ロザンナ・デ・ロス・リオス

ロザンナ・デ・ロス・リオスRossana de los Ríos, 1975年9月16日 - )は、パラグアイアスンシオン出身の女子プロテニス選手。パラグアイが1991年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップに参加し始めた時の、最初のメンバーの1人でもある。4大大会では、2000年全仏オープンで女子シングルス4回戦進出がある。自己最高ランキングはシングルス51位、ダブルス52位。

ロザンナ・デ・ロス・リオス
Rossana de los Ríos
Tennis pictogram.svg
Rossana-de-los-rios.jpg
ロザンナ・デ・ロス・リオス
基本情報
国籍 パラグアイの旗 パラグアイ
出身地 同・アスンシオン
生年月日 (1975-09-16) 1975年9月16日(45歳)
身長 170cm
体重 55kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 2010年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 566勝454敗
シングルス 447勝314敗
ダブルス 119勝140敗
生涯獲得賞金 $1,077,550
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2001・02)
全仏 4回戦(2000)
全英 2回戦(2002・09)
全米 2回戦(2002・08)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2002・03)
全仏 2回戦(2003・08)
全英 1回戦(2002・03)
全米 2回戦(2002)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 51位(2001年11月12日)
ダブルス 52位(2003年5月12日)

来歴編集

1989年に14歳でプロ入りし、女子ツアー下部組織の大会を回り始める。1991年にパラグアイのフェデレーションカップ初参加が実現し、同じ年であるロザンナ・デ・ロス・リオスとラリサ・シェーラー(Larissa Schaerer)の2人が最初のパラグアイ代表選手に選ばれた。1992年全仏オープンのジュニア女子シングルス部門で優勝。1993年全仏オープンで4大大会予選会に初出場し、8月にパラグアイ人女性として初の世界ランキングトップ100位以内に入る。その後1993年全米オープン1994年全豪オープンで本戦に直接出場するが、ともに1回戦で敗退した。1994年4月を最後にツアー転戦から離れ、12月26日にプロサッカー選手のグスタボ・ネファ英語版と結婚する。1997年1月17日にひとり娘が誕生し、デ・ロス・リオスは5年間女子プロテニスツアーから遠ざかった。

娘が2歳半になり、デ・ロス・リオスは1999年6月から5年ぶりにツアーへ復帰した。1年後の2000年全仏オープンは、彼女にとっては1994年全豪オープン以来6年ぶりの4大大会出場で、復帰後初めての挑戦だった。デ・ロス・リオスは予選3試合を勝ち抜き、一気に本戦4回戦まで勝ち進んだ。3回戦でアマンダ・クッツァー南アフリカ)を 7-5, 6-7, 6-4 で破った勝利の後、4回戦でマルタ・マレーロスペイン)に 6-4, 0-6, 4-6 の逆転で敗れた。これは現在においても、パラグアイ人女性による4大大会シングルスの最高成績である。この後、彼女は2003年ウィンブルドンまで「14大会」連続で4大大会シングルス本戦に出場し、2002年はすべて初戦を突破する好調さを見せた。ところが、2003年全米オープンで予選2回戦敗退に終わった後、彼女に再び長期間の低迷が訪れた。

デ・ロス・リオスは2007年、13年ぶりにフェドカップのパラグアイ代表選手に復帰した。2008年に入り、再び彼女のツアー成績は復調に向かう。全仏オープン1回戦ではマルタ・ドマホフスカポーランド)に 6-3, 3-6, 1-6 で敗れ、ウィンブルドンでは1回戦で第1シードのアナ・イバノビッチセルビア)と顔を合わせた。全米オープンにおいて、ロザンナ・デ・ロス・リオスは6年ぶりの初戦突破を果たし、2回戦で第7シードのビーナス・ウィリアムズに 0-6, 3-6 で敗れる。2009年にはウィンブルドンで7年ぶり2度目の2回戦に進み、第1シードのディナラ・サフィナロシア)に 3-6, 5-7 で敗れた。

デ・ロス・リオスは1992年のバルセロナ五輪と2000年のシドニー五輪の2大会でオリンピックに出場している。16歳で初出場したバルセロナではラリサ・シェーラーと組んだダブルスに出場したが、初戦で敗退した。シドニーではシングルスに出場し、1回戦でクベタ・ヘルドリコバチェコ)を 6-3, 6-2 で破り、2回戦では第1シードのリンゼイ・ダベンポートが棄権したことにより3回戦に進出している。

デ・ロス・リオスは2010年全米オープンの予選1回戦で敗退した試合を最後に、公式試合から遠ざかっている。

WTAツアー決勝進出結果編集

ダブルス: 2回 (0勝2敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2002年5月20日   マドリード クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   マルチナ・ナブラチロワ
  ナターシャ・ズベレワ
2–6, 3–6
準優勝 2. 2002年9月14日   バイーア クレー   エミリー・ロワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
4–6, 1–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1993 1994 1995-1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 通算成績
全豪オープン A 1R A A 2R 2R 1R A A A A LQ 1R 1R 2–6
全仏オープン LQ A A 4R 2R 3R 1R LQ A A 1R 1R 1R 2R 7–8
ウィンブルドン LQ A A 1R 1R 2R 1R A A A LQ 1R 2R 1R 2–7
全米オープン 1R A A 1R 1R 2R LQ LQ A LQ LQ 2R 1R LQ 2–6

外部リンク編集