LQ 1R 3R 1R 2–8
ウィンブルドン A 1R 3R 2R LQ 1R LQ LQ A A LQ 3R 1R 1R 5–7
全米オープン LQ LQ 1R 1R LQ LQ LQ LQ A A 2R 4R 1R 4–5

大会最高成績編集

大会 成績
ATPファイナルズ A 出場なし
インディアンウェルズ 3R 2017
マイアミ 2R 2017, 2019
モンテカルロ 3R 2018
マドリード 1R 2017, 2018
ローマ QF 2009
カナダ 2R 2017
シンシナティ 2R 2017, 2018
上海 QF 2016
パリ 1R 2016, 2017
ハンブルク 1R 2008
オリンピック A 出場なし
デビスカップ QF 2009
ATPカップ A 出場なし

脚注編集

  1. ^ M.ズベレフが30歳にして初タイトル獲得”. THE TENNIS DAILY (2018年7月1日). 2018年7月1日閲覧。
  2. ^ ミーシャ「涙をこらえた」遂に初対戦したズベレフ兄弟が試合を振り返る”. THE TENNIS DAILY (2018年8月7日). 2018年8月10日閲覧。

外部リンク編集