メインメニューを開く
佐賀県三根郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

三根郡(みねぐん)は、佐賀県肥前国)にあった

目次

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史編集

近世以降の沿革編集

 
21.南茂安村 22.上峰村 23.三川村(桃:三養基郡みやき町 青:合併なし 1 - 3は基肄郡 11 - 15は養父郡)
  • 明治11年(1878年10月28日 - 郡区町村編制法の長崎県での施行により、行政区画としての三根郡が発足。「基肄養父三根郡役所」が養父郡轟木村に設置され、同郡・基肄郡とともに管轄。
  • 明治16年(1883年5月9日 - 佐賀県(第3次)の管轄となる。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。(3村)
    • 南茂安村 ← 西島村、坂口村、天建寺村(現・三養基郡みやき町)
    • 上峰村 ← 坊所村、前牟田村、堤村、江迎村(現・三養基郡上峰町)
    • 三川村 ← 市武村、寄人村、東津村(現・三養基郡みやき町)
    • 江口村が養父郡北茂安村の一部となる。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 「基肄養父三根郡役所」の管轄区域をもって三養基郡が発足。同日三根郡廃止。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
三養基郡