一宮なほみ

一宮 なほみ(いちみや なほみ、1948年11月22日 - )は、日本の元裁判官人事院総裁人事官)。

一宮 なほみ
いちみや なほみ
生年月日 (1948-11-22) 1948年11月22日(69歳)
出生地 東京都
出身校 中央大学法学部
前職 仙台高等裁判所長官
現職 人事院総裁

在任期間 2014年4月12日 -
テンプレートを表示

目次

人物編集

東京都出身。中央大学法学部を卒業後、裁判官に任官された後、各地の地方裁判所などの判事を経て仙台高等裁判所長官を務める。

ねじれ国会状態の参議院上林千恵子法政大学教授の人事官起用の国会同意人事案が民主党日本維新の会日本共産党生活の党など野党の反対で異例の不同意となり[1]、人事官ポストが1つ空席となっていたため、2013年6月に裁判官出身者としては異例となる人事院人事官に任命された。その後、成長戦略として「女性登用」を掲げていた第2次安倍内閣で、2014年4月12日付で女性として初の人事院総裁に就任し、4月14日に内閣総理大臣官邸にて安倍晋三総理から辞令を交付された[2][3][4][5]

経歴編集

中央大学法学部

脚注編集

外部リンク編集

先代:
原恒雄
人事院総裁
第25代:2014年 -
次代:
現職