ロマン・ガリーRomain Gary, 1914年5月8日1980年12月2日)は、フランスの小説家、映画監督、外交官。ロオマン・ギャリイ、ロマン・ガリ、ロマン・ギャリー等と表記されることもある。

ロマン・ガリー
Romain Gary
ペンネーム エミール・アジャール
誕生 (1914-05-08) 1914年5月8日
ロシア帝国の旗ロシア帝国 ヴィリナ
死没 (1980-12-02) 1980年12月2日(66歳没)
職業 作家
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 1945–1980
文学活動  
配偶者 en:Lesley Blanch (1944–1961)
ジーン・セバーグ (1962–1970)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

1914年ロシア帝国領ヴィリナ(後にポーランド領ヴィルノ、現在はリトアニア共和国の首都ヴィルニュス)で生まれた。出生名はロマン・カツェフ(Roman Kacew)[1]。 14歳の時、母と共にフランスニースに移り住み、フランスに帰化した。

第二次世界大戦後、フランス外務省に勤務し、ブルガリア、スイス、アメリカ各国の大使館参事官や、ロサンゼルス駐在領事を務めた。

1956年ロマン・ガリー名義と1975年エミール・アジャール名義で、2度ゴンクール賞を受賞した。

映画女優のジーン・セバーグと結婚し、『ペルーの鳥』の監督など映画界でも活躍した。『レディL』など映画化された作品も多い。

1980年12月2日、拳銃自殺。自殺の直前にガリマール社の担当者へ、自分の死はジーン・セバーグの自殺とは関係ないことと、エミール・アジャールが自分であることを記した文書を送った。文書の最後は、「大いに楽しんだ。ありがとう。さようなら」と結ばれていた。

受賞歴編集

  • ゴンクール賞
    • (1956年) - ロマン・ガリー、(fr:Les racines du ciel(『天国の根』)に対して)
    • (1975年) - エミール・アジャール、(La vie devant soi(『これからの一生』)に対して)

作品編集

ロマン・ガリー名義編集

  • 『白い嘘』(Education européenne(A European Education))(1945)
  • Tulipe (1946)
  • Le grand vestiaire(The Company Of Men) (1949)
  • Les couleurs du jour(The Colors of the Day) (1952)
  • 『天国の根』(Les racines du ciel(The Roots of Heaven))
  • Lady L. (1957)
  • 『夜明けの約束』La Promesse de l'aube(Promise at Dawn) (1960); 映画化en:Promise at Dawn (1970)
  • Johnie Coeur (1961)
  • Gloire à nos illustres pionniers("Hissing Tales")(1962)
  • en:The Ski Bum(Adieu Gary Cooper) (1965)
  • Pour Sganarelle (1965)
  • Les Mangeurs d'Etoiles(The Talent Scout) (1966)
  • La danse de Gengis Cohn(The Dance of Genghis Cohn) (1967)
  • La tête coupable(The Guilty Head)(1968)
  • 『白い犬』(Chien blanc(White Dog)) (1970)映画化「ホワイト・ドッグ
  • Les trésors de la Mer Rouge (1971)
  • Europa(1972)
  • The Gasp(Charge d'ame)(1973)
  • Les enchanteurs(The Enchanters)(1973)
  • Au-delà de cette limite votre ticket n'est plus valable("Your Ticket Is No Longer Valid")(1975)
  • Clair de femme (1977)
  • La bonne moitié (1979)
  • Les clowns lyriques (1979)
  • Les cerfs-volants (1980)
  • Vie et mort d'Émile Ajar (1981)
  • L'homme à la colombe (1984)
  • Un Humaniste(短編)

エミール・アジャール名義編集

映画編集

監督作品編集

脚本編集

原作作品編集

日本語訳された作品編集

  • ロマン・ガリー
    • 『自由の大地―天国の根 (上・下)』ロオマン・ギャリイ名義、岡田真吉澁澤龍彦共訳、人文書院、1959年
      • 『世界動物文学全集〈9〉自由の大地』ロオマン・ギャリイ名義、講談社、1979年
    • 『白い嘘』ロマン・ガリー名義、角邦雄訳、読売新聞社、1968年
    • 『白い犬』ロマン・ギャリ名義、大友徳明訳、角川文庫、1975年
    • 『ローラ、ローラ……』ロマン・ガリ名義、高木進訳、筑摩書房、1977年
    • 『フランス短篇傑作選』「ペルーの鳥」、山田稔編訳、岩波文庫、1991年
    • 『ペルーの鳥: 死出の旅へ』ロマン・ギャリ名義 須藤哲生訳 水声社 2017年
    • 『夜明けの約束』ロマン・ガリ名義  岩津航訳 共和国(世界浪曼派) 2017年
  • エミール・アジャール

脚注編集

  1. ^ Ralph Schoolcraf "Romain Gary: The Man Who Sold His Shadow" p.1, Univ of Pennsylvania Pr, 2002.