ロミオ・マスト・ダイ

ロミオ・マスト・ダイ』(Romeo Must Die)は、2000年アメリカ合衆国アクション映画。監督はアンジェイ・バートコウィアク、出演はジェット・リーアリーヤなど。バートコウィアク監督によるヒップ・ホップ・カンフー三部作の第1作である。他の2作は『DENGEKI 電撃』『ブラック・ダイヤモンド』。

ロミオ・マスト・ダイ
Romeo Must Die
監督 アンジェイ・バートコウィアク
脚本 エリック・バーント英語版
ジョン・ジャレル
原案 ミッチェル・カプナー
製作 ジョエル・シルバー
ジム・ヴァン・ウィック
製作総指揮 ダン・クラッチオロ
出演者 ジェット・リー
アリーヤ
音楽 スタンリー・クラーク
ティンバランド
主題歌 アリーヤ『Try Again』
撮影 グレン・マクファーソン
編集 デレク・G・ブリーキン
製作会社 シルバー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年3月22日
日本の旗 2000年5月13日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
中国語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $55,973,336[1]
世界の旗 $91,036,760[1]
前作 DENGEKI 電撃
テンプレートを表示

ストーリー編集

黒人ギャング団と中国系マフィアの二大組織が激しい縄張り争いを続けるカリフォルニア州オークランドで、中国系マフィアのドン・チューの息子ポーが何者かによって殺される。

一方、ポーの兄で元刑事のハンは父親の罪をかぶって香港の刑務所に収監されていたが、弟の死を知り脱獄、単身オークランドにやって来る。タクシーでぞんざいに扱われたハンはタクシー泥棒をしている最中に黒人ギャング団のボスであるアイザック・オーデイの娘トリッシュが客として乗り込んで知り合う。ポーの家についたハンは弟の死の真相を探る為、ダイヤル履歴からサーペティンファイヤーという衣服の店にたどり着くもそこは偶然にもトリッシュが経営している店だった。トリッシュの後を尾けて部屋に乗り込んで事情を話すと話していたのは兄のコリンではないかという情報を得る。話しているうちにオーデイの部下であるモリース達が来てしまい、不審者と思われたハンを捉えようとするもカンフーの達人であるハンはモリース達部下を全員なんなく手玉に取り、モリースの車で逃亡する。

ハンはポーの葬式にでる為にチューの屋敷へ向かう。父親に弟を守れなかった事に対して不満を口にした後、ポーのボディーガードであってカイと久々にカンフーの手合わせをして再会を喜ぶ。

屋敷を立ち去ったハンは引き続きポーの死の真相を探る為、トリッシュの元へ行くも収穫はない。トリッシュのそばではハンが手玉にとったモリース達がアメフトで遊んでおり、ボディーガードのリーダーであるマックにハンは誘われて遊ぶことになる。ルールを全く知らないハンは最初こそタックルで集中攻撃を受けるもののボールを持っているプレーヤーに攻撃してもいいとマックに確認し、カンフーで全員を攻撃して見事得点する。トリッシュに兄と話したら連絡をくれと住所を渡してハンは去っていく。

その夜、コリンが恋人と家でくつろいでいると恋人もろとも突き落とされる事件が発生する。翌朝、コリンの遺体を見たトリッシュはギャングの長である父に対してパパが殺したも同然と言い放ってその場を事件現場を去る。

一方、ハンはポーの部屋に帰宅すると部屋が荒らされていた。荒らされた部屋からポーの車の鍵を見つけたハンはポーの車を捜査するとポーの護身用として使っていたステッキの中に住所リストの紙を見つける。

ステッキを持って部屋へ戻るとトリッシュが悲しい様子で座っており、コリンが殺されたことを話し、一緒に犯人探しをすることとなる。

手がかりを探る為、リストにある住所の場所へ行くと何者かに襲われた後であり、襲撃者に見つかったハンとトリッシュはカーチェイスで逃げ、追ってきた人物を撃退するも、その人物が中国人であることに驚きを隠せない。

ハンはチューのところへトリッシュはアイザックのところへそれぞれ一連の事件を報告するが、チューは聞く耳を持たず、アイザックはトリッシュを危険な目にあわせたくないという一心でマフィアのボスの息子であるハンと会うことを禁じ、モリースを護衛の元、自らの邸宅へ軟禁状態にする。

一方、リストにあった住所の大部分を訪れたハンはトリッシュの軟禁されている邸宅へ現れ、トリッシュを連れてリストの最後の場所へ向かう。最後の場所はトリッシュがよく知るシルクという人物が経営する黒人が多いクラブでポーもよく通っていた場所であった。

シルクはトリッシュにアイザック達が片っ端から地上げしていることを話す。その時、マックが現れシルクの店に対しても地上げを持ちかけるも拒否された為、シルクを射殺し、ハンとトリッシュを拘束する。

気絶させられて気がついたハンはモリース達に囲まれていたが持ち前の身体能力とカンフーでもリース達を蹴散らし、トリッシュの居場所をモリースから聞き出す。

オートリッチメンズクラブにいると聞いたハンは急いで向かう。

一方、オートリッチメンズクラブではアイザックがNFLの白人オーナー、ロスに対してマックが地上げした土地を売る契約を交わそうとしていた。アイザックは自らがNFLの黒人オーナーになることを夢見て、土地がほしければ自らをオーナーに加えろとロスに提案する。しかし、居合わせていたマックは長年の不満をアイザックにぶちまけた挙げ句、地上げした土地は全て頂くと宣言。拘束したトリッシュを人質に取り、中国系マフィアと組んでポーを死に追いやり、コリンを殺したのは自分だと白状した為、アイザックともみ合いになるもアイザックに発泡する。

ロス達NFLのメンバーは騒動に紛れてマックが地上げした権利書を持ってヘリで逃走を図り、マックと銃撃戦になり権利書だけは取り返すもその場にハンが現れて対峙する。

マックからポーを殺したのは中国系マフィア自身で直接手を下したのはカイであることを聞いたハンはマックに銃を向けられるも、土壇場で駆けつけたトリッシュがマックを射殺しハンは事なきを得る。トリッシュにアイザックのそばにいてあげるように伝えたハンはカイの元へ急ぐ。

ハンはポーの敵を打つためにカイと死闘を繰り広げる。カンフーの腕はハンの方が一枚上手であったが、カイは卑怯な手でハンの両手に火傷を追わせて窮地に追いやるも怒りに震えるハンは渾身の一撃の蹴りをカイに与えて勝利する。

最後は父親のチューに対してけじめを付けるように促し、チューはこめかみに向けて発泡。長年の中国系マフィアと黒人ギャングの闘争は幕を下ろす。

登場人物編集

ハン・シン
中国で収監されていた元警察官。一族は中国人マフィアで、父親のチューは中国人マフィアの一団を統括するドンで、そんな父親に反発して警察官になったと思われる。
警察の中でも非常に優秀な人物で、特に武術に秀でていたが、反発していた父親の犯した犯罪をかばう形で収監されていた。しかし、弟がアメリカで殺された事を知って脱獄して単身渡米。偶然から知り合ったトリッシュの関係者が弟の殺害事件に関わっている事を知る。更には彼女の兄弟も殺された事を知り、共に互いの兄弟を殺した犯人を探すうちに陰謀に巻き込まれていく。
体格はかなり小柄でトリッシュとさほど変わらない身長だが筋肉質で、非常に高い身体能力を持ち、大柄な黒人数人に襲われても難なく追い払う実力を持つが、「女性は殴らない」という信条を持つため、女相手だと防戦一方となってしまう欠点も持っている。
父親の部下であるカイとは旧知の中で、久しぶりの再会の手合せを行って互いを確かめる仲。しかし、弟殺害の真犯人が中国人マフィアであり自分の父親で、その実行犯がカイだった事を知ると単身乗り込み、カイと対決する。
トリッシュ・オデイ
オークランドを牛耳る黒人ギャング団のボスの娘。彼女もまた父親に反発し、自分の力で生活する為に洋服店を営んでいる。
父親の部下が常にボディガードとして張り付いているが、彼女自身は鬱陶しいと思って巻こうとしていたところを偶然通りかかったハンに救われる。
その後、ハンが自分にちょっかいを出したと思った父親の部下達をハンがあしらった頃から彼に好意を抱くようになる。
アイザック・オデイ
オークランドを牛耳る黒人ギャング団のボスでトリッシュの父親。トリッシュには割りと甘く、ボディガードを巻いてもそこまできつく叱ることはしない。
ヴィンセント・ロスの開発地区の土地の所有者との交渉を任されており、あと数件というところで手を焼いている。しかし、ギャング団といってもその手法はあくまでも話し合いによる交渉で、部下のマックの裏切りはあったが、彼自身は手荒な手法を好んでいなかった。
中国人マフィアとは敵対していたが表面的な争いはしないようにしており、チューの息子の葬儀にも参列している。しかし、自分の息子が殺された事で戦争状態になりかねない状況になり、トリッシュを心配するあまりにハンに近付く事を禁じたりしてトリッシュに反感を買ってしまう。すべての権利書が集まり、ロスとの交渉の場で本当の目的だったロスとの共同開発を持ちかけたところで、マックの裏切りに合いトリッシュを人質に取られてしまう。反撃に出たが、揉み合いの末に銃で撃たれてしまう。
一命はとりとめ、その場にいたハンに救われて彼と握手をし、救われた彼を認めるような発言をしてハンを見送った。
マック
オデイの片腕の黒人ギャング団のNo.2。仕事のほぼすべてを取り仕切り、オデイの話し合いの交渉を無視して力(暴力)による交渉で仕事を進めた。
オデイの息子コリンとは幼馴染みで仲はいいが、惚れているトリッシュとは仲は悪い。
ロスとの交渉の場で共同開発を持ちかけたオデイに反旗を翻して裏切り、オデイを焚き付ける為にコリンを殺し、交渉に応じない地権者を次々に殺していたことを明らかにしたとこをオデイの反撃を受け逃亡。権利書を持って逃げるロスを追うが逃げられる。ハンに追い詰められるが、ハンの弟を殺したのが中国人と暴露して動揺を誘い逆転。しかし、追ってきたトリッシュに撃たれて屋上から転落死した。
チュー・シン
ハンの父親。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
ハン・シン ジェット・リー 飛田展男 横堀悦夫
トリシュ・オデイ アリーヤ 松本梨香 落合るみ
マック イザイア・ワシントン 増谷康紀 大塚明夫
カイ ラッセル・ウォン 山路和弘 小杉十郎太
アイザック・オデイ デルロイ・リンドー 銀河万丈 玄田哲章
コリン・オデイ D・B・ウッドサイド 檜山修之 川島得愛
チュー・シン ヘンリー・オー英語版 塚田正昭 山野史人
ヴィンセント・ロス エドアルド・バレリーニ英語版 伊藤栄次
モーリス アンソニー・アンダーソン 桜井敏治
シルク DMX 大川透 西凛太朗
ポー・シン ジョン・キット・リー
バイクの刺客 フランソワーズ・イップ

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、93件の評価のうち、32%にあたる30件が高く評価しており、平均して10点満点中4.81点を得ている[2]Metacriticによれば、27件の評論のうち、高評価は11件、賛否混在は12件、低評価は4件で、平均して100点満点中52点を得ている[3]

出典編集

  1. ^ a b c Romeo Must Die” (英語). Box Office Mojo. 2020年7月6日閲覧。
  2. ^ Romeo Must Die (2000)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年7月6日閲覧。
  3. ^ Romeo Must Die Reviews” (英語). Metacritic. 2020年7月6日閲覧。

外部リンク編集